nDiki : 35R 学年旅行

35R 学年旅行

1990年3月14日~3月16日

実り多かりし学年旅行

数学科 立松達朗

入学とほぼ時を同じくして開通した夢の架け橋「瀬戸大橋」。 この我が国の高度な架橋技術の粋を集めた建造物を自らの目で見、それを渡って本州と四国を股に掛けて計画的に班別見学することで見聞を広め、自主性を高め、友情を深めようとの高尚な理想のもと、学年旅行計画が一昨年の秋頃から開始された。 一泊目と二泊目が異なる上に、JR、私鉄、バス、船等の様々な乗り物を使っての移動、更に旅行会社も新顔と、いくつかの例年にない困難さはあったが、各クラスの旅行委員が自分のクラスの部屋割や班編成、行動計画を責任もって実によくまとめ、連絡を取り合って動いていたので、問題点はすべてクリアーでき、あとは実施日を待つのみとなった。 旅行好き、鉄道好きな生徒が旅行委員の中に多かった事も幸いしたようである。 また日本旅行の方々も大変親身になって、事にあたってくださった。

三月十四日(水) くもり

当日欠席三名を除く四一六名が天気にも恵まれ、学年旅行のスタートを切った。 直前の時刻表大改正のおかげかゆったりした新型ひかりに乗車でき、生徒達は早速三人掛けの座席を回転させてトランプを始める。 あっと言う間に姫路に着き四クラスが下車。 日本一の優雅さとスケールを誇る姫路城内を一巡した後、再び新幹線で岡山へ、一方残り五クラスは岡山下車、バスで児島港に出、そこでクラス毎に瀬戸大橋観光船に乗船し、海上から瀬戸大橋を見学、おまけに船旅もスリル、水しぶきとも満点であった。 いずれのクラスも夕方までにはバスで瀬戸大橋を渡って四国入りし、六時には無事高松の銀星旅館に到着、名物讃岐うどんすきに舌つづみをうった。

三月十五日(木) 晴

今日は終日班別見学の日、大荷物はトラックで岡山に輸送、軽装になって班毎に旅館を出発した。 貸切バスで小豆島巡りをする班、金毘羅さんの石段を全部登った班、栗林公園、後楽園等の名庭園を巡った班、四国の山奥深く祖谷渓のかずら橋まで足をのばした班等、何度も練り直した(直された?)計画だったので、事故さえ無ければの気持ちで岡山の旅館の玄関で到着を待っていたが、全員定刻通り帰舎した時はほっとすると同時に、よくやったと心の中で拍手した。 夜は外出する者も多かったが、中には最後の夜をむざむざと寝てなるものかと部屋のふとんで「充電」している強者も見うけられた。 充電の効果の程は各家庭で既に報告が為されている筈である。

三月十六日(金) 晴

今日は半日の班別行動、時間的に殆どの班が倉敷に行き、倉敷の倉の敷かれたクラシックな街並は日比谷生で溢れた。 二時のひかりで一路東京へ、さすがに車中で寝る姿が目についたが、鉄骨飲料でも飲んだのか最後までトランプに興じ二十四時間戦っている超人的体力の持ち主もおり、健気にさえ感じた。 六時すぎ無事東京駅に到着。点呼後解散し、学年旅行は終わった。 尚、事後指導として瀬戸大橋の架橋工事の記録映画を学年で購入、三年の学級タイム等で機会を見て、生徒に見せたいと思っております。

日比谷高等学校PTA会報 107号 PP.26-27 より

学年旅行報告

委員長 神山真生(35R)

自分達の学年旅行はどこへ行こう? 一年生の時の旅行委員会でそんなことを話し合っていた。 「何!? 飛行機がダメ? 二泊三日で帰って来い?」「京都・奈良はつまらん。新幹線で行ける一番遠いところにしよう。」 でも、九州は時間的に無理だった。 「同じ旅館に二泊はつまらない。」 そんなわけで、学年旅行の行き先は、岡山・高松に決定した。

出発して、岡山に着くと、あいにく曇り空だった。 一日目は、クラス行動で見学した後、瀬戸内海を渡って高松に泊まった。 僕のクラスは、瀬戸大橋をバスで渡ったが、せっかくの景色も、曇りでは遠くまで見えず残念である。 夜は、楽しんだ。

次の日は、メインの班行動である。 各班思い思いの予定を立てた。 栗林公園や金毘羅や、倉敷や。 僕は、京都でお寺を見て回るより、楽しいだろうと思った。 二日目の天気は、ものすごく良く、前日見ることのできなかった大橋からの景色も、電車の中から見ることができて、来たかいがあったと喜んだ。 けれど橋が長過ぎて、途中で飽きて、眠ってしまった。 二泊目は、四国から本州に渡って岡山だった。

とうとう、最終日である。 二泊三日というのは、とても短かった。 三日目は、午前中だけ班行動である。 岡山近辺しか行けなかったが、おみやげを買ったりして楽しく過ごした。

学年旅行は、楽しかった。 高校生活三年間での、良い思い出の一つになることは間違いない。

日比谷高等学校PTA会報 107号 P.28 より

部屋割

3月14日(水) 銀星旅館

部屋室長美化
509鈴木(健)宇津村, 加藤, 清水, 竹内
510遠藤日野淡川, 池谷, 南, 山原
511鈴木(成)山井宇井, 神山, 信岡, 渡部
512段田横井寺田, 服部, 本田, 三石
513内村田中榊原, 内藤, 吉永, 渡, 和田
507竹林前田安藤, 小宮, 丹藤, 原, 廣井, 渕上, 前島, 松本
508武藤高橋石川, 岩本, 奥野, 藤村, 柳沼

しおりより

3月15日(木) 石山花壇

部屋室長美化
311榊原内村内藤, 吉永, 渡
312三石服部淡川, 宇井, 鈴木(成), 田中, 段田, 寺田, 信岡, 本田, 南, 横井, 和田
316山井日野神山, 山原
317鈴木(関)宇津村, 加藤, 清水
318遠藤池谷竹内, 渡部
515武藤高橋石川, 岩本, 奥野, 藤村, 柳沼
604竹林前田安藤, 小宮, 丹藤, 原, 廣井, 渕上, 前島, 松本

しおりより

スポンサード リンク

no diary

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.048553s / load averages: 0.70, 0.54, 0.52
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker