nDiki : 実行力

実行力 - ability to get things done

2008年9月10日 (水)

「グズ病」が完全に治る本

「グズ病」が完全に治る本

何と嫌なタイトルなのだろう。「グズ」ってグサッと刺さる言葉だよな。 なお原題は「Living Without Procrastination: How to Stop Postponing Your Life」。

実行力先送りに関する本が読みたくて、会社帰りにヨドバシカメラの上の有隣堂にいったら沢山並べてあったので買ってきた。

「はじめに」で訳者の心理学博士 伊東明氏が

そこで、本書で紹介されているメソッドを即座に実行したことで、徐々にやれなかったことが迅速に片づけられるようになり、その分、ずっと前からやりたかったことや、新しくはじめたいことに時間やエネルギーを向けられるようになった。-- p.5

と述べていたので期待して読み進めてみた(考えてみると、本を読んで即座に実行できた訳者はグズ病ではないということで、本書を真に必要とする人の例としては適当ではないのだが)。

本書では「先送り」してしまう人をタイプ別に考察し、様々な言い訳パターンについてまず説明している。 どれもこれも耳が痛い話ばかりだ。

これらに対して人の変化の6段階を説明した後に、「ゆがんだ思考を断つステップ」として紹介しているのが

  1. 日記」で自分の``クセのパターン''を知る
  2. ``合理的に''頭を切り替える (ゆがんだ思考を見つけ、そのタイプを特定し、合理的な考え方に切り替える)

の2つ。

前者は「スーパーエンジニアへの道」で勧めている「個人的日誌」(記事)と同じ方法といえるだろう(そういえば、やり始めたけれど続いていない)。

後者については「慣れさえすれば三つの仮定を、ごく自然にできるようになる。」と書かれているが、具体的な説明はなし。

この2ステップが核心なのかと思ったのだが、割かれているのは合計5ページのみとちょっと物足りない。

あとはポイントとしてチェックしたのは

  • 「すべきだ思考」ではなく「したい思考」
  • 誘惑に負けないように、取り組む理由をリストアップしておく

ぐらいか。これらもふくめあとは Life Hacks 系でよくみかける「タスクの細分化」「時間見積もり」「ご褒美」他の手法提案で、目新しいところはほとんどない。 仕事やプライベートなどのシーン別に取り組み方があるので、読んでいる人の悩みにマッチすればちょっとは参考になるかもといったところだ。

章節立てがちょっとわかりにくかったり、挿話が実話なのか説明用のお話なのかわからないような中途半端なものだったりと、文章的には2流な感じ。

ま、先送りについて再度考えてみることができたという意味で良しとしよう。 また個人的日誌やってみるかな。


[ 読書ノート ]

スポンサード リンク
[ 9月10日全て ]

2013年2月18日 (月)

ポモテクランチしましたよ

アジャイルな時間管理術 ポモドーロテクニック入門

ポモテクランチでもしますかね」と書いたらチームのポモドーラー2人が乗り気になってくれたので、3人でポモテクランチしてきた。

まあ普通にチームのランチなのだが、もともと連れ立ってランチ行くメンバではないので新鮮だし、テーマを決めておくとなんか良くわからない雑談で終わるとかじゃないのでいいもんだね。

ポモドーロテクニック関連の話題は以下のような感じ。

  • 「プランニングしてる?」 → 割にみんなプランニングしてた。
  • 「25分経ったけど続けたい時は?」 → きちんと休憩とっているっぽい。自分はついわーっとやってしまう。
  • iPhone でのお薦めポモドーロタイマーは?」 → iPhone 持ってないので正確には良くわかってないのだけれど、集中して仕事するために通知とかをサイレントにしたいのだけれど、そうするとタイマーも鳴らなくなって残念とかそんな話のようだ。自分は退役した Xperia に Pomodroido を入れてタイマー専用機にしている。
  • 「アクティビティの付箋がどんどん溜まるんだけれどレコーディングどう整理する?」 → メトリクスが取れてふりかえりができれば十分なので、破棄してもいいんじゃない? 自分はほぼ日手帳を使ってそこに書いてるので結果的に残ってるけど。
  • 「割り込み(IRC)とどう付き合う?」 → IRC のキーワード通知のための構成を紹介。
  • GTD とのコンビネーションは?」 → デイリーでプランニングという行為が入るので、実行力がアップする。あとその日にやる事を決めるイコールやらない事を決めるなので、タスクが残っている罪悪感が GTD 単独より軽減する。 GTD の 実行の制約要因(状況・時間・使えるエネルギー)うちの、時間を25分単位で確保するので大きめのタスクの着手率が上がったかな。

GTD とのコンボのところは実はランチ中にあまり話さなかったんだけれど、みんなが GTD 使いだったら面白い話題なんだよね。

[ 2月18日全て ]

2013年3月22日 (金)

[ 映画鑑賞 ] 映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち

naney:8580170806

「映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」観てきた。 秋にやる映画プリキュアはスキップして、春にやるオールスターズだけ観ればいいかなと思ってる。

昨年観た「映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち」が横浜を舞台にしたのに対して、今回は妖精学校が舞台とちょっとファンタジー方面でより子供向けかなと思っていたんだけれど、なかなかどうして楽しめた。前回のオールスターズに比べて歴代のプリキュアもしっかり活躍していたし良い出来だった。

友情とか信頼とか勇気とか許しとか諦めないとか力を合わせてとかね、もうね物事を成し遂げるのに必要な要素盛沢山じゃないですか。途中何度も目頭が熱くなってしまったよ。プリキュア実行力・達成力とか半端ないのでもうビジネスで実践したら価値創造しまくりじゃないですか(部長的にはあと ONE PIECE も)。

去年ライトはネックストラップ持参してつないでおくのが吉と書いたんだけれど、今年は「はじめての映画館キャンペーン」の上映回だと「認定証」が貰えたりするので、ID ケース付きネックストラップだと最強。今回もミラクルダブルハートライト落としてている子がいたようなので、ブルーにならないためにもネックストラップ必須っす。

映画プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち オリジナル・サウンドトラック

[ 3月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.048839s / load averages: 0.61, 0.60, 0.54
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker