nDiki : 雑誌

2011年7月12日 (火)

今日のさえずり: 今どきの人たち、terminal も editor も横80桁より圧倒的に広大なのでショック

2011年07月12日

  • 08:38 浄水器カートリッジ交換。
  • 08:41 ソニッケアーのブラシも交換。ようやくあの固いブリスターパックじゃなくて紙箱(中にプラスチックパック)になった。カッターで手を切る危険が無くなってよかった。
  • 08:59 RT @Delete_All: ウチはよそと違い夜、電気を使っていないのだから昼間は節電しなくてもいいだろう、という上司の理屈で冷房をガンガンかけはじめた弊社。快適だ。
  • 10:46 あの「スコスコ、タンタン」って聞こえてくるキーボードのタイプ音、誰の何ていうキーボードなのかな。気になるー。
  • 13:41 10年以上ぶり。 (@ ODBOX Shibuya) http://4sq.com/ofACCg
  • 13:57 おろし牛皿定食 590円。 (@ 神戸 らんぷ亭 渋谷並木橋店) http://4sq.com/pKTEvF
  • 14:40 食後なのに眠くない。奇跡に近い(今朝は5:30に起こされたというのに)。
  • 17:24 リアル脱出ゲーム?
  • 17:36 今どきの人たち、terminal も editor も横80桁より圧倒的に広大なのでショック。
  • 17:36 駒子もちいただきます。
  • 17:39 RT @wtnabe: @Naney 横に長すぎると読みにくいのは雑誌の文字組を見れば明かです!
  • 19:17 うちわになるんだ。さすが iPhonehttp://bit.ly/qVpcrs
  • 21:13 RT @shakuji: 僕は結局、いまの会社で仕事としてちゃんとリリースしたperlコードって、うちわしかないことに気づいた!
  • 21:29 たった今 Norton Internet Security の有効期限が切れた。
[ 7月12日全て ]

2012年11月2日 (金)

今日のさえずり: 初音ミクのフィギュア飾り始めたので「ああ普通の人なんだな」と安心した

2012年11月02日

  • 07:43 スターバックスのレッドカップオーナメント、もう販売されてるの? 去年は出遅れてカップオーナメント買いそびれたので今年は欲しい。
  • 08:50 富士山キレイ!
  • 09:50 RT @shakuji: GTDのincomingはあんまりすぐには整理しないのが結構大事なことに気づいてきた
  • 09:52 GTD inbox として Remember The Milk と紙/手書きノートアプリに加えて Catch Notes を併用し始めたんだけれども、Catch Notes に入れるとこねくり回して熟させられるのでいい感じ。
  • 09:56 着席済み。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.) w/ 2 others) http://t.co/fZtU0QIH
  • 10:35 後ろのエンジニアが初音ミクのフィギュア飾り始めたので「ああ普通の人なんだな」と安心した。
  • 11:50 ご褒美雑誌購入移譲した。
  • 13:37 斜め後ろのエンジニアが関数プログラミングの本読んでるのでレスペクトする。
  • 14:40 ドリンクマシーンに「コーヒー濃いめ」ボタンがあるの、1年半たってようやく気がついた。
  • 15:35 「ちっちゃな頃からゴムしない/15で不良でゴムしない/ナイフみたいにゴムしない/触るものみなゴムしない」
  • 16:58 今週 Finestra Virtual Desktops 試したけど、重いので違うのにしたい。
  • 17:38 Yammer サインアップ。
  • 23:17 予想していなかった方向の仕様におののきつつ退勤。
  • 23:49 タクシーで 42.195km 走るといくら取られるんだろう。
  • 23:59 なんと、今日の夜ご飯のハンバーグはハート型です。
  • 24:02 RT @haruyama: @Naney 13130円くらいですね
  • 24:04 @haruyama んー、自分の走力考えるとタクシー乗った方がお得ですな。
  • 24:08 RT @py0n: @Naney 多分諭吉、プラス新渡戸とかだと思う。
  • 24:10 @py0n さすがヘビーユーザー!
  • 24:26 あまり好きではない言葉「当社指定オプション」
[ 11月2日全て ]

2013年2月21日 (木)

「聲の形」のバイラルにのったわけ

naney:8495710180

週刊少年マガジンに読み切り掲載された「聲の形」がホットトピックになっていることを昨日知って、出勤の際にコンビニに寄って買ってきた。マンガ雑誌買うの大学生の時以来だから20年ぶりレベル。今260円するんだ。

編集者の熱い思いが伝わったのと、2ちゃんねるやソーシャルメディアで評判が高く、あるいはさまざまな議論がされているのを見て、ぜひ読んでみたいと思った訳である。

普段漫画を読んでいない自分がバイラル買いした心理としては、「評判」「飛びつける/失敗できる価格」「すぐ買える(コンビニで)」「すぐ買えなくなる(週刊誌だし)」あたり。個人的にすぐ買えなくなる(かも)に弱い(ちなみに生産終了とかに弱い)。

このあたりネットサービスのバイラルマーケティングでも使えるよねぇ。価格とか期間限定とか。ただ、自分もこの後週刊少年マガジンを買うかというと買わないわけで、マーケティングならその先も考える必要があるのだけれども。

そうそう「聲の形」は良作。ただ歳のせいかこういう話って普通にありえすぎて(エンディング以外)、大人が青少年が読むべき/読まないべきを考えすぎな気はするなあという感想。問題作と恐れるほどでないかな。まあ出版における長年からくる一線というのはあるんだろうなと。巷の話題性はおいといて作品としては、いろいろ考えさせられるという意味で読んで損無し。

久しぶりにマガジン買ったので、ぱらぱらと他のページもめくってみたら入浴シーンが2作品ででてきたりして、どちらかといえばこちらの方が PTA 的には気になるんじゃないでしょーかー。

あとジャンプ放送局が見たかった。

今日のさえずり: テンキーとかイース(Ys)で使ってました

2013年02月21日

  • 09:19 週刊少年マガジンをバイラル買い。マンガ雑誌買うの大学生の時以来だから20年ぶりレベル。今260円するんだ。
  • 09:27 バイラル買い心理「評判」「飛びつける/失敗できる価格」「 すぐ買える」「すぐ買えなくなる」あたり。個人的にすぐ買えなくなる(かも)に弱い。
  • 09:27 “[徳力]ネットで毒を吐いている人たちにツイッターで反撃するのは、リスクばかりで、ほとんど何のメリットも無いという話。” http://t.co/4Vmt7ZN0WU
  • 09:56 ソーシャルメディアで反論したくなったら「人を動かす」の「人を説得する十二原則」を読むと良いです。ソーシャルメディアと直接コミュニケーション分ける必要無いです。 http://t.co/QlscJ9MaWB
  • 10:10 @shakuji マッチして良かったです。良く使う共有先をメニューの上に移動できるだけでもかなりストレス改善します。
  • 10:15 Excelファイル名が「【最新】内容名日付.xlsx」となっている【最新】の価値がわからない。
  • 10:38 働きつつある。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://t.co/ohOLGL47RC
  • 12:12 Windows 代がかからないのいいね。 / “デル、フルHDディスプレイ搭載の「UbuntuノートPCを発売 - CNET Japan” http://t.co/bPhVUm5y16
  • 13:03 テンキーとかイース(Ys)で使ってました。
  • 13:58 信長の野望・全国版って相場見ながら米売ったり買ったりするゲームですよね?
  • 15:14 ルービックキューブ ver2.0 発送メールきた! 週末練習する!
  • 15:28 “理系が童話を語るとこうなる。 Microsoft PowerPointCM - NAVER まとめ” http://t.co/W4NuYFt3bJ
  • 15:54 CoTweet、3月1日に SocialEngage に名前変わるのか(国内)。
  • 15:55 PerlCasual #05 定員が80人から100人に増えてる。 #perlcasual
  • 17:11 緑の人のガチャピン Retweet が復活していた。もうすぐ春。
  • 18:04 @unk の連射力をシュウォッチで測定した。
  • 22:39 ライディーンの第1候補は YMO のじゃなくて勇者ライディーン。
  • 23:28 地図にプロットされていると100倍面白いんだけどなぁ。 / “渋谷フォトミュージアム” http://t.co/9MYgMRpbD0
  • 24:05 聲の形読んだ。大人が青少年が読むべき/読まないべきを考えすぎな気はするけど、やはり長年からくる一線というのはあるんだろうなと。
  • 24:17 超者ライディーンというのを教わったので軽く調べてみたら、平成じゃないですかこれ。しかも何か全裸系らしいし。
[ 2月21日全て ]

2013年12月11日 (水)

宇宙戦艦ヤマト2199について日野教授と自由が丘の金田で語り合ってきた

駒澤大学経営学部の日野健太教授と「今年は宇宙戦艦ヤマト2199にはまりましたねー」という話をしてきた。

 日野氏「古代と雪は昔は昔はあんなに目が大きくなかった。あとあの服じゃ仕事しにくいと思う。」

 自分「宇宙戦艦ヤマトは内容的に十分いけるので、別に女性キャラクターをあんなにエロくしなくてもいいのにねえ。」

 日野氏「いや新しいファンを増やすには必要でしょう。」

われわれの世代は宇宙戦艦ヤマトが脳に摺り込まれているからねぇ、酒がおいしい。

日野氏と2人で呑むのは気がつけば2009年9月以来。東北地方太平洋沖地震直後に氏が1年海外で研究生活をした時の話を聞いたり、昨今の SNS 事情の話をしたり。あとは、氏の人柄かいろいろな組織の代表的な役をされていてそれにまつわる話とか。

今日入ったお店は自由が丘駅近くの金田。結構有名なお店らしくて、カウンターに座った隣りオジチャンが「この間(雑誌の何かのランキングで)東京の西の No.1 になってたんだよ」とか嬉しそうに教えてくれた。

今度駒澤大学遊びに行きたいのでよろしくお願いします。


[ 東京都立日比谷高等学校 ][ 35R ]

[ 12月11日全て ]

2014年2月22日 (土)

今日のさえずり: 雑誌・ムックの袋とじ開封とか何年ぶりだろう

2014年02月22日

naney:12691102763

[ 2月22日全て ]

2014年6月13日 (金)

C MAGAZINE 電子書籍で復刻と、ビギナーの出発点としてのコンピュータ雑誌

C MAGAZINE 1989年10月号 Kindle 版 C MAGAZINE と言えば1989年から2006年まで出版されていたプログラミング雑誌。その C MAGAZINE が電子書籍で復刻というトピックがSBクリエイティブがで出ていた。

高校生の時に読み始めて、付録として収録されていた LSI C-86 試食版で C の世界に足を踏み入れた(それまでは BASIC 中心だった)。初めて Perl というものを知ったのも C MAGAZINE (記事)。

C MAGAZINE はオブジェクト指向などのパラダイムやいろいろなアルゴリズムなどのプログラミングについてのいろいろな事を知るきっかけとなっていた雑誌だった。当時はまだ World Wide Web にも触れておらず、プログラミングついての情報は雑誌・書籍が中心だった。

その後 UNIX Magazine や Software Design なんかで UNIX 系に触れていくことになったり。

コンピュータ雑誌を定期購読しなくなってから久しく、情報は Web から得られる時代にはなったけれど、やはり雑誌を通していろいろなきっかけを得るというのはまだまだ悪くないと思うんだよね。

ソフトウェアエンジニアビギナーのための推薦図書とかの話とか定期的にでるけれど、そういう層は特にコンピュータ雑誌を定期的に読むといいと思うんだよね。そこでいろいろなことに触れて面白そうなことを見つけて出発点とすれば良いと思う。

[ 6月13日全て ]

2014年6月27日 (金)

今日のさえずり: JS の雑誌買ってみた

2014年06月27日

naney:14516237771

[ 6月27日全て ]

2015年9月1日 (火)

ほぼ日手帳2016のカバーを見にいったり、書泉ブックマート閉店のお知らせをみて残念がったり【日記】

昼はあらためて渋谷ロフトに行って、ほぼ日手帳2016を見に行きました。「ジッパーズ/& (ブルーxネイビー)」を手にしてみましたがなかなかいい感じです。外側のポケットにスマートフォンが入るのでノートと一緒にしてさっとオフィス内を移動するのに便利そう。買っちゃえと思ったのですが、店頭ではカバーのみの販売はないのですね。いったん我慢。

それから今日は神保町の書泉ブックマートが9月30日をもって閉店とのお知らせが株式会社書泉から発表されていました。中学生の頃には自転車で、高校生になってからも地下鉄でよく通ったなあと思うと寂しい限りです。テーブルトークロールプレーイングゲームに興味があったのでファンタジー系の本を2F(?)で探したり、地下で月間モデルグラフィックスなどの雑誌を読んだりした記憶が蘇りました。

しかしそういえば神保町も滅多に行かなくなりました。昔は欲しい本は神保町に探しにいったものでしたけれどもね。

[ 9月1日全て ]

2016年8月4日 (木)

シン・ゴジラ」の極私的感想

image:https://www.naney.org/nDiki/2016/08/04/SHIN-GODZILLA.jpg ( http://www.shin-godzilla.jp/ より )

シン・ゴジラ観てきました。大満足です。シン・ゴジラはまさに特撮映画でありゴジラ映画であり庵野総監督映画でした。

シン・ゴジラゴジラ映画であり庵野映画であることから、観る人のバックグラウンドによって受け止め方は三者三様なるものでしょう。私自身の感想ももちろん私のバックグラウンドに大きく依るものであるなぁと思いつつ書き出してみました。

特撮映画としてのシン・ゴジラ

絵作りは日本の特撮映画のノスタルジックなテイストをあえて残していたのではないでしょうか。本物ではなくあえてミニチュアセットを CG で描いたのではないかとさえ感じ、それによってゴジラ映画らしさが引き出されているように思われました。特撮の造作感を残すというところを目指すことで、CG でのリアリティの追求にかかる莫大なコストをかけなくても味のある作品になるんだなと考えながら鑑賞していました。

naney:28486948790

ゴジラ映画としてのシン・ゴジラ

私にとってゴジラ中学生の時に劇場で観た1984年公開の「ゴジラ」です。9年ぶりに製作されたゴジラ特撮のために作りこまれた東京の街並みのセットの写真が漫画雑誌に掲載されているのを見て当時大興奮したものです。

ゴジラ」(1984)ではゴジラは恐怖の対象として描かれており、今回のシン・ゴジラと通じるものがあります。また「海上からの上陸」「政府」「自衛隊」「米国」「原子力発電所」「再上陸」「夜」「銀座」「東海道新幹線」「核攻撃」など1984年版であった要素がシン・ゴジラでも登場しており、全く違和感なく「これぞゴジラだ」と私自身の中のゴジラとシンクロしていきました。

他のゴジラをほとんど観ていないので私の中では「ゴジラ」(1984)から「シン・ゴジラ」につながっただけでゴジラ映画という側面で十分満足でした。このあたりは「ゴジラ」(1954)を観ていたらまた違った思いを抱いたに違いありません。

生活を破壊する映画としてのシン・ゴジラ

劇中では蒲田駅前や鹿嶋神社前の池上通り、そして品川と京浜地区など個人的にも馴染みのあるエリアをゴジラに蹂躙されゾクゾクでした。また武蔵小杉ももうヤバイですね。遠くに武蔵小杉の高層ビルが見えると脳内でゴジラが重ね合わさって「こんなに遠くからでも見えるとは、どんだけ巨大なのか……」となってしまいます。

そんなゴジラに立ち向かう日本の姿も素直に素晴らしく感じました。私利私欲はあるものの誰しもが平和のためにそれぞれの能力と立場でできることに全力を尽くしている姿に感動しました。悪人が出てこないんですよね。そしてゴジラですら悪な感じがしない。恐怖の存在でありながら悪な感じがない。畏怖を感じさせるゴジラはまさに神なのかもしれません。

庵野映画としてのシン・ゴジラ

一方庵野作品といえばエヴァンゲリオン。深夜再放送されたテレビ版を観たあと新世紀エヴァンゲリオン劇場版3作は劇場鑑賞し、新劇場版3作は DVD でとなんだかんだとだいたい観ているといったところまでが私にとってのエヴァンゲリオンです。 シン・ゴジラでは「攻撃シーン」「作戦名」「音楽」「体液」「リリス的な」などエヴァンゲリオンを想起させる要素が随所にありこれもまた本作品のお楽しみなところでした。 振り返ってみると仮にエヴァ要素が無くても骨太な映画なので十分楽しめたかと思いますが、これらの要素によって惹きつけられたことも事実であり、やはり必要なエッセンスだったのでしょう。

シン・ゴジラは非常に細かいところまで作りこまれた作品で、何度も見返して何度も観たいと非常に思う映画でした。

ゴジラ (1954) ゴジラ (1984)


[ 映画鑑賞 ] [ 映画館で観た映画 ] [ Naney お気に入りの映画 ]

[ 8月4日全て ]

2017年2月11日 (土)

子供の科学の対象年齢

rimage:/nDiki/2017/02/11/2017-02-11-163002-nDiki-900x1200.jpg

中学生向け総合科学雑誌「子供の科学」を久しぶりに買いました。2017年3月号です。子供の科学といえば印象にあるのは紙飛行機。1967年の連載スタートから49年続いた紙飛行機付録は残念ながら2016年9月号で最終回を迎えていました。

特集「Raspberry Piの生みの親エベン・アプトンさんが登場! BIG Raspberry JAM Tokyo2016」や連載「MESHでアイディアものづくり」などは今風ですね。子供の科学で Rasberry Pi の話が読めるとは。

そういえば子供の科学の対象年齢っていくつなんだろうと思っていたのですが、誌面にあった雑誌紹介のところをみると「主要読者は小4〜中学生です。」と書かれていました。ふりがながしっかり振ってあるページも多いので、興味を持った子ならその下の学年からでも読めそうです。

[ 2月11日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.067268s / load averages: 0.54, 0.54, 0.50
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker