nDiki : ミーティング

ミーティング

会議。2人以上で仕事する時に大概必要となるもの。

高橋誠氏は「会議の進め方」の中で目的によって会議を伝達会議・創造会議・調整会議・決定会議に分類している。

スポンサード リンク

2016年9月8日 (木)

仕事に対するスタンス共有 2016

1年ぶりの「仕事に対するスタンス共有ミーティング」です。下記の設問にあらかじめ答えを用意しておいて、ミーティングの場で発表するというものです。

チームビルディングの一環として、お互いを知り、うまく分担・補いあいながらコラボレーションしていけるようにしようという取り組みなんだけれど、他人を知るだけじゃなくて自分自身を再発見できたりもするのでお勧め。 -- 仕事に対するスタンス共有 2013

例によって自身の回答をアップデートしたので改訂版を書いておきます。

Q1. 仕事上でどのようことが得意ですか? 苦手なことは何ですか?

  • 得意なこと: 仕事を進めていく仕組み作りをしていくこと。
  • 苦手なこと: 大勢の人がいる場所にいること。懇親会

Q2. 仕事をする上で一番大切にしていることはどんなことですか?

  • 「出会った人をハッピーに」すること。
  • 「どのようにすればで言ってみる」こと。
  • 「いますぐやる」こと。
  • 「遊び心をいれる」こと。
  • 「笑顔でいる」こと。
  • 「感謝する」こと。
  • 「正しいかよりも効果的かで考える」こと。

Q3. 仕事をしていて陥りがちな傾向はありますか?

  • 腑に落ちない時に顔に出る。(参照)

Q4. 仕事をする上でモチベーションが下がるとき、上がるときはどんなときですか?

上がるとき:

  • 感謝されたとき。ほめられたとき。感動したとき。

下がるとき:

  • 見られている感がないとき。

Q5. 所属チームで(あるいは会社で)でどのような役割を果たしたいですか?

  • ミッション・ビジョン・バリュー(価値観)を常に意識しつつ、グループとして最大のパフォーマンスを発揮できるようにマネジメントする。

Q6. 仕事を通して目指す将来の目標はありますか?

  • 問題解決スペシャリストでサーバントリーダー。

Q7. 仕事をする上で周囲や会社に対して、あなたはどうありたいと考えていますか?

  • 周囲の人の良いところを引き出す人でありたい。

Q8. 仕事をする仲間に伝えたいことがあれば何でも。

  • 「面白いことが起きた」*1

[ 仕事に対するスタンス共有 ]

*1参考: 斎藤一人幸せの名言集 p.44 「困ったことがおきたら 面白いことがおきたと言ってみな 奇跡がおきるから」

スポンサード リンク
[ 9月8日全て ]

2016年10月7日 (金)

きちんと休憩するためにポモドーロタイマーを使う

rimage:https://www.naney.org/nDiki/2016/10/07/desktop-screenshot@2x.png

今日はミーティングが少なくデスクに向かえる日。「疲れる前に休息せよ」を意識的に実践するためタイマーを使うことにしました。

そういえばポモドーロテクニックでは25分毎に5分休むことになっていて、それ用のアプリがいろいろ出ています。 Mac で作業用に Pomodoro One という Mac アプリケーションを入れてみました。

計測中にメニューバーに残り時間を表示してくれて、時間になるとウインドウを表示してぱっと気がつかせてくれるので過不足ありません。

久しぶりに25分+5分のインターバルをやってみたら、集中できていい感じでした。以前やっていたポモドーロテクニック自体をまたやるつもりは今のところありませんが、ポモドーロタイマー自体は活用したいなと思います。

(画像http://rinik.net/pomodoro/ より。)


[ Mac アプリケーションレビュー ]

[ 10月7日全て ]

2016年10月19日 (水)

チームのワーキングアグリーメントを作るの楽しい

スクラムマスターから「ワーキングアグリーメント(working agreements)を作ってみませんか?」と言われたのでチームでトライしてみました。これ、作るプロセス自体が楽しいですね。チームの一体感が高まるし、チームの自己組織化につながるなと感じました。

ワーキングアグリーメント

  • ワーキングアグリーメントはチームメンバで「合意した」ルールを書き出したもの。チームで合意したものであればどんな事を書いても OK。ミーティングの時刻だったり、ビルドのルールだったり。
  • ワーキングアグリーメントはチームメンバ全員で作る。上がってきたルール案に対して、例えば親指サイン(親指を上・横・下のどちらかに向ける)を使って全員に意思表明してもらい、全員が合意したものを採用する。
  • ワーキングアグリーメントは定期的に見るようにする。ふりかえりなどの際にアップデートしていく。

組織におけるルールは「誰かが作ってみんなが守るもの」というものが多いのですが、チームで合意して作るというのが自己組織化チームでは重要なんですね。

チームで作ったルールを書き出して明文化することでチームメンバ間の思い違いを無くすことができます。また暗黙的なルールは改善しにくいけれど、見える化すると改善の対象とすることができるというメリットもあるとのことです。なるほど。

アジャイルサムライでは「チームの約束」

ちなみにアジャイルサムライにワーキングアグリーメントなんてあったっけかなと思って調べてみたら、同書では「チームの約束 (working agreements)」として「チームが大事にすること (shared values)」とともに書かれていました。

[ 10月19日全て ]

2016年11月17日 (木)

ふりかえりで Lean Coffee やってみた

ふりかえりといえば KPT がメジャーですがスクラムマスターによると「難しい手法だと感じている」とのことで、せっかくなので他の手法をいろいろトライしてみています。今日は Lean Coffee をやってみました。

http://leancoffee.org/

今回のやり方

  1. 話し合うトピックを明らかにする。
    1. 5分間で各自付箋紙に話し合いたいトピックを書く。ふりかえりだけれど内容はプロセスにかぎらずプロダクトの事でも良いとする。
    2. 順番に付箋紙を出して話し合いたいことを簡単に説明する(ここでは議論まで入らないようにする)。
      • 同じトピックを書いた人がいればまとめる。
    3. 付箋紙を眺め、話し合いたいと思ったトピックを各自2つ選び、それぞれしれっとその付箋紙にドットを書く。
    4. 付箋紙をドットの多い順に並べる。
  2. 話し合う。
    1. ドットの多いものから順に1つ取りで7分間話し合う。
    2. 時間になったらそのトピックを続けたいか親指で続ける(上)・終わる(下)・どちらでも(横)で投票する。
    3. 続けるが多いようなら2分延長する。今日は延長は1回まで。
    4. 時間がきたら途中でもそのトピックはいったん終了する(必要があれば別の機会に議論することとする)。
  3. まとめる
    1. 全体の残り時間が無くなってきたところで、今日話し合ったものをふりかえる。それぞれ今後どうするかさっと決める。

雑感

  • 良い点
    • 全員の参加意識と議論への集中度合いが高まる。
    • 決める意欲の多い人がいればその場で何か決まる可能性が高い。
  • 懸念点
    • 検討する時間が短いので、ぱっと出た意見の影響力が強くなりがち。

参加意識が高くなるというのがいいですね。

「時間内で話せるだけ繰り返す」という手法でその時間目一杯使うことになるので、他のミーティングの一部として軽くふりかえりたいというのは向かないということもわかりました。

何回か続けて他の利点・欠点も体感したいと思います。

[ 11月17日全て ]

2016年11月21日 (月)

one-on-one ミーティングをやめようかなぁ

one-on-one ミーティングというと

  • コーチング
  • 信頼関係構築
  • プロジェクト状況の確認・相談

あたりが目的かと思います。特に「コーチング」の時間にすることが大切と書かれている記事を良くみかけます。

実際のところは、話題のきっかけとしてまずプロジェクトの話をしているうちにそれで終わってしまうことも結構多かったりします。

もしプロジェクトの状況の確認や課題の相談がメインなら、週次・あるいは隔週の one-on-one ミーティングが無い方が、早め早めのコミュニケーションにつながりよりスピーディーに物事が進むのではないかと思うわけです。そういう意味では one-on-one ミーティングをやめた方が良いんじゃないかと。

本当ははきちんとコーチングの場にしていくのがベストだとは思いますけどね。

今日のさえずり: パンツ買ったので合宿行ける気がしてきた

2016年11月21日

[ 11月21日全て ]

2017年1月5日 (木)

2017年仕事始め【日記】

昨日は有給休暇をとったので今日が仕事始め。朝よりもお昼の方が風が冷たく感じられる日でした。

ミーティングはしょっぱなから9本。ミーティング駆動で仕事をしているところがあるので無駄では無いのですが、時間を費やしている分より効果的にやっていきたいところ。量もうまく調整していきたいなと。

[ 1月5日全て ]

2017年1月18日 (水)

ミーティング後の事後処理タスクは日誌にチェックリストを作る方が良いかな

ミーティングを開いたり参加したりする際の「事前準備」と「事後整理」タスクについては、今までタスク管理ツール(Remember The Milk)に入れて実行してました。でも今はデイリーノート(日誌)に必要なメモをまとめているので、メモの整理と事後整理完了チェックを一緒にやった方が楽なことに気がつきました。

事後整理タスクについては朝一でデイリーノート上にチェックリストを作り、ミーティング中・ミーティング後にメモを整理したらチェックする(あるいはリストから消す)をするようにしたら捗るようになりました(この時 next action があれば実行しちゃうかタスク管理ツールに追加するかします)。

[ 1月18日全て ]

2017年2月2日 (木)

目標を書き出しておくと実現するというのを意識したきっかけ

非常識な成功法則【新装版】

目標やなりたい姿は書き出しておくだけで実現しやすくなるからお勧めですよ」という話を one-on-one ミーティングの時にしました。

思い返してみると私の場合は神田昌典氏の「非常識な成功法則」という本で読んだのが明確に意識したきかっけだったように思います。読んだあとに目標を書いた Google ドキュメントのファイル中の記載日をみると2007年8月頃のようです。

ふりかえると書き出していたものがいろいろと実現・達成できているなと個人的には感じています。

これをきっかけに、またいろいろ書いておこうかな。

[ 2月2日全て ]

2017年2月9日 (木)

「次のミーティングで確認しておきます」とできるだけ言わないようにする

誰かに確認する必要があるとなった時につい「(その人と一緒になる)次のミーティングで確認しておきます」と言ってしまうことがあります。でもそうすると半日とか1日とか数日とか待ちが発生してしまうんですよね。

実際その場で Slack で確認してしまえば実は5分で確認・決定できたりすることも多々あったりします。遠慮しないですぐに確認します。

[ 2月9日全て ]

2017年2月10日 (金)

超小型の Bluetooth マウスが欲しい

Google スプレッドシートを使っている時は MacBook Pro でもマウスは必須。特に行を移動する時はトラックパッドではやりにくいです。

ミーティングに行く時も最近はデスクで使っている Bluetooth Mouse M557 を持参しているのですが、ちょっとかさばるので超小型の Bluetooth マウスが欲しいなと。

サンワサプライの 超小型 Bluetooth マウス 400-MA078BK が気になったので昨日家電量販店を2店ほど回ってみましたが、サンプル展示はおろか陳列もされてませんでした。確認してたらサンワダイレクト限定商品なのですね。持った感じやクリック感・クリック音など確認して良かったら買ってみたいと思っていたのに残念。

[ 2月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.079686s / load averages: 0.33, 0.28, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker