nDiki : サブスクリプションサービス

2019年2月6日 (水)

結局 IAP で再度 Remember The Milk Pro 購読

Apple In-App Purchase (IAP) 払いにしている Remember The Milk Pro を本日更新。

RTM バックアップ」→「IAP でのサブスクリプション終了」→「Google Play でサブスクリプション開始」→「バックアップをインポートして Pro のみのデータを復元」というストーリーを考えていたのだけれど2つ勘違いだった。

そもそも Google Play でのサブスクリプションが提供されていなかった

Android アプリで Pro にすれば Google Play でサブスクリプションできるだろうと思ってたんだけれど、そもそもその決済方法は提供されていなかった……。

あらら。結局個人的にお得な IAP で再度購読することに。わかっていれば自動更新すればそれで終了だった。

Pro をやめてもデータは残っていた

Pro のみのデータや設定である

  • サブタスク
  • 高度な並べ替えと分類
  • 100のテーマから選択できます
  • タグの色をカスタマイズ
  • 完了したタスクの記録 無制限

について Pro で無くなった時点で失われるのなら、再度 Pro にした時点でバックアップから復旧しないといけないかなと思っていた。

実際のところ(今回は) Pro で無くなった時点で「機能が無効になる & サブタスクにアクセスできなくなる」となったのだけれど、Pro で再度購読(1時間以内)した時点で元通りに戻った。そうだったんだ。データが消えないかビクビクしていたけれど、面倒なくて良かった。

[ サブスクリプションサービス ]

スポンサード リンク
[ 2月6日全て ]

2019年2月16日 (土)

Android 版で残念な状態なので Day One Premium をやめる

Day One Premium 登録(年額2,800円)をキャンセルして次回自動更新しないようにした。

Day One 3 で Markdown 記法のテキストの扱いが不便になってしまった上に、 Android 版が5カ月経っても追従されずに iOS 版・Mac 版で作成したエントリが編集すらできないまま。対応全プラットフォーム間での無制限同期という Day One Premium の feature がずっときちんと提供されていない状況だ。もともと Android 版で Mac 版と同期するに Day One Premium を購入したのだけれどこれだと意味がない。

Day One Publish は保留

Day One Publish で公開している7エントリについては Day One Publish のサイトにログインすれば削除は可能なのでもう少し放置しておくことにした。

Mac で使っていた Day One Classic がそういえばインストールしたままになっていて Publish 済みのエントリのみ念のためそのまま残してあったので、データはそちらからサルベージしておいた。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 2月16日全て ]

2019年5月18日 (土)

今回も Google Play の残高で Evernote プレミアム購入

というか気がついたら自動更新で購入していた(更新するつもりで予定通り)。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 5月18日全て ]

2019年5月26日 (日)

Google One 100GB を月間プランから年間プランに変更

年末Google ローカルガイド特典で Google One 100GB 6カ月無料となったので、ロックインの罠にハマる可能性はあると思いつつも利用開始してみていた。

結局その後ストレージを多く使うことも無くもうすぐ6カ月。定期購入の解約する前に「Google One をファミリーと共有」にしていたのアカウントを確認してもらった。そうしたらいつのまにか Google フォトをメインにすでに 15GB を超えていて、 Google One が必要な状態になっていた。スマートフォンで撮った写真バックアップとして使っている(過去に自分が勧めて設定した)ので、この先も少しずつ必要な容量が増えていくだろうしということで無料期間が終わっても Google One を継続利用することにした。

月間プランより年間プランの方がお得なのでこのタイミングで変更しておいた。https://one.google.com/home にアクセスし「設定アイコン」→「ストレージ プランを変更」→「年間プランに変更」で OK。無料期間が終わった時点で年額が請求される。

月間プランから年間プランへ変更できなければ、いったん 15GB 以下にがんばって利用を減らしておいてもらい、月間プラン解約で無料期間終了後に直ちに年間プランで契約しなおしかなと思っていたけれど、その必要は無かったよ。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 5月26日全て ]

2019年6月27日 (木)

Google One メンバーの皆さまに Google Home Mini を進呈

Google から

日頃の感謝の気持ちを込めて、 Google One メンバーの皆様に Google Home Mini を進呈いたします。

というメールが届いた。タイミング的には Google ローカルガイド特典での Google One 100GB 6カ月無料期間だけれど対象だったみたい(その後、今日のお昼に無料期間が終了して Google One 100GB 年間プランで定期購入更新のメールが届いた)。

今まで無料だったし今日からの1年で2,500円(税込)なので、Google Home Mini 6,480円(税込) (キャンペーン時に3,000円でぐらい家電量販店で売られたりする)の値段を考えると Google One 実質タダみたいな感じだ。

既に1台 Google Home Mini があってどうしようかなと思ったんだけれど、家族に話したら別の部屋でラジオを聞きたいという需要があったので、2台あってもいいねとなった。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 6月27日全て ]

2019年8月21日 (水)

Ulysses 年間購読(自動更新)

一昨年の8月21日に年間購読し始めライティングアプリ Ulysses、この1年もヘビーに使い続けていたのでそのまま自動更新。

機能追加の開発も継続的に行われているのでうまくビジネスが回っているのかな。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 8月21日全て ]

2019年9月1日 (日)

YouTube Premium ファミリー プラン登録

YouTube で出てくる広告の質がだんだん悪くなっている気がする。テレビでもみるような大手の広告ならまあいいかなと思うのだけれど、ちょっとこれどうなのみたいなのを広告で意識下に擦り込まれるのは嫌だなあ。

そういえば Spotify は Chromecast built-in 搭載のコンパクトステレオシステム SC-HC2000 を買ってから音楽をキャストしたり MaciPhone で聞くのに使ったりしていたけれど、Spotify Free の再生時間の上限を一度経験してからいつの間にか使わなくなってしまった。

これは YouTube Premium に登録して広告非表示と YouTube Music・Google Play Music を手に入れるのがいいかなー。ということでも使えるように YouTube Premium ファミリー プランに登録してみた(1か月間無料)。

YouTube Music と Google Play Music はどちらが自分に合っているかまだわかっていないでしばらく両方試してみる。併用になる可能性も高そうだけど。Google Play Music は「音楽聞き放題」ってなっているのだけれど、Google Play で購入できる曲のすべてが聴ける訳ではないのかな?

Google Home Mini でのデフォルトの音楽サービスは Spotify から Google Play Music に変更してみたよ。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 9月1日全て ]

2019年10月1日 (火)

YouTube Premium ファミリー プラン継続

1カ月前に YouTube Premium ファミリー プラン登録をして1カ月間無料の期間が終わり、今日から1,780円/月。

音楽聞くのにいいから続ける。動画再生で広告が流れなくなって嬉しいと感じているかというと「そもそも広告が出ないのでそういうこと自体考えなくなった」というのが正しい。これが普通になってしまっているので YouTube Premium をやめたらめちゃくちゃ不快になるんだろうな。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 10月1日全て ]

2019年12月18日 (水)

Google Nest Mini プレゼント

YouTube Premium メンバーの皆様に Google Nest Mini をプレゼントメールが届いていた。嬉しいけれどすでに Google Home Mini 2台有り。年末にスマートディスプレイ Google Nest Hub を入手しようと思っていたところなので、もう Mini は置いておく場所が……。

Google Home Mini の1つはGoogle One メンバーへのプレゼントで入手したもの。 還元と見せかけつつシェア拡大を目指す Google すごいな。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 12月18日全て ]

2019年12月31日 (火)

2019年にお金を払ったサブスクリプションサービス

今年も棚卸しをかねて2019年にお金を払ったサブスクリプションサービスを書き出してみるよ。以下税込額。今年支払ったのは61,302円。10月から消費税が増税したので計算が面倒(月額サービスは発生月で計算することにする)。年末時点で継続しているもので月6,928円ほど。

昨年支払ったのが64,414円だったので3,112円減。支払いサイクルなどの関係もあったか去年より安く済んだんだな。ほー。来年は YouTube Premium ファミリー プランが12カ月フルになるのと Flickr Pro の更新があるのとで、過去最高になりそうではある。

今年新しく開始したサブスクリプションは Google OneYouTube Premium ファミリー プランとどちらも Google のサービス。両方満足している。

今年支払ったもの

さくらのレンタルサーバ プレミアム (継続)

レンタルサーバ。この nDiki の公開とメールボックスが主な用途。2009年に契約して安定稼働しているので乗り換えることもなくずっと利用継続中。

Remember The Milk Pro (タスク管理ツール) (継続)

年額4,800円(Apple In-App Purchase)。

一番使いやすいタスク管理ツール。2007年に使い始め、最初に Pro にしてみたのは2010年

Ulysses (テキストエディタ) (継続)

年額3,300円 (Apple In-App Purchase)。

テキストファイル編集管理全般に使っていたテキストエディタ (Mac アプリケーションiOS アプリ)。

Ulysses 18 for Mac からフォーマット無しのテキスト(プレーンテキスト)として表示・編集する機能が無くなったので11月からメインのライティングアプリを iA Writer に変えた

このままいくと来年の更新はやめるかもしれない。

mixiプレミアム (継続)

mixi のプレミアム会員サービス。mixi日記の表現力がアップするなどのプレミアムサービスを利用するのに登録中。登録しているといろいろな機能がちょっとずつ便利になる。

Amazonプライム (継続)

年額4,900円(クレジットカード払い)。

Amazon.co.jp のプレミアム会員サービス。今年3,900円から値上げされた。

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」で1年延長されたので来年は支払い無し。

Evernote プレミアム (継続)

年額5,200円(Google Play 支払い)。

ノートアプリのプレミアム会員サービス。利用頻度は低いけれど、スキャンした PDF ファイル置き場になっているのでやめられない。

Adobe Creative Cloudフォトプラン (継続)

Lightroom Classic CC は週のうち何日かは使っていて無くてはならない状態。

Google One (新)

年額2,500円(Google Play 支払い)。

Google アカウントのストレージ利用が Google フォトを中心に 15GB を超えたので年間プランで契約今年は Google One メンバーに Google Home Mini が配られたので実質無料。

YouTube Premium ファミリー プラン(新)
  • 月額1,780円(Google Play 支払い)。
  • 1年あたり: 5,340円(来年は21,360円予定)。

YouTube広告の質がだんだん悪くなって不快に感じるようになったのと、何かしら音楽の定額配信サービスを使いたいなと思って登録。利用しているサブスクリプションサービスの中ではめちゃ高い。広告が出なくなったのシンプルに快適だし、音楽配信も自分・で結構利用しているのでまあお値段相応の価値は感じている。

今年は支払いが無かったもの

支払いサイクルやポイント利用などで今年は支払いが無かったもの。支払っていたら1年あたり5,345円相当。

Flickr Pro

2年間44.95ドル、5,146円(PayPal 払い)。1年あたり2,573円。2018年に2年間分更新したので今年は支払いなし。

写真共有サービスのプレミアム会員サービス。ほとんど使用していないのだけれど nDiki の古い記事で表示に使っているところがあるので継続。nDiki で表示に使うのをやめたら Pro は止めるつもりでいる。

でも来年2月4日までに捨てられないかも。次回更新は1年で $49.99 と倍以上になっているので早く止めたい。

naney.org ドメイン (継続)

3年間4,860円(クレジットカード払い)。1年あたり1,620円。

さくらのレンタルサーバにした頃に VALUE-DOMAIN へ移管したあとずっと継続。

一昨年更新したので今年は支払いなし。

ラピッドSSL

3年間3,456円。1年あたり1,152円。

2017年に再発行があり無料で3年延長されたので2020年まで有効。

2019年に止めたもの・更新しなかったもの

Day One Premium

年額 2,800円(In-App Purchase)。今年は更新せず。

[ 12月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.077348s / load averages: 0.64, 0.62, 0.58
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker