nDiki : 製品レポート

製品レポート (製品レビュー)

2017年7月1日 (土)

Panasonic のコードレススチームアイロン NL-WL503 を購入

rimage:/nDiki/2017/07/01/2017-07-02-095354-nDiki-1200x800.jpg

約25年使ったことになるサンヨー1992年製スチームアイロン A-SF80 がついに壊れたのでアイロンを買い替えました。選んだのはコードレススチームアイロン NL-WL503-W。

同シリーズの1つ下位の NL-WL403 がコストパフォーマンスが良いこともあってランキングで上位に入っていて迷ったのですが、せっかくなので「うっかりストッパー」のついている 503 にしました。

我が家では初のコードレススチームアイロンになります。やはりコードレスだと取り回しが良いですね。それから今まで使っていたアイロンはボロボロになった元箱に都度しまっていたのですが、これはきちんとケースがついているので収納も楽です。


[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 7月1日全て ]

2017年7月3日 (月)

ふわころはジェネリック萩の月ではなかった

image:/nDiki/2017/07/03/2017-07-03-213601-nDiki-1200x800.jpg

ネットでは「ジェネリック萩の月」とも呼ばれているセブンプレミアムの「ふわころ」をおととい初めて食べました。クリームがちょっと違うかなぁという感じでしたが、その時は「言われなければわからないかも」なんて思ってました。

そんななか今日本物の萩の月をいただいてしまったので、あらためてふわころも買って食べ比べてみることにしました。写真は左が萩の月です。

ふわころはセブン-イレブンで見たときに「なんかちっちゃい……」と感じたのですが、実際並べてみるとやはり小さいです。萩の月の方がふっくらしています。

ではカットしてみましょう。

image:/nDiki/2017/07/03/2017-07-03-213938-nDiki-1200x800.jpg

構造が全然違いますね。萩の月は上の皮のクリーム側に焼き色があります。一方ふわころは全部同じ色です。実際食べてみると萩の月の方が皮がふわっとした食感、ふわころはもうちょっと密度が濃い感じでした。

そしてクリームですが、ふわころはちょっと下に粘りつくちょっと安っぽい感じ。一方萩の月はしっかりとしたたまごらしい味わいがありました。

食べ比べてみると萩の月が圧勝ですね。さすが仙台、さすが三全。


[ 製品レポート ]

[ 7月3日全て ]

2017年7月12日 (水)

Prime Dayセールで買った Fire HD 8 タブレットか届いた

rimage:/nDiki/2017/07/12/2017-07-12-214107-nDiki-1200x800.jpg

Amazon Prime Dayセールで安くなっていたので注文した Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB が届きました。Fire HD 8 (第7世代)、付属の小冊子によるとモデル番号は SX034QT です。

6,000円を切っているので果たしてどんなものかなと思っていましたが、造りは十分でした。液晶もまずまず見やすい。 なかなか慣れることのできていない Kindle Paperwhite の電子ペーパーよりも Kindle 本も自分としては読みやすいんじゃないかと。

素ではザ Amazon 端末という感じですが Google Play を入れ、いつものアプリをインストールしたら使い慣れた Android デバイスぽくなりました。

家にいるときはスマートフォンを休ませて自分専用のタブレットでまったりしたいなと思っていたのですが、まさにその目的で使えそうです(2台の iPad はリビング端末的に使っているので専用できない)。夜に MacBook Proキーボードに向かうエネルギーはないけれど文章は書いておきたい時とかに JotterPadiA Writer で書くのにいいてすね。

端末の暗号化をしておくか迷っているのですがパフォーマンス的にはどうなんでしょうかねー。そのことに触れている記事をみかけないので悩ましいです。


[ 製品レポート ]

[ 7月12日全て ]

2017年7月24日 (月)

Tamagotchi m!x Dream m!x ver.

rimage:/nDiki/2017/07/24/2017-07-24-155029-nDiki-1200x800.jpg

2012年12月から4年半以上飽きずに遊び続けているたまごっちぴーすですが、ボタンの反応が悪くなったり、表面のパーツが外れかかっていたり、電池ブタも開けるのに一苦労だったりとかなりくたびれてきています。これだけ長く遊べるならと、新しいたまごっちを買っちゃうことにしました。

2014年発売のたまごっち 4U シリーズをとばしての2016年からのたまごっち みくすシリーズ。今回は2017年7月15日に発売された「ドリーム みくす バージョン」を選びました。

たまごっちぴーすと違って部屋の中で動いているたまごっちが居る場所に応じて大きくなったり小さくなったりして奥行感を感じられてびっくり。基本コンセプトは守りながら改良が続いているのが感じられました。

今度は何年遊べるかな。


[ 製品レポート ]

[ 7月24日全て ]

2017年8月8日 (火)

たまごっちみくす用に eneloop を買う

エネループ 単4形 8本パック(スタンダードモデル) BK-4MCC/8

7月下旬にたまごっちみくすを買ってたまごっち4台体制になりました。こうなると単4形電池の消費が大変なことになりそうです。たまごっちみくすには取扱説明書にも eneloop が使えると明記されている(たまごっちぴーすには書かれていなかった)ので、みくすは eneloop 運用することにしました。

たまごっちみくす2台2本でそれぞれ2セット用意するのに8本必要ということでスタンダードモデルの8本セット BK-4MCC/8 をチョイス。

第4世代 eneloop。ここ最近ニッケル水素電池は使っていなかったので家にあるのは HR-3UTGA・HR-4UTGA 第2世代のでした。くり返し使用回数が1500回 → 1800回(第3世代) → 2100回と1.4倍になったんですね。

充電器は6年前の東日本大震災の時に買った NC-TGR01 があり、今の eneloop でも使えるとのことなのでそのまま使うことにしました。

たまごっちぴーすと同じペースなら1年運用すればアルカリ乾電池よりお得になるぐらいかな。


[ 製品レポート ]

[ 8月8日全て ]

2017年8月12日 (土)

ニューバランスのウォーキングシューズ MW880 をリピート

ニューバランス ウォーキングシューズ MW880NA3 NAVY/GRAY 26.0cm 4E

rimage:/nDiki/2017/08/12/2017-08-12-162112-nDiki-1200x800.jpg

Amazon Prime Dayセールでニューバランスのシューズを注文したのですが、なかなか入荷されず結局 Amazon.co.jp からキャンセルされてしまいました。今履いているシューズの底が一足剥がれてきたので、早めにもう一足欲しいと思い別のところで購入することにしました。Amazon Prime Dayセール価格よりはさすがに高かったですが、比較的安く買えたのでいいかな。

やはり店舗で履いてみてからでないとと思い、今まで通販ではシューズを買ったことがありませんでした。しかし今回は同じ型番のシューズを買ったことがあったので大丈夫かなと。

実際サイズは OK。 MW880 はあまり高くなく、デザインも好きなので長く残って欲しいモデルです。


[ 製品レポート ]

[ 8月12日全て ]

2017年9月1日 (金)

PowerShot G9 X Mark IIストラップを2点吊りにした

rimage:/nDiki/2017/09/01/2017-09-01-081238-nDiki-800x1200.jpg

いつでも持ち歩けるようコンパクトさを重視して購入し持ち歩いている PowerShot G9 X Mark II ですが、バッグから出す一手間が面倒で撮らずじまいになってしまうことがあります。やはり出先で撮り歩きたくなった時はネックストラップで首からさげておいた方が撮る気を削がないですね。収納時の小ささを考えて CHUMS のハンドストラップを付けているのですが、ネックストラップをつけてみることにしました。

せっかくストラップ取り付け部が2箇所あるので、今回は2点吊りのストラップをチョイス。細身で収納時もかさばらなさそうなハクバのテーパードストラップ15にしてみました。

金属部品が無くカメラを傷つけないのが良いですね。しなやかなのでバッグに入れる際にさっと巻けるのも良いです。

カラーは「ブラック」が良いかなと思っていたのですが、ロゴのタグが真っ赤で恥ずかしい感じなので、両脇が赤い「レッド」にしました。こちらはロゴが黒タグなので目立たなくで良いです。実際に自分の身長に合わせてカメラに付けたところ、ロゴタグは折り返しの内側に隠れてしまう位置だったので気にしないで色を選んでも大丈夫だったというのはあとで気がつきました。

[ 製品レポート ]

[ 9月1日全て ]

2017年9月5日 (火)

基本セット的なのが欲しくなりレゴ 黄色のアイデアボックス <スペシャル> を購入した

rimage:/nDiki/2017/09/05/2017-09-05-084032-nDiki-1200x800.jpg

いろいろ遊んでいる割にはベーシックな形のブロックレゴ デザイナーセット カーデザイナーレゴ クリエイター 小さなコテージに入っていたのぐらいしか持っていなくて、ピース不足を感じ始めたので黄色のアイデアボックスを買うことにしました。日曜日に注文して昨日到着。

ピース数は 790 ありこれでいろいろ作れるようになりそうです。色のバリエーションが多くカラフルで楽しげなのですが、その分同色同形状で揃っている数が少ないので、同じ色で建物の壁を作るということはできなかったりします。

プラスチックボックスは十分な容量がありレゴの収容用としてばっちり。今までタッパーに入れていたものをこのボックス1つにまとめました。

レゴ楽しい。

[ 製品レポート ]

[ 9月5日全て ]

2017年9月9日 (土)

しっとりした軽めの回転の感触が心地よい MoYu Weilong GTS2 Stickerless

rimage:/nDiki/2017/09/09/2017-09-09-105959-nDiki-1200x800.jpg

最近またルービックキューブを練習しています。4年前に買ったメガハウスのルービックキューブ ver2.0を今は使っているのですが、結構ギシギシという音がするのがずっと気になっていました。やはりもうちょっとなめらかに静かに回るのが欲しい、そう思い MoYu Weilong GTS2 Stickerless を買ってみました。

しっとりした軽めの回転の感触が心地よいですね、これ。こんなに回しやすいとは。今まで買うのを先送りしていたのがもったいなかった。

ちなみに以前ルービックキューブのシールが退色して色が見分けられなくなって残念な思いをしたので、今回はステッカーレスをチョイスしました。かなり明るい色なので結構眩しく、パステルっぽい色合いで慣れるのにちょっとかかりそうです(今回青クロスから白クロスにチェンジすることにしたのも輪をかけてます)。ステッカーのでも良かったかも。

tribox の ルービックキューブの解き方ページ

あらためて tribox の ルービックキューブの解き方ページを見ながら LBL 法の練習をし始めました。今まで見た解説ページよりとてもわかりやすいです。

右トリガーの重要性、ようやく今回認識しました。今まで使っていたキューブはスムーズにトリガーアクションができなくてメリットがいまいちわからなかったのですが、スムーズに回るキューブだとこれほぼ無意識に一瞬でできるシーケンスなんですね。さらにこの右トリガーの3手を1手として考えられるようになると、手順を覚えるのがぐっと楽になりました。

あと練習なんですが今までは進めるところまで進んでは崩して復習がてら最初からというのを繰り返していたんのですが、このサイトで回し方の手順で「◯回繰り返すと元に戻ります」とか書かれているのをみて、あ、そのステップだけ何度も練習できるんだと気がつきました。特定のステップだけ練習した方が効率が良いですね。今まで気がつかなかった……。

今日 MoYu Weilong GTS2 Stickerless が届いてから一日ずっと回し続けてましたよ。

[ 製品レポート ]

[ 9月9日全て ]

2017年10月16日 (月)

47.4mm のキュートな QiYi Valk 3 Mini Stickerless

image:/nDiki/2017/10/16/2017-10-16-131420-nDiki-1200x800.jpg

ルービックキューブの練習を再開し MoYu Weilong GTS2 Stickerless を購入したのが9月上旬(記事)。家と会社で回すのに GTS2 を持ち歩いていたのですが、家に置きキューブがあった方が良いなということで新しいキューブを買おうと tribox を物色しました。

磁石内蔵ではない2,000円台の Stickerless モデルだとやはり一番人気は QiYi Valk 3 の模様。55.5mm のでも良いのですが、今回は手の小さい人にも遊んでもらいたくて試しに 47.4mm の Mini の方を購入してみました。

ミニながらきちんとした箱に入って予備パーツまでついてきています。Mats Valk 選による元世界記録 4.74秒にちなんだモデルということによる力の入れようなのでしょうか。

image:/nDiki/2017/10/16/2017-10-16-131754-nDiki-1200x800.jpg

GTS2 と Valk 3 の 55.5mm 同士を比較するのでは無いので、あくまでもファーストインプレッションというところになりますが所有している GTS2 と比べて以下のような印象を感じました。

  • 回す時にプラスチックが擦れている感触がある (GTS2 はこのあたりが無く心地よい)。
  • 小さいためか各辺や角の丸みが少なくちょっと手への当たりが強い。
  • 色はより濃い目。
  • 回す手が慣れていないせいで、キューブの間に爪先が刺さって何度かひっかかった。

ただ使っている間に馴染んでくる気もするので、回し心地の滑らかさの判断はもう少し後にしたいところです。しかし GTS2 の滑らかさはクセになりますな。

他のルービックキューブと並べておくとなかなかキュートでほっこりしちゃいますよ。

[ 製品レポート ]

[ 10月16日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.081159s / load averages: 0.59, 0.61, 0.65
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker