nDiki : エラー

エラー - error

fault と error と failure

fault

原因。

error を引き起こすもの。

  • design faults (バグ)
  • hardware faults
  • lower level service faults
  • specification faults

error

システムの状態の一つ。

failure を引き起こすもの。

fault のインスタンス。 (user error は含まない)

failure

不具合現象。

システムの外。

スポンサード リンク

2017年6月18日 (日)

PIXUS TS8030 の歯車がもげた

rimage:/nDiki/2017/06/18/2017-06-18-103239-nDiki-1200x800.jpg

昨年末に買っプリンタ PIXUS TS8030 がエラー表示が出て印刷できなくなったと。まだ半年なのにと思いつつ紙詰まりなどをチェック。中をのぞいてみたら白い歯車がもげて落ちていました。

設置後1度も移設もしていないし自然故障っぽい。部品のはまりが甘いのでしょうか。

軸に押し込んだらまた動くようになったのでそのまま様子見です。


[ 製品レポート ]

スポンサード リンク

今日のさえずり: エプロンを外してがっつり浴槽下を掃除

2017年06月18日

  • 10:50年末に買った PIXUS TS8030 がエラー表示を出しているので中を見てみたら歯車がもげてた。 https://t.co/J2462yFAKt
  • 13:03 エプロンを外してがっつり浴槽下を掃除。構造的に掃除できないところがないと嬉しいんだけれどなー。
  • 17:26 最近体が重くなってきたので一発ラジオ体操
  • 21:21 α6300の本体ソフトウェアアップデート中。 Ver. 1.10 から Ver. 2.00 へ。
  • 21:26 完了。
  • 21:32 PlayMemories Camera Apps ってチェックしたことなかったなと思ってサイトにアクセスしてみたら有料のアプリが並んでいた。
[ 6月18日全て ]

2017年7月10日 (月)

今日のさえずり: 256倍本、持っていたの MS-DOS のだったかなぁ。思い出せない。

2017年07月10日

[ 7月10日全て ]

2017年7月22日 (土)

Synology DiskStation DS216j の HDD 交換

image:/nDiki/2017/07/22/Synology-DiskStation-216j-1200x751.png

去年の11月に自宅用に購入しNAS の Synology DiskStation DS216j に積んでいた WD Red NASハードディスクドライブ WD30EFRX (3TB) が故障したので急遽交換しました。昨晩に「劣化モード」に突入というアラートがあがったのでその場で新しい HDD を注文、速やかに本日交換しました。

前兆

7月10日にI/O エラー発生のアラートメール、1週間後の7月17日にファイルシステムエラーのアラートメールが届きました。このあたりからそろそろ意見だなと感じ始めました。

ディスク 2 クラッシュ

昨晩風呂に入った途端に Synology DiskStation DS216j がビープ音を鳴らし続け始めたので飛び出してきました。いったんコントロールパネルの[ハードウェアと電源]から[ビープ音をオフ]を押してビープ音を停止。ディスク 2 クラッシュでした。

状況を確認後しったんシャットダウン。

HDD 購入

HDD モデルの問題なのか個体の問題なのか、それとも設置環境が悪かったのか、現状判別できないので、取り急ぎ最初に買った HDDを注文。

交換準備

DS216j を起動した際に新しく書き込みしていかないように、まず MacBook ProTime Machine と Cloud Station を停止。

それから Debian GNU/Linux ノート PCpdumpfs バックアップに以前使っていた8年前購入のポータブル HDD があったので DS216j を起動し背面の USB ポートに接続。とり急ぎバックアップ設定などはせずに File Station を使って DS216j 上のファイルをコピーしました。

とりあえずファイルロストの心配がこれでなくなったので一安心。

HDD 交換

夜に HDD が届いたので DS216j を開けて交換。溜まっていたホコリをいったん綺麗にするのにちょっと時間をかけましたが、交換自体はささっと完了です。

修復

交換したら DS216j を起動して修復を実行。19:30 過ぎに始めて夜中の 27:00 前に整合性チェックが完了しました。7時間30分弱で完了したようです。

これで一段落。

今回の故障の原因は何でしょうね。夏の暑さか、稼働中の衝撃があったのか、HDD の個体の問題だったのか。どちらにせよ先送りしていたバックアップ体制も構築しなければと思う1日でした。それにしても家に居ながらにして翌日には HDD を調達して修復を実行できるとは良い時代になりました。

[ 7月22日全て ]

2017年8月31日 (木)

rumember でコマンドラインから Remember The Milk にタスク追加できるようにする

Alfred から Remember The Milk にタスクを追加できるようにするため、コマンドラインからタスクを追加できる rumember を MacBook Pro (macOS) に入れました。

RubyGems でインストール

とりあえずホーム以下に入れておきたいので GEM_HOME を指定してインストール

 mkdir ~/local/rumember
 GEM_HOME=$HOME/local/rumember gem install rumember

rumember を実行して認証

ru コマンドを実行すると最初に認証が動きます。

 GEM_HOME=$HOME/local/rumember $HOME/local/rumember/bin/ru

を実行するとデフォルトブラウザが開いて Remember The Milk認証画面が表示されます。ここでボタンを押せば認証されるようなのですが、エラー画面になって失敗。どうも gem になっているバージョンだと今は認証エラーになるようです。とりあえず認証のところだけ GitHub 上の最新のを取ってきて実行しました。

 cd ~/tmp
 git clone https://github.com/tpope/rumember.git
 cd rumember
 GEM_HOME=$HOME/local/rumember LAUNCHY_HOST_OS='mac os' bin/ru

今度は成功(ブラウザを起動する時に警告が出ていたため一応 LAUNCHY_HOST_OS も指定)。 ~/.rtm.yml が作られてそこにトークンが保存されました。以降は最初に gem で入れた方で動いているのでしばらくそのまま使います。

rumember が入ったので Alfred で 「ru タスク内容」と入力したら ru コマンドが実行されるように workflow を作成して Alfred からタスクを追加できるようになりました。めちゃ捗るようになりましたよ。

[ 8月31日全て ]

2017年9月15日 (金)

今日のさえずり: JアラートのJは何のJ

2017年09月15日

[ 9月15日全て ]

2017年11月29日 (水)

筆まめ Ver.19 の住所録を宛名職人 Ver.24 を移す

宛名職人 Ver.24

Mac年賀状ソフトとして購入して11月9日には届いていた宛名職人 Ver.24 のパッケージを開梱してようやくインストールしました。今まで使ってきた筆まめ Ver.19 の住所録筆まめ側で ContactXML 1.1a 形式で書き出して、宛名職人 Ver.24 で読み込むことができました。

  • 筆まめ側で ContactXML 側に出力する際に「﨑」が出力できないので「崎」に変更した。
  • 筆まめ側で長い名前を入力していたエントリ(会社名)は宛名職人で読み込めなかった。もう必要のないエントリなのでそのまま無視。

というのはありましたがあとはエラー無し。宛名職人の画面構成も使い方もまだ全くわかっていないので目視未確認ですが大丈夫だと信じたいところです。

CSV 形式で出力してカラムを突き合わせるなど面倒なことをしないといけないかなーと思っていたのですが ContactXML ではそういった手間が無かったので助かりました。

[ 11月29日全て ]

2017年12月13日 (水)

今日のさえずり: さっそく超グラコロ食べた。超満足。

2017年12月13日

[ 12月13日全て ]

2018年1月13日 (土)

Web 日記を書いたら Zapier を使ってmixi でつぶやくようにする

Web 日記を書いたらmixiボイスにつぶやいてシェアできるように Zapier を設定してみました。

mixi はフィード出力のある Blog を「外部ブログとして日記に設定」することで新着をシェアする機能がありますが、mixi 上で書くmixi日記とは同時に使えません。私はmixi日記も書いているので、つぶやきでシェアするようにしました。

Zap

作成した Zap は以下のような感じ。フリープランで作れます。

image:/nDiki/2018/01/13/Zap.png

TRIGGER

RSS by Zapier」の「New Item in Feed」で新しいフィードアイテム(Web 日記記事)があれば Zap が動くようにします。

SEARCH OR CREATE

フィードのままだと URL が短縮されないので「Bitly」の「Find or Create Bitlink」で URL を短縮させます。「Create Bitlink」だとエントリの URL が既に短縮済みだった場合にエラーになってしまうので「Find or Create Bitlink」にします。

ACTION

つぶやくところは「Gmail」の「Send Email」を使います。

To には mixiメール写真付きつぶやき」での送信先メールアドレスを、Body にはつぶやきたい内容を設定します。フィードのタイトル(Step 1 の)や、短縮 URL (Step 2 の)などを組み合わせてテンプレートを作ります。

ちなみにここで To に mixiメール日記を書く」のメールアドレスを指定し、Subject にタイトルを、Body に本文を書くことでmixi日記に投稿してシェアするようにもできます。

それ IFTTT

IFTTT でも「RSS Feed」サービスと「Gmail」サービスを組み合わせればだいたい同じ構成のアプレットが作れます。

ただ IFTTTGmail サービスは From の切り替えができません。なので IFTTTGmail サービス連携させている Gmail アカウントのメールアドレスと mixi の登録メールアドレスが同じ場合はいけるはずですが、異なる場合は駄目だったりします(つぶやき・日記メールでの投稿は mixi 登録メールアドレスからのみ可能)。

ZapierGmail で設定している送信用メールアドレスをアクションで選択できます。 Zapier と連携させる Gmail アカウントで mixi 登録メールアドレスを From として送信できるように設定しておけば Zapier でその From を指定できます。

Zapier の方が細かい設定ができるし何が起きるかもわかりやすいし IFTTT より便利ですね。ただフリープランだと1カ月に実行できるタスク制限が結構厳しく、かといって一番安い有料プランでも $13.75/月するというのが悩ましくあります。もう少し安いプランがあると嬉しいなと。

[ 1月13日全て ]

2018年2月21日 (水)

今日のさえずり: 頭の中にいるヘルシェイク矢野を成仏させたい……

2018年02月21日

  • 09:39 RT @weboo: おっさんが転職する前に様々な仕事を体験できるオッザニア
  • 09:45 Twitter で人気のコウテイペンギンの赤ちゃん「コウペンちゃん」の原画展、今日から渋谷の GALLERY X BY PARCO で。 / “コウペンちゃん ミュージアム” http://bit.ly/2obEdby
  • 13:26 ほぼ女の人しかいなかった。 (@ Flying Tiger Copenhagen in Shibuya, Tōkyō) https://www.swarmapp.com/c/f58dtURsh2F
  • 17:12 「この写真を見たらスタッフやってる理由は伝わるかな?と思ってる」 @hidey 氏 / “DroidKaigi 2018で何をやったか” http://bit.ly/2olPaXq
  • 17:15 RT @ritou: ローソンできゃりーぱみゅぱみゅばりに噛みそうになりながらポムポムプリンまんくださいって言ってるのに、二日連続で暖め中エラーを返されてる。
  • 17:18 「聲の形」がマガジンに読み切り掲載されて5年かー。 http://bit.ly/2tgBgpJ
  • 17:21 宮益坂Lomo Smena 8M https://t.co/JrcoxytdFM
  • 18:46 iPhone で VoiceOver を使うと Kindle で読み上げさせられて面白いというのでやってみた。結構いい感じに読み上げてくれますねー。
  • 22:54 頭の中にいるヘルシェイク矢野を成仏させたい……。
[ 2月21日全て ]

2018年8月5日 (日)

macOS High Sierra にアップグレード

今日プリンタ印刷をしようとしたらプリンタとうまく通信できていなくて、そういえば SSH も数日前から接続できないことがあって、あれっと思ったら App Store にもうまくつながらなかったり。考えられるのはノートン セキュリティを再インストールしたことぐらい。ファイアウォールの設定も見てみたけれど問題なさそうなので、このタイミングで macOS High Sierra に上げておくことにしました。

macOS Sierra 10.12.6 から macOS High Sierra 10.13.6 へのアップグレードになります。アップグレードした結果、印刷できるようになったし SSH 問題も解決したので良しとします。

ScanSnap Manager は要アップデート

それから iTerm2 で新しいウィンドウを開くと

 failed MSpanList_Insert 0x2d4000 0x3abc7c6fbf83 0x0
 fatal error: MSpanList_Insert

 runtime stack:
 runtime.throw(0x277a4b)
 	/usr/local/go/src/runtime/panic.go:491 +0xad fp=0x7ffeefbff550 sp=0x7ffeefbff520
 runtime.MSpanList_Insert(0x296e48, 0x2d4000)
 	/usr/local/go/src/runtime/mheap.c:692 +0x8f fp=0x7ffeefbff578 sp=0x7ffeefbff550
 以下続く

エラーを吐くようになりました。.bashrc の中で読んでいる direnv が出していたので自前でビルドしていたのを捨てて Homebrew で再インストール

 brew install direnv

途中

 xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun
 Error: Failure while executing; `git config --local --replace-all homebrew.private true` exited with 1.

と出て git が動かなくなってしまっていることに気がついたので、こちらは

 xcode-select --install

で対応。

[ 8月5日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.079345s / load averages: 0.32, 0.21, 0.21
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker