nDiki : 三越

2001年10月14日 (日)

15:45 マグナム・フォト創設55周年記念 写真展「スマイル&スマイル - 100 のほほえみ」

本日最終日ということで、と二人で日本橋三越本店7階ギャラリーへ。 予想以上に混んでいてびっくり。

作品は、ロバート・キャパ、コーネル・キャパ、エリオット・アーウィット、イヴ・アーノルド等の作品でモノクロの「スマイル」の写真100点。 世界中の老若男女を問わない人々の笑顔。

100点は結構なボリュームであった。 全体として「スマイル」というテーマがあるものの、作風や撮影年などは様々。 いろいろツマミ食いしたという感じ。

自分も、最高の一瞬を捉えられるようになりたいものだ。

来年には京都でも開催予定とのこと。

同時開催の「エリオット・アーウィット+福山雅治コラボレート写真展」はこの写真展の順路の最後に併設されていた。 よ、「福山雅治」みたいに私のことを格好良く撮っておくれぇ(顔やスタイルは遠く及ばないけど雰囲気だけでも)。

スポンサード リンク
[ 10月14日全て ]

2003年2月15日 (土)

ぐるぐる

と合流し、昼食・三省堂ブックファースト・西武→銀座松屋・三越

[ 2月15日全て ]

2004年5月8日 (土)

湯呑み茶碗

1997年2月に旅行した時に、窯元 旭峰窯(市椿東無田ヶ原2838)を見学していくつか萩焼を買ってきた。今でコーヒーカップを愛用している。 この時のジャージを着た気さくな陶芸家が今でも忘れられない。

にもお土産に湯呑み茶碗を買っ帰ったのだが、気にいってもらえたのかその後ずっと使ってくれているようだ。しかしこの間みたら結構欠けてきていた。 明日は母の日だし、新しいやつでもプレゼントするか。

ということでブツを探しに。

自由が丘

J-PERIODを手始めにぐるぐるとまわってみる。 やはり和食器を扱っているところはあまりないなぁ。

あってもタンブラー型のが多かったり。

あきらめて次へ。

恵比寿

http://www.naney.org/img/2004/U2004-05-08-0001.jpg

この間恵比寿ガーデンプレイスから封書がきていた。 開けてみたら、イベント「YEBISU PHOTOGRAPHIC WEEK 2004」のお知らせ。 どうやら SuperHeadz INa Babylon 方面 (旧 TokyoLomoHeads)から送られてきたようだ。

東京都写真美術館で開催されている「没後50年 "知られざる ロバート・キャパの世界展"」も気になっていたので、自由が丘の次は恵比寿ガーデンプレイスに行ってみた。

三越をぶらぶらしてみたけれど良さそげな湯呑みは無く。 久しぶりにきたんだけれど、本屋はかなり縮小されていてがっかり。 オープンした時は結構なスペースだったのになぁ。

YEBISU PHOTOGRAPHIC WEEK 2004 の方は、ちょろっと眺めただけ。 SuperHeadz の写真も見慣れてきたな。

キャパ展の方は入口からちょっとのぞいたら、激コミだったのパス。 朝一とかじゃないと土日は駄目か。

収穫なく、次へ。

新宿

http://www.naney.org/img/2004/U2004-05-08-0002.jpg

お次は、新宿タカシマヤ。 10Fの和食器のコーナーへ。そんなには種類は多くないけれど上品そうなのが並んでいる。 手になじむ形でスズメの絵がデザインされている九谷焼のが気にいったが組のやつだった。 声をかけてきた店員に聞いたらバラでも売ってくれるとのことで、これで決定。 「1品づつ手作りで微妙に違うから」と同じもの2つ持ってきてくれて、好きな方を選ばせてくれたりとここら辺はさすがデパート

組の木箱から取り出した湯呑みを陶芸作家のリーフレットとともに別の紙箱に入れて包装してもらったものを受け取り、今日の買物完了。

[ 5月8日全て ]

2005年2月11日 (金)

どうなる富澤商店 三越横浜

naney:4606779

横浜三越にあるお菓子・製パン材料のお店富澤商店への買い物につきあう。 小麦粉だけでもオニのように種類をおいているお店。 その筋の人には無くてはならないお店らしい。

しかし横浜三越の閉店にともない富澤商店三越横浜店も閉店。 どうなる?

小耳に挟んだところによると、横浜での出店予定があるがまだ場所が確保できていないとのこと。

玉川高島屋SC店や、田園調布店、京王新宿店もあるのか。 うちからだとその辺りが一番買いに行きやすそうだ。

[ 2月11日全て ]

2005年2月19日 (土)

ロバート・キャパの未公開カラー写真

ROBERT CAPA EXHIBITION CAPA IN COLOR


naney:5045679 2月15日から明日20日までロバート・キャパ写真展[ャパ・イン・カラーが催されている。 普段見かけるキャパの写真はモノクロ。 今回キャパが撮影した第二次世界大戦の未発表カラー写真が大量に発見され公開になった。

なかなか無い機会なのでぜひ見てみたいと、三越日本橋本店新館7Fギャラリーへ。 13:00過ぎぐらいについたのだが、予想通りかなり混雑していた。 これでももしかしたら、雨のせいで少ないぐらいなのかもしれない。 Webで招待券を印刷していくと無料である。

このギャラリーには2001年の10月に「マグナム・フォト創設55周年記念 写真展『スマイル&スマイル - 100 のほほえみ』」以来ぶり。 この時もロバート・キャパの作品が飾られていた。

カラー

1940年代の戦争写真がカラーで。 素晴しい。 この頃の写真はモノクロばかりで何か暗い感じをついつい持ってしまうことがあるのだが、実際に空は青く草は緑。 60年前も世界は色に満ち溢れていた。

技術

山田祥平のRe:config.sys: コダクロームが残した色」によれば、

今回の写真展は、「写真展」といいながらも、実際の出力は、印画紙を使った銀塩プリントではなく、ヒューレットパッカードの大判インクジェットプリンタ「HP Designjet 130」によるもの。

ということらしい。

実作業では、Mac上のPhotoshopで読み込み、ソフトウェアリッパーでデザインジェットに出力した。当時の紙マウントをはがすことで、フィルムが損傷するのを防ぐために、高解像度ではスキャンしにくかったというような事情もあったようだ。

中略

ちなみに、日本HPによれば、ニューヨークから届いたファイルに、カラープロファイルは添付されていなかったそうだ。となると、色再現の頼りは、オリジナルを見たことがある小川さんの記憶とイメージだけだ。結局、作業では、空の青さをかなりいじることになったという。

フィルムの状態もいろいろだったようで、コントラスト豊かに鮮やかにプリントされたものもあれば、退色したものを無理にコントラストを上げた感じのものもあった。 ちょっと嘘臭い水色の空のものもあったのだけれど、どれが本当の色かは我々にはわからない。

もっとも写真というのはもともと100%実際のカラーではなく、フィルムの特性や撮影手法、プリントまでの行程の間の調整によって制作者の表現がなされているものだ。 今回はロバート・キャパ+主催者の共同作品としてこういう色に仕上がったということである。

そういった事を考えながら鑑賞するのもこれまた楽しいものだ。

それにしてもASA10のフィルムと当時の機材で洋上であれだけのものを写しとれるなんて。やっぱりキャパはすごい。

naney:5045447 naney:5045449

[ 2月19日全て ]

2005年3月4日 (金)

トップス&グラナータ銀座店の高級カレー

Top's といえばケーキで有名だが、カレーも美味いらしい。

銀座店は、松屋三越の間、銀座三和ビルの地下にある。 洒落たカフェ風のお店。そんなに広くない。

ベジタブルカレーを注文。まろやかな高級感のある味。 たしかに美味い。 ただし、モリモリ食べるという感じではないので、そういう食べ方をしたい時には合わない。

金曜日の夜8:00前という時間だったが、それなりに席はあいていた。 穴場かもしれない。

[ 3月4日全て ]

2005年3月31日 (木)

有給休暇: 小切手処理とか

http:8086846 今年4回目。 (計算が合っていれば)残21日(去年分8日 + 今年分13日)。 今年はいまのところ月1以上のいいペースで休めているな。

これまた休みをとっているが作ったケーキを食べた後、銀座へ。

博品館

大好きなあのキャラクターグッズコーナーがついに無くなっている……。

シティバンク銀座支店

Google AdSenseの3枚目と4枚目の小切手を口座に入金。

メモ: 2枚まとめての場合は入金票の小切手等の襴に各金額を書く。

みずほ銀行

「ご送金・税金・公共料金等納付」は40分待ちだそうで。ATMの方は順調。

スケベニンゲン

約2年ぶり。 店内の座席レイアウトが変わってすっきりした。 前回は部屋の真中に大きな長いテーブルがあったのだが、それが無くなっちゃって普通の感じになっていた。 パスタ美味。

松屋松坂屋三越松屋

バッグを見てまわる。

3店まわるも、超立体マスクは無し。

オペーク銀座 / OPAQUE GINZA

松屋の向かい、アップルストア銀座の隣りにあるセレクトショップ。 テレビで確か紹介されていて気になっていたので、入ってみた。 ……女性向けだった。

1Fに Aoyama Flower Market があってよく使われているらしい。

[ 3月31日全て ]

2006年3月5日 (日)

今年のトレンドは数珠

と一緒に銀座へ買い物へ。プランタン銀座松屋三越など。

今年の女性の春物のマネキンは、ことごとく数珠を首から下げているなぁ。 業界は今年、数珠をはやらせたがっているのか?

[ 3月5日全て ]

2006年3月21日 (火)

ケーキを食べるつもりが2度辛いに

naney:115782330

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀」第3回で紹介されたパティシエ杉野英実氏の菓子がスゴイらしい。 一度食べてみたい。 京橋にお店 HIDEMI SUGINO (イデミ スギノ)があるとのことなので出掛けてみることにした。

じいさん・ばあさんが玄関前でたむろしていた警察博物館脇の道を少しはいったところにそのお店はひっそりとある。

休日なので混んでいるかと思ったら思ったより静かだ。 ……14:00 ちょっと前だったが、既に生菓子は売り切れとの札。 甘かった (ケーキでなくて、自分が)。

銀ブラ

しょうがないので、高速道路下のG-ZONE銀座(西京橋ビル)のモンスーンカフェで昼食。鶏肉とヤングコーンのグリーンカレーはココナッツミルク風味で好き嫌いのわかれるところ。

隣の ZEST では WBC 放映中。食べ終わって前を通ると9回の裏だった。

カレーが結構辛くてお腹がモヤモヤする中、伊東屋を巡回。 その後有楽町マリオンへ。

三越前と有楽町マリオン前は、号外待ちの人だかりとそれを捉えようとするテレビクルーでゴチャゴチャだった。 号外をもらった経験のないと「欲しいねぇ」と話していたのだが、二人ともいつくるかもわからないものを混雑の中待てる性分ではないので、そのまま退散。 夕方のニュースを見ると、号外の取り合いでケガ人も出たとか。

コワイコワイ。

夜2度目の辛さがキタ。

カライカライ。


[ 菓子 ]

[ 3月21日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052338s / load averages: 0.44, 0.44, 0.52
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker