nDiki

2014年11月18日 (火)

Emacs で anything から helm へ移行することにした

「PerlCasual #06 - 秋だからPerlとかの話でも」で @sugyan 氏が LT で helm の話をしていて、そろそろ自分も anything から helm に移行しようかなと思っていたのでぼちぼち。anything から helm へ移行している方の記事をみていたら package.el でみたいなのが多かったのでパッケージ管理もあわせて変更(auto-install.el をちょっと使っていたぐらいだけれど)。

package.el の設定

起動時に使うパッケージがインストールされているか確認し、無ければ自動的にインストールする設定を init.el に。前は dotfiles リポジトリに展開して clone/pull して管理していたものも package.el で取ってこれるものはそちらに任せるようにしていくつもり。

 (require 'package)

 (add-to-list 'package-archives '("melpa"     . "http://melpa.milkbox.net/packages/")  t)
 (add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/") t)

 (package-initialize)

 (require `cl)

 (defvar installing-package-list
   '(auto-save-buffers-enhanced
     helm
     helm-ls-git
     magit
     markdown-mode
     session))

 (let ((not-installed
        (loop for package in installing-package-list
              when (not (package-installed-p package))
              collect package)))
   (when not-installed
     (package-refresh-contents)
     (dolist (package not-installed)
         (package-install package))))

helm の設定

よくわかっていないので Web で公開されている設定をごっそり真似てしまうと何がなんだかわからなくなるのでちょっとずつ追加していくことにする。とりあえず今のところ以下だけ。

 (progn
   (require 'helm-config)
   (require 'helm-ls-git)
   (helm-mode 1)

   (global-set-key (kbd "M-x") 'helm-M-x)
   (global-set-key (kbd "C-x C-f") 'helm-find-files)
   (global-set-key (kbd "C-x C-b") 'helm-buffers-list)
   (define-key helm-find-files-map (kbd "TAB") 'helm-execute-persistent-action)

   (custom-set-variables
    `(helm-truncate-lines t)))
スポンサード リンク
[ 11月18日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.228245s / load averages: 0.42, 0.35, 0.27
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker