nDiki : イベント

イベント - event

2016年8月13日 (土)

偏愛マップ作りにトライしたけれど1日ではまとまらなかった

偏愛マップ - キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド

齋藤孝氏が考案した「偏愛マップ」がオフ会などのイベントでの自己紹介にとても良さそうです。自分が大好きなものを書きだした「偏愛マップ」を作り、会話相手と互いのマップを交換して共通点や関心の湧いたキーワードについて会話すると盛り上がることができるというものです。

どんな感じか実際にやってみたくなりました。「偏愛マップ作り」と「偏愛マップを使った会話」の2つのステップのうち、まずは偏愛マップ作りをこの連休でやってみることにしました。

お気に入りを集める

まずは自分が偏愛しているものを集めるところから。気がついた時に整理するでもなく書きだしていた断片的なお気に入りリストがあるのでそれをベースに書き出し始めました。

リストに書き出してあったものは20代ぐらいまでに好きになったものが多いですね。やはり感受性の高い頃に出会ったものの印象が強烈です。逆に最近のものが偏愛にあまり上がってこないことが「そうだよな……」とちょっとショックでした。もっと普段からわくわくするものを意識して見つけていきたいなと。

以前挙げていたけれども「今はそうでもないかな」というものも結構ありました。ツール的なものにそういうものが多いですね。例えば ThinkPad とか。一方作品的なものは一度好きになったらそう変わらないものだということにもあらためて気が付きました。

「本棚を整理しようとしても、取り出した本を読み始めてしまって全然片付かない」パターンと同様、お気に入り書き出すのは楽しく苦しく、そしていくらでも時間がかけられるもの。日記を見返して偏愛自分探しをしたりしていましたが今日のところはいったんキリのいいところで止めました。

偏愛マップを作る

絵心が無いですし、何度も修正したくなると思うので手書きではなく PC 上で偏愛マップを作っていくことにします。

偏愛しているものを iThoughtsXマインドマップ風に書き出していっていたので、レイアウトしてそのまま1枚にまとめようと思ったのですが、放射状だとどうにもまとまらない感じです。偏愛マップ自体は形式自由なのでもちろんマインドマップ的なのもアリなのですが、好きなカテゴリ別に箇条書きにして四角で囲む形がいちばんうまく詰め込めるように個人的に感じました。

スペースに合わせて取捨する段階で「実は他人目線でウケ狙い的に上げていて偏愛じゃなかった」といったものに気がついたら捨てるとすっきりします。一方、偏愛ランキングが低いものをスペースの関係で落としていくのはとても心苦しいですね。苦しいです。

偏愛マップではキーワードで列挙していくので基本良いと思うのですが、コミュニケーションツールとして使うには一言ずつ程度説明を添えておくとニッチなものについては良さそうです。

結局今日の時点では公開するほど満足なレベルには仕上がらなかったので、ここに載せるのはお預けにしました。

もしイベント偏愛マップを書くなら?

自分にとって最高の偏愛モノを思い浮かべて書き出すのは、性格にもよりますが結構な時間がかかるということがわかりました。もしイベント偏愛マップを書いてもらうとしたら、きちんとタイムキーパーをおいて進行しその時間でできる範囲で仕上げてもらうよう誘導する必要があるかと思います。

偏愛マップやカテゴリのサンプルを用意しておいて、初めての人がスムーズに取りかかれるようにする必要もありそうです。

スポンサード リンク
[ 8月13日全て ]

2016年8月15日 (月)

偏愛マップを交換しての会話楽しかった!

偏愛力 〜人付き合いがうまくいくコミュニケーションの基本50〜

今度イベント偏愛マップを使ったらどうかということで、実際にメンバで偏愛マップを交換しての会話をしてみました。実際にやってみると会話が弾んでめっちゃ楽しかったです。これは良い!

偏愛マップ作り

今回は私以外はその場でとりあえず15分で手書きで偏愛マップを作ってみました。私は事前に作りつつあるβ版のものがあったのでそれをプリントアウトして手元に用意し、他のメンバが書くのを眺めていました。

みんなが書いているのをみて興味深いなと思った点としては以下がありました。

  • みんな黙々と書くので静か。
  • 書いている途中にニヤリとしたり、つぶやいたりしている人もいた。
  • PC/スマートフォンで調べながら書いている人がいた。主に漢字を確認していたとのこと。
  • 最初のカテゴリ作りでちょっと迷っている人がいた。キーワードの具体的も結構個人差があった。
  • SNS のプロフィールで書ききっているよ」と言う人はそれ以上書き出すのに困っていた。

それほど下調べせず「偏愛しているものを書き出してみよう」でやってみるとこんな感じになるんだなというのがわかりました。ワークショップとしてやる場合は、ある程度偏愛マップのサンプルを用意したり書く時のポイントを説明しておいたりすると良さそうです。

偏愛マップを交換しての会話

書いたあとは偏愛マップを交換してのトークタイムです。2人の偏愛マップに共通点があったり、あるいは興味をもってもらって質問されたりするともう嬉しくたまりません。ついつい熱弁してしまいました。テンションが上がりますね、これ。偏愛しているものなのでテンションが上がらないわけがありません。

一方「ちょっと話す側に回りすぎたなぁ」と個人的に反省しました。普段以上に会話のキャッチボールを意識する必要があるようです。

それから会話の中で「別の偏愛」があることを思い出してしまい、相手に預けている偏愛マップを取り返して追記したくなることが何度もありました。手元にメモパッドを用意してメモっておけるようにしておくのが良いですね。

偏愛トーク楽しいです。

[ 8月15日全て ]

2016年8月20日 (土)

不思議惑星キン・ザ・ザ デジタル・リマスター版 【映画鑑賞

naney:29105156575

クー! ついにやってきました「不思議惑星キン・ザ・ザ」上映日。今日から新宿シネマカリテてデジタル・リマスター版の公開です。劇場で観るのは2001年7月以来なので実に15年ぶりになります。この間に DVD を買って1度観てはいるのですが、やはり劇場でどっと沸く感じを味わいたくて劇場に足を運ぶことにしました。

20:30 からのレイトショーを観に行く前に15年前のパンフレットを引っ張りだして予習・復習。前回は前情報無しだったので「チープ感をうまく活かしたふざけた感じの面白おかしい映画」として観たのですが、あらためて解説を読んでみると当時のソ連の時代背景に合わせた様々な風刺のようなものが織り込まれているとも言えたのですね。意外に奥が深かった。

そんな視点をもってから今日は鑑賞したので、今回の不思議惑星キン・ザ・ザの印象は自分の中でも大分変わった気がします。結構社会的要素を感じてしまったといいますか。そういう意味ではちょっと手放しで「面白い映画!」で無くなってしまったことにちょっと当惑しております。いや、それでもお気に入り映画であることには変わらないのですけれどね。

劇場で一体感をもってどっと沸くあの感じは期待したほど無かったですね。ちょっと寂しかった。

ストーリーの細部は頭から抜けてしまっていたので、その点はあらためて新鮮に楽しみなおせました。「こんなシーンあったけ?」というところが沢山。強烈なシーンばかり頭に残っていたようです。

今回はデジタル・リマスター版ということで、映像もたしかにすっきりとした感じになりました。そこは純粋に良かったです。

新宿シネマカリテ

今日は初新宿シネマカリテ。自動発券機はタッチパネルの反応が悪くて最初操作を間違えているのかと戸惑いました。しっかり押さなければならないタイプのタッチパネルがこの世にあることを忘れていました。それからスクリーン1は思ったよりスクリーンが右よりでした。中央よりスクリーン向かってちょっと右側の席を取るのが良いです。

今日は初日ということでちょっとしたイベントもありました。まずはジョージアワイン試飲会。赤ワインのアラザニ・ヴァレの試飲ということで希望者にシアター入場前にグラスが渡されていました(自分はパス)。サイトには「上映開始前 (ロビーにて)」とあったのですが、これシアターに持ち込んで飲んでてっていう形だったんですね。シアター中がワインやアルコール臭くてちょっとマイナスでした。

それから公開記念のトークイベントとして 20:30 から 20:50 まで山形浩生氏のトークがありました。2001年のパンフレットにも山形氏の記事がありましたので、古くからのキン・ザ・ザファンのようです。トークの最初の方で「既に観たことある方はどのぐらいいますか?」と挙手を求めたところ、あちらこちらで手が上がっていたのでそれなりに観たことのある人がいたようでした。自分の視界の範囲では3割〜4割ぐらいといったところでしょうか。山形氏が結構ストーリーに踏み込んだトークをしていたので、今回初めての人にはちょっと伝えすぎ&先入観与えすぎじゃないかなぁとちょっとドキドキして聞いていました。

パンフレット

今回もパンフレットを買って帰ったのですが、ストーリーはまだしも沼野充義氏や永田靖氏の同じものがそのまま掲載されていたのはちょっとがっかりでした。予算的に厳しいのですかね。その代わりではないと思いますがオールカラーにはなりました。


[ Naney お気に入りの映画 ]

[ 8月20日全て ]

2016年9月12日 (月)

東京スカイツリータウンに行ってプラネタリウムを観てきた

naney:29607461006

3連休の3日目。去年の8月に初めて行ってみたものの尿路結石の初激痛に耐えるので精一杯だった東京スカイツリータウンへ再び行ってみることにしました。今日は曇天だったので東京スカイツリーには上らず、プラネタリウムや東京ソラマチを楽しんできました。前回は夏のお盆休み期間だったので混雑していましたが、今日は平日なので空いておりゆったりと過ごせました。

コニカミノルタプラネタリウム“天空”

今日は東京スカイツリーに上らないのでメインイベントとしてプラネタリウムを観ることにします。

11:00 の上映を観るべく 10:00 前に押上駅に到着。プラネタリウムに行くとチケット販売開始は 10:30 でまだシャッターが降りていました。前に数名待っている人がいたのでその後ろに並んでオープンを待ちます。席は選びたい放題だったので、お薦めの後ろ側の席の中から通路のところをチョイス。上映までのちょっとの時間でポケモンセンタースカイツリータウンをチェック。10分前にまた天空に戻りました。

スター・フライト 北海道 feat. PENTATONIX

今日の上映作品は「スター・フライト 北海道 feat. PENTATONIX」

札幌・小樽・函館の夜景と150年前の星空を投影するというプログラム。半分は夜景映像という感じで、星空の解説が少なめでした。映像と音楽を楽しむというタイプのようです。あとでサイトを見るとサイエンス★★☆☆☆となっていたので納得。映像を観ていて昔買った CD-ROM 夜景集を思い出しました。綺麗でしたがナレーション・BGM ともにちょっと制作側の自己陶酔感をちょっと感じました。

映し出された星空がいつのどこのかなどの説明も無かったのがちょっと残念。

プラネタリウムというと解説員が星や星座について詳しく説明してくれるという印象が強かったので、今回のような全て自動というのは新鮮といえば新鮮でしたがちょっと物足りなさはありました。

上映が終わって出口を出るとそこはもうプラネタリウムの外の通路。余韻を楽しむでもなくあれあれっという感じでした。

東京ソラマチ

プラネタリウムが終わったあとは、ソラマチ タベテラスでご飯。VIVAけなりぃの石焼きビビンバとヴィ・ド・フランスのパン。前回は席を取るのに一苦労でしたが、今日は楽々で快適でした。

お昼を食べたあとは東京ソラマチでショッピング。

  • リラックマストア (3F)
  • NHKキャラクター ショップ (4F)
  • テレビ局公式ショップ ~ツリービレッジ~ (4F)
  • Hello Kitty Japan (4F)
  • 元祖食品サンプル屋 (4F)
  • だがし 夢や (4F)
  • 鳩居堂 (4F)
  • タリーズコーヒー (3F)
  • どんぐり共和国 (2F)

と回ったところでいい感じの時間になったので押上駅へ戻って帰宅。良い休みとなりました。

[ 9月12日全て ]

2016年10月8日 (土)

雨でイベントが延期になったので iPad Pro 注文【日記】

9.7インチiPad Pro Wi-Fi 32GB スペースグレイ MLMN2J/A

今日の予定は雨の予報ということで朝の時点で明後日に延期決定。ちょっとほっとしました。

ちょっと心に余裕ができたので iPad の新調の話を進めたり。サイズと今後の寿命を考えて「9.7インチiPad Pro Wi-Fi 32GB スペースグレイ MLMN2J/A」で決心。2011年に買っiPad 2 も気がつけばよく5年頑張ったなと。ポイント還元率の低い Apple 製品なのでヨドバシ・ドット・コムでゴールドポイントを全額ツッコミました。

家族共用にするので Apple ID は私のメインのとは分けるつもり。新しく Apple ID を作成してファミリー共有の登録案内を送っておくところまでやっておきました。

明日届くのが楽しみです。

[ 10月8日全て ]

2016年12月17日 (土)

小学生のあいさつの言葉でチームワークを考えさせられた【日記】

とあるイベントの「おわりのあいさつ」で小学生が「苦手な人などの事も考えて協力する」「全員が手を抜かないで本気でやる」といったようなことが大切と言っているのを聞いて、あらためてチームワークについて考えるきっかけになりました。

小学生でもやっているのに、大人になるとやらなくなっちゃうのってもったいないです。

[ 12月17日全て ]

2016年12月24日 (土)

今年はクリスマスイブが土曜日

rimage:/nDiki/2016/12/24/2016-12-24-065927-nDiki-1200x800.jpg

今年はクリスマスイブが土曜日、クリスマスが日曜日というゆっくりできるカレンダー。アイカツ!クリスマススペシャルイベントのプレイを眺めたり、家で手作りのケーキを食べたりと、ゆっくりと過ごすことができました。

レゴシティの最後のアドベントカレンダーの枠はサンタクロースでした。

[ 12月24日全て ]

2017年4月1日 (土)

「親子でいっしょに手形アートをつくろう♪」&「みんなの手形でを咲かせよう!!」

rimage:/nDiki/2017/04/01/mixi-1.jpg

今日はイオンモール幕張新都心 ファミリーモール1F ファミリーコートで手形アートイベントを開催しました。寒い日にもかかわらず多くの人に来ていただき大変ありがとうございました。

「みんなの手形でを咲かせよう!!」は通りがかって興味をもって立ち寄ってくださった方はもちろん、事前告知を見てお越しくださった方も多くいらっしゃって嬉しい限りでした。おかげさまで、手形で満開のを咲かせることができました。膝の上に乗っていろいろ話しかけてくれたお子さん、手形の横に書く「最近良かったことを」あれこれ考えているお子さんの姿をみて、開催して良かったなと感じました。

SNS 上だけではなく直接会って楽しくおしゃべりをして仲良しになろうという趣旨で mixi ユーザーの方から募集した「親子でいっしょに手形アートをつくろう♪」では手形アート作りに加えて、お題トークを通しておさんどうしで会話していただき楽しい時間をお過ごしいただきました。

イベント開催を終えて

今まで mixi ユーザーとの交流イベントmixi運営オフ」を開催してきましたが今回は小さいお子様連れを対象としたイベントでしたので、今まで以上に安全面などを含めて細かく準備をいたしました。無事にイベントを終えることができほっといたしております。

朝に家を出てからイオンモールに着くまで小雨が降っており、出足が悪かったらどうしようと心配していたのですが、結果通行人の方向けのイベントについては準備していた形の手形用紙分すべてご参加いただけてちょっとほっとしました。イオンモールの方によると花見の季節なので好天の方がむしろ人出が少なかったもしれないとのことで、なるほど結果オーライだったようです。

イオンモール幕張新都心は今日が初めてです(現地下見・打ち合わせはイベントメインスタッフが担当していました)。今日来たファミリーモールだけでもこれだけ広いので、全モールとなると1日では見て回れなさそうですね。一度は全部回ってみたいです。

(画像https://yorimixi.jp/mama-friends より)

今日のさえずり: みんなシール大好き

2017年04月01日

  • 00:04 百円玉も2枚ちゃんと用意した。
  • 07:01 危うく14分待ちになるところだった。
  • 07:11 調整できるようにと2枚重ねにしたんだけれど、さすがに暑かった。
  • 07:18 I'm at 新木場駅 in 江東区, 東京都 https://www.swarmapp.com/c/j5Iu50vpKOS
  • 07:40 I'm at 海浜幕張駅 in 千葉市, 千葉県 https://www.swarmapp.com/c/8lRsXpivyQe
  • 07:46 I'm at デリフランス 海浜幕張店 in 千葉市, 千葉県 https://www.swarmapp.com/c/0UxKgIUWsW0
  • 10:54 RT @mixi_official: 本日、イオンモール幕張新都心 ファミリーモール1F ファミリーコートにて「みんなの手形でを咲かせよう‼︎」イベントを開催しております。 16時半まで開催しており、どなたでもご参加いただけます! みなさんも一緒にを満開にしましょう! #m…
  • 13:53 イオンモール、どこかに似ていると思ったらアレだ、イオンだ。
  • 15:53 RT @mixi_official: 先ほどに続いてイオンモール幕張新都心で「親子でいっしょに手形アートをつくろう♪」イベントを開催しております。 事前にmixiで応募くださったママさんたちが、お子様と一緒に手形アートで交流を深めています。 #mixi #イオンモール幕張新都心…
  • 16:20 みんなシール大好き。
  • 17:34 お疲れさまでした。 (@ イオンモール幕張新都心 ファミリーモール in Chiba, Chiba-ken) https://www.swarmapp.com/c/1djK6xnW5r5
[ 4月1日全て ]

2017年7月4日 (火)

今日のさえずり: 東京に台風がくる時に騒ぐのは沖縄から来た人で

2017年07月04日

  • 12:13 松屋の新オリジナルカレー、頬から汗が出るぐらいに辛かった。
  • 12:25 東京に台風がくる時に騒ぐのは沖縄から来た人で、東京にが降る時に騒ぐのが東北から来た人というイメージ。ずっと東京にいるとどちらもそれなりに普通なイベント
  • 15:00 セブンプレミアムの「ふわころ」は「ジェネリック萩の月」ではなかった! http://bit.ly/2tE0keq https://t.co/l83CklKPKL
  • 17:05Naney さんが大学生の頃の沖縄って、ちょうど返還された頃じゃないですか?」いやいやいや。
  • 19:36 あー、普段まだ帰らない人が台風で早く帰ろうとしているパターンの混雑か。
  • 19:46 と思ったが放送によると振替輸送の影響らしい。
[ 7月4日全て ]

2017年8月20日 (日)

ちゃおサマーフェスティバル2017 (ちゃおフェス)

image-half:/nDiki/2017/08/20/2017-08-20-114940-nDiki-1200x800.jpg image-half:/nDiki/2017/08/20/2017-08-20-114956-nDiki-1200x800.jpg

パシフィコ横浜 展示ホール 1F ホールDで昨日・今日の2日間開催のちゃおサマーフェスティバル2017(ちゃおフェス)に行ってきました。

世田谷区たまがわ花火大会に昨日行っていたら今日はお疲れで行かないかなと思っていたのですが、花火大会が雨で中止となったため今日は体力ばっちりで出掛けられることになりました。ちゃおフェスを知ったのは4年前の2013年8月の開催当日ちゃおを買ってみたのが2015年6月、そしてとうとう今年ちゃおフェスに参加です。

Twitter検索してみると始発で会場を目指している方もいていったいどれぐらい混雑しているのだろうと心配しつつ会場に向かったのですが、10:30 到着で入場自体は待つこともなくすんなりホールに入ることができました。

プリパラやアイカツスターズ!など大きいお友達が気になるメーカーブースもあるものの、少女漫画雑誌イベントだけあって、やはり小学生から中学生ぐらいの女の子連れの家族が来場者の中心でした。男の子が少ないこともあり、混んでいる場所でも落ち着いた雰囲気でまわりやすかったですね。アイカツスターズ! の S4 の服を着ている女の子とかがいたのにはビックリしました。

入口近くの原画展・色紙絵展示を楽しんだ後に会場をぶらぶら、各ブースは10〜60分待ち、あるいは時間指定の整理券制なので遠目からこんなのがあるのということで眺める感じで済ませました。中学生以下は入場の際にいろいろなノベルティの入ったビニール袋と Let's Go! スタンプラリーの用紙がもらえるので、スタンプラリーをしながら会場を回るのが楽しそうです。

ちゃおは「12歳。」以上に「プリプリちぃちゃん!!」推しっぽいですね。それから「ねこ、はじめました」もグッズがあったりしてだんだん力を入れてきてるようです。

最後にキャラ☆コレクショングッズコーナー(物販コーナー)で買い物をして会場を出ました。1時間強ぐらいいたかな。ちゃおフェス、満足です。

[ 8月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.087457s / load averages: 0.70, 0.54, 0.42
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker