nDiki : ファイル共有

ファイル共有 - file sharing

関連情報

2008年9月15日 (月)

今日のさえずり - 顔は忘れられてはいなかった

2008年09月12日

2008年09月13日

  • 09:42 出発。[mb]
  • 10:07 イマココ! L:東京駅[mb]
  • 10:11 日本橋錦豊琳の列に並んだ。20分待ちらしい。L:GRANSTA[mb]
  • 10:24 かりんとう GET。[mb]
  • 10:52 はやて15号乗車。隣が普通のサラリーマンで一安心。[mb]
  • 11:51 一寝して、今宇都宮と那須塩原の中間あたり。弁当食べるか。[mb]
  • 11:55 あぐー黒豚重。[mb]
  • 12:39 仙台。隣のサラリーマン降りた。もしかして盛岡までは隣空席?[mb]
  • 13:22 イマココ! L:盛岡駅[mb]
  • 15:00 高速降りた(バスが)。もうすぐ。[mb]
  • 22:36 3週間ぶりの再会だったが顔は忘れられてはいなかったようだ。[mb]

2008年09月14日

  • 18:17 東京に帰ってまいりました。むしあつっ。[mb]

2008年09月15日

  • 12:40 カップラーメンに「調理方法」って書いてあるけれど、あれ調理なのか?
スポンサード リンク
[ 9月15日全て ]

2009年2月27日 (金)

ZumoDrive インストールしたけれど使い道がまだない

ZumoDrive インストール・登録してみた。

Linux 版クライアントがまだないので、Windows BOX にインストール。 共有する PC が他にないので普通に 1GB Z ドライブが増えた感じ。 ちょっとした大きめのファイルを他の人にダウンロードしてもらうのに使おうと思っているけれど、PC 間でファイル共有用などにはしばらく使わなさそう。 フリー 1GB というのもちょっと中途半端だし。

入れてみて気になった点をいくつか。

Dropbox と違ってデフォルトではキャッシュされている以外のファイルはサーバ側にあるので、サーバが落ちた時や ban された時が不安。結局ローカルでも定期的にバックアップする必要があるだろう。 iPhone アプリがあるなどやはりモバイル端末などとのファイル共有がやはり想定されている便利な使い方なんだろうな。

機能モデルが違うから一概にはいえないけれど、比べてみると Dropbox の方が今のところ出来がいいな。

[ 2月27日全て ]

2010年9月1日 (水)

今日のさえずり: 151 の音楽聞き続けるとおかしくなりそう

2010年09月01日

[ 9月1日全て ]

2010年10月23日 (土)

REGZA Z1 で Debian GNU/Linuxファイル共有を LAN ハードディスクとして使う

REGZA 37Z1 で PC 上の動画を再生できるようにしたいので設定を。 最初は MediaTomb をちょっと設定したみたのだが、REGZA 側で認識しないようなのでヤメ。結局 Samba 経由で動画を観られるようにした。

  1. Samba 側でファイル共有を設定する。
    1. 'regza' UNIX ユーザを作る。
    2. smbpasswd -a regza でパスワードを設定する。
      • 最初 'regza' UNIX ユーザを作らないでやったら作れなかった。
    3. smb.conf を編集して regza セクションを作る。
      • path = /home/naney/srv/samba/regza、read only = No 他を設定。
      • regza ユーザで /home/naney/srv/samba/regza に書き込めるようにする。
      • /home/naney 以下に作ったのは PC 上での操作やバックアップ等の点で。普通なら /home/regza 以下で共有する方が楽。
  2. REGZA 側で LAN ハードディスク登録する。
    1. [設定メニュー]-[レグザリンク設定]-[LANハードディスク設定]-[機器の登録]
      1. [緑] を押してワークグループ名を Samba 側と同じものに変更。
      2. [青] を押してユーザ名 'regza' とパスワードを設定。
      3. 検索して一覧に Sambaファイル共有が出たら選択。

REGZA 側から書き込めるかどうかが肝らしい。 書き込めないと登録のための一覧にすら表示されないので注意。 実際に録画リストから動画を表示・再生させるとファイル共有ディレクトリに *.chap ファイルや *.meta ファイルが書き込まれるので、そのため書き込み権限が必要らしい。

あとは REGZA動画再生に対応した動画ファイルをファイル共有ディレクトリに置けば OK。サブディレクトリを作ってそこに置いた場合は REGZA の録画リストでフォルダとして表示されてフォルダを選んで中を見ることができる。

肝心の動画ファイルについては FFmpeg で試行錯誤中。YouTube の HD 720p の動画は変換して再生することができた。IXY DIGITAL 210 IS で撮った 640x480 の動画はまだ再生できず。試行錯誤が必要だな。

[ 10月23日全て ]

2015年4月11日 (土)

AirMac Time Capsule 買ったけれど既存のネットワークに追加できず

naney:17078658896

ME177J/A A1470 AirMac Time Capsule 802.11ac 2TB を買ったんだけれど Wi-Fi で「既存のネットワークに追加」できず、有線接続せざるをえなかった。ME177J/A はクライアントモードをサポートしていないっぽい。

きっかけ: ストレージ環境の見直し

メイン PC を Debian GNU/LinuxThinkPad X200 から OS XMacBook Pro に変えるにあたりストレージまわりも見直すことにした。

家族共有のために Dropbox Pro にしようと結構考えたんだけれど、そうすると自分との両方で Dropbox Pro にしておく必要があってコスト的に厳しかった。

だとすると自宅に NAS か。評判が良い QNAP かなと思ったけれど自分がいなくなった時にこれもちょっと保守に困りそう。かといってバッファローあたりのもなぁということで結局 AirMac Time Capsule にしてみることにした。 QNAP よりは一般向けだし、自分が普段 Time Machine するのにも問題ないし、ちょっとしたファイル共有にも使えるっぽいし。それと Wi-Fi 接続なので煩かったら別の部屋に置いておけるというのもいいかなと(これはかなわなかったんだけれど)。

AirMac Time Capsule を設定

開梱して電源ケーブルを接続。電源スイッチが無いのね。使わない時は切っておいてもいいかなと思ったんだけれど、常時起動前提の製品か。

OS X の AirMacユーティリティから設定開始。

  1. 「オプション」
  2. 「既存のネットワークに追加」
  3. 「次へ」

とするも「この AirMac Time Capsule でネットワークを作成します。」画面になってしまう。あれっと思いつつ進めてみるもやっぱり自身がアクセスポイントになってしまう。そうじゃなくて既にある Wi-Fi ネットワークにつながって欲しいんだけれどなぁ。

リセットしたりしながらいろいろ試してみたんだけれど結局駄目。そのうちAirMacユーティリティで設定しようにも「予期しないエラーが置きました。やり直してください。」で先に進まなくなってしまって青ざめたんだけれど、こちらは電源ケーブルを抜いてしばらくしてからリセットボタン押しながらの電源ケーブル挿しで戻った。怖い怖い。

iPod touch (iOS)の設定からや AirMac ユーティリティ 5.6.1 (Windows) からも試したけれどやっぱり「既存のネットワークに追加」できず。ああ、このモデルはクライアントモードをサポートしていないのかぁ。無念。

Wi-Fi ネットワーク自体は AtermWR9500N x 2 で組んであって今すぐに変えるのも手間だし、HDD 内蔵しているデバイスをルータにするのも故障した時にちょっとなというのがあって、いったん泣く泣く有線接続した。幸い使ってみたところ動作音はほとんど気にならないので、リビングに置いておいても問題ないのは良かった。

IEEE 802.11ac という点では良いので、気がむいたらその時は AirMac Time Capsuleルータにしてみようかなぁ。AirMac Time CapsuleMacBook Pro 間が速くなるし。

[ 4月11日全て ]

2015年4月15日 (水)

やっぱり Time Machine の容量制限をかけた

先週 AirMac Time Capsule買ってTime Machine も使い始めたのだけれど、バックアップ先での Time Machine 容量制限は標準の機能では設定できないと知ってうーんとなっていた。

AirMac Time CapsuleTime Machine 先とともにファイル共有用に簡易な NAS としても使おうと思っていたのだけれど、ほっておくと Time Machine に容量をめいっぱい使われてしまいそう。

バックアップ関連なのであまり変に手を入れない方が良いかなとも思っていたのだけれど、やはり全部使われるのも困るということで巷の情報通り容量制限をかけることにした。既に Time Machineバックアップは作られている状態でスタート。以下自分用メモ

  1. Time Machine を「切」に。
  2. AirMac Time Capsule 上の自分のアカウントフォルダの中の <マシン名>.sparsebundle の中を「パッケージの内容を表示」で表示し、com.apple.Timemachine.MachineID.plist ファイルをデスクトップにコピー。
  3. ディスクユーティリティで [ファイル]-[新規]-[空のディスクイメージ] から以下の設定でディスクイメージを作成。
    • 名前: <マシン名>.sparsebundle
    • 場所: デスクトップ
    • サイズ: 1TB
    • フォーマット: Mac OS 拡張 (ジャーナリング)
    • 暗号化: なし
    • パーティション: ハードディスク
    • イメージフォーマット: スパースバンドル・ディスクイメージ
  4. 新しく作ったディスクイメージの中を「パッケージの内容を表示」で表示し、com.apple.Timemachine.MachineID.plist ファイルをそこにコピー。
  5. あわせて Info.plist の情報を表示して、ロックをチェック。
  6. 新しく作った <マシン名>.sparsebundle を AirMac Time Capsule 上にドラッグ&ドロップ。置き換えますか? と出るので置き換える。
  7. Time Machine を入にし「今すぐバックアップを作成」する。
    • バックアップディスクの識別情報が、最後のバックアップ作成時から変更されていますというダイアログが出たら「このディスクを使用」を押す。
[ 4月15日全て ]

2015年10月25日 (日)

Google フォト・Google ドライブの設定完了とか【日記】

のスマートフォンの画像Google フォトへのバックアップ設定、およびノート PC (Windows 7)での Google ドライブ設定を昨晩に完了しました。この2つはバックアップの設定が無くいつかやらねばと思っていたものなので、ようやくできてすっきりです。

ついでに今までの写真動画を置いている AirMac Time Capsuleファイル共有にも、あわせてそのノート PC からアクセスできる設定しました。ということで今日は、春から遅々としている「ThinkPad X200 (Debian GNU/Linux) 上にある写真動画ファイルの MacBook Pro (と AirMac Time Capsule)」への転送作業を思い出して1日やってました。まだまだ終わる気配はありませんので引き続き週末に転送していくことになりそうです。

[ 10月25日全て ]

2016年11月3日 (木)

Time Machine の容量制限をやめた

AirMac Time CapsuleTime Machine写真データのファイル共有で使うため Time Machine に容量制限をかけておいた(記事)のですが、戻しました。ファイル共有は昨日買った NAS ですることにし、出荷待ちのMacBook Pro とあわせて2台分の Time Machine をこの AirMac Time Capsule で取ることにします。

Time Machine バックアップの sparsebundle を手で操作するのがちょっと怖いなと思ったので、バックアップディスクの置き換えで一旦 AirMac Time Capsule の Data パーティションにバックアップを作り直し、既存の sparsebundle を削除、あらためてもとのディスクを指定してバックアップディスクの置き換えを実行し Data パーティション側の sparsebundle を削除という手順を行いました。昨日の夜中に開始して今日のお昼すぎに作業終了。

「置き換えってもしかして旧バックアップデータを全て移行してくれるのかな?」と思ったのですが、新しくできたバックアップは10月29日までしか遡れませんでした。今日の分からスタートという訳でもないのでどういうロジックで決まっているのか興味深いところです。

[ 11月3日全て ]

2016年11月5日 (土)

自宅用 NAS として Synology DiskStation DS216j をセットアップ

naney:30783899521

用の MacBook Pro が届いたら AirMac Time CapsuleTime Machine 専用にしようと考えているので、写真データのファイル共有のため NAS を別途用意することにしました。

QNAP のとちょっと迷いつつソフトウェアの評判が良い Synology DiskStation DS216j を選びました。

HDD は容量的には 2TB でも十分かなと思ってはいたのですが 3TB の方が値頃なので 3TB x 2 にしました。NAS 向けの WD Red WD30EFRX で。

 WD Red NASハードディスクドライブ WD30EFRX
 容量: 3TB
 インタフェース: SATA 6Gb/s
 フォームファクタ: 3.5インチ
 RPMクラス: 5400RPM
 キャッシュ: 64MB
 製品保証: 3年間

naney:30236804663

HDD を装着して電源ケーブルと LAN ケーブルを接続し電源ボタンを押して起動。あとは PC の Web ブラウザから http://find.synology.com/ にアクセスしてページに表示される接続ボタンを押せば DS216j にアクセスできます。全部 Web ブラウザから設定できてお手軽です。

「DiskStation のネットワークでの位置を Synology と共有」は無しに、 QuickConnect も ID を作らず安全側に倒した設定にしました。

あとは何かあった時にメール通知するよう設定ができるので、専用のメールアドレスを作成しそちらに送るようにしました。

今日はまずは初期設定まで。どのようにファイルを置いていくかはこれから考えます。この NAS 自体のバックアップ手段をまだ用意していないので、当面は MacBook Pro と2重でファイルをもっておかなければいけないかな。

一番時間かかったのは設置場所の配線の整理と掃除でした。

リビングに置くので一番気にしていたのは騒音問題ですが、普通に生活している分には気にならない感じでほっとしました。必要ない時はスリープ(?)もしてくれます。ビープ音の音だけがめちゃ怖いです。

naney:30236809773


[ 製品レポート ]

[ 11月5日全て ]

2016年12月14日 (水)

今日のさえずり: Qiita:Team にプロダクトバックログを書いておくの、限界がきた

2016年12月14日

  • 08:12 昨晩 Solid Explorer から Macファイル共有にアクセスしようとしたけれど駄目だった。現状 SMB だと駄目っぽい。
  • 14:48 YWTM はフォーマット的にやっていないことを書きにくい。
  • 20:45 Qiita:Team にプロダクトバックログを書いておくの、限界がきた。
[ 12月14日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.466795s / load averages: 0.41, 0.23, 0.24
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker