nDiki : イイノホール

イイノホール

日比谷シティの裏手にあるホール。

2004年3月23日 (火)

[ 映画鑑賞 ] 恋愛適齢期 - Something's Gotta Give - 試写会

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-03-23-0001.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-03-23-0002.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-03-23-0003.jpg

やまだ君が試写会チケットを入手したので、会社を早く出て鑑賞しに。 ドトール西新橋外堀通り店で待ち合わせ後、飯野ビル7F「イイノホール」へ。

6:00開場、6:30開演でだったのだがホールに入った6:10にはすでに結構席が埋まっていた。試写会は早めの行動がポイントなのか。

3月には10回以上映画試写会が開かれているホールだが、座席は全く映画向けではないのでちょっとシンドかった。

「恋愛適齢期」

「ジャック=ニコルソン、ダイアン=キートン、キアヌ=リーブス」と比較的豪華なキャスティング。タイトル通り恋愛物。帰りの電車でOLがこの映画の話をしていたのが耳に入ってきたしそれなりに知名度がある映画か?

全体的にだれるところもなく流れがいいしラブコメとしてうまくまとまっている。 しょっちゅう客席から笑い声が聞こえた。 しかし「そこ笑うとこ?」ってところでも笑い声が上がるし(変な人が1人いるとかじゃなくて全体的に)ちょっと感覚がわからないところもあり。 「表面的にはおかしく表現しているんだけれど、登場人物のその裏の心理描写としてはせつないシーン」でもカラッとした笑い声が聞こえたり。 うすーい観賞してる?

完全に女性に向けられて作られた映画かな。映画が終わって後の席の人が「年下の男の子(キアヌ=リーブス)に好かれるなんて理想的よね」なんていう視点は自分には実感できないしね。

ホールを降りるエレベーターの中で女子高生風の2人が「オバさんが主人公で、オバさんウケするよね」って大きな声で話ていた。 ズバリ的確な批評でもっともだと思ったが、同じエレベータに乗っている女性らの心中を思うとヒヤヒヤものでもあった。

ビルを出て近くのジョナサン映画談議をしつつ食事をし、解散。

スポンサード リンク
[ 3月23日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.107117s / load averages: 0.49, 0.67, 0.67
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker