nDiki : プリント

2012年2月21日 (火)

イケてることに敏感になる「リアル イイネ! カード」を自作した(非公式)

ANAが目指すCS」(記事)を読んだら Good Job Card が紹介されていた。

さらに、職場内で「がんばる→褒める→がんばる」とうサイクルを回していくための補強策として、「グッドジョブ・カード」という新しい仕組みを導入した。-- ANAが目指すCS p.37

「グッドジョブ・カードは、自分がスキルアップして、お客様と接したときに喜んでいただきたい。自分も褒められ、お客様も嬉しい。そういう風土にしていきたいという想いから生み出されたものです。(略)」 -- ANA が目指すCS pp.37-38

あ、これはいいな。

そういえば「行動力力」(記事)でも「感動した、と白状しろ。」で

僕はいつもさまざまなサービスを受けている。そしてときどき、とてもうれしくなってしまうようなサービスを受けることがある。彼ら、彼女らは、なにがいいかというと、なんとも雰囲気が素敵である。そんなサービスに出くわすと僕は「我々はあなたのサービスを愛している」というメッセージカードを渡すことにしている。-- 行動力力 p.128

と書かれていた。ちょっと照れくさいかもしれないけれど、いいんじゃない。2度ピンときたということはもう「すぐやる」しかないね。

ということでANA 本で Good Job Card のところを読んだ先週木曜日の夜にさっそくデザインを作成。翌日の出勤前に残っていた名刺用紙にプリント

naney:6888711977 イイネ! を提供しているところで仕事しているので「イイネ! カード」にしてみた(あくまでも非公式です)。作成はTwitter 名刺を作るのと同じ要領で。

このカードは懐に忍ばせておくだけで、他人のいいところを見つけようという力がものすごく働く。実際持ってみると理屈以上にだ。ものすごい。

ANA 本では

「何よりも、このカードを渡し合うようになってから、お互いに周囲の人の働きぶり・行動に関心を持つようになったのは大きな変化だった。-- ANAが目指すCS p.38

と言っている。

また「行動力力」では

このカードを渡すメリットは、いいサービスに敏感になれるだけじゃなく、「感動した!」という自分の価値観を、後日誰かとシェアしたくなることだ。(略) この後すぐに誰かと会い、「こんなことがあってさー」と話すと、副産物として、自分の価値観を確認できるわけだ。-- 行動力力 p.128, p.131

と自分の価値観を知ることができるといっている。

このカードを使うだけで

  • イケてる行動やサービスに敏感になる。
  • 自分の価値観を知ることができる。
  • まわりがイケてる雰囲気になる。

わけだ。使わない理由ないよね。

スポンサード リンク
[ 2月21日全て ]

2012年12月24日 (月)

今日のさえずり: 金遣いの荒くなった人たちが駅前に溢れてる!

2012年12月24日

  • 11:15 昨日はディナークリスマスパーティー。今日はケーキ作り(を見てる)。
  • 11:22 LR44 なら30個買いだめしてある。
  • 13:19 スタジオで撮って焼いてもらったプリントが超光沢で反射するのでフラッドベッドスキャナ泣かせ。ビジネスの闇を感じる。
  • 15:58 連休初ガイシュツ。
  • 16:03 クリスマスイブに繁華街とかいってみたいわー。
  • 16:09 金遣いの荒くなった人たちが駅前に溢れてる!
  • 16:33 ほぼ日手帳2013買った。今日から仕事力200%アップ。
  • 21:35 Xperia GX root 化外れて標準カメラでシャッター音が出るようになったので、Angel Camera 入れてみた。シャッター音消せるし、標準にはない 5M が選択できるし、しばらくこちらを使ってみよう。
  • 23:53 ほぼ日。 http://t.co/OXIS3JAz
[ 12月24日全て ]

2013年11月13日 (水)

O美術館とか大沢カメラとか腎結石とか【日記】

午後に外出があったので、昼休みと合わせてO美術館に行ってみた。 大崎駅からすぐなのでさっと立ち寄れるのがいいね。

その後、恵比寿での用事の前に大沢カメラに初めて入ってみた。以前、フィルムからのプリントを綺麗にやってくれるところを Web で探していた時にこの店を知ってちょっと気にはなっていたんだよね。想像していたよりはちょっとこじんまり。中古カメラレンズがぎゅぎゅっと陳列販売されていた。程度はそれほどじゃないのが中心なのかな。プリントの腕はどうなんだろう。プリントが綺麗なお付き合いのできるお店があるなら、たまにフィルムで撮りたいとは思うんだよねぇ。

あと同僚が自分と同様今年の健康診断の超音波検査で腎結石の診断が出たということで「あー、きっとあの検査してくれた人が疑わしいのもバンバン結果に上げてくるタイプだったんだ、ふー」的に勝手に安心したり。実際のところ他の人が見つけられないのも見つけられるプロという可能性もあるので、引き続き要注意には変わらないのだけれどね。


[ 尿路結石 ]

[ 11月13日全て ]

2014年9月7日 (日)

旅行日程立てるのに WorkFlowy が便利

rimage:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/07/workflowy_logo_large.png

今度の旅行旅行日程を昨日と今日で作成。交通機関や観光スポットの Web サイト時刻表やら何やらをチェックし、その URLメモしつつ回る順番や時刻をこねくり回すのにアウトライナーWorkFlowy が重宝した。

順番の入れ替えも簡単だし、流れを見る時は各リストを畳んで見渡せるし、いろいろ検討するのに良い。

そのまま旅のしおりとして当日スマートフォンからも WorkFlowy を参照できるのだけれど、小さい画面だと深い階層のリストは操作しずらいので、日別に HTML エクスポートして Evernote にコピーしておいたりプリントアウトしたりしておくのが良さそげ。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。

(画像は https://workflowy.com/ より)

[ 9月7日全て ]

2014年9月12日 (金)

箱根旅行 2014

naney:15108105647

2014年9月12日から14日の2泊3日で箱根旅行。旅行という形での箱根は多分1995年3月28日29日の時以来なので、19年半ぶり!

関東ITソフトウェア健康保険組合の保養施設で評判の良い「トスラブ箱根和奏林」の何度目かの抽選がようやく当たった。1日ずらして金曜日出発からにしたおかげなのかな。

出発日に体調不良の人がいてちょっと気をもんだけれども無事行ってこれて、観光も予定していたところをだいたい巡れてどこも楽しかったし、宿も素晴しかったし申し分ない旅行であった。

今回は真ん中2日目に箱根小湧園ユネッサンに行ってみたんだけれどもこれが結構楽しかったし、またゆっくりできた。旅行にレジャースポットを入れるのは自分たちの旅行にはあまりないパターンだったんだけれども、こういうのもいいものだね。

旅行記

旅行ふりかえり

次回旅行時用にふりかえり

予算的にはほぼ予定通りでばっちりだった。

旅行全般
  • 旅行日程はやはりプリントアウト最強。
  • ガイドブックは宿用。
    • 今回はるるぶを買ったのだけれど、大きいし道中は開かない。でもいらないかというと、宿で夜眺めるのは楽しいので必要。
  • iPod touch 5th (スマートフォンのサブ機)は必要。
    • 荷物量を考慮して置いていったのだけれど、メインのスマートフォンだけだとバッテリを心配して宿の間使うの遠慮がちになったりしたので、やはりいつも通り2台持ちにしておいた方が良かった。
  • グレゴリー デイ&ハーフパック + グレゴリー テールランナーのバッグの組み合わせ良かった。往復時にはテールランナーがぴったりデイ&ハーフパックの中に入る。
  • 双眼鏡を持っていったけれども芦ノ湖と大涌谷でちょっと使ったぐらいだった。ヒップバッグをつけていない状態だと出し入れがちょっと面倒。
  • プールバッグ(巾着)は箱根小湧園ユネッサンに行く時とか、帰りのお土産を持って帰る時とかに、肩掛けできるので便利だった。持っていく時にもかさばらないし。
箱根
  • 箱根登山バスSuica が使えるようになっていたのでバス移動が随分楽になっていた。金額を確認したり小銭を用意したりとか不要なのかなり気が楽。箱根バスが面倒だという印象があったのだけれどこれならもっと気軽に行ってもいいな。
  • パーカを買って持っていったけれど幸い必要なく T シャツだけで大丈夫だった。
トスラブ箱根和奏林
  • コンセントがいっぱいあったので電源タップは持っていかなくても大丈夫だった。
[ 9月12日全て ]

2015年11月23日 (月)

伊東旅行 2015

naney:22646979644

2015年11月23日から24日の1泊2日で伊東旅行。伊東旅行は1998年4月4日5日の時以来で17年半ぶり。

今年の夏は関東ITソフトウェア 健康保険組合の保養施設の抽選に外れて旅行しそびれていたのですが、ふと空き照会をしてみたらこの日が空いていたので思わず申し込んでしまいました。

今回は1泊2日なのでホテルでゆっくりするのをメインに観光はそこそこという計画で行ってきました。まずのんびりしてこれて良かったです。

旅行

旅行ふりかえり

次回旅行時用にふりかえり

旅行全般
  • 今回は1泊2日目と短かいので旅行日程はさほど立てず。前回みたいにプリントアウトもしませんでした。
  • Google マイマップ便利
    • 今回みたいに適当にぶらぶらするには位置関係がわかるように地図にプロットしておくと便利です。今回は Google マイマップが役に立ちました。共有ができるし Google マップ Android アプリで表示できるしで現地でも重宝しました。
  • スマートフォンは1台で。
    • Xperia Z5 に機種変更したら電池の保ちが良いのでサブ機は無しで大丈夫でした。
  • 1泊2日なのでグレゴリー デイ&ハーフパックで OK。
    • 中日がないのでサブバッグは必要なしです。
  • プールバッグ(巾着)は今回も活用。
    • 買ったお土産を肩がけして運べるので便利。
伊東
  • 東海館は良いところでした。
  • 「ザ伊東」というお土産があまり無いので、記念の何かを買うのにちょっと困りました。
[ 11月23日全て ]

2016年6月24日 (金)

東京カメラ部2016写真展

naney:27793748691

渋谷ヒカリエのヒカリエホールで東京カメラ部の写真展があるというので昼休みに見に行ってきました。

東京カメラ部は「Facebookページ」を使った審査制写真投稿サイト。今回の写真展で知りました。SNS 発ということで「会場での写真撮影とソーシャルメディアでの公開 OK」というのがらしいなと感心しました。

展示されている作品はどれも素晴らしいものばかり。きちんと仕上げた後プリントされて額装された写真は圧倒的なクオリティで感動しました。そして解像感が高く総じてコントラストの高い作品をみてデジタル時代をあらためて感じました。

Instagram コーナーではスクエアフォーマットの9枚組写真が飾られていました。展示されている写真を見る限り Instagram はもうほとんど関係無いように思えてそこがなんともいえない違和感でした。

[ 6月24日全て ]

2016年8月15日 (月)

偏愛マップを交換しての会話楽しかった!

偏愛力 〜人付き合いがうまくいくコミュニケーションの基本50〜

今度イベント偏愛マップを使ったらどうかということで、実際にメンバで偏愛マップを交換しての会話をしてみました。実際にやってみると会話が弾んでめっちゃ楽しかったです。これは良い!

偏愛マップ作り

今回は私以外はその場でとりあえず15分で手書きで偏愛マップを作ってみました。私は事前に作りつつあるβ版のものがあったのでそれをプリントアウトして手元に用意し、他のメンバが書くのを眺めていました。

みんなが書いているのをみて興味深いなと思った点としては以下がありました。

  • みんな黙々と書くので静か。
  • 書いている途中にニヤリとしたり、つぶやいたりしている人もいた。
  • PC/スマートフォンで調べながら書いている人がいた。主に漢字を確認していたとのこと。
  • 最初のカテゴリ作りでちょっと迷っている人がいた。キーワードの具体的も結構個人差があった。
  • SNS のプロフィールで書ききっているよ」と言う人はそれ以上書き出すのに困っていた。

それほど下調べせず「偏愛しているものを書き出してみよう」でやってみるとこんな感じになるんだなというのがわかりました。ワークショップとしてやる場合は、ある程度偏愛マップのサンプルを用意したり書く時のポイントを説明しておいたりすると良さそうです。

偏愛マップを交換しての会話

書いたあとは偏愛マップを交換してのトークタイムです。2人の偏愛マップに共通点があったり、あるいは興味をもってもらって質問されたりするともう嬉しくたまりません。ついつい熱弁してしまいました。テンションが上がりますね、これ。偏愛しているものなのでテンションが上がらないわけがありません。

一方「ちょっと話す側に回りすぎたなぁ」と個人的に反省しました。普段以上に会話のキャッチボールを意識する必要があるようです。

それから会話の中で「別の偏愛」があることを思い出してしまい、相手に預けている偏愛マップを取り返して追記したくなることが何度もありました。手元にメモパッドを用意してメモっておけるようにしておくのが良いですね。

偏愛トーク楽しいです。

[ 8月15日全て ]

2016年10月20日 (木)

安いプリンタにするかどうか

PIXUS MG3630

Windows PC が壊れたので、さすがに自分の MacBook Pro から印刷できるようにしないとなぁと思ったら、家にある PIXUS MP980OS X Mavericks までしかドライバがありませんでした。あちゃー。2008年に買ったのでもう8年前。機能的には困ってないんですけどねぇ。

キヤノンだと MG3630 か、TS6030 / TS5030 か。MG3630 だと家電量販店でも6,000円台。TS5030 だと 21,000円台 で TS6030 だと 27,000円台。MG3630 はランニングコストは他に比べてランニングコストが高いんだけれど、印刷枚数を考えるとトータルではやはりお得。

店頭サンプルの限りでは6色・5色・4色インクのどれでも写真プリントの品質の印象は対して変わらなかったのでその点ではどれでも良し。

あとは、給紙の便利さをとるなら TS6030 で、SDメモリーカード対応(が使っている)をとるなら TS5030。悩ましい。

ここ最近出費がかさんでいるのことを考えるとここは PIXUS MG3630 が有力候補です。

[ 10月20日全て ]

2016年12月13日 (火)

第8回 エッセンシャル スクラムを読む会

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド

社内で「エッセンシャル スクラム」を読みたい人が集まる勉強会8回目。今日は第8章 技術的負債。

スクラムのコアコンセプトの部でわざわざ技術的負債について1章割くというのがふーんという印象でした。ベロシティに大きな影響を与えるので避けて通れないというところでしょうか。あるいはウォーターフォールと違って返済していくチャンスがあるからでしょうか。

技術的負債

技術的負債。当初は

意図的に手抜きをしてすばやく仕上げるという意味

技術的負債を抱えるということは、今後の作業のための時間を担保にした融資を受けるということだ。

からきていて、後々返済する必要が出てくる代わりに先に経済的効果を得ているものを指しています。単純にまずい設計や実装のことまで技術的負債と世間で呼ばれていることがありますが、個人的には違和感を感じています。本書ではナイーブな技術的負債と呼んでいますね。

技術的負債ですが

大切なのは、どんなプロダクトであっても技術的負債からは逃れられないということだ。私はここで、技術的負債をなくすよう努力しましょうなどと言うつもりはない。仮にそんなことができたとしても、負債をゼロにするためには大変なコストがかかるだろう。

ということで必ずしも罪悪感を感じる必要のあるものではないことがわかります。きちんと把握してコントロールしていくことが重要です。

ただ

技術的負債の経済的意味についての適切な認識

については、正直なところなかなか正確に見積もれることがない気がします。技術的負債を生むという選択をした時にそこまで見積もる余裕がない、あるいはあっても先のことなので詳細化しきれない、そういうケースが多いのではないかと。

技術者レベルでの技術的負債の可視化

  • 方法1: 障害管理システムに記録する
  • 方法2: 技術的負債を表すプロダクトバックログアイテムを作る
  • 方法3: 技術的負債バックログを作る

サイズが大きいものは方法2の方が時間をとって返済しやすく、サイズが小さいものは方法3の方が「フィーチャーよりも優先度が低くていつまでも返済されないということがない」ので返済しやすいようです。

技術的負債の返済

  • 作業中に偶発的な技術的負債が見つかれば対応できるところまで対応する。
  • スプリントごとに既知の技術的負債のいくつかを返済対象として対応する。価値をもたらすフィーチャーの開発と関連するものを一緒に進めることで金利の高いものから勧められる。

あたりがポイント。

「技術的負債返済スプリント」だとか「リファクタリングプリント」などといった言葉がチーム内で出てきたら、危険信号だ。

ということで、技術的返済のみに注力するのは価値を提供し続けるというのに反するで望ましくないとありました。

また実際のところ利息がほとんど発生しない技術的負債もあるので、きちんと見極める必要がありますね。

[ 12月13日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.058055s / load averages: 0.67, 0.45, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker