nDiki : 単体テストフレームワーク

単体テストフレームワーク - unit testing framework / unit test framework

xUnit

いろいろ

JUnitJava
DbUnitJavaJUnit を拡張
JXUnitJava + XML
Test::ClassPerl
PerlUnitPerl
PyUnitPython
(Test::Unit)RubyUnitRuby
RBUnitREALbasic
CppUnitC++
CxxTestC++
HttpUnitHTTP (Java)
WebUnitHTTP (Ruby, Perl)
ServletUnitJava
vbUnit3Visual Basic, COM
NUnit.NET Framework
OCUnitObjective C
TclTkUnittcl/tk
ArtimaTestkit
AsUnitActionScript
AS2UnitActionScript
JsUnitJavaScript

関連情報

スポンサード リンク

2004年8月9日 (月)

Scheme でプログラムを書く

たまにやってくる「Scheme やるぞ熱」再来。

Gauche 0.8.1 をインストール。 何を書こうかという話になるが、今回はテスト駆動開発入門で「単体テストフレームワークテスト駆動開発で書いてみる」という例があり、新しい言語を学ぶときに良いとあったのでそれに挑戦してみることにした。 Gauche用の xUnit は既にあるようだが、トレーニングということで車輪の再発明。

フレームワーク部分を書いているのか、フレームワーク単体テストを書いているのか、単体テスト用サンプルオブジェクトを書いているのか、何だかわからなくなってくるな (オーバーラップするところもあるし)。

テスト駆動開発入門を参考にしようと思ったが、昨日会社に置いてきてしまったばかりだし。 明日続きをやるか。

スポンサード リンク
[ 8月9日全て ]

2007年9月11日 (火)

Linux 上で Flex 2 SDK を使った Flash コンテンツ開発を開始

Flash コンテンツ開発については以前から興味があったんだけれど、手元 (Debian GNU/Linux BOX) で開発環境が構築できないので、ほとんど手をつけていなかった。 Ming を試してみたこともあったのだが、全然使いやすくなかったし。

しかしながらここ最近では Flex 2 SDK によって、Linux 上でも Flash コンテンツ開発できるようになった。 ということで技術調査をかねて開発環境構築と、コード書きを始めてみた。

まずはエディタとコンパイラと単体テストフレームワークがあれば開発できる。 Debian GNU/Linux sid 上で用意した環境は以下。

エディタは素直に Emacs で。単体テストフレームワークは、FlexUnit (.85) をチョイス。

今回はビルドツールを何にするか迷ったけれど Apache Ant にすることにした。最初は Makefile を使ってサンプルをビルドしていたりしたけれど、今後 Autotools 使うのもどうかなと思って。

ドキュメントについては Adobe から結構な量で提供されているのでこれを見ればたいがい足りそう。

ということでぽちぽちプロジェクト作成。とりあえず SWF ファイルと同じところにあるテキストファイルを読み込んで表示するだけの MXML ファイルを作成して、build.xml を構築。

ほとんどの時間は build.xml 書きと、Subversion リポジトリセットアップに費された。

後は別途ちょっとサンプルで試してみた FlexUnit をプロジェクトに組み込めば発進できそうだ。

[ 9月11日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.057225s / load averages: 0.87, 0.80, 0.63
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker