nDiki : セルベックス

2007年12月17日 (月)

ウイルス急性胃腸炎

今朝起きたら異常に寒い。この冬一番の寒さらしいが、室温からみてもこんなに寒いはずがないのに。

嫌な感覚は通勤時にあらわに。悪寒だな。これは。が先週の土曜日にかかった病と症状が似ている。もらったか。 そのまま出社したけれど、しんどくて集中できないので、病院予約を入れて早退することにした。

医者に見てもらったところ、と同じウイルス急性胃腸炎でしょうとのこと。あぶらっぼいもの、消化に良くないもの、刺激のあるものは避けるように。基本的には対処療法で自然治癒力で治す感じで、胃腸と胃を処方された。 熱がひどい時は前回処方したロキソニンがあるならそれを飲んでもよいとのこと。

今回はうつらないと思ったんだけれどねぇ。

スポンサード リンク
[ 12月17日全て ]

2010年1月19日 (火)

急性胃腸炎

昨日の夕方ぐらいから頭がぼーっとしお腹モヤモヤ、下痢。やばそうなので少し早めに会社を出て夕食後すぐに横に。 熱は夜に出て37℃台を維持。寝苦しい夜を送った。

先週の土曜日に新型インフルエンザの予防接種を受けたけれど関係ないよね。

ひどくなる前にを飲み始めて回復したいので、今日は有給休暇を取ってすぐに病院に行くことにした。

診察結果は急性胃腸炎。ロタウイルスあたりかなということらしい。

熱は続いて2日ぐらい。それ以上なら再度受診を。 熱はつらいほどではないので、治す効果自体はない解熱剤はなしということで。 感染防止にうがい手洗い励行。食事療法(お腹にやさしいモノを食べる)が一番とのこと。

  • セルベックス 50mg x 12 (食前1回1錠) 胃
  • ミヤBM 錠 x 24 (食前1回2錠) 整腸剤
  • ナウゼリン 10mg x 12 (食前1回1錠) 吐き気止め
  • ロペラミド 1mg x 8 (食前朝夕1回1錠) 下痢止め ※症状が改善したら中止

あれ今回は食前だ(前回の急性胃腸炎の時は食後だった)。 ナウゼリン・ロペラミドは初出。

[ 1月19日全て ]

2015年8月17日 (月)

尿潜血 2+ 結石です!

おととい東京ソラマチで左背中側の腰の激痛に見舞われました。その後土曜日・日曜日と回数は減ってきたものの断続的に激痛が起き、波が引いている時も鈍痛があったりする状態でした。結構大変なので、お盆休みと週末が過ぎてようやく今日から始まった病院へ朝一番で行ってきました。

診察

お盆休み明けで激混みかなと思っていた病院は、予約トップバッターということもあって幸いまだ空いていて助かりました。まずは看護師による問診。激痛の様子とちょっと血尿かも的な話をしたところ、すでにある程度あたりはついた様子。

診察室に入って先生にあらためて状態を説明をし、また去年の健康診断書(左腎結石(症) 要経過観察とある)を見せたところ、結石でほぼ間違いないでしょうということでした。念のため尿検査をしたところ尿潜血が 2+ で、過去検査した時よりも多めに出ていること。

とりあえず尿路の筋肉を弛緩させて痛みを和らげると、痛み止めのロキソニン(とセットで胃)を飲んで様子を見ましょうということになりました。場合によっては衝撃波で砕くこともあるが必ずしもやるわけではないですよという話でした。あとはとりあえず水分多めに(決まった量はない)という指導。

排出されることを願うばかりです。

  • チアトンカプセル 5mg 1回1カプセル1日3回4日分 (腎結石)
  • ロキソニン錠 60mg 1回1錠1日3回6日分 (鎮痛・解熱)
  • セルベックス 50mg 1回1カプセル1日3回6日分 (胃)

[ 尿路結石 ]

今日のさえずり: 駅員「無理な乗車は諦めてくださーい」

2015年08月17日

[ 8月17日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.045067s / load averages: 0.57, 0.67, 0.68
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker