nDiki

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2018年6月17日 (日)

お尻から激しくインク漏れ【日記】

昨日に引き続き Lightroom写真の整理。昨日撮った写真以外ようやく整理がついた感じでほっと一息です。

カードにメッセージを書こうと縦型のペンケースからペンを取り出して書いていたら手がインクだらけ。「何?」と思ったら一緒にペンケースに入っていたちゃお2017年10月付録の「ちゃおオールスター ときめきジュエリージェルペン 12本セット」がお尻から激しくインク漏れしてペンケースがデロデロになってました。ペン先を上に立てていたので軸からどんどん流れ出ちゃっていたみたい。ペンケースごと廃棄。

今日のさえずり: 立てておくと駄目だったみたい

2018年06月17日

[ 6月17日全て ]

2018年6月16日 (土)

Lightroom CC mobile で編集した写真の整理とか【日記】

午前中にイベントを見に行ったあと、午後に買い物。ユニクロで「ドライEXフルジップパーカ」が安くなっていたのでオフィス用に1着買っておきました。デスクワークでずっと座って作業していると体が冷える時があるので必要だなと以前から思っていたので。サイズは M。

あとは Lightroom でたまっていた未整理写真を整理したり。 Lightroom CC mobile を使った写真の整理が煩雑でなんとかならないかなーと。

  • 当日
    • デジカメ → スマートフォン転送 → Lightroom CC mobile で編集(A) → 書き出し(B) → 投稿。
  • 後日

あたりでいろいろごちゃごちゃな感じです。

今日のさえずり: 青山学院大学 #トイデジ #デジタルハリネズミ

2018年06月16日

[ 6月16日全て ]

2018年6月15日 (金)

Twitter から mixi へ転送する設定をオンに

Twitter からの転送設定をオンにしたくなったりオフにしたくなったりするいつものです。Twitter から mixi へ転送する設定をオンにするには1年弱ぶり。

Buffer を使って Twitter写真予約投稿するようになったので mixi でもシェアしておきたいなと。

転送設定をオンにしてもいいかなと思ったの、最近 Twitter にダラダラ投稿していないせいですね。

東京都写真美術館代官山病院と【日記】

image:/nDiki/2018/06/15/2018-06-15-132456-nDiki-1200x800.jpg

本日有給休暇。午前中に恵比寿東京都写真美術館に行き「TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展を鑑賞。通院までまだ時間があったので、一度行ってみたいと思っていた代官山 北村写真機店も行ってみることにしました。

天気が良ければ普通に歩く距離ですが、雨が降っているのでハチ公バス代官山へ。タイミングが合うなら恵比寿ガーデンプレイスから代官山へ行くのに便利ですね。

代官山 北村写真機店

都内で有名なカメラ屋の1つ、代官山 北村写真機店。2011年12月3日オープン以来1度も行ったことがなかったので、行ってきました。イメージしていたより明るい店内に驚きました。中古レンズをこれだけ綺麗に展示しているのを見るの初めてです。きちんと整備されてそうな良い印象をもちます。一方ちょっと高めの値付けかなとも想像しちゃいます。

経営はカルチュア・コンビニエンス・クラブなんですね。

そのあと代官山 蔦屋書店をちょっとのぞいたら、もう病院へ移動する時間。お昼ご飯を抜きに病院へ。

有意義に過ごせた有給休暇でした。

上部内視鏡検査の予約をとりに通院

造影 CT 検査と上部超音波内視鏡検査の結果「平滑筋腫(の疑い)」ということで、1年に1回検査して様子をみるということに昨年なりました。その際、ルール/仕組み上1年後の内視鏡検査の予約を今は入れられずまた電話予約もできないので、6カ月後に外来できて予約をとる必要があるということになってました。今日がその日。有給休暇をとって行ってきました。

前回は超音波内視鏡検査で太いものだったこともありしっかりとした麻酔を使うものでしたが、次回は隆起しているサイズが変わっていないかをみるためなので通常の内視鏡検査にするとのこと。検査が終わったら普通に仕事できそう。

今年の健康診断はバリウム検査も胃カメラ検査もパスで良いということもあらためて再確認してきました。任せてくれれば大丈夫とのことでした。

次回 11月15日(木) 9:00 内視鏡検査、結果をきくための外来 11月30日(金) 13:30 で予約完了です。

東京都写真美術館 TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展

image:/nDiki/2018/06/15/2018-06-15-121446-nDiki-800x1200.jpg

次回の検査の予約病院に行くために今日は有給休暇を取ったので、時間のある午前中に久しぶりに東京都写真美術館に行くことしました。現在開催されている3つの写真展のうち、ロベール・ドアノーの写真「ピカソのパン」がトップ画像になっていた

を鑑賞することにしました。以前ロベール・ドアノーの写真展を観て好きになったんですよね。また写真展で観たいなと(本展はTOPコレクションということで所蔵作品の中からチョイスされたものの展示なのでロベール・ドアノーの写真は2作品のみですけど)。

写真の中に入り込んでいろいろ感じる

「美術館」という場における学びは、学校や書物による学びとは異なる体験をもたらします。美術館の空間の空気感、壁に並ぶ作品のリズム感、実際の作品の大きさによる存在感などを全身で感じたりすることからの学びは美術館特有のものです。また、ただ作品を時代の資料として見て情報を得るというだけではなく、自分の興味にそって作品の中に写っているものをじっくり見ることで、それまで気づかなかった作品の別の一面に気づいたり、あるいは「わからないこと」を発見しその「わからなさ」をたのしんだり、ということも美術館での「まなび」です。 -- TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」より。

というのがこの展示のテーマ。

あえて作家名・作品名・解説を掲示しない展示に、全力で作品に向き合うことになりました。写真中の人物の視線の先、フレームの中に写っているもの・フレームの外にあるもの、写された瞬間とその前とその後。全てを想像しつくすというの、とても勉強になりました。写真の中に入り込んでいろいろ感じ考えてみるという意識を持つことにとても面白みを感じました。

一方感じるだけでなく、いろいろ考えを巡らせために頭の中で言語化をしていく自分に「こんなにわかりやすく言葉に置き換えてしまっていいのかな」という思いを抱きました。それから、写っているその情景はある瞬間を切り取ったものなのか、それとも意図的にそのようなポーズをとってもらったのか、そういうところも今まで以上に気になるようになりました。

いやー、非常に集中したエネルギーを使った写真展でした。

8月11日から2期の

もあるのでこれもぜひ観に行きたいです。

今日のさえずり: 初ハチ公バス

2018年06月15日

[ 6月15日全て ]

2018年6月14日 (木)

無事之名馬(2)【日記】

体調が悪くて仕事を休みがちだったり力が出せなかったりすると、能力があってもなかなか物事が進まず残念だなと思うことがあります。月並ですがやはり健康第一だなと最近思うようになってきました。

と書きつつ、もしやと思って過去日記をたどったら2年前に同じことを書いていました。ああ。

どうぞご自愛ください。

今日のさえずり: ちゃおサマーフェスティバル2018横浜会場は8月25日(土)・26日(日)。8月の最終土日と結構遅め。

2018年06月14日

[ 6月14日全て ]

2018年6月13日 (水)

パートナービジネスグループ懇親会

今日は部内のグループの1つ、ニュースやゲームなどを担当しているパートナービジネスグループのランチ懇親会に初参加しました。場所はオフィス近くの CRISTA で。

アラカルトは「メカジキのグリルとレモンリゾット (単品だと 2,700円)」をチョイス。普段食べないような大きくて肉厚なメカジキに大満足。

T シャツの話題になった時に「今日はウォーズマンの T シャツじゃないんですね。あれ、勝負 T シャツだと思ってました。」って言われました。ウォーズマンの T シャツ(去年の歩く会の写真に写ってる)、お気に入りなんですけれど普通に着すぎてちょっと色褪せてきちゃってるんですよね。もう何着か買っておけばよかったなー。

今日のさえずり: 懇親会でした

2018年06月13日

[ 6月13日全て ]

2018年6月12日 (火)

PWA を積極的に使い始める

最近 PWA (Progressive Web App) が話題に上がる機会が増えているので、実際に触ってみはじめています。先週は Android デバイスから TwitterInstagram のアプリをアンインストールして PWA のみにしてみました。

Twitter については少しだけ UI が違うだけで常用できる感じで困っていません。 Instagram はもともとあまり使っていなかったので比較はできないのですが、逆にあまり使わないアプリをインストールしないでおけるというのが嬉しいところです。

今日のさえずり: Evernote Web 版が使えるならアプリをアンインストールして身軽にしたいと思ったんだけどなー

2018年06月12日

[ 6月12日全て ]

2018年6月11日 (月)

台風接近で雨【日記】

4月にオフィスで履く靴を持たずに長靴出勤したらさすがに足元が大変だったので、今日はナップサックにシューズを入れて背負いつつ長靴を履いて出勤しました。やはり会社に1足靴を置いておくべきだなあ。

今日のさえずり: 欽ドン! のエンディングに出てくる夜の町のジオラマキット発売されないかなー

2018年06月11日

  • 08:45 RT @aldeb9613: 綺麗な綺麗な彼女の瞳 #カメラ好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #photography #kagoshima #鹿児島 #キリトリセカイ #ポートレート #Portrait #portra…
  • 09:52 2018年6月11日 朝の渋谷。覚悟していたほどの雨ではなくて良かった。 DSC-RX0 #RX0 https://t.co/Gv6ivnjx6m
  • 22:15 欽ドン! のエンディングに出てくる夜の町のジオラマキット発売されないかなー。デアゴスティーニの DVD 付きとかでもいいなー。
[ 6月11日全て ]

2017年5月22日 (月)

体にフィットするショルダーバッグ グレゴリー サッチェル M

rimage:/nDiki/2017/05/22/2017-05-23-080522-nDiki-1200x800.jpg

東京ディズニーランドに行くのにグレゴリー サッチェルM を新調しました。

ここ数年東京ディズニーリゾートに行く際にはデイ&ハーフパック (33L)を背負っておりました。ただ大きさのあるデイ&ハーフパックだとアトラクションに乗る際にちょっと邪魔ですし、バックパックなので荷物の出し入れが手間ではありました。一緒にいくメンバ的に自分の手荷物が減らせるようになってきたのでもっとコンパクトなバッグでも良いかなと考えたのですが、もっているテールメイトS (8.0L) ではさすがにまだ入り切らないので、大きめのショルダーバッグを探すことにしました。

今回選んだのはサッチェル M。グレゴリーのカジュアルな形のショルダーバッグの中では容量が大きい方で13L。見た目横長長な感じがしますが、グレゴリーらしくたすき掛けすると体にいい感じフィットするようにできています。さすがです。メインコンパートメントが広く自由度が高いのもグレゴリーらしいです。

HDナイロンとちょっと迷ったのですが、ブラックの方がお安くなっていたので今回はブラックにしました。

MacBook Pro も入るという記事を見かけたので試してみたところ、13インチ MacBook Pro が一応入りました。ただバッグが板状に広がった状態になるのでらしくない感じです。MacBook Pro 用として常用には向かないです。なおジッパー開閉部の幅が 13インチ MacBook Pro の幅より狭いので斜めに差し入れたあと横にする出し入れになります。

 SATCHEL M
 BLACK
 08J*29082*
 39W×22.5H×11Dcm
 13L
 315g
 ジッパー開閉のメインコンパートメント
 ジッパー付きフロントポケット
 内側にジッパー付き小型セキュリティーポケット
 スナップ付き背面ポケット
 長さ調節が可能なショルダーストラップ

[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.047036s / load averages: 0.59, 0.28, 0.20
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker