nDiki : ゆとりの法則

2004年4月17日 (土)

トム・デマルコ ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解

rimage:ISBN:4822281116

今年の1月からプロジェクトマネジメントをいくつか担当することになったのだが、まだまだ経験不足。 ということで遅ればせながら、「ゆとりの法則」を読み始めた。 誤った方向にマネージメントを進めていく前に手に取ってよかった。

社長からの「何をやっていいのかわからないスタッフがいるのでどんどん指示を出して、遊んでいる時間(指示待ち時間)を作らないようにして欲しい」というリクエストに違和感を感じていたのだが、この本の中にはその違和感が何かが説明されているようだ。

適応型ソフトウエア開発」でも管理するのではなくリーダーシップをとってコラボレーティブにプロジェクトを進めていくといったような事が書かれていたと思う。

頭では理解しているのだがなかなか実践できない。 プロジェクトのスケジュールをにらみつつ、またチームをまとめつつ意思決定を下していく技術を身につけなくては。 一技術者としての能力を向上も忘れずに。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ] [ コンピュータ書籍 ]

スポンサード リンク
[ 4月17日全て ]

2004年5月13日 (木)

トム・デマルコ ピープルウエア 第2版 - ヤル気こそプロジェクト成功の鍵

[ コンピュータ書籍 ]

先月読んだゆとりの法則に引き続き、トム・デマルコ2冊目。

image:ISBN:4822281108

片道1時間以上電車に揺られるところまで打ち合わせに行くので、その間に読もうかと出かける前に書泉へ行って買ってきた。

[ 5月13日全て ]

2004年5月25日 (火)

ピープルウエア読了

ゆとりの法則より扱っているテーマが広く分量も多いので読み終わるまでちょっとかかった。

「ダメ」なケースがいろいろ書かれているのだが、こうすればヨイというのは逆にあまりない。 結局のところ王道なし。 自分で頭をつかって考えなければいけないということであり、本書もそういう意図で書かれているんだと思う。

ソフトウェアの「品質」についてはバランスが難しい。「適応型ソフトウェア開発」で書かれている品質とあわせて、落としどころどうするのかかがポイント。

ゆとりの法則とあわせて要再読。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ] [ コンピュータ書籍 ]

[ 5月25日全て ]

2004年10月31日 (日)

熊とワルツを読了

rimage:ISBN:4822281868 歯医者の待合い室で読了。

ゆとりの法則」でもリスク図がでてくるのだが、ここではなぜその曲線になるのかという点には触れられていなかった。

熊とワルツを」ではきちんとそれについても説明されている。 過去のリスクに関するデータにもとづくモンテカルロ法。 なるほど。 そういえばモンテカルロ法なんてあったけなぁ。 自分では適用した事がなかったから存在自体忘れていた。

ということで本に登場するリスク図は主にこの業界のデータから導かれた確率分布だと。 そういうことか。 まぁあくまでざっくりとしたラインではあるが、無いよりは何倍も良い。

しかし実際に自分のプロジェクトで使ってみようとすると、なかなか手強そうだ。 手順まで丁寧に説明されているので、やれそうなものなのだがやはり不確定なものというのはとらえがたい。

まずは少しずつ、自分のかかわっているプロジェクトのリスク・リスト作りからはじめるべきか。 しかし例によって時間が。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ]

[ 10月31日全て ]

2012年9月14日 (金)

今日のさえずり: 息をするようにリファクタリングして master merge したい

2012年09月14日

  • 09:55 ノーマル。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://t.co/IeJtR7yh
  • 10:31 秋葉原ラジオ会館といえば、Bit-INN東京とエフ商会。
  • 14:11 GoodNotes に 3.4 になって Dropbox へのミラーリングができるようになった。ただ iPad 側でミラーリング対象を指定できない(全部書き出される)のと、Dropbox 側フォルダとして第一階層しか指定できない(/ 入れても駄目)なのがちょっと惜しい。
  • 14:27 「その道の権威」(intely)。
  • 14:31 「あなたも『その道の権威』になれる可能性が高まります。」(intely) なれるとは言ってないよ。
  • 20:34 初めて git rebase で --onto してみた。
  • 20:39 RT @mixi_PR: 株式会社ミクシィの新たな挑戦となる新規事業Petite jeté(プティジュテ)が、本日9/14(金)23時~のテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』( @wbs_tvtokyo)の定期販売サービス特集で取り上げられます。よろしければぜひご覧ください。#ptjete
  • 20:58 久しぶりに「ゆとりの法則」読んでおくか。
  • 21:23 退勤。秋の予感。
  • 22:00 息をするようにリファクタリングして master merge したい。
  • 22:46 23:00 からのワールドビジネスサテライト見忘れそうになって飛び起きた。
  • 23:16 千趣会のちょこちょこに学べ。
  • 23:20 RT @kingjim: セキュリティソフトは販売していません。 #テプラとファイルのキングジムです。
[ 9月14日全て ]

2014年7月30日 (水)

今日のさえずり: 悲しいけど "logined" じゃないのよね

2014年07月30日

[ 7月30日全て ]

2016年11月8日 (火)

第3回 エッセンシャル スクラムを読む会

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド

社内で「エッセンシャル スクラム」を読みたい人が集まる勉強会3回目。今日は第3章 アジャイルの原則。

原則を語るにしては計画駆動との対比が多く、ちょっと読後感がすっきりしませんでした。「アジャイルの原則」の章なのにスクラムの話しか出てこないのもちょっと残念でした。スクラムにおけるアジャイルの原則という章だったら気にならなかったんですけどね。

イテレーティブとインクリメンタルの話のところでは

スクラムでは、イテレーティブな開発とインクリメンタルな開発の両方の利点を活用する。そうすることで、両者を個別に用いる際の欠点を無視できるようになる。

とさらりと書いてあるのですが、これは参加者でも引っかかっている人がいましたし、私もちょっと釈然としませんでした。両方の利点を活用するという点は良いのですが、欠点を無視できるようになるというのは説明しきれていないなと。

「3.3 予見と適応」では

コミットメントを先延ばしにし、重要で後戻りのできない決定をしかるべき最後の瞬間まで行わないのである。

とし「判断することのコスト」曲線と「判断しないことのコスト曲線」が交わる最終責任時点がその瞬間であるとしています。主張は理解できますが、結局この曲線が明確になることは無いですし結局勘に頼らざるを得ないと感じました。

アジャイルの原則自体はしっかりしたものだと思っているのですが、この章ではそれがうまう伝わってこない気がしました。

WIP にまつわる話

作業者の手持ちではなく、作業の手持ちに注目せよ

は、あらためて思い返すことが出来て読んで良かった点です。この話はトム・デマルコの「ゆとりの法則」でも言われていることで再認識することができました。

「稼働率」と「フロータイム」「リードタイム」「WIP」のあたりは製造業だとメジャーな話ですがソフトウェア開発においては、それほどは話題にならない気がします。

勉強会でも、腑に落ちない人が多かったようです。空いた時間はもったいないので他の仕事を着手した方が無駄がないんじゃないかとつい考えてしまいますよね。

[ 11月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052675s / load averages: 0.20, 0.39, 0.43
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker