nDiki : 第二大臼歯

2004年11月16日 (火)

歯の治療4回目 - 右下 + 親知らず抜歯

19:00 - 20:00 歯医者

18:00退社予定だったが、17:30ごろ社長が帰社。レポートの修正指示にあわてて対応。時間がないので歯磨きしながら、社長のチェックを聞く。

でなんとか会社を出る。時間を確認しようと診察券を確認したら、保険証だった。 朝用意する時に間違えたか。幸いちょっと余裕があったので一旦帰宅して出直す。

待合室で待つ事15分。治療は 19:15 開始。

  1. 表面麻酔
  2. 麻酔
  3. 右下治療(削り?)
  4. 右下治療(塗り)
  5. 右下親知らず抜歯

処方された前回の抜歯と同じ。

麻酔は今回はゴリゴリ射されて痛かった。下側の麻酔だと舌まで痺れるから嫌。 最初の15分は麻酔とその効き待ち。

麻酔・削り治療・抜歯は院長。塗りその他は女の先生。

チュインチュインという削りは麻酔しているけれどもちょっと痛い。 第一小臼歯(C1)・第二小臼歯(C1)・第二大臼歯を治療。第一小臼歯以外は塗り有り。

抜歯

前回と同じく最初はグィっと。ミシっと音がする。 助手の「鉗子を使いますか?」に対し先生「2つに割る」。

なんかグイーンと回る回転ノコ(というイメージの音と振動)でぐりぐり割られたようだ。 その後しばらくくりくりして、ガーゼを押しあてられて「はいしばらくそのままにしていてください」。先生は席を立つ。

あれ何かマズったのかなぁ。 うまくいかなくて別の方法をとりなおすの?

と思ってテーブルのトレーを見たら、既に真っ二つになった歯のかけらが2つ転がっていた。 いつの間にかもう抜けていたのか。 拍子抜け。

今回も抜いた歯はもらって帰ってきた。 割ってあるので断面が見える。ふむ。こうなっているのか。 上面に小さな黒ずみ有り。前々回もらった資料によるとC2。


[ 右下の歯 ]

スポンサード リンク
[ 11月16日全て ]

2004年11月25日 (木)

歯の治療6回目 - 右下型取り + 仮詰め

19:10 - 19:50 歯医者。治療は 19:20 - 19:50。

待合い室に到着してちょっとすると、少し早い時間に予約をとっていたが診察室から出てきた。 二人でガリガリやられている。

治療

前回からの様子をたずねられたので、結構痛みが続いていると説明。 先生、ちょっとびっくり。 「冷たい水とかしみますか」の質問に「うがいとか最初にしみます」と答える。 こちらも先生も多分親知らずを抜いた方の痛みでしょうということで。

治療については、今回は神経は抜かずに金属かぶせということになった。

  1. 表面麻酔
  2. 麻酔
  3. 右下 第二小臼歯・第二大臼歯を削る (痛い)
  4. 型取り
  5. 仮詰め

麻酔と削りは例によって院長。

仮詰めはとれやすいので、ガム・アメは避けるように。 もし取れたら詰めなおすので連絡をするようにとのこと。

帰ってから

痛みがだいぶひいた感じ。 もしかしていままで痛かったのは、親知らずではなく治療中の歯の痛みによるものも結構あったのかなぁ。 冷たい水、しみなくなったし。


[ 右下の歯 ]

[ 11月25日全て ]

2005年2月25日 (金)

歯の治療18回目 - クリーニング・感動のフィナーレ

17:55 - 18:20 歯医者

今回はクリーニングと最終チェック。 いつもの眼鏡の女の人。

右上の奥歯をすこしガリガリやった後、歯間や歯茎との境目あたりを中心に磨かれていく。 口の中にザラザラしたものがたまる。 歯石だったもの?

とりあえず今回で終了。 約4ヶ月。長かった。

次回4ヶ月後に定期健診。

みなさん、ついに終わりましたよ! 診察室を出る時にあらわれた院長の「では4ヶ月後に定期健診ですね」といった時の笑顔が何と優しく感じられた事か!

最初にくれた「歯の健康手帳」の2月15日術後版をくれた。 右上の親知らずが残ったままになっている。 クリニック痛恨のミス。

しかも、その手前の第二大臼歯に「C1」と書いてある衝撃の事実。 上記の記入ミスがあるのでこれも記入ミスなのか? それとも様子見保留なのか?

わからん(家に帰ってから気がついたので確認とれず)。 日記をみかえしてみると、確かにその歯は治療はしてないし。 今日ちょっとガリガリやっていたのはその部分なのか?

まあ、とりあえずは今日チェックされたわけだし問題はないのだろう。

引き続ききちんとデンタルケアして、歯を大切にしていかなければな。 花粉症で鼻が激しく詰まる前に治療が終了して、良かった良かった。


[ 左上の歯 ]

[ 2月25日全て ]

2005年6月27日 (月)

歯の定期健診 - また虫歯ですか……

あなたの街の評判歯医者さん (2005東京編)

18:25 - 18:50 歯医者

2月に治療を終えてから4ヶ月目。 今日は定期健診の日。

久しぶりに歯医者へ。治療法紹介のポスターが新しくなっているなどきちんと手を入れている様子。 待合室のテーブルにはクリニックの掲載されている「あなたの街の評判歯医者さん (2005東京編)」という本が置かれていた。

歯石とり

途中うがいなしのぶっ続けで歯石とり。

右下第二大臼歯とその手前の間に食べ物がつまって、少し腫れているとのこと。 「つまったら糸ようじするように」。

確かにソコつまりやすいんだよね。気がついたらフロスはしているのだが。

虫歯発見

大ショック。

右上は手鏡を渡されて確認させてくれた。第一小臼歯の方は、口の中の鏡との合せ鏡具合のせいかよくわからず。

うーん、結構時間をかけて歯磨きしているんだけれどねぇ。 やり方が悪いのかなぁ。

やっぱり会社で昼食後も歯磨きした方が良いかも。

何度も削るの嫌だよなぁ。歯を長持ちさせたい。

帰りに定期健診をした人へのプレゼントとして、歯ブラシとヨーヨー消しゴム。



[ 左下の歯 / 右上の歯 ]

[ 6月27日全て ]

2005年7月5日 (火)

歯の治療 - 右下じゃなくて左下だった

18:30 - 19:15 歯医者

診察室に呼ばれたのは 18:50。

今日は左下の第二大臼歯の治療。 あれ? 「右下」じゃないの? もしかしてカルテor患者の取り違えではないかと思い、何度も確認してしまった。 自分はありふれた姓なのでありえないことではないし。

結局左下だった。 となると前回の治療は2004年12月14日12月21日12月28日にいじった歯。

  1. 表面麻酔
  2. なり何か所も何か所も麻酔を注射(痛ッ)。
  3. 左上噛み合わせ用型取り
  4. 金属を外して削り
  5. 左下型取り (噛み合わせ用と、歯側と)
  6. 仮詰め

1本だと比較的早いな。

今回は仮詰めをしていても結構しみる。


[ 左下の歯 ]

[ 7月5日全て ]

2005年7月15日 (金)

歯の治療: 金属の型合わず仕切り直し

18:30 - 19:10 歯医者

診察室に呼ばれたのは 18:45分。 「かわりありませんでしたか?」と聞かれたので「結構ずっとしみてました」と伝えておく。

前回治療した第二大臼歯に金属をかぶせる。

何度かつけたり外したりしているがうまくいかないようで、院長登場(向こうの方で「削っても浮いてしまいますとかそんなこと言ってヘルプを求めていたようだ)。

変わって院長が5分ほど調整してみたが駄目。

「金属がうまく合わなくてこのままだとせっかく治療してもまた虫歯になっちゃいますから、もう1度金属作りなおしますね」

とのこと。結局また型取りをして仮詰めをして終了。 「すみません」とか特に謝罪のひとこともないのはさすがだ。

今回はお代なし。

また来週。


[ 左下の歯 ]

[ 7月15日全て ]

2005年7月22日 (金)

歯の治療: 左下金属かぶせ。右上はなにもしない事に。

18:30 - 19:20 歯医者

診察室に呼ばれたのは、17:05。最近、待ち時間長すぎ。 前回型があわなかった左下第二大臼歯に金属をかぶせる。 今回は成功。

では次回磨くのと、全体的にクリーニングしましょう。

あれ? 右上の2つは?

「あれ? 前に右上にも虫歯があるといっていた奴は何もしないんですか?」

質問したら、慌ててエプロンをかけ直してシートを倒す。 確認作業。

C0 ですね。をひくこともできますが。どうしますか?

おいおい。定期健診の時にをひくという治療プランを提示したのはそちらでは? カルテに記録してないのか?

とりあえずそのままでも問題ないというので、下手にいじらないでおくことにする。


[ 左下の歯 / 右上の歯 ]

[ 7月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.046251s / load averages: 0.44, 0.38, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker