nDiki : 朝会

朝会 - morning meeting

2015年8月17日 (月)

今日のさえずり: 駅員「無理な乗車は諦めてくださーい」

2015年08月17日

[ 8月17日全て ]

2016年1月7日 (木)

今日のさえずり: なんと今日は朝会以外ミーティングがありません

2016年01月07日

[ 1月7日全て ]

2016年4月27日 (水)

今日のさえずり: 生誕祭

2016年04月27日

  • 07:24 RT @kaoriya: perlは、凄いな。perl側のバージョン上がっても、古いプログラムが、そのまま安定して動く。
  • 07:56 もしかしてそろそろ産まれるのかも。いっぱい水分取ろう。
  • 12:53 生誕祭。 (@ イル フューメ in 渋谷区, 東京都) https://www.swarmapp.com/c/3SrgdzRW1HC
  • 15:58 朝会 Hell 回避。
  • 18:44 マッサージからの、まさかの早朝バズーカ! 思いっきり油断してました。
[ 4月27日全て ]

2016年5月2日 (月)

今日のさえずり: もしかしてタイマン朝会

2016年05月02日

[ 5月2日全て ]

2017年1月30日 (月)

今日のさえずり: デリゲーションポーカーも良さそうですがインディアンポーカーも良いものです

2017年01月30日

[ 1月30日全て ]

2017年6月20日 (火)

今日のさえずり: 今日から「最後に来た人が進行役」というルールにしたので、もう会議室入りした

2017年06月20日

[ 6月20日全て ]

2017年6月21日 (水)

最後に来た人を朝会の進行にするの失敗なケース

毎日参加している各チームの朝会の1つはいったん私が進行役をしていたのですが、そろそろ他のメンバにもやって欲しいなと思い「最後に部屋にきた人が進行役をする」というルールに昨日からしてみました(今まで他のチームでよく採用してきていたルール)。

今日が2日目。時間までに全員が集まるというおまけの目的は達成できたのですが、絶対進行役やりたくない人が15分前に来るようになったりしてちょっとイケてない感じになりそうです。

このチームではローテーションが良いかなー。

[ 6月21日全て ]

2017年7月31日 (月)

リフレッシュ休暇後初出勤【日記】

龍宮城から戻った気分ほど浮いた感じはしなかったリフレッシュ休暇明けの出勤でした。

朝会ミーティングなどに出つ Slackメールは 13:00 前に既読し終えました。思ったほどは時間がかからなくて、これぐらいかという感じ。GTD 的に inbox zero にし、今日やる予定のタスクをほぼやっつけ、最近実践しているマニャーナの法則にも従って「新しい仕事は明日やる」という形で残りは整理完了。

帰り際の上司に「(1週間の間に溜まっていたの)だいたいクリアしましたよ」と答えたら「仕事量が足りないんじゃないですか?」と笑って突っ込まれたのはちょっと複雑な心境でした。ちょっと残念。手際・パフォーマンスを評価されるのではなく、むしろ逆にマイナスに評価された気持ちになりました。

早く終わったのを見て声をかける時は自身も注意しなければなりませんね。

[ 7月31日全て ]

2017年8月3日 (木)

今日のさえずり: 朝会はした

2017年08月03日

[ 8月3日全て ]

2017年8月9日 (水)

何もコミットしないスプリントで各自好きなことをして得られたもの

「プロダクトバックログアイテムについては何もコミットしない」で各自好きなことをして良い1週間スプリントが終わったのでチームでふりかえりました。

何をやらなかったか?

何をやったか?

このチームが自主的に決めたワーキングアグリーメント(記事)に

スプリントゴールが全て達成された場合は、優先する割り込みタスクがあれば対応し、そうでなければ準備完了になっていないプロダクトバックログアイテム(PBI)に関する情報収集・まとめを優先度の高いものからしよう。」

というのがあり、この活動をしていたメンバが多かったです。「スプリントバックログが空 = ただちにスプリントゴールが達成されたので PBI の準備に取り組んだ」わけですね。

環境整備にあてたりとかはあまり多くなかったようです。シェルの設定見直しをしたエンジニアは「失敗したら1日潰れてしまいそうで普段やれなかったことをできた」とやって良かったと言っておりました。

どう感じたか?

開発メンバからは以下のような意見が出ました。

得られた気付きは?

  • タイムボックスの良さにあらためて気付いた(期日から逆算していつまでに何をやるということを考えやすい)。
  • 複数人で作業を見積もることで自信が得られることに気が付いた。

自由になったことで、普段やっているアクティビティの良さを再認識できたようです。チームが取り組んでいるプロダクトの状況から考えるとスクラムではなくカンバンの方が進めやすいのかもしれないのではと私は考えていたのですが、今回の取り組みで開発メンバは「スクラムで続けたい」と改めて思ったとのことです。

スクラムの基本からは外れる取り組みではありましたが、基本通りにやっていたのでは感じ考えることのことができないことを得られたという意味では非常に有意義な1週間でした。

[ 8月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.211759s / load averages: 0.43, 0.62, 0.54
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker