nDiki

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2018年8月16日 (木)

内定者アルバイト入社とか【日記】

内定者アルバイト入社とか

今日から部に内定者アルバイトエンジニアが配属された。実力のほど楽しみ! 短い期間の中、いろいろ経験してもらいつつ何か形ある成果を残してくれるといいな。

最初の挨拶でハンドルネームの由来を教えてもらって、ハンドルネームで呼び合う仲になったよ(多分)。

明日から夏休み

明日から8月21日(火)まで夏休み

[ 8月16日全て ]

2018年8月15日 (水)

Web 日記での文体を敬体から常体に戻す

2015年の夏に Web 日記(nDikimixi日記)の文体を常体から敬体にしてから3年経った。また常体の戻そうと思う。

敬体だと読んでくれる人向けの文章を書いてしまう

敬体で書いているとやはり「読んでくれる人向け」の文章を書くようになってしまうというのが理由の一つである。もちろん公開している文章なので読まれる想定できちんと書くようにはしているけれども、それに加えて敬体で書いていると無意識のうちにちょっといい子ちゃん的な当たり障りの無い内容にしてしまっている気がする。常体で書いていた頃の方がもうちょっとストレートに書けていたではないか。

日記なのだからもっと自由に書こう。そう思えてきた。

敬体で書く方がエネルギー・時間がかかる

Web 日記を敬体で書くルールにしていると、常体で書いている「気がついたことや考えたことのノート」「プライベートの日記」「Tweet」からもってきてまとめる時に都度文体の変更が必要になる。これが地味に手間だったりする。

それから敬体は文末表現が単調になってしまいがちなので意識して変えていってあげる必要があって、これもどう書くか悩んで時間がかかる。

ここ最近日記を書くのを溜めてしまがちなので、少しでもさっと書けるようにしていきたい。

ということで日記は常体で

ということで基本 Web 日記文体は常体に戻すことにした。この文章を書き始める時はまだ頭が敬体モードで「常体で書くのキモっ」ってなったけれども書いているうちにすぐ気にならなくなった。常体から敬体の時はもっと気持ち悪いのが続いていた気がする。

敬体の方が人を動かす力があるというのは今も思っているところなので敬体で全く書かないということもなくて、読み手を想定したものは敬体でと使い分けでいいかな。

[ 8月15日全て ]

2018年8月14日 (火)

旅行ホテルチェックイン時刻を変更【日記】

今度仙台、14:00 にいったんチェックインして荷物を置いてから観光に回るつもりでいたのですが、コースを考えているうちにそれだと結構タイトで厳しい感じになってきたので、17:00 に変更しました。

瑞鳳殿と仙台城跡に行く予定です。

[ 8月14日全て ]

2018年8月13日 (月)

グレゴリー テールメイトSLTを見てきた【日記】

やはりグレゴリー テールメイトSLTが気になったのでグレゴリー原宿に見に行ってきました。

パッカブルだけあって薄めの素材が使われておりファスナーもかなり簡素な印象。使い慣れているグレゴリーのパックからすると心もとなく感じました。丈夫さは考慮されていて実用上は大丈夫なのだと思いますが、惹かれはせず。

浮気しないで今使っているHDナイロンのテールメイトSを使っていこうと。

[ 8月13日全て ]

2018年8月12日 (日)

近場でカラオケ【日記】

朝に「今日どこかに出掛ける?」と話していて、今週は旅行帰省があるのでガッツリというほどではないよねということで、カラオケ屋で軽く楽しんでくることにしました。去年の9月12日ぶり。塩味の効いたポップコーンが美味しかった。

あとは仙台の観光プランを検討したり。どうしても歩く距離が長くなりそうでちょっと悩ましいところです。いったん早めにホテルにチェックインして荷物を置いて出歩くつもりだったのですが、コース取りを考えると直接観光に行っちゃた方が良さそう。

[ 8月12日全て ]

2018年8月11日 (土)

パネルでポンとか【日記】

先週から遊び始めたニンテンドー クラッシックミニ スーパーファミコン、今日は今までプレイしたことなかったパネルでポンをプレイ。ゲーム内できちんと遊び方の説明が見られて、「スーパーファミコン時代でも遊び方の説明きちんとあったっけ」と感心してしまいました。

午後は駅までいってえきねっとで申し込んだ切符の受け取り。

今日のさえずり: 既に歯を磨いたけれど、あずきバー食べた

2018年08月11日

  • 15:01 駅でえきねっとの受け取った。高まってきた。
  • 22:05 念のため体温を測ったら 36.4℃だったので俄然元気が出てきた。
  • 22:25 既に歯を磨いたけれど、あずきバー食べた。ローソン限定の「ガリガリ君スぺシャーレ ずっしりあずき」も食べてみたいー。
[ 8月11日全て ]

2018年8月10日 (金)

部会とかテールメイトSLTが気になるとか【日記】

テールメイトSLT」

一昨日に予定していたけれども台風により延期した部会を今日開催。自分のパートは文字ばかりなので、今後もう少しビジュアライズしてわかりやすくしていきたいなと。

来週の旅行についてはバッグを検討中。メインはデイ&ハーフパックとして、ホテルにチェックインしてからの外出ではどうしようかと。

テールランナーはコンパクトでバッグに入れておけるんですが、今回ちょっと容量不足そう。パッカブルなテールメイトSLTがあると知り、これを買ってデイ&ハーフパックに入れていくのありかな。

と思いつつ所有しているテールメイトSを入れてみたら、デイ&ハーフパックに収まったのでこれでいいかな。SLT もちょっと欲しいですけれど、普段使いなら S で十分だし、テールメイトをパッキングしたいシーンも滅多にないので、ここは我慢。

今日のさえずり: 自部門のサービスの T シャツを着ることによりサービスを愛していることを表明した

2018年08月10日

[ 8月10日全て ]

2017年5月22日 (月)

体にフィットするショルダーバッグ グレゴリー サッチェル M

rimage:/nDiki/2017/05/22/2017-05-23-080522-nDiki-1200x800.jpg

東京ディズニーランドに行くのにグレゴリー サッチェルM を新調しました。

ここ数年東京ディズニーリゾートに行く際にはデイ&ハーフパック (33L)を背負っておりました。ただ大きさのあるデイ&ハーフパックだとアトラクションに乗る際にちょっと邪魔ですし、バックパックなので荷物の出し入れが手間ではありました。一緒にいくメンバ的に自分の手荷物が減らせるようになってきたのでもっとコンパクトなバッグでも良いかなと考えたのですが、もっているテールメイトS (8.0L) ではさすがにまだ入り切らないので、大きめのショルダーバッグを探すことにしました。

今回選んだのはサッチェル M。グレゴリーのカジュアルな形のショルダーバッグの中では容量が大きい方で13L。見た目横長長な感じがしますが、グレゴリーらしくたすき掛けすると体にいい感じフィットするようにできています。さすがです。メインコンパートメントが広く自由度が高いのもグレゴリーらしいです。

HDナイロンとちょっと迷ったのですが、ブラックの方がお安くなっていたので今回はブラックにしました。

MacBook Pro も入るという記事を見かけたので試してみたところ、13インチ MacBook Pro が一応入りました。ただバッグが板状に広がった状態になるのでらしくない感じです。MacBook Pro 用として常用には向かないです。なおジッパー開閉部の幅が 13インチ MacBook Pro の幅より狭いので斜めに差し入れたあと横にする出し入れになります。

 SATCHEL M
 BLACK
 08J*29082*
 39W×22.5H×11Dcm
 13L
 315g
 ジッパー開閉のメインコンパートメント
 ジッパー付きフロントポケット
 内側にジッパー付き小型セキュリティーポケット
 スナップ付き背面ポケット
 長さ調節が可能なショルダーストラップ

[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.050224s / load averages: 0.60, 0.82, 0.56
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker