nDiki : シャッタースピード

シャッタースピード - shutter speed

露出時間を分数表記した際の分の数字をわかりやすい数字に置きかえたもの。 シャッタースピードには単位はない。

露出時間シャッタースピード
1秒1
1/2秒2
1/4秒4
1/8秒8
1/16秒15
1/32秒30
1/64秒60
1/128秒125
1/256秒250
1/512秒500
1/1024秒1000
1/2048秒2000
1/4096秒4000
1/8192秒8000

1秒以上の露出時間の場合は 1''、 2''、4'' のように表記される事がある。

参考資料: 確実な露出決定-35ミリ一眼レフ・露出のすべてがわかる!(馬場信幸)

Nikon F100 の使用説明書では、シャッタースピードは「30秒〜1/8000秒」のように、秒で表している(プログラム線図中のみ整数表記)。

スポンサード リンク

2004年4月3日 (土)

過去の今ごろ

過去の4月3日より。

  • 花見
    • シャッタースピード下限の関係で、やはりDSC-U40よりはDiMAGE Xの方が夜がちゃんと映るな(手持ちなのでどのみちブレブレだが)。
    • 数ヶ月で戻ってくるかもという話だった彼は、結局向こうでずっと常駐。
[ 4月3日全て ]

2005年8月11日 (木)

久しぶりにISO 1600 - フジカラー NATURA 1600

今回の帰省の目的の一つが「夜祭を楽しむ」というだったので、フィルムフジカラー NATURA 1600 をチョイスしてみた。 そういえば ISO 1600フィルムを使うなんて中学生の時以来かもしれない。

今回の装備以下の通り。

粒状感

気軽にとってL版で見る分には気にならない。 これなら気軽に使えそうである。

ISO 1600

最近 FinePix F10 (F2.8~F5) で ISO 1600 の有り難さが身にしみている。

今回の夜祭撮影では、王将灯篭など明るめの被写体はノンフラッシュで十分手持ち撮影できた。 またフラッシュを使う時でも背景の被写体との輝度差が少なくて済むので、スローシンクロしやすい。

ただし、日中で撮影したコマのプリントはかなりカラーバランスが崩れていた。 なんだろうと、ネガをみたら真っ黒。露光しすぎ。 露出設定間違えていたのかなぁ。それともカメラの高速側でシャッタースピードがきちんと出ていなかった?

「ネガだから少しオーバー目でも」という気持ちもあったのだが、裏目に出たのかもしれない。 このあたりは、もうちょっと使ってみないとよくわからないな。

何はともあれ便利なので、これからはちょくちょく使ってみたい。


[ 花輪ねぷた ] [ 花輪 ]

[ 8月11日全て ]

2013年8月29日 (木)

今日のさえずり: 夜の席替え発動

2013年08月29日

  • 13:19 パン食べたい。 (@ セブンイレブン 渋谷区渋谷2の南店) http://4sq.com/1fkA8ni
  • 14:18 チェインクロニクル教えてくれたランクが上の人とフレンドになったので、こき使おうと思ったのだけれど、魔法使いなのでこちらの編成変えたのだけれど、いざとなったら1度しか助っ人に現れないのだけれど。
  • 14:20 今だに星4つ以上の手に入れてないのだけれども、彼に言われるとついてない人種らしい。
  • 20:27 夜の席替え発動。
  • 21:38 秋の虫鳴いてる。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://4sq.com/1dpGjtO
  • 23:09 トイレの電球を LED 電球に替えた。この間買ったのと同じやつ。蛍光ランプよりさっと点くのが嬉しい。
  • 23:43 @py0n それは何のチェック?
  • 24:13 @py0n スマートフォンレベルのカメラでは大丈夫だった。ミラーレス一眼カメラだとシャッタースピード上げると整流しきれていない(?)波がたしかにわかるけど多分気にならないレベル。
[ 8月29日全て ]

2016年10月10日 (月)

運動会 2016

一昨日の雨で2日延期になり今年の運動会体育の日開催となりました。最高気温19.6℃の涼しい曇の日でした。

今年は α6300 を購入したので機材がグレードアップ。

NEX-5N では(ノイズ対策で)必要だったマイクがいらなくなったので身軽になりました(カメラ自体は重くなりましたが)。

スポーツ撮影

さすがは AF と高速連写が売りの α6300 で、去年までの NEX-5N とは雲泥の差の撮りやすさでした。走者の撮影では今回はカメラ任せにしてみることにし、シーンセレクションのスポーツを選びました。この設定では以下のようになります。

コンティニュアス AF は 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC でも結構頑張ってくれました。このレンズだと中央辺りでないと追従できないようなので、中央で捉えるようにして撮影。

ドライブモードが Hi+ だとモニタがブラックアウトしなくなるので被写体を追うのがかなり楽でした。さすがに押しっぱなしだと途中追いつかなくなってきたので、2度目はちょい間をあけたりしました。

シャッタースピードはかなり高めになり、結果 ISO 感度ISO2000 まで上がります。結構アグレッシブですね。

動画撮影

NEX-5N だとフォーカスが外れると盛大に迷ってしまうことが多かったのですが、α6300 ではそれがなく安定感が増しました。ただフォーカスがちょっとずれたままというパターンがちょっとありました。望遠端だったので条件が悪かったのかもしれません。

ファインダー

あとはやはりファインダーがあると圧倒的撮りやすい。野外での NEX-5N での苦労が何だったのかという感じです。

その他

バッテリーの消費はやはり NEX-5N より多いです。途中でバッテリー交換が必要でした。

NEX-5N から α6300 への買い替えで運動会撮影についてはほぼ課題が解消されました。欲を言えば次は α6300 の力を発揮できるレンズを……というところですが、上を見ればキリがないのでこれで運用していこうと思います。

[ 10月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.049376s / load averages: 0.64, 0.44, 0.32
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker