nDiki : 東京都写真美術館

2004年5月8日 (土)

湯呑み茶碗

1997年2月に旅行した時に、窯元 旭峰窯(市椿東無田ヶ原2838)を見学していくつか萩焼を買ってきた。今でコーヒーカップを愛用している。 この時のジャージを着た気さくな陶芸家が今でも忘れられない。

にもお土産に湯呑み茶碗を買っ帰ったのだが、気にいってもらえたのかその後ずっと使ってくれているようだ。しかしこの間みたら結構欠けてきていた。 明日は母の日だし、新しいやつでもプレゼントするか。

ということでブツを探しに。

自由が丘

J-PERIODを手始めにぐるぐるとまわってみる。 やはり和食器を扱っているところはあまりないなぁ。

あってもタンブラー型のが多かったり。

あきらめて次へ。

恵比寿

http://www.naney.org/img/2004/U2004-05-08-0001.jpg

この間恵比寿ガーデンプレイスから封書がきていた。 開けてみたら、イベント「YEBISU PHOTOGRAPHIC WEEK 2004」のお知らせ。 どうやら SuperHeadz INa Babylon 方面 (旧 TokyoLomoHeads)から送られてきたようだ。

東京都写真美術館で開催されている「没後50年 "知られざる ロバート・キャパの世界展"」も気になっていたので、自由が丘の次は恵比寿ガーデンプレイスに行ってみた。

三越をぶらぶらしてみたけれど良さそげな湯呑みは無く。 久しぶりにきたんだけれど、本屋はかなり縮小されていてがっかり。 オープンした時は結構なスペースだったのになぁ。

YEBISU PHOTOGRAPHIC WEEK 2004 の方は、ちょろっと眺めただけ。 SuperHeadz の写真も見慣れてきたな。

キャパ展の方は入口からちょっとのぞいたら、激コミだったのパス。 朝一とかじゃないと土日は駄目か。

収穫なく、次へ。

新宿

http://www.naney.org/img/2004/U2004-05-08-0002.jpg

お次は、新宿タカシマヤ。 10Fの和食器のコーナーへ。そんなには種類は多くないけれど上品そうなのが並んでいる。 手になじむ形でスズメの絵がデザインされている九谷焼のが気にいったが組のやつだった。 声をかけてきた店員に聞いたらバラでも売ってくれるとのことで、これで決定。 「1品づつ手作りで微妙に違うから」と同じもの2つ持ってきてくれて、好きな方を選ばせてくれたりとここら辺はさすがデパート

組の木箱から取り出した湯呑みを陶芸作家のリーフレットとともに別の紙箱に入れて包装してもらったものを受け取り、今日の買物完了。

スポンサード リンク
[ 5月8日全て ]

2007年2月24日 (土)

ゆっくりみたい「文化庁メディア芸術祭」

naney:401715320

参加したプロジェクトの展示会の昼休憩を利用して、隣の東京都写真美術館で今日から開催されている文化庁メディア芸術祭をのぞいてきた。

普通の絵画や彫刻の展示会とは違って、インタラクティブだったり動いたりする作品が並んでいてとても刺激的。 コンピュータ処理とモノとを組み合わせた作品は、コンピュータだけでは得られない不思議な魅力をもたらしてくれる。

時間の都合でさらりとしか見られなかったのが残念。 1つ1つゆっくりみたいところである。

[ 2月24日全て ]

2009年10月8日 (木)

今日のさえずり - オールラインレッド!

naney:3993368960

2009年10月08日

  • 08:28 雨止んで晴れ間も出てきた。台風いっちゃった? それとも谷間? L:東京都品川区 [mb]
  • 08:36 Thanks. まだ油断できないですね。 RT @azurite: @Naney まだ過ぎてはいないです、長野あたり。 [mb]
  • 09:14 電車が止まっているらしいので、豪雨装備モデル装備から軽量化モデル装備に変更して出発。 [mb]
  • 09:19 一応駅まできたけどみんな難民化している。 [mb]
  • 09:22 振替乗車票もらった。京急駅まで歩けるけど、行ったとして乗れるのかな。 [mb]
  • 09:29 オールラインレッド! http://movapic.com/...
  • 09:34 Twitter みるとやはり京急も止まったらしい。経路なしか。 [mb]
  • 09:44 駅前にいても時間がもったいないのでいったん自宅に撤収。できる仕事をする。 [mb]
  • 09:52 結果的に、昨日会社にノート PC を置いてきたのは失敗だった。自宅のWindows XP BOX だと作業環境が構築されていないし、使えるデータもオンライン上にあるもののみだもんな。なにより各種パスワードがわからない。
  • 10:05 Mozilla Firefox, Portable Edition を USB メモリインストール
  • 12:17 京浜東北線運転再開らしいので駅に向かっている。 [mb]
  • 12:23 京浜東北線乗車。いつもの9:30ぐらいと同じぐらいの乗車率。 [mb]
  • 12:41 乗車してからは順調。秋葉原駅到着。 L:秋葉原駅 [mb]
  • 12:54 キャラメル マキアート アイス トールサイズ パーソナル To Go。 L:秋葉原 [mb]
  • 13:22 13:00 ぐらいに会社到着。みんな何事もなかったかのように仕事していて自分がドンケツ。みんな何線使っているんだ?
  • 13:57 マジっすか! RT @daccot: どこでもドアとかがあるんだよ、多分
  • 19:46 MovaTwitter 設定変更でロックされるようになったのか。iモードIDを「通知しない」設定で通してきたのだけれど、さすがにもう無理だなあ。 #movatwi
  • 19:59 iモードID通知するに変更した。
  • 20:11 iモードID通知するに変更して、 MovaTwitter の簡単ログインを設定した。 #movatwi
  • 21:00 酔っ払いがきた。
  • 22:43 当たり前のようにケータイメールで L: つけそうになった。 [mb]
  • 23:51 アービング・ペン氏死去。東京都写真美術館写真展「アーヴィング・ペン全仕事」見にいったっけ。1999年11月11日から2000年1月23日の開催だったから、10年ぐらい前か。
  • 24:47 Twitter 流れてこないので Web ブラウザで FriendFeed 開いた。
  • 25:02 あーそうか、前に FriendFeed で投稿すると Twitter にも流れるように設定していたっけ。読んでいるだけでなくてポストしてみるか。 http://ff.im/-9rE01
  • 26:34 オールラインレッド! [Flickr] http://bit.ly/X1vUx
[ 10月8日全て ]

2010年9月18日 (土)

今日のさえずり: 製造工程でタンポポのせてない

2010年09月18日

[ 9月18日全て ]

2018年6月15日 (金)

東京都写真美術館代官山病院と【日記】

image:/nDiki/2018/06/15/2018-06-15-132456-nDiki-1200x800.jpg

本日有給休暇。午前中に恵比寿東京都写真美術館に行き「TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展を鑑賞。通院までまだ時間があったので、一度行ってみたいと思っていた代官山 北村写真機店も行ってみることにしました。

天気が良ければ普通に歩く距離ですが、雨が降っているのでハチ公バス代官山へ。タイミングが合うなら恵比寿ガーデンプレイスから代官山へ行くのに便利ですね。

代官山 北村写真機店

都内で有名なカメラ屋の1つ、代官山 北村写真機店。2011年12月3日オープン以来1度も行ったことがなかったので、行ってきました。イメージしていたより明るい店内に驚きました。中古レンズをこれだけ綺麗に展示しているのを見るの初めてです。きちんと整備されてそうな良い印象をもちます。一方ちょっと高めの値付けかなとも想像しちゃいます。

経営はカルチュア・コンビニエンス・クラブなんですね。

そのあと代官山 蔦屋書店をちょっとのぞいたら、もう病院へ移動する時間。お昼ご飯を抜きに病院へ。

有意義に過ごせた有給休暇でした。

東京都写真美術館 TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」展

image:/nDiki/2018/06/15/2018-06-15-121446-nDiki-800x1200.jpg

次回の検査の予約病院に行くために今日は有給休暇を取ったので、時間のある午前中に久しぶりに東京都写真美術館に行くことしました。現在開催されている3つの写真展のうち、ロベール・ドアノーの写真「ピカソのパン」がトップ画像になっていた

を鑑賞することにしました。以前ロベール・ドアノーの写真展を観て好きになったんですよね。また写真展で観たいなと(本展はTOPコレクションということで所蔵作品の中からチョイスされたものの展示なのでロベール・ドアノーの写真は2作品のみですけど)。

写真の中に入り込んでいろいろ感じる

「美術館」という場における学びは、学校や書物による学びとは異なる体験をもたらします。美術館の空間の空気感、壁に並ぶ作品のリズム感、実際の作品の大きさによる存在感などを全身で感じたりすることからの学びは美術館特有のものです。また、ただ作品を時代の資料として見て情報を得るというだけではなく、自分の興味にそって作品の中に写っているものをじっくり見ることで、それまで気づかなかった作品の別の一面に気づいたり、あるいは「わからないこと」を発見しその「わからなさ」をたのしんだり、ということも美術館での「まなび」です。 -- TOPコレクション たのしむ、まなぶ「イントゥ・ザ・ピクチャーズ」より。

というのがこの展示のテーマ。

あえて作家名・作品名・解説を掲示しない展示に、全力で作品に向き合うことになりました。写真中の人物の視線の先、フレームの中に写っているもの・フレームの外にあるもの、写された瞬間とその前とその後。全てを想像しつくすというの、とても勉強になりました。写真の中に入り込んでいろいろ感じ考えてみるという意識を持つことにとても面白みを感じました。

一方感じるだけでなく、いろいろ考えを巡らせために頭の中で言語化をしていく自分に「こんなにわかりやすく言葉に置き換えてしまっていいのかな」という思いを抱きました。それから、写っているその情景はある瞬間を切り取ったものなのか、それとも意図的にそのようなポーズをとってもらったのか、そういうところも今まで以上に気になるようになりました。

いやー、非常に集中したエネルギーを使った写真展でした。

8月11日から2期の

もあるのでこれもぜひ観に行きたいです。

今日のさえずり: 初ハチ公バス

2018年06月15日

[ 6月15日全て ]

2018年6月18日 (月)

今日のさえずり: 地震のあった日のことを日記に書いておく

2018年06月18日

[ 6月18日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.068803s / load averages: 0.61, 0.99, 0.72
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker