nDiki : ミーティング

ミーティング

会議。2人以上で仕事する時に大概必要となるもの。

高橋誠氏は「会議の進め方」の中で目的によって会議を伝達会議・創造会議・調整会議・決定会議に分類している。

スポンサード リンク

2019年10月31日 (木)

今日のさえずり: ミーティング中で知らんぷりしていたけれど、やっぱり 11:00 過ぎに地震があったのね。

2019年10月31日

[ 10月31日全て ]

2019年12月27日 (金)

仕事納め。年明けから午前中のミーティングを極力やめてみる。

image:/nDiki/2019/12/27/2019-12-27-162601-nDiki-1200x900.jpg

今年は今日が仕事納めの日。

残作業をやりつつ、1年のふりかえりをしたり、仕事のスタイルを見直したり。

年明けから午前中にミーティングをいれるのを極力やめてみる

来年仕事始めからのスケジュールを見直してみた。

午前中の集中力を活用できるように、年明けから午前中にミーティングをいれるのを極力やめてみることにした。 one-on-one ミーティングなど人数が少なく調整しやすいものの繰り返し予定を午後に変更。

FRUCTUS のフレッシュモンブラン

去年の仕事納めの日にケーキを買って帰ったのを思い出して、今日もへの労いにと渋谷スクランブルスクエア 1F の FRUCTUS でフレッシュモンブランを買って帰った。今年もひとまずお疲れさま。

image:/nDiki/2019/12/27/2019-12-27-213549-nDiki-900x1200.jpg

[ 12月27日全て ]

2020年3月16日 (月)

今日のさえずり: 久しぶりに MacBook Pro が「ふぅー」って言って異常終了した

[ COVID-19 ]

[ 3月16日全て ]

2020年3月30日 (月)

今日の在宅勤務は座卓で

image:/nDiki/2020/03/30/2020-03-30-090639-nDiki-1200x800.jpg

勤務先が今日から2週間リモートワーク推奨となったので今日は在宅勤務。3月上旬の在宅勤務お試しの日と同じくちょっと寒い日だ。が降った昨日ほどではないけれど。

座卓とポータブルモニタ

お試しの時は折り畳みデスクと折り畳み椅子でやってみたけれど、長時間座っているのには向かなくて床に座ってやったりしていたので、今日は最初から座卓で。座卓は座卓で座っているとお尻とか腰が痛くなってくるね。

週末に調達したポータブルモニタ EVC-1506 は超有用だった。捗る捗る。しいていえば移動するのが面倒になるので、「ちょっとリビングのダイニングテーブルに移って違う姿勢で仕事するか」とならなくなるぐらいかな。

ビデオ会議の時間を家族と共有する仕組みが欲しい

今日のミーティングは2回。ビデオ会議の時間と休憩予定時間について家にいる家族に朝伝えたけれど、これは見える化しておきたいと感じた。当日スケジュール変更もあるので、その時点での予定を共有する方法を確立しておく必要があるな。

[ COVID-19 ] [ WFH 2020 2回目 ]

今日のさえずり: NAS 上にある動画ファイルを再生すると途切れ途切れになるので VLC のネットワークキャッシュ設定を 4,000ms に上げてみた

[ 3月30日全て ]

2020年4月20日 (月)

雨・肩・Amazon SQS 障害

雨。

ミーティング(ビデオ会議)が多い日はリビングのダイニングテーブルではなく、小部屋の座卓で仕事。座卓作業は腰にくるのだけれど、最近は肩にくるなとも感じるようになった。なんか工夫したいな。

夜に Amazon Simple Queue Service (SQS) 障害。Slack で @ されたのを iPhone ロック画面通知で気がつけて良かった(家にいる時は基本 iPhone はサイレントモードにしてロック画面通知で見るようにしている)。

iPhone + Slack の通知も一回見直そうかな。

[ COVID-19 ] [ WFH 2020 13回目 ]

[ 4月20日全て ]

2020年5月2日 (土)

Zoom サインアップ

が明日 Zoom を使って開催されるお菓子作りのオンラインワークショップに参加するということで、準備がてら自分も一緒にミーティング用Zoomクライアントをインストール後サインアップして設定してみた。

4月上旬に妻が別のオンラインワークショップに参加した際には Zoom 以外も検討してはと話して結果 LINE のビデオ通話でやることになったのだけれど、今回は他の参加者もいて Zoom 指定。

セキュリティ上の問題が多く指摘されていることもあり、ちょっと注意して設定などをチェックした。過去指摘されていた点は Zoom もアップデートで機能変更したりデフォルトを変更したりして、気をつければクリティカルなやり取りをしなければ大丈夫そうかな。

Meet に無くて羨ましいと思っていたバーチャル背景機能は MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) ではスペック不足で有効にできなかった。残念!

[ ビデオ会議 ]

今日のさえずり: 「サッポロポテトバーベQあじ」は1974年生まれ

[ 5月2日全て ]

2020年6月8日 (月)

最大の価値は話し合う過程で気付きと学びを得ること

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド」の中でメチャクチャ好きなところの1つが見積もりついて書かれている以下のくだり。

いちばん大切なことだが、見積もりの最大の目的は、話し合う過程でいろいろな気づきが得られるということだ。 -- 第7章 見積もりとベロシティ

「気づき」は原著「Essential Scrum: A Practical Guide to the Most Popular Agile Process」では「learning」と表現されている。

Finally, and most importantly, one of the primary values of estimation is the learning that happens during the estimation conversations. -- Chapter 7 Estimation and Velocity

これは見積もりというアクティビティに限らない話だよね。

このくだりを読んでから「◯◯の最大の価値は話し合う過程で気付きと学びを得ることだ」と考えることが増えた。ミーティング意思決定や共有などのゴールを達成する場であることはもちろんとして、チーム・個人が気付きと学びを得る場になるよう常に意識していきたい。

自己組織化されたチームになっていくためには話し合い超重要。

[ opinion ]

[ 6月8日全て ]

2020年8月19日 (水)

花輪ばやしの無観客実演の動画生配信を視聴

例年なら今日から花輪ばやしだけれど、新型コロナウイルス感染対策で残念ながら今年は中止。何かないかなーと Twitter検索したところ鹿角市が今日の 19:30 から YouTube ライブで花輪ばやし・毛馬内盆踊の無観客実演を動画生配信することを知った。

19:00 からのミーティングを終えたあとさっと片付けて退勤。スマートフォンで YouTube ライブを観ながら家路を急いだ。家に帰ってからは Macテレビについないで視聴。

駅前行事の固定カメラでのライブ配信と違い間近からのカメラワークで、はっきりと屋台が見える今までにない新鮮さがあってよかった。音が反響しちゃっていたけれどね。

予定の 21:00 を待たず早めに終わってしまいちょっと物足りかったけれども、今年も少しでも花輪ばやしの雰囲気を感じることができて嬉しかった。

[ COVID-19 ]

[ 8月19日全て ]

2020年8月25日 (火)

ほぼ日手帳2021全ラインナップ発表

本日ほぼ日手帳2021の全ラインナップが発表された。手帳本体を買ったのは 2013 が最後ではあるのだけれど毎年この時期ウキウキする。

リップストップ素材のカバー「パラシュート」が内側にメッシュポケットがあっていいなあ。ミーティングのほとんどがビデオ会議になり、 Bluetooth ヘッドセットなど社内で持ち歩く小物が増えたのでまとめて持ち歩ける何かが欲しいんだよね。一緒に紙の手帳を持ち歩く必要はないので、ほぼ日手帳カバーである必要はないのだけれど。

[ 8月25日全て ]

2020年8月29日 (土)

レビュー】アップになりすぎる Mac 内蔵カメラに代えて Web カメラ C922n を

image:/nDiki/2020/08/29/2020-08-29-125807-nDiki-1200x800.jpg

3月末からほとんどのミーティングビデオ会議になりはや5カ月。6年前に買った Plantoronics の Bluetooth ヘッドセットや、6月に買った 完全ワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Liberty Air 2 をマイクとして活用している。一方カメラMacBook Pro 内蔵の 720p FaceTime HDカメラを使っているが

  • レンズがディスプレイ上部にあり位置・方向固定のため、カメラが若干見上げる向きになってしまう。
  • 画角が狭く自分の顔が必要以上にアップになってしまう。
  • ホワイトバランスや明るさが調整できない。

という点で不満だ。見やすいようにディスプレイの位置や向きを変えると、自分のおさまりが悪くなる。アップを避けようと MacBook Pro を遠ざけると、見にくくなるしタイピングもしにくくなる。むむむ。

リモートワーク導入が進む中、ビデオ会議の回数が大きく減ることも当面無いだろうから Web カメラを購入することにした。内蔵カメラにコンバージョンレンズを装着・iPhoneカメラ利用・デジタルカメラ利用なども選択肢にあるが Web カメラがベストソリューションかなと。

ロジクール C980 ではなく C922n で

性能的にはロジクールの StreamCam C980 が良いが値段が高く USB Type-C コネクタのみというのがネック。1万円以下で買えて USB Type-A ポートの Mac でも使える C922n Pro Stream Webcam にした。一昨日の夜に通販在庫が無くなってからの翌朝復活で物欲が刺激されて注文。昨日到着である。

ロジクール C922n Pro Stream Webcam ファーストインプレッション

C922n は USB ビデオデバイスクラス 1.1 (UVC 1.1)対応の Web カメラなので、箱から出して MacBook Pro にプスッと挿すだけで OK。

モノ

モノとしての質感はまずまず。随所に滑り止めのゴムがきちんとついている。三脚ネジ穴もしっかりと金属だ。レンズ部を含めた前面の透明プラスチックは手脂が落ちにくいのでちょっと注意した方が良さそう。マウス屋にしてはケーブルがちょっと安っぽい印象。

本体横長・後ろに伸びたスタンド部分という形状でバッグに入れるには予想よりかさばるかな。

三脚

よくあるタイプの廉価なミニ三脚だが C922n とのバランスは悪くない。伸長18.5cm でゴリラポッド 325よりは高くなるが卓上で目線の位置までカメラを上げられるほどではない。別途マイクスタンド型の Web カメラスタンドが欲しいところだ。

2020年9月2日追記:

オフィスで3日ほど使ってみた。会議テーブルに座り、対面側のテーブルの端に離しておいてみたところ、この付属三脚の高さでもまずまずいい感じだった。スタンドは別途買わなくて大丈夫だった。

写り

最初の印象は「固い」だった。オートフォーカスだし解像度が高いしで内蔵カメラよりカリッと写るので最初とまどった。そこまで自分の顔がはっきりと写らなくてもと思っちゃうぐらい。

内蔵カメラより画角が広めで水平視野は 70.42° だ。 35mm判で 25mm〜26mm ぐらいのレンズと水平画角が同じぐらい。よくあるディスプレイの上にひっかけて使う場合でも、アップ感を和らげられそう。

後ろが白い壁だとそちらに引っ張られて顔がちょっと暗くなる。平均測光なのかな?

Logicool Capture

ビデオ録画 & ストリーミングソフトウェアとして Logicool Capture をインストールしてみた。

仮想カメラとして動作し、カメラ映像とアプリケーションの映像を組み合わせたりテキストをオーバーレイさせたりできる。

またこのソフトウェアで C922n のフォーカスやホワイトバランスを手動で設定したり、明るさ・コントラスト・彩度・シャープネスを調整したりできた。これらの設定はカメラ出力に反映され Logicool Capture しても維持される。ホワイトバランスと明るさを変更できるだけでもありがたい。

といったところがファーストインプレッション。なかなかいい。来週のビデオ会議で実戦投入だ。

[ 製品レポート ] [ COVID-19 ] [ 在宅勤務 ]

[ 8月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.088531s / load averages: 0.35, 0.39, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker