nDiki

2015年5月4日 (月)

ゴールデンウィークなので科学技術館に行ってきた

naney:17359566292

今年のゴールデンウィークのレジャーについてなかなかいいところが思い浮かばなかったんだけれど、そういえば北の丸公園に科学技術館があったよねということで今日行ってきてみた。日本科学未来館など最近サイエンス系のスポットが増えてきているなか、科学技術館は最近話題を耳にすることもないので、ゴールデンウィークでもそれほど混んでいないんじゃないかと読んだんだけれど、実際ひどく混んでいるという訳ではなくてよかった。いい感じで見てまわれたので満足。

科学技術館は子供の頃に1度来たことがあるという記憶があるのだけれどかなり曖昧で実際には他の何かと記憶が入れ違っている可能性はある。科学技術館は1964年4月12日開館の結構古くからある施設で自分が子供の時には既にあったことは間違いないんだけれど。

科学技術館へ

竹橋駅で東西線を降りて、東京国立近代美術館・国立公文書館の前を過ぎたところで右折して少しいったところが科学技術館。10:00 ちょっと過ぎに到着。チケット売り場にちょっと行列ができていたけれど凄く待つほどではなくて順調に入れた。

参加体験型の展示

科学技術館は触ったり動かしたりする展示中心というのが特徴ということで、実際にいろいろ体験できるので飽きなくて良い。面白かったなのをピックアップ。

  • 2F 自転車広場: 最初の展示室なので見る方もつい気合いが入ってしまう。ここは自転車文化センターの外部展示室という位置づけでもあって日本自転車普及協会の出展となっている。自転車文化センターといえば2014年4月2日に東京都品川区上大崎にリニューアルオープンしたのだが、自分としては赤坂の日本自転車会館にあった頃の印象が大きいんだよね。
  • 3F エレクトロホール(オーロラ・サイエンス): オーロラ発生装置がある。
  • 3F デンキファクトリー: アーク放電が綺麗。
  • 4F NEDO-Future Scope: アクトロイドがいたけどガラス(アクリル?)の向こうにいるので親近感があまりなかった。中途半端にリアルなので違和感がすごい。
  • 4F 建設館: 免震装置の体験をやってきた。揺れがかなり軽減されてこれはすごい。
  • 5F オプト: 「まぼろしの名水」という「凹面鏡による光の反射によって空中に立体像浮かばせる」展示が良い。そこに猫の置物があるのに触ってもすり抜けてしまう不思議感がたまらない。スタッフの人が中を開けて構造を見せてくれた。シンプルなのに面白いよね。
  • 5F イリュージョンA: 床が水平なのにしばらく寝ていると斜めに感じてきてしまう「座標の部屋」や、自分が傾いているように思えてくる「うずまきシリンダー」など錯覚を起こすものがあってびっくり仰天。人間はいい加減だなと。

パークレストラン

展示の数が多いのでたっぷり楽しもうと思うと午前・午後のどちらかだけだとちょっと物足りなさそう。科学技術館内の地下にパークレストランでお昼を食べる計画で今日は行った。博物館系のレストランはすぐ混むという過去の経験から、2F・3F を見た後に11:30前にレストランへ。その時間はまだガラガラなのでゆっくりとランチバイキング料理をとって着席。今回は食事に困らなくてよかった。

ゆっくり腹ごしらえをしてから再入場して4F・5Fと回っていい感じ。

旧江戸城の雰囲気を感じる

ひと通り展示を見終えた後は北の丸公園のベンチで軽く休憩した後、清水門へ。古い石段の段差が大きくて「城っ」て感じで良い。

その後、こんなところにあるんだという千代田区役所の前を通り、途中のミニストップでソフトクリームを食べ、九段下駅から東西線に乗って家路へ。

思っていたよりもたっぷり遊べて満足だった。ようやくゴールデンウィーク! 満喫という感じ。今日は曇マークもついている天気予報だったけれど、日中青空が広がる気持ちのよい1日だった。

スポンサード リンク
[ 5月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.169325s / load averages: 0.39, 0.45, 0.43
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker