nDiki : ミーティング

ミーティング

会議。2人以上で仕事する時に大概必要となるもの。

高橋誠氏は「会議の進め方」の中で目的によって会議を伝達会議・創造会議・調整会議・決定会議に分類している。

スポンサード リンク

2018年2月1日 (木)

新体制から1カ月、落ち着いた仕事ができるようになってきた【日記】

新体制・新ポジションになってから1カ月経ちました。

年末までのここ1年半ぐらいは複数チームのプロダクトオーナーやマネージャーを兼務していて、それぞれのスクラムイベントや one-on-one ミーティングなどで忙殺され気味だったのですが、今月になって少し落ち着いた仕事ができるようになってきた気がします。

引き継いだ役割・業務について学んだり来期に向けて予算を立てたりが済んだら、より主体的な攻めの仕事にシフトしていけるかなとワクワクしています。

スポンサード リンク
[ 2月1日全て ]

2018年2月15日 (木)

今日のさえずり: ファシリテーターローテーションマーカーに AWS Cloud Ninja フィギュアが起用された

2018年02月15日

[ 2月15日全て ]

2018年4月6日 (金)

今日のさえずり: 回ると Loft になるというの初めて知った

2018年04月06日

  • 12:48 11年。2007年4月登録の生き残り組であります。 #MyTwitterAnniversary https://t.co/oSaqPlV5Xz
  • 16:00 回ると Loft になるというの初めて知った。 DSC-RX0 #RX0 https://t.co/MH2XXd6xaO
  • 22:15 連続ミーティングでエネルギーを使い切って今日は終わったかと思ったが、何かのタイミングで側坐核が刺激されて一仕事やり切ってしまった。
  • 22:20 あるいは、どら焼き食べたからかも。
  • 23:07 でっかいカエルがノソノソ歩いてる。春だね。
[ 4月6日全て ]

2018年4月17日 (火)

ふりかえりは「書いてから発表する」

その場で時間をとり全員が発言する内容を手元に書いてから順番にしれっと発表するミーティングスタイルにすることで、出席者全員がミーティングにコミットするようになり、また大きな声の人が勝つことなく全員が他人の意見に左右されずに考えを話せるようになります。これを最初に学んだのは「すごい会議」でした。

「事前に各自ふりかえったことをボード(だったりシート)に書いておいて、ミーティングではそれを話し合う」というふりかえりスタイルは参加しない人が出てくるので良くないと、スクラムマスターが話してくれたこともありました。

次回のふりかえりの時間までに気がついたことを忘れないように書き出しておくというのはもちろん良いことですが、ミーティングの進行の際にも「書いてから発表する」流れを入れておくことが大切だなと思っています。

[ 4月17日全て ]

2018年5月16日 (水)

one-on-one でキクトビジョン

one-on-one ミーティングで相手の方のキャリアビジョンを伺いたい時、私は「すごいやり方」に出てくる「キクトビジョン」の質問テンプレートをよく使わせていただいています。

  • 「1年後にどうなっていたい?」
  • 「じゃあ、3年後にはどうなっていたい?」
  • 「その状態になるのに障害になっていることはなに?」
  • 「どんなやり方をして、だれのどんな助けがあれば、その障害があっても望むような状態になれる?」

(すごいやり方 p.56)

多くの方はその場ではなく、次回の one-on-one までに考えをまとめてから答えてくれます。「そんな質問をされた事がなかった」「あまり考えた事がなかった」と言われることが多く、あらためて考えてみる良いきっかけになるようです。

書いたものは残しておくのがお勧めです。1年後・3年後に見返して「実現できている!」「考え方はその後もぶれていないな」あるいは「成長したな」「方向転換したな」などとふりかえることができて純粋に面白いです。

[ 5月16日全て ]

2018年5月21日 (月)

今日のさえずり: 「実際のところ、ソフトウエア開発上の問題の多くは、技術的というより社会学的なものである。」を100回噛みしめている

2018年05月21日

[ 5月21日全て ]

2018年8月29日 (水)

割引券【日記】

お昼にケンタッキーフライドチキンに行ったら、サンリオピューロランドの割引券があったのでもらってきて、次のミーティングで配ったらひと盛り上がりした。何気にサンリオピューロランドに行ったのもう6年前か。いいところなんだけれど、遠いんだよねぇ。

[ 8月29日全て ]

2018年10月5日 (金)

光速船またやりたい

ミーティングの話題から光速船を思い出した。光速船懐かしいなぁ。国内1983年7月発売か。MSX と同時期だよね。コミックボンボンとかでも記事があったような。ベクタースキャンの独特な画面は惹き込まれるものがあるよね。

トロン(1982年)やSF新世紀レンズマン(1984年)などワイヤーフレーム CG (あるいは CG 的表現)がこの頃はとても魅力的だった。

[ 10月5日全て ]

2018年10月11日 (木)

mixi日記風スライドにしてみた

昨日は部署で、今日は本部で、上半期ふりかりと下半期キックオフのミーティングを行った。今回は SNS の事業部らしくということでmixi日記風スライドでプレゼンテーションしてみた。

PC 版 mixiCSS を見ながら色やフォントサイズ比をピックアップして Google スライド上に図形を使ってそこそこmixi日記風にできてちょっと自己満足(実際にプレゼンテーション資料を作る段階では見やすさを考慮して適宜本文テキストを大きくしたりした)。

半期を日記形式で時系列にふりかえるの割といいんじゃないかと思っちゃうの、どんだけ自分日記好きなんだろと。

[ 10月11日全て ]

2018年10月12日 (金)

マネージャーとしてのメンバとの信頼関係の構築

おとよ氏が記事「エンジニアからマネージャーになって変わったこと・変わらないこと」で「メンバとの信頼関係構築」と「役割が変化しても技術を学び続けること」が大切という2点について述べられている。

おとよ氏は信頼関係構築のために

  • 話を最後まで聞く
  • 否定しない
  • 人に興味を持つ

を大切している行動原則として挙げて実践されている。素晴らしい。まさに「人を動かす」を実行されてらっしゃる。

@swkn40 氏がこの記事を受けて「メンバとの信頼関係構築」の点について日記を書かれた。

その中で言及していただき恐縮でござる。

私もまだまだ未熟で上の3点もできたりできなかったりだけれど、少しでも評価していただいているなら嬉しい限り。

意見の相違の時

@swakn40 氏がおっしゃっている通り、意見の相違があった時をどう振る舞えるかは大きなポイントだなと。自分、すぐ顔に出ちゃうので要注意(「私の話し方や態度についてどう思いますか?」)。相手への「尊敬・感謝」があれば全然問題にならないのでそこを意識したい。

雑談

人を動かすで言うところの相手に「誠実な関心を寄せる」が天性でできる人と、意識しないとできない人はいると思っていて、自分は後者寄り。意識してスイッチを入れる必要があるというのを受け入れていく必要がある。

one-on-one ミーティングの最初に「うまくいっていることを話す」というアジェンダをいれるのは、自分みたいな雑談力低めなタイプにはお勧め。

[ 10月12日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.097984s / load averages: 0.42, 0.31, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker