nDiki : 表記

表記

2014年1月2日 (木)

フリック入力再チャレンジ

昨年フリック入力マスターにチャレンジするも習得ならず QWERTY 配列を使っている。そんな中、ふと去年スマートフォンデビューしたが普通にフリック入力をしているのを見て、やっぱりまたチャレンジしてみようかなと。

今回は無理をせずにちょっとずつやってみようかな。

  • 前回は Android (Google 日本語入力) と iOS (日本語かな) の両方をやり始めて混乱したので今回は Android だけまず練習する。
  • Google 日本語入力で[英字入力はQWERTY]をオンにして英字入力は当面 QWERTY のままにする。ケータイ入力だと英字入力のキートップの表記日本語入力時みたいにフリック方向に合わせて配置されていないので覚えにくいので。あと大文字を入力する時に QWERTY だと最初にシフトなんだけれど、ケータイ入力だと入力後に大文字変換なのでこれもちょっと頭の切り換えが必要。
スポンサード リンク
[ 1月2日全て ]

2014年2月26日 (水)

今日のさえずり: Google Now が競馬情報出してきた

2014年02月26日

  • 11:32 ユーザー名・グループ名が 名.姓 だと ls -l した時に厳しい。
  • 12:22 @gnue ですね。個人的には 姓 名 順の表記の方が好きです。
  • 18:21 コードレビューでもらったコメントを参考にコードを修正したら DB 処理まわりがすっきりになって嬉しい。
  • 20:02 粗大ごみ処理券確保。
  • 20:11 Google Now が競馬情報出してきた。ふむふむ。
[ 2月26日全て ]

2014年6月15日 (日)

設置の自由度が高い布団乾燥機 アッとドライ HFK-SD11

naney:14232632190

ホースにガムテープを巻きながら、2005年から使っていた布団乾燥機を延命して使っていたのだけれど限界レベルまで千切れたので布団乾燥機を新調した。

チョイスしたのは日立リビングサプライの「ふとん乾燥機アッとドライ HFK-SD11G」。 Amazon.co.jp や 価格.com でも上位だったので、バランスのとれた良機であることを期待。

今まで使っていたのは持ち手をスタンドにして斜めに立てて使うタイプですぐにコケてしまうのが難だったのだけれど、これはスクエアな形状で安定して置けるのがとても良い。

以下雑感。

  • 設置安定。ボックス型なので収納時の無駄も少なさそう。
  • 布団乾燥38分とアピールされていて、ふむふむと思っ買ったけれど綿布団だと普通に47分だった。
  • 運転時は今までの乾燥機より「ゴォー」という送風音がする。風量が多いのかな。音の感じの違いなのでうるささはそんなに変わらない。
  • マイコン式タイマーなので簡単にセットできるかわりに、微妙に時間を調整したりできない。あと残り時間がわからない。
  • ふとん乾燥マットに接続口が複数あるので、乾燥時の本体の設置場所の自由度が高くて良い。
  • 夏コースは「最後の約30分間が自動的に送風になります」と書かれていたので、冬コースの時間のうち後半30分が送風になるのだと思っていたけれど、実際には冬コースの時間 + 送風30分だった。コンパネの表記を見ると +30 とかになっていてまあそう言われればそうなんだけれど、取扱説明書の書き方ちょっとわかりずらい。

こういう家電は10年経っても対して変わらないね。画期的な改良でもない限りかかる時間なんかも消費電力(ワット数)が同じぐらいなら、そう変わるものでもないし。

これで雨が続いても布団を乾燥させて快適に寝られるぞ。

ふとん乾燥機アッとドライ HFK-SD11G


[ 製品レポート ]

[ 6月15日全て ]

2014年11月12日 (水)

今日のさえずり: 席で波平のイラスト眺めている時に声をかけられた

2014年11月12日

[ 11月12日全て ]

2015年4月28日 (火)

LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo #linedevday

naney:17269564386

「エンジニアチームの様々な経験を、未解決の課題も含めて共有する」というテーマで開催された LINE 株式会社のエンジニア向けイベント LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo に行ってきた。

会場の装飾やクリエイティブなどお金をかけていてすごいなと。始まる前にプレス向けにきちんと立ち位置や照明まで案内していて、とても行き届いていて運営力もすごい。

細かいところだけれどイベントサイトや事前案内は「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」で当日の会場が「LINE DEVELOPER_DAY 2015 TOKYO」と表記を変えていてどんな理由なのかなというのが気になった。まあどうでもいいことだけれど、物を書くのにちょっと困る。

スライドはシンプルで洗練されているんだけれど、完成されすぎていて素材ぽくも感じた。

全体的に microservices アーキテクチャというのが印象に残るイベントだった。

A-1 オープニング 代表取締役社長 CEO 出澤剛氏

LINE の成長とサービスなどの紹介。ウォーミングアップ的に聞いていた。

A-2 LINE Global Culture 上級執行役員 CTO 朴イビン氏

LINE のグローバルな開発組織や文化について」

ちょっと綺麗にまとめられすぎていて感じがした。泥臭さが感じられない。より現場的な話をぜひ聞きたいなと思った。

ペンディング・先送りされた「cold-case プロジェクト」について、また取り組むきっかけを用意するというのは良いな。

A-3 LINE Messenger for the World 上級執行役員 サービス開発担当 池邉智洋 @ikebe 氏

「色々な国の通信各社、様々な環境に対応するために進めた実験や改善方法について」

LINE アプリのバイナリは1つとのこと。各国の事情について「LINE 遠征隊」として現地で実際に使って改善していくという取り組みがきちんとできているというのは素晴しいと感じた。グローバルなサービスではなく国内向けのサービスでも参考にできるな。

ストアのレビューについて、レビュー文章のキーワード分析や変化の把握もきちんとしているとのこと。(アプリではないけれど)化粧品業界などが良くやっているやつか。 この辺りは自分の部署でも取り組んでみたい。

A-4 LINE Platform Development Chronicle Tom.T @tsurutom 氏

LINE Platformを支えるアーキテクチャ、組織、文化について」

鶴原翔夢氏による LINE のアーキテクチャの変遷について。

  • polling / push / long polling
  • Erlang で LINE Event Delivery Gateway
  • SPDY

など。アーキテクチャは microservices に移行している。

Abusing も独立したバックエンドになっているとのことだった。abuse 対策のコンポーネント化は考えてはいるんだけれど、サービス毎に要件が結構異なるので本体とどの程度の結合にするかが迷いどころなんだよね。いつかはやりたいところ。

A-5 HBaseとRedisを使った100億超/日 メッセージを処理するLINEのストレージ Shunsuke.N @sunsuk7tp 氏

HBase と Redis の話し。桁違いだ。

A-8 Webサービスの国際化にあたり LINE Creators Market 開発がどのように行われたか Tokuhiro.M @tokuhirom 氏

最近 Java を書かれているようだけれども LINE Creators Market はやっぱり Perl で書かれているとのこと。ちなみにアプリケーションサーバでは Starlet を使っているそうだ。

実際に開発する上で問題になったことも混じえた @tokuhirom 氏らしい語り口のセッションだった。

B-5 ベイズ推定とDeep Learningを使用したレコメンドエンジン開発 Jun.N 氏

なみかわじゅん氏。

まずはスタンプ間の(レコメンド的な)距離を計算し、その上でユーザー-スタンプ間の距離を計算するというフローでレコメンドを生成しているとのこと。処理には Hive も使っているらしい。

コールドスタート問題については、Naver Labs と共同研究開発した画像類似度計算を使って似た絵のものをレコメンドできるようにして対応しているとのことだった。

以上

午後は途中オフィスに戻ったりしながら面白げなセッションを聞いてきた。夕方に歯医者があるので 17:30 まで聞いて退散。

[ 4月28日全て ]

2015年10月30日 (金)

Xperia Z5 2日目、カメラをチェック

発売日である昨日に購入しXperia Z5 SO-01H は昨晩と今日とでだいたい Xperia GX でやっていたこととほぼ同じ事ができるまで設定が済みました。

発売前から酷評されていた発熱問題も、普通に使っていれば気にならないので一安心。 使い勝手で気になるところはカメラの解像度と画角。

解像度

Xperia Z5 標準のカメラアプリだと選べる解像度はプレミアムおまかせオートだと以下で

  • 23MP / 5520x4140(4:3)
  • 20MP / 5984x3366(16:9)
  • 8MP / 3264x2448(4:3)
  • 8MP / 3840x2160(16:9)

で、マニュアルだと選べる解像度は以下になります。

  • 23MP / 5520x4140(4:3)
  • 20MP / 5984x3366(16:9)
  • 8MP / 3264x2488(4:3)
  • 8MP / 3840x2160(16:9)
  • 3MP / 2048x1536(4:3)
  • 2MP / 1920x1080(16:9)

しかし標準のではないカメラアプリから使える解像度はこれとは違ってきます。Camera FV-5 だと選択できるのが

  • 3840x2160 (8.3 MP 16:9)
  • 2048x1536 (3.1 MP 4:3)
  • 1920x1080 (2.1 MP 16:9)
  • 1280x720 (0.9 MP 16:9)
  • 720x480 (0.3 MP 3:2)
  • 640x480 (0.3 MP 4:3)
  • 352x288 (0.1 MP)
  • 320x240 (0.1 MP 4:3)
  • 176x144 (0 MP)

となります(アプリの設定画面の通りの表記)。20MP 以上の撮影ができないのは個人的にはいいのですが、 8MP 前後の 4:3 で撮影できないのが厳しい。3.1 MP だとちょっと物足りないので悩ましいです。ちなみに Camera ICS+ だと以下。

  • 3840x2160 (8.3 メガピクセル)
  • 2048x1536 (3 メガピクセル)
  • 1920x1080 (2 メガピクセル)
  • 1280x720 (0.9 メガピクセル)
  • 640x480 (VGA)
  • 320x240 (QVGA)

やはり 8.3MP にしたければ 16:9、4:3 にしたければ 3.1 MP ということになります。

8MP から 6MP ぐらいで 4:3 あるいは 3:2 で撮影できると嬉しいなと思います。ちなみに Xperia GX だと Camera FV-5 では 2592x1944 (5MP 4:3)で、Camera ICS+ でも 2592x1944 (5 メガピクセル) で撮っていました。

画角

レンズ35mm 判換算で 24mm 相当でかなり広角。なので普通に気軽に撮ると端に写っている人がすぐ歪んでしまうんですよね。

標準のカメラアプリを使うべき?

ということでこのあたりを考えると普段は Xperia Z5 標準のカメラアプリを使うのが無難なのかもしれません。 解像度で 8MP を選択し、画角については Clear Image Zoom 頼ると。 デジタルズームは使わない派だったのですがスマートフォンですし目くじらを立てずに使ってみようかと思います。8MP だと5倍まで、その上の解像度だと3倍までが Clear Image Zoom ということなので 8MP で使う分には余裕がありそうです。

[ 10月30日全て ]

2016年7月23日 (土)

記者ハンドブック 第11版から第13版に買い替え

naney:27933685464

今年の3月に記者ハンドブック 第13版が出ていました。5年半ぶりの改訂です。私が持っているのはさらにその前の第11版で9年前の版。今回は有名どころだと「メード」が「メイド」に変更されるなど今に即した改訂がされているので、買い替えることにしました。

表記の仕方について用字用語集の部分が役に立つのはもちろん、各種解説の部分もかなりためになります。

いつもそばに置いておきたい1冊です(電子版もずっと待ち望んでいるのですが出ないですね)。

[ 7月23日全て ]

2016年7月26日 (火)

AndroidGoogle 日本語入力アップデートで雰囲気が変わった

AndroidGoogle 日本語入力アップデートされて随分雰囲気が変わりました。ぱっと見は全体的に華奢な印象になりました。でもこれは印象だけかもしれません。

ケータイ配列レイアウトおよび QWERTY レイアウトから数字・記号入力画面に入った時の左下のボタンが「戻る」という表記になり画面の関係が分かりやすくなったのは良いなと思います。

しかしながらケータイ配列レイアウトでの「や」の左右フリックの括弧のデフォルトがいわゆる全角文字に変わったのはかなり不便。いわゆる半角の ( ) は変換候補の5〜6行目ぐらいの位置(私の端末の場合)になるのでちょとこれは厳しい感じです。

また私は特に影響は無いのですが、 まだ Android 4.2.2 である Xperia A を使っている的にはキャリア絵文字が Android の残念な絵文字に置き換わってしまったのがちょっとアレッという感じのようでした。

特に括弧の扱いについては今後のアップデートで選択できるようになることを期待したいところです。

[ 7月26日全て ]

2016年9月21日 (水)

今日のさえずり: 下の名前のよみでそれぞれの「さいとう」漢字表記辞書登録した

2016年09月21日

[ 9月21日全て ]

2016年9月26日 (月)

FY 表記から年度表記に修正

社内資料で以前は「FY2016 = 2016年度」としていたのですが、最近になって「FY2017 = 2016年度」に改められました(後者の方が一般的)。

過去資料と通して扱う時に紛らわしいので、気がついた範囲で自分で作った資料については「年度」表記にいったん揃えることにしました。

[ 9月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.086686s / load averages: 0.40, 0.50, 0.49
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker