nDiki : データベース

データベース - database

2012年1月6日 (金)

POP3 しか提供されてないので hMailServer で Windows にローカル IMAP サーバ立てた

デスクトップ Windows PC 上でメールを送受信している時は社内で POP3 しか提供されていなくても問題なかったんだけれどノート PC をあわせて使うようになったら、こちらでメール閲覧できなくてちょっと不便してた。 POP3 サーバ上に数日残すようにしておいて両方の端末で受信するというありがちなやり方はイケてないのでローカルに IMAP サーバ立てることにした。

今回は艦が Windows デスクトップ PC なので Windows 用の IMAP サーバからセレクト。

選んだのは hMailServer。

バージョン 4 までは GPL、バージョン 5 以降はオープンソースではなくなったが free product として提供されている。

POP3 サーバからメールを POP してきてローカルのデータベースに保存し IMAP4 プロトコルでのアクセスを提供してくれるサービスとして動いてくれる。SMTP サーバ機能も持っている。データストアとしては MySQLPostgreSQL なども選択できるが、パーソナルユースなら embedded されている Microsoft SQL Server が使えるので手間いらずである。

実際使ってみたけれど GUI ベースで特に迷うことなく設定ができ、すぐに使い始めることができた。メール関係のサーバを Linux とかで立てる時は結構神経が磨り減るものだがストレスセットアップできた。ローカルにあった MH 形式のメールを数万通 SylpheedIMAP 経由でつっこんだけど今のところ順調。いい感じ。

導入手順ノート

  1. インストールする】
    1. hMailServer-5.3.3-B1879.exe をダウンロードする。
    2. ダウンロードしたファイルを実行しインストールを行う。
      1. 途中 Administrator のためのパスワード設定を要求されるるので、決めて入力する。
  2. 【ドメインを設定する】
    1. hMailServer Administrator が起動し Connect ダイアログが開くので localhost を選択して [Connect] ボタンを押す。
    2. Welcome の [Add domain] からドメインを追加する。パーソナルユースでメールボックス的に使う分には SMTP で受信する必要が無いので正式なドメイン名である必要無し。ただし '.' が含まれている必要がある。[General]-[Domain] にドメイン名を入力し [Enabled] をチェック。
  3. 【アカウントを作成する】
    1. ドメインを追加すると hMailServer Adiministrator の左側のペインのツリーにそのドメインのノードが表示される。そのノードの下の Accounts を選択して [Add] を押し自分用のアカウントを追加する。
      1. [General]-[Address] にアカウント名を設定する。「アカウント名@ドメイン名」が IMAP 接続する時の ID になる。
      2. [General]-[Password] にパスワードを設定する。IMAP 接続する時のパスワードになる。
      3. [General]-[Enabled] をチェックする。
      4. [External accounts] で [Add] を押し、POP3 受信設定する。実際にメールが届いているサーバからの受信設定をここにする。取得間隔は5分とか適宜設定する。
  4. IMAP を有効にする。】
    1. [Settings]-[Protocols] で IMAP がチェックされていることを確認する。

これで OK。

あとは同じホスト上の MUA からは IMAP サーバとして localhost を指定して設定した ID とパスワードで受信設定を行えば OK。 送信については hMailServer を通さずに普通に送信するように設定し、送信したメールIMAP 上の Sent フォルダ等に保存するようにしておく。

別のノート PC 等の MUA からは IMAP サーバとして hMailServer を立てている Windows PC のホスト名(等接続できる名前)を指定して同様に設定。

これで hMailServer が定期的にメールを POP3 にて受信してくれるので、あとは各 MUA から hMailServer に接続してメールを読めばよい。IMAP なので既読管理やフォルダ管理なども一元的にできる。

その他 hMailServer にはルールを設定して IMAP フォルダ振り分けしたり、迷惑メールフィルタやウイルスフィルタ設定したりできるので、必要なら設定するとよさそげ。

スポンサード リンク
[ 1月6日全て ]

2012年10月19日 (金)

今日のさえずり: Visual Studio とか自腹切らんでしょ。普通 Turbo/Borland でしょ。

2012年10月19日

  • 06:46 起床。ついにこの時間の室温が20℃下回ってる。
  • 07:08 たまらず暖房オン!
  • 09:25 Visual Studio とか自腹切らんでしょ。普通 Turbo/Borland でしょ。
  • 09:58 フリース着てきた。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://t.co/YMx9hkc5
  • 11:53 @sseze 献金お願いします!
  • 18:35 git fetch --prune <repository> を知った。
  • 23:32 瞬間日記Android 端末にインストールしてみた。普段使いには PostEver より便利げ。再編集・削除できるし、ドラフトこれで書いて intent でソーシャルメディアアプリに送ったり、1日分まとめて intent で Evernote に渡せるし。
  • 23:44 タイムスタンプ付き140文字データベースとして、まずまず良い感じ。
[ 10月19日全て ]

2012年12月30日 (日)

今日のさえずり: 関西の人、朝マクドって言うの?

2012年12月30日

  • 08:16 朝マックきた。今年最後のマクドナルドかな。
  • 08:31 関西の人、朝マクドって言うの?
  • 08:45 RT @hisaichi5518: @Naney 朝マックですね。ビッグマックもビッグマック
  • 08:47 @hisaichi5518 そうなんですねー、みんなマクドになる訳ではないんですね。
  • 10:02 ユニクロのスウェットフルジップパーカ、もう1着買っておこうかなと思った矢先に12月30日31日でセール!
  • 10:16 プロポーズして結婚して子供が産まれましたのでご報告いたします(たまごっちぴーす)。
  • 13:02 たまごっちぴーすに出てくる「つぼみこうえん」、「つぼみ公園」なら札幌に沢山あるっぽい。
  • 13:12 Tizen か。健全化の取り組みのバリエがまた増える。
  • 14:28 Dropbox に置いた KeePass データベースファイルを Android 端末で開くの、今まで Dropbox アプリから KeePassDroid を開いていたんだけれど、FolderSync で同期するようにした。これで Android 端末でも編集できる。
  • 16:19 年賀状投函。
  • 16:51 パーカ買った。
  • 22:21 年賀状印刷完了。
  • 23:38 WriteNote Pro インストールした。PostEver より良さそげ。
  • 24:30 Twitter でミクシィ年賀状送っていただいたようなので、 mixi からミクシィ年賀状を発射した。
  • 24:35 お、年明けも例年通り「生さだ」あるね。
[ 12月30日全て ]

2013年2月26日 (火)

パスワード管理ツールは KeePass ファミリ使ってます

セキュリティ勉強会パスワード管理ツール KeePass Password Safe が紹介されていた。KeePass データベースファイルを使える KeePass ファミリが各 OS 用に使っていて便利なので自分も使ってる。これが無くなると、ネット人生が終わる(ネットだけでなくリアル的にもだな)。以下のような感じで使ってる。

iPadiOS 用のは以前いくつか試したけど、その時はあまりイケてるの無かった。KeePassDroid は通知をうまく使ってユーザ名とパスワードをクリップボードにコピーさせられるようになっていて、使い勝手が良い。

2 系ではなくまだ 1 系を使っているのは、KeePassDroid と KeePassX での 2 系の KeePass データベースファイルの扱いがβレベルだから。2 系だと1つのエントリに複数のファイルを添付しておけてちょっと便利なんだけどね。

絶対忘れてはいけないのは KeePass データベースファイルのマスタパスワード。あとは Dropboxパスワードか、生きているデバイスのハードウェア/ログインパスワードがあればパスワードにアクセスできるので、これらも可能な限り覚えておく必要ある(最悪バックアップメディアをマウントすれば KeePass データベースファイルのマスタパスワードだけでもだけど)。

[ 2月26日全て ]

2015年2月5日 (木)

今日のさえずり: みんなが主役になれる世界って考えるとわくわくする

2015年02月05日

  • 11:03 ジョエルテスト「4. バグデータベースはある?」
  • 14:14開発費は1タイトルあたり1〜2億円。」 / “「勝算は集客力」ヤフーがスマホゲーム参入 - TechCrunch” http://tcrn.ch/1KfC0iG
  • 20:05 GO Locker を Android デバイスに入れてちょっと使ってみたのだけれと、バッテリ消費がそれなりに増えたのでアンインストールした。
  • 21:50 「一人 Slack チームでチャネルをタイムライン型ノートにしよう」で書いた紹介経由登録で $100 クレジットがつくキャンペーン、今年の4月30日までだ。 http://bit.ly/128WsB9
  • 21:55 ぼっち Slack チームは2か月ほど毎日使っているけれども、整理したら(一部は残しつつ)消しているので今350弱ぐらい。このペースのままいくと Lite Plan のままでも数年大丈夫。
  • 22:00 一人 Slack チームは 5 integrations で足りなくなった時に Standard Plan にする。
  • 23:45 「全ての人に心地のよいつながりを提供し、誰もが主役になれる世界を創造する」
  • 24:40 みんなが主役になれる世界って考えるとわくわくする。
[ 2月5日全て ]

2015年4月22日 (水)

digiKam for WindowsKDE がまるっと入っていた

Windows写真のブラウズとスライドショーでの閲覧に使うソフトウェアを選定中。 Linux でずっと使っている写真管理ソフトウェア digiKam をチェックしたら Windows 版バイナリのインストーラがあったのでインストールしてみた(digiKam-installer-4.9.0-win32.exe)。インストーラが 232MB あって結構大きいなと思ったんだけれどインストールしたら 1GB 以上のインストール容量でさらにびっくり。Konqueror とかも同梱されていたりと KDE の主要なものまるっと入っているっぽい。富豪的

起動すると見慣れた画面。いけそう。ただ Windows 7エクスプローラから写真ファイルを KDE のペインにドラッグ&ドロップでコピーしようとしたら重複確認ダイアログが出て(KDE のアルバムフォルダ側は空の状態)、しかもキャンセルするとコピー元の写真側が OSごみ箱に入れられてしまったりとちょっと危険な挙動をした。digiKam 内でコピー・移動させる分には問題ないので、普通の Windows アプリケーションとの間ではドラッグ&ドロップを気をつければ良さそう。

ということでひとまず第一候補。

フォト ギャラリー (Windows)

ちなみに昨日 Windows Essentials 2012 に入っている「フォト ギャラリー」というソフトウェアも試してみたんだけれど、こいつはタグその他の情報を写真ファイルに直接書き込んで更新してしまうタイプだったので NG だった。元ファイルを書き換えてしまうの嫌い。

ちなみに digiKamSQLite データベースに管理情報を書き込むので元のファイルを書き換えないので良い(オプションで画像ファイルにメタ情報を書き込む運用もできる)。

digiKam for OS X

OS X でも digiKam 使いたいと思っているんだけれど MacPorts での提供になっている。 Homebrew 使い始めているので MacPorts は入れたくないなと思っていてちょっと考え中。

[ 4月22日全て ]

2015年6月1日 (月)

写真管理ソフトウェア digiKamOS X で使えるようになった!

http://www.naney.org/nDiki/2015/06/01/digiKam.jpg

Linux から OS X に乗り換えてから写真管理ソフトウェアをどうするか困っていたんだけれど、 Linux で愛用していた digiKam の バイナリ (4.10.0 の pkg ファイル)が配布され始めたのを知って小躍りして昨日インストールした。ちょっと使っている範囲では問題なく動いている。

もともと公式サイトでは MacPorts でのインストール方法自体は案内されていて OS X では動くようになっていたのだけれど、自分は Homebrew 使っているので MacPorts で入れるの嫌だなあと思っていたので躊躇していたところなので嬉しい。

Adobe Photoshop Lightroom は評判が良いのだけれど高いし Photos (写真)はクラウドに向かっているらしいのでちょっと違うしで、とりあえず Finder で済ませつつどうしようと思っていたところなので良かった。

digiKam写真を置いてある任意の複数ディレクトリをアルバムとして指定して管理できるタイプのソフトウェアで個人的に気に入っている。写真データファイルをファイル名含め勝手に書き換えることもないので安心(設定次第ではメタデータを写真に埋め込むこともできるけれど、通常の設定では SQLite データベースファイル上にメタデータが保存される)。がっつりフォトレタッチしたいとかではなく、デジカメで撮ったたくさんの JPEG ファイルを撮影日で探したりスライドショーをしたりといったことができれば良い人にはお勧めである。

(画像https://www.digikam.org/node/739 掲載の https://www.flickr.com/photos/digikam/17379488119 (Caulier Gilles 氏) より)

[ 6月1日全て ]

2015年10月4日 (日)

ついに Yahoo! JAPAN ID 登録した

2015年になりますが、いまだに Yahoo! JAPAN ID は持っていませんでした。ID については妥協してそろそろ登録するかということでついに今日登録してみました。 PC から登録したのですが画面がなかなかレトロでサービスの歴史を感じました。

Yahoo! JAPAN ID を使用したサービスは1998年7月から始まっているのですが、2002年頃に「ユーザーのデータベース再構築」ということで Yahoo! JAPAN IDYahoo! ID で同じ ID がある場合は一方が変更を迫られるという騒ぎがありました。その後に私は2007年Flickr のサインインの変更にともない Yahoo! ID を取得したので、好きな ID を Yahoo! JAPAN ID 側では付けられず、また特に困りもしなかったのでズルズルときた訳なのでした。

[ 10月4日全て ]

2016年2月18日 (木)

Developers Summit 2016

naney:24981598182

去年に引き続きデブサミに行ってきました。会場は今年も目黒雅叙園です。目黒雅叙園も1回来れば見慣れてしまいますね。明日は部の合宿があるので今年は1日目だけの参加です。

今回は A 会場と B 会場のトークを聞きました。ほとんど A 会場を選んでいたので Yahoo! JAPAN Tech Confernce に来た感じです。

NTTドコモは相変わらず通信状況が悪いです。SoftBank は OK でした。

18-A-1 Yahoo! JAPANが考える、テクノロジーとITエンジニアの未来 ヤフー 藤門千明氏

Yahoo! JAPAN の紹介。今後いろいろオープンに活動していきたいとのことでした。いいですね。このセッションを含む A 会場の Yahoo! JAPAN Tech Confernce は全て撮影禁止というところに矛盾は感じましたのでそこも今後オープンになっていくと良いのかなと思います。

技術的には後半に Yahoo! JAPAN の認証承認まわりの変遷の話がありました。2002年頃の Yahoo! JAPAN ID の「ユーザーのデータベース再構築」の件が聞けるのかなと思ったのですが、そこには触れらていなかったのちょっと残念です。

18-B-2 データ分析で始めるサービス改善最初の一歩 インターネットイニシアティブ 石原翔真氏

入社2年目という自己紹介のあった石原氏のセッションです。

Elasticsearch と Kibana まわりの話。事例紹介でしたが、具体的なところまでは話されなかったのでフワッと感想トークでした。

18-A-3 myThingsからみたIoTの未来と課題 ヤフー 山本学氏 倉林雅氏

IoT をテーマにしていますが、前半はまだまだ IFTTT 的サービス連携の枠におさまっているように見える myThings の話。

後半はそれにまつわる認証など考慮が必要なことの頭出し的な概論でした。 myThings でどうしていくかまで踏み込まれず。

18-A-4 Yahoo! JAPAN の iOS アプリ Swift 対応について ヤフー 佐野岳人氏

Swift の概論や Objective-C から Swift への移行について、技術的視点・ビジネス的視点でバランスよく語られていてとても良いセッションでした。技術的欲求だけでなくビジネス的なメリットも織り込んでして技術移行することが重要だと話されていました。

Swift にすぐに触れる機会は無いのですが、そんな私でも何かまたプログラムを書きたいなと思わせるわくわくするセッションでした。さすが佐野氏。

ここまで聞いて手を動かしたくなったのと、テーブルレスな宴会場で残り最後までいるのも疲れるなと感じたのとで、あとは聞かずにオフィスに戻りました。

無限バナナ1本食べたかったです。

去年の様子

[ 2月18日全て ]

2016年11月17日 (木)

今日のさえずり: ついに KeePass データベースファイルを 1.x 系から 2.x 系に移行した

2016年11月17日

  • 09:14 今日は意識が明瞭なので一駅前で降車した。
  • 09:46 C-C-B メンバみたいなヘアカラーの人とオフィスですれ違いました。
  • 13:04 会社の充電器でも Quick Charge できなかったので Xperia Z5 側の問題かなー。
  • 21:01 布教。 / “保存版! 今だからこそ使いたい、若手エンジニア向けEmacs実践入門 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!” http://bit.ly/2fZEco6
  • 23:33 ついに KeePass データベースファイルを 1.x 系から 2.x 系に移行した。
[ 11月17日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.101764s / load averages: 0.40, 0.42, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker