nDiki : サムネイル

サムネイル - thumbnail

親指の爪。

2004年11月14日 (日)

JAlbumWebフォトアルバム

最初は zphoto でいこうと思っていたのだが、

  • 画像にコメントが直接つけられない (Template Toolkit の組み合わせでHTML書き換えるのがよいか)
  • 画像の横幅しか指定できない (長辺でサイズを指定したい)

といった点から違うソフトを探してみた。

JAlbum というのを見つける。Java で書かれているので、Linux でも動く。 スキンがいろいろ選べるのが良い。スキンリポジトリには Flash コンテンツベースの格好良いアルバムを生成するのもある。

スキンは自作できるのだが、プログラムが書ける分マスターするのは結構大変そうだ。

JPEG だとコメントは、画像ファイルのコメント領域に格納するというのがちょっと不満。オリジナルを改変したくないので別にコピーを用意しておく必要がある。

それからGUIアプリケーションなので zphoto のようにコマンドラインからバッチ処理できないのが残念。

それ以外はなかなか良い。

BananAlbum スキン

Flash コンテンツベース。スキンリポジトリで一番人気。 日本語のコメントがうまくでなかった。

SimpleViewer スキン

Flash コンテンツベース。BananAlbum よりすっきりまとまっている。 JAlbum画像サムネイルと設定XMLファイルなどの生成をするのだが SimpleViewerSWF自体は単体で使えるで手作業でもアルバムを作れる。

コメントは後からXMLを直接編集して書き込んでもいいな。

日本語のコメント表示問題無し (LinuxFlash Player 7.0.25 では駄目)。

スポンサード リンク
[ 11月14日全て ]

2006年3月10日 (金)

デジカメ写真管理ソフトウェア digiKam

4年前に DiMAGE X を購入してから、デジタルカメラを持ち歩く生活が本格的に始まった*1。 それほどたくさん撮るほどではないが、それなりに枚数がたまってきた。

撮るだけ撮って過去の写真をあまり見る機会がなくもったいないので、何か写真管理ソフトウェアを試してみることにした。 Flickr を使っていてタグによる写真管理の良さを感じているので、そのような機能のあるものを探してみる。 Linux で使えるやつだと KDE 系である digiKam が良さそう。 ということで早速インストールして、手持ちの写真を放り込んでみた。

*1DiMAGE X は3台目のデジタルカメラだが、その前の2台ではあまり撮影していない

使い勝手

  • タグはDBで管理される(画像ファイルに直接書き込まれないので良い)。
  • タグアイコン等一つ一つの要素が大きいので、画面が狭くなりがち。
  • サムネイルの大きさを変更すると、閲覧している位置がクリアされて先頭に戻ってしまうのがちょっと嫌。
  • digiKam のメインのウィンドウ内でプレビューできない。表示されるのはサムネイルのみで、画像の表示(と編集)は別ウィンドウが開く。

特に最後のは残念。gqview や ViX みたいに、同じウィンドウ内でサムネイル一覧とプレビューが表示できれば嬉しいのだが。

しかしながらタグ打ちは面倒だけれど、以外に楽しかったりする。 気がつけば随分長い間打ち続けていたり。

HTML アルバム作成や SimpleViewer 用エクスポートなどもできるし、Flickr へのアップロードもできる。 これ(と GIMP)があれば、大体やりたいことはできそうだ。

[ 3月10日全て ]

2008年3月13日 (木)

Flickr写真を自動的に Twitter アイコンにする

2週間ほど前にtwitterfeed で Flickr に写真をアップロードしたら自動的に Twitter にタイトルと URL をポストするようにしたのだが、これだと写ツみたいに画像そのものはポストされず今一歩なので、写真自体を自動的に Twitter アイコンアップロードするようにしてみた。

流れは以下:

  1. cron で定期的に FlickrRSS フィードをフェッチする (URI::Fetch + XML::RSS)。
  2. 新しい写真アップロードされていたら(最新の写真が変化していたら)、RSS フィード中のサムネイル画像 URL を抜き出して画像をダウンロードする (URI::Fetch)。
  3. 正方形に crop。それからころころ Twitter アイコンを変えると誰だかわからなくなるので、決まった画像 (今のところ自分の写真)を重ねる (ImageMagick / PerlMagick)。
  4. Twitterアップロードする(アップロードスクリプト)。

例えば今日 VQ1005 で撮影して Flickrアップロードした写真を自動的に加工させたものがコレ。

image:nDiki/2008/03/Twitter-icon-2008-03-13.jpg

なんか偽中継のような嘘臭さがあるけれど、まあだいたいアップロードした写真は自分が実際にその場にいたのだから、あながちでもないんじゃないか。

[ 3月13日全て ]

2010年9月16日 (木)

今日のさえずり: 標準カメラアプリで撮って表示させた時のが粗いだけだった

2010年09月16日

  • 12:13 ロースカツ重 398円。
  • 12:50 Xperiaホワイトボード撮ってもノイズが多くて8Mでも文字が読み取りづらく何だかなあと思っていたのだが、標準カメラアプリで撮って表示させた時のが粗いだけだった。拡大はサムネイルが拡大されるだけなんだな。
  • 13:45 今日冷房いらなくね? (朝スイッチを入れたの自分であることに注意)
  • 14:50 中ボスが休みをとられたようだ。
  • 16:11 冷房止めました。
  • 23:05 数カ月ぶりに風呂に入った。極楽極楽。
  • 23:05 (湯船的な意味で)
  • 23:26 @t2aki ハハハ、意図的にtweet 分けてしまいました。夏の間はずっとシャワーにしていたので、久しぶりのホカホカです。
[ 9月16日全て ]

2011年1月29日 (土)

今日のさえずり: お年玉付き年賀はがきの当選番号チェックしました。全滅でした!

2011年01月28日

2011年01月29日

[ 1月29日全て ]

2011年2月18日 (金)

任意の Web ページをmixiチェックできるようになるといいな

Facebook にアクセスするようになって「ソーシャルネットワーク」による「シェア/いいね!」の面白さがだんだん分かってきた。 それにはソーシャルブックマークURL Tweet のランキングに比べてとても強力な「誰が」それをチョイスしたかという属性がついていて、これがとても中毒的なのである。 そして新しい何かがニュースフィードに流れてこないかとつい何度も Facebook にアクセスしてしまう。

また自分の「シェア/いいね!」にも「私が」がという思いがはてなブックマークしたり Tweet するのに比べて強いんだな。 今まで幅広く多くと共有するのを良しとしていたのだが、狭く濃い共有もアリなんだなと思えるようになってきた。

mixiチェック

そういえば mixi でも2010年09月06日に「mixiチェック」の提供が開始されているのだが、マイミクシィでも使っている人がいないし特に注目しないできていた。 けど、もっとmixiチェックするともっと mixi も面白くなるのかも。

勘違いでなければmixiチェックは現時点ではユーザーが任意の Web ページをチェックできるようになっていない。これがあまり使われない理由の1つかなと思ってる。

mixiチェクボタンの設置

ということで、nDiki にも Twitter の Tweet ボタンや Facebook の「いいね!」ボタンに加えて「mixiチェック」ボタンをつけてみた。 手順的にはDeveloper登録をして、Developer Dashboard の mixi Plugin からこのサイト用に新規サービス登録をして識別キーを取得して、そのキーなどを指定したボタン用 HTML コードをサイトにつければ OK。

許可するドメインが例示を見る限り FQDN でないと駄目っぽく、これがちょっとネック。 nDikiFlickr画像を貼っているんだけれど、これをチェックのサムネイルとして選べるようにするには Flickr の static サーバを全部登録しなければならない。 最大20パターンまでしか登録できないので足りない。 2006年以降は faramX.static.flickr.com (X は数字) と static.flickr.com だけのようなのでとりあえずこれを許可するドメインに指定しておくことにしよう(2005年は photosX.flickr.com っていうのがいっぱいあって指定しきれない)。

[ 2月18日全て ]

2014年5月13日 (火)

FinePix XP70無線 LAN 機能を試す

先日購入した FinePix XP70無線 LAN 機能を試す。

Android デバイスに「FUJIFILM Camera Application」をインストールして「画像受信」「カメラ内閲覧」を試してみた。

機能的にはどちらも問題なく転送成功。ただし http://fujifilm-dsc.com/wifi/ で説明されているような「複数選択送信」はできなかった。FinePix XP70 側で選ぶすべがない。「カメラ内閲覧」から複数選択して送れることは送れるのだけれど、撮影済み画像が多い場合は、サムネイル転送で時間がかかるのではという危惧あり。

また接続だけれど FinePix XP70 側がアクセスポイントになって、スマートフォン側から接続にいく形しかないので Eye-Fi のように登録済みのアクセスポイント経由で接続とかはできない。また Eye-Fi では WPA2 PSK を使っているのに対し FUJIFILM Camera Application はセキュリティ無し。認証は、カメラ側でスマートフォンの名前(アプリ上で設定)を確認して開始させる程度。

せめて WPA2 PSK も選択できるようにして欲しかったなぁ。

[ 5月13日全て ]

2014年12月9日 (火)

Facebook への近況の投稿を TwitterFacebook Connect に変更

Xperia GX今日リセットしたついでに、できるだけ減らすように使うアプリも見直した。 Android デバイスからの Facebook への近況の投稿は Twitter への投稿と同時に1度で済ませたいということで同時に投稿できる Hootsuite (HootSuite) を使っているのだけれど、Facebook は公式アプリを入れているし Twitter は twitcle plus を使っているしなので、見直し対象とした。

ということで Facebook への近況の投稿は TwitterFacebook Connect 機能で Twitter 経由ですることにして Android デバイスからのテキスト投稿は基本 Twitter にだけ送ることにした。

以下の設定ページから Facebook にログインすることで設定完了。

以前も FacebookTwitter の連携はしていたんだけれど何でやめたんだったかなと思いつつ新しい設定で使い始めたのだけれど、途中で思い出した。

リンクをシェアする時にきちんとサムネイルを選びたい時や写真を投稿する時など直接 Facebook へ投稿した場合に、Twitter 経由で投稿されるものと重複しちゃうからだっけ。まあ mixi でも Twitter 連携を使っていて同様の感じなんだけれど、そのような場合は手動で Twitter 経由の方を消すという運用で済ませているのでそれでいいかな。

[ 12月9日全て ]

2015年11月26日 (木)

メールの署名に YouTube へのリンクがついていると Gmail でストレス

メールの署名に YouTube へのリンクがついていると、 Gmail で受信したそのメールを読むたびに下部にサムネイルが表示されてだんだんストレスになってきます。

毎回何か新しい添付ファイルが送られてきたのかなと無意識のうちに注意を向けることになるのでちょっと疲れます。署名を付けている人も Gmail 側も悪意が無いのが悩ましいです。

今日のさえずり: Todoist の「今日」のところが70台なので平常運転です

2015年11月26日

  • 10:10 Todoist の「今日」のところが70台なので平常運転です(休み明けで100超えているとビジー)。
  • 10:52 「コンテンツマーケティングが本来的に醸成するのは、この『なんだか知り合いになった気分』なのだと思います。」 / “数字を上げるか 気持ちをアゲるか - 電通報” http://bit.ly/1liDv8f
  • 18:23 メールの署名に YouTube へのリンクがついていると、 Gmail で受信したそのメールを読むたびに下部にサムネイルが表示されてだんだんストレスになってきます。
[ 11月26日全て ]

2016年4月10日 (日)

ライティングアプリ JotterPadiA Writer でスマートフォンで記事原稿作成

最近 21:00 を過ぎてから夜ご飯を食べた日には、もう PC のキーボードに向き合うエネルギーが無いことがしばしばです。 しかしその日の出来事や考えたこと感じた事は、忘れないようその日のうちに書き留めておきたいもの。

スマートフォンを使うのは苦ではないので、各種草稿は Android デバイス(Xperia Z5)で書けるようにしておきたいなと思います。今使っている以下のようなアプリはライティングには適していないので、あらためて別のアプリを入れることにしました。

  • Evernote: 多機能すぎてテキストノート編集画面がごちゃごちゃしている。その上フォントが大きく長文を書く気になれない。
  • Google Keep: 思いついた時にさっと短文を書くには非常に便利なのだが、アンドゥ・リドゥ・履歴機能が無いので怖くて長文を編集する気になれない。
  • Jota+: テキスト編集機能は優れているので長文を書くこと自体は問題ない。しかしファイル扱いまわりが PC 的なので、草稿ファイル群を見渡して続きをさっと編集したりするのには向いていない。
  • WorkFlowy: アウトライナー。PC 版と違いスマートフォンだとたいして編集しやすくない。またスマートフォン上でプレーンテキストにできない。
  • Outliner: アウトライナー。たいして編集しやすくない。またプレーンテキストにするのもかなり手間。

ということでライティング向けのテキストエディタアプリを探して比較し良さそうなものを選んでみました。今回選んだのは JotterPadiA Writer です。どちらもDropbox 上のテキストファイルを直接読み書きできるので、スマートフォン上で8割方書いてから PC で手直しして公開という流れが自然とできます。 また両方とも Markdown 形式に対応しているのも特徴ですが今のところ Markdown エディタとして使う予定はあまりありません。

ファイルのサムネイル表示を見ながら選択できるなどの点で JotterPad の方がちょっと使いやすそうです。いったん両方試してみる予定。

あわせて iPhone 5c にも iA Writer を入れました(JotterPadAndroid 版のみ)。iOS デバイスでは一時期 Textforce for Dropbox を使っていたのでまた使おうかと思ったのですが、最近メンテナンスされていないようです。iA Writer を使ってみることにします。


[ Android アプリレビュー ]

[ 4月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052638s / load averages: 0.76, 0.78, 0.71
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker