nDiki : 小説

2006年5月7日 (日)

私が産まれた病院でオカンが死んだ

東京タワー

東京タワーの麓、赤羽橋の総合病院といったら多分あそこだと思う。 私はそこで産まれた (橋の下から拾われたのでなければ)。 大きな病気の時にはバスで揺られながら、そこまで通った。

病院の玄関入ってすぐの、ベンチが並ぶ待合い室の窓からはバヤリースの大きな看板が見えた。を待つ間、何度もそれをボクは見上げた。

今でもはその病院に通っている。

さて、「東京タワー」である。時々、オトンである。 何度も嗚咽しながら読み終えたからとっくの昔に順番がまわってきていて、読み始めてはいたのだけれども途中で止まってしまっていた。 ゴールデンウィーク中に後半を読み切った。

東京タワー

残念ながら自分は東京生まれの東京育ちなので、「東京に憧れた」こともないし「希望に満ちて東京にきた」こともないし「東京に絶望した」こともない。 コンクリートジャングルも、排気ガスも、昼と夜の人口の差も、それが子供の頃からの日常だった。

小学生の時に済んでいたアパートの窓からは東京タワーの一部が見えた (たしか)。 そのアパートもこの間取り壊された。

そんなんだから、すこしは冷めた目で「東京タワー」を読めたのかもしれない。

しかしね、から産まれてきたね(そうではない人はあまりいないと思うのだけれども)、たいがいの男子はね、もうグッとくるね。

どうしてだろうね。親は自分のものにお金をかけずに、息子にお金をかけてくれるのだろうね。

こみあげてくる個所が何か所もあった。 けれど泣かないことにした。 でも、泣いた方が気持ちが良いのかもしれないな。 と思いつつ、泣かないことにした。

いつか、自分にも同じような時がくる。 その時に泣けばいい。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ] [ 小説 ]

スポンサード リンク
[ 5月7日全て ]

2007年4月19日 (木)

エヴァが好きなら気にいるはずの「となり町戦争」

rimage:ASIN:408746105X

以前王様のブランチで紹介されていた小説で、文庫本化を待っていた1冊。 三崎亜記氏のデビュー作で、第17回小説すばる新人賞受賞作だ。

タイトルからまず連想したのは、ぼくらの七日間戦争(宗田理)。 一致団結して戦うっていう話だと(勝手に)思っていた。 しかし読み始めると全く逆。 期待は裏切られたもののどんどんその世界に引き込まれていった。

序盤で感じた印象が「アニメ的」。GAINAX風な。 マニアックなまでの設定がたまらない。 ストーリーは先が全く読めず、どんどん意外な展開に引っぱられていく。

中盤を過ぎるとそれに色々な意味での重いものがのしかかってくる。

「見せないで見えないものを見せる。」

久しぶりにトランス系の余韻を残させる1冊だった。お薦め。 事前にあまり書評やあらすじを知る前に、まずは読んでみるのがいいと思う。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ] [ 小説 ]

[ 4月19日全て ]

2007年5月20日 (日)

[ DVD 鑑賞 ]「何とかする」 - 時をかける少女

時をかける少女

もちろん話題になって評価も高いということは知っていたのだけれども、劇場ででは見そびれてしまった。 ハズレということはないだろうと思い、金曜日会社帰りに DVD を買ってきてしまった。

よく晴れた日曜日の午前中、自宅で鑑賞。 青空とソフトタッチの背景描写が気持ちよい、爽やかな作品だ。 パッケージには約98分とあって、ちょっと短くないかと思っていたが観てみると満足感のある尺であった。

「何とかする」

他人が持っていない能力を身につけた主人公が、何度も口にする言葉。 軽さと重さが入り交じった言葉だ。

超能力のない自分も、つい「何とかしておきます」「何とかしておくよ」と言ってしまうことがある。根拠のない自信であったり、無責任であったり、はたまた責任感であったり。 もっとこの言葉は注意して使わなければなと思う。

ちなみに「時をかける少女」はこれが初めて。 大林宣彦監督「時をかける少女」については観た記憶がなくて、「原田知世と師丸ひろ子と、セーラー服と機関銃と、転校生の舞台と、カイカンッと、とーきーをかーけーるしょおじょぉ」がごっちゃになったイメージしか持っていない。

今回のアニメ版は原作の20年後が舞台。 原作のヒロイン吉山和子が叔として登場している。 やはり原作の方も気になるので、映画小説それぞれ1度みておきたいと思う。

時をかける少女 時をかける少女

16:00 なるとソワソワしてしまうのは、自分だけ?

[ 5月20日全て ]

2011年2月13日 (日)

今日のさえずり: 「不幸」っていうのが漠然としすぎている

naney:5440342405

2011年02月13日

  • 14:29 自転車がキュルキュル言うようになった。注油?
  • 14:41 ハローページ+タウンページがポストに投函されていた。今回から不在の場合玄関先ではなくてポストに投函するようにしたらしい(呼び鈴鳴らされた記憶ないけど)。
  • 14:43 電話帳は高校生ぐらいまでは料金やサービスの説明ページを何度も熟読したんだけれどな。
  • 15:34 バレンタインチョコ貰ったよ。 http://flic.kr/p/9hKbfZ
  • 22:06 Xperia 使おうと思ったらバッテリ残量が1%とかになっていて慌てて充電しようケーブルを準備してたら、最後の力を振り絞ってシャットダウン開始されてしまった。 #Xperia
  • 22:22 昨日の東京新聞の記事「電子書籍で小説『ふしだら』発表 瀬戸内寂聴さん(作家)」読んだ。やっぱジャッキーすごい。
  • 22:56 久しぶりに thinkfan -n した。「ThinkPad X200 のうるさいファンを thinkfan で黙らせる http://bit.ly/fOndMk
  • 23:05 スイートプリキュアは「不幸」っていうのが漠然としすぎている。今回も映像にしきれてなかったし。
  • 23:22 Debian GNU/Linux sid BOX にも KVIrc インストールしてる。
  • 23:46 Facebook ヤバいな。そして Twitter もヤバい。
[ 2月13日全て ]

2013年1月25日 (金)

今日のさえずり: 被害妄造

2013年01月25日

[ 1月25日全て ]

2016年12月27日 (火)

テキストファイルでのノートシステムとしての Ulysses for Mac

テキストファイルノート日記を読み書きするのに iA Writer を中心に使っていて、検索には Atom を併用してみています。でも Atom がちょっとしっくりきません。ライティングアプリとして有名どころの UlyssesiA Writer と同じくライブラリ機能があるので Demo 版を入れてちょっと触ってみることにしました。

Ulysses小説論文など長文向けのライティングアプリだと思っていたのですが、使ってみると小さいテキストのオーガナイズにも便利だということがわかりました。iCloud やローカルだけでなく、ファイルシステム上の任意のフォルダを外部フォルダとして追加できるので他のエディタと併用も簡単です。 Dropbox 上のフォルダを外部フォルダとして指定することで Android アプリとも併用できます。

検索とフォルダ/ファイルのブラウズが iA Writer より優れているので即購入しました。

iA Writer より良いところ

  • 「よく使う項目」「フィルタ」機能で別々のフォルダにある必要なファイルをシート列に集めてアクセスできる。
  • シート列内のファイルを上下キーで順番に開いていける(iA Writer はクリックしていく必要がある)。
  • フォルダ階層に含まれるファイルに対してインクリメンタルに全文検索ができ、その検索をフィルタとして保存できる。

iA Writer と同じように良いところ

  • 外部で編集されたら自動的に反映される。

iA Writer の方が良いところ

  • エディタが余計なことをしすぎない。
    • Ulyssess は空白4文字がタブ文字になってしまう。
    • Ulyssess はエディタ内での Markdown のレンダリングがちょっとやりすぎる(リンクなど)。

Mac 版の UlyssesiA Writer、どちらも一長一短があってどちらかだけにできないかもしれません。両方引き続き使っていくことになるかも。


[ Mac アプリケーションレビュー ]

[ 12月27日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.06463s / load averages: 0.19, 0.36, 0.31
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker