nDiki : 35mm 判

35mm 判 - 35mm format

ライカ判。24mm x 36mm。 135 フィルム (35mm フィルム) で一番広く使われているフォーマット。

関連情報

2009年5月2日 (土)

一眼レフお薦めの単焦点レンズ

友人が新しいレンズの購入を考えているということで Twitter でちょこちょこ会話した勢いで、少ないながら手持ちレンズと経験からのお薦めレンズを考えてみた。 ちなみに以下はまったく 35mm 判銀塩カメラベースでの話。 APS-C サイズ / DXフォーマットでは事情も違うはず。

現役で使っている一眼レフ用レンズは以下。

って、まあ語るほどもっているわけでもないわけだけれど。

28mm

28mm は風景やスナップに使いやすいと思うんだけれど、自分の場合 TC-1 (28mm) + 一眼レフ (それ以外)というコンビネーションで撮ってしまうので後回しになって持っていない。しばらく買う予定もなし。

35mm 万能

35mm という焦点距離は一番使いやすい。 良くも悪くも普通な感じの写真が撮れる。

主力カメラ Nikon F100 では主に Ai AF Nikkor 35mm F2D を使っている。 F2 なので屋内外を問わず使えるし、コンパクトなのでカメラにつけて肩から下げても帰りにバッグに放り込んでも邪魔にならないのも嬉しい。

ちょっとしたおでかけの時はだいたいこれ1本で足りる。

45mm / 50mm

50mm は標準レンズとして明るくてコストパフォーマンスも良いので気軽に使える。 ただ標準と呼ばれてはいるけれど意外と画角が狭いので、室内などだと撮りたいものが入りきらないことも多い。 皆でどこかに行く時にはこれ1本だとちょっと困ることがあるだろう。 写真散歩用としてはお薦め。

Nikon F3 には Ai Nikkor 45mm F2.8P を常用している。 Ai AF Nikkor 35mm F2D よりさらにコンパクトだし、マニュアルフォーカスレンズとして使いやすい。このレンズのおかげで Nikon F3 と一緒に買った Ai Nikkor 50mm F1.4S の出番が随分へった。

85mm

いわゆるポートレートに良いと言われている焦点距離。

自分の場合ポートレートを撮る機会はほとんどないので、ちょっと気分を変えたい時につけていく。 ズームレンズでカバーされている焦点距離だけれど、あえて 85mm 1本とすることで意識が変わって写真を撮るのがまた楽しくなる。

ズームレンズ

Nikon F100 と一緒に買った Ai AF Zoom-Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF) は当初メインレンズだったけれど、単焦点レンズを使うようになってからほとんど使わなくなった。 たまにつけるんだけれど単焦点レンズの明るさになれるとやっぱり開放F値が F2.8 ぐらいないとなあと感じてしまう。それとちょっと重く感じてしまう。

ビギナーらしく買い足した望遠ズーム Ai AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D は買った当初こそ使っていたけれどその後まったく使っていないなあ。

AT-X 280 AF PRO結婚式/披露宴用に購入したレンズ。28-80mm F2.8。当時対抗馬としては Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF) があったのだが、値段的に手が出せず。望遠側がソフトな写りになるが許容範囲かな。 単焦点レンズが良いとはいってもやはり開放F値2.8固定のズームレンズは無いと困る。結婚式/披露宴や各種イベントにはこれ。

ということでお薦めは 35mm。

ということで明るさとサイズ・価格を考えると単焦点レンズの最初の1本としては 35mm が一番お薦め。 長く使えるはず。

スポンサード リンク
[ 5月2日全て ]

2009年8月23日 (日)

今日のさえずり - やはりルイーダの酒場には不気味さを感じる

2009年08月20日

  • 12:44 2009年8月19日の歩行: 5515歩、4.25km、47分、5.38km/h、消費 214.6kcal、脂肪燃焼 30.7g、3.1エクササイズ。 *P3
  • 17:08 集中切れた。最近お菓子食べすぎなので、ガムとミントでリフレッシュすることにしておく。 *P3

2009年08月21日

  • 09:44 急遽午前半休します。 [mb]
  • 11:28 さっきからヘリが飛んでる。 [mb]
  • 14:19 用事が完了して会社へ移動中。京浜東北線はすでに平常通り。 [mb]
  • 14:23 京浜東北線内で普通にコンビニオムライス食べている人がいる。この時間ならアリだと思う。 [mb]
  • 14:35 やはりルイーダの酒場には不気味さを感じる。 #Akihabara L:秋葉原 [mb]
  • 14:40 バックアップ用に HDD 購入。 [mb]
  • 14:54 Thanks! 研究室時代から愛用しているマグカップが漂白されて綺麗になっていた。 *P3
  • 19:26 さて掃除当番。 *P3
  • 19:52 掃除当番終了。 *P3
  • 19:55 2009年8月20日の歩行: 5921歩、4.56km、50分、5.42km/h、消費 230.1kcal、脂肪燃焼 32.8g、3.4エクササイズ。 *P3
  • 20:33 バッグストラップがジーパンの膝の穴に引っかかって、ホームで一人マリオネットするところだった。 [mb]

2009年08月22日

2009年08月23日

  • 14:01 マットレスしまおうと100円ショップ布団収納袋買ってきたけど入らなんだ。なんとか入ると踏んでいたんだが。 [mb]
  • 17:10 ~/public ディレクトリを削除した。 *P3
  • 19:25 マルちゃんの3人前蒸し焼きそばの麺の弱さに苦戦したところ。 [mb]
[ 8月23日全て ]

2012年10月13日 (土)

NEX-5N + 高倍率ズームレンズでの運動会雑感

18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

昨年の運動会フィルムカメラ中心でコンパクトデジカメをサブということで、確か Nikon F100 + AT-X 280 AF PRO + Ai AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6DIXY DIGITAL 210 IS という装備で、フィルムとか単3形電池やらまで含めると、それなりの荷物だった。

その後昨年末NEX-5N を買って完全にデジタルに移行したので、今年は NEX-5N 1台で済ませることにした。昨年の経験でやはり300mm(35mm 判相当)は必要だなあと思ったので、NEX-5N 用に TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)を今回新しく買った。

実はこれの OEM 版と言われているソニー純正の E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE SEL18200LE を発送2~3週間後ということで9月の前半に安かったデジカメオンラインで注文していたのだけれど、待てど暮らせど。その後入荷予定が10月中旬とか連絡がきてね。余裕で間に合うと思って他では在庫もあったのにあえてデジカメオンラインさんにしたのにね、納期信用できないショップだとは残念。もうすでにこのシーズンのせいなのか SEL18200LE在庫はどこにも無い状態なので、別のところで 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC を注文。若干デザインに締まりがあるのと今後カメラ側の対応について多少純正の方が安心かなあと思っていて SEL18200LE がいいかなあと思っていたんだけれどまあいいでしょう。実際 NEX-5N につけてみるとマウントまわりのシルバーどうしが結構マッチしていていい感じだし。

しかし自分も高倍率ズームレンズを買う歳になったんだなあとしみじみ。若い頃は買わなかったもんなあ。まあ最近性能が良くなったというのはあるけれども。

NEX-5N + 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC だが実際のところバランスはとてもいい感じ。最短撮影距離が 0.5m というのが弱点なんだけれども、こういうイベント時には全然問題じゃなかった。あとレンズ1本だとブロアとかも持っていかなくていいのでそう考えると高倍率ズームレンズいいねって感じになってきた。

以下運動会で実戦投入した雑感:

NEX-5N

  • AF やはり遅いかな。今までそんなに気にならなかったけれど、こういうイベントの時はちょっとまどろっこしい。
  • 液晶モニタだと晴天下ではフレーミング・合焦確認難しい。ファインダ欲しい。外付けつけると今度はマイクが付けられなくなってしまうのだけれど。
  • オートレビュー(撮影直後の画像表示)を切っておけば良かった。200mmとかで撮っていると、シャッターボタンでオートレビューを解除している間にも被写体見失ってしまいがちだった。
  • 動画時の AF 挙動がイマイチな気がする。
  • 予備バッテリーも買っておいたんだけれど、バッテリーは1つでもった。まだ40%以上残ってた。
  • 絞り優先で撮ってて、望遠側で絞っても結構シャッタスピード速かったので「今日は結構明るいんだなあ」と思ったら NEX-5N が焦点距離に見当ったシャッタスピード維持するために ISO 積極的に上げていたというオチ。

18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

  • 200mm あって良かった。
  • VC はいい感じ。手持ちで35mm 判 300mm 相当でふらふらしないのはすごい。
  • レンズ取り替え無しで対応できるのは運動会という状況では助かる。
  • フォーカスサーチでゆらゆらし続けるのは違和感あるけれども、まあ許容範囲かな。
[ 10月13日全て ]

2012年12月4日 (火)

今日のさえずり: バッグの中、水筒でプチ水害

2012年12月04日

  • 08:53 午前中病院行きます。午後は未定。
  • 10:51 マイコプラズマじゃなさそげ。
  • 11:16 バッグの中、水筒でプチ水害。
  • 11:21 できた!
  • 12:41 備忘録: ロキソニン手持ち7錠
  • 12:56 4000円分モバイル*サンクスチャージ。定期券購入とオートチャージちまちまの分だけれど結構デカい。
  • 15:37 日経リサーチの無作為抽出電話しつこい。
  • 15:46 かかってきた電話番号から逆引きできなかった。
  • 22:15 E 35mm F1.8 OSS SEL35F18 っていうのが出るんだ。F1.8 いいなあ。しかし 35mm 判換算で 52.5mm って普段使いにはちょい望遠だな。
[ 12月4日全て ]

2013年2月14日 (木)

NEX-5N + 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VCイベント撮影

18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

去年に続いて某イベントを観に行ってきた。今年でいうと「チャンス! (月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。))」や「バレンタイン・キッス (国生さゆりwithおニャン子クラブ)」や「CANDY CANDY (きゃりーぱみゅぱみゅ)」や「チョコレイト・ディスコ (Perfume)」や「ファッションモンスター (きゃりーぱみゅぱみゅ)」や「ポニーテールとシュシュ (AKB48)」や「SMILY (大塚愛)」などのダンスが観られるアレである。

前回NEX-5N + E 18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855 で、35mm 判換算で望遠側 82.5mm という装備で、ビデオカメラの圧倒的な望遠の前に辛酸なめ子してきた

今年は去年の運動会導入した高倍率ズームレンズ TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011) で参戦。

35mm 判換算で 300mm 相当ありこれでカツル! 去年みたいにプレシジョンデジタルズームを使って後悔することも無いハズ。

結果的には今回は席がC列という好条件だったこともあり、望遠端で十分いい感じに撮影できた。手ブレ補正機構 VC もきっちり効いてくれる。数日前に NEX-5Nファームウェアアップデートしてこころなし AF も安定した気がする。 「ステレオマイクロホン ECM-SST1」を追加しての動画撮影もまずまずいい感じに撮れたので満足満足。

[ 2月14日全て ]

2013年10月16日 (水)

Eマウント フルサイズミラーレス一眼カメラ α7 発表

Eマウントのフルサイズミラーレス一眼カメラが発表された。

NEX-5N を使っていてコンパクトさが気に入っていて、あとは AF 性能がもう少し良くてファインダーがあればと思っているので、α7 のファストハイブリッドAFとXGA有機ELファインダーがどんな感じかが気になるところ。

コンパクトさが犠牲になるのでフルサイズについてはこだわりはないのだけれど、マウントアダプタで 35mm 判用のレンズをつけるのにはいいのかな。仮にα7を買ってもレンズ揃えるの大変そうなのでそうなったら手持ちのEマウントレンズをクロップ撮影で使ってベター NEX として使うことになりそう。でもそうなら NEX-7/6 ラインナップの後継機種の方が(出るとして)良いのかもしれない。

APS-C サイズの NEX / Eマウントも継続して出てくれるといいなあ。

予算的に買わないと思うけれどいろいろ考えるのは楽しいね。

[ 10月16日全て ]

2014年3月19日 (水)

3月のイベント 【日記】

今日はイベントの日なので有給休暇

朝にカメラの予備バッテリの残量が6%しか残っていないのに気がつくという痛恨のミスをしたけれども出発前に50%超まで充電し、カメラに入れてあったバッテリと合わせて1日使うことができて事無きを得た。やはり前日にきちんと準備しておくようにしよう。

今日は NEX-5N + 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC で。E 18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855 で足りるんじゃないかあと思ったけれど、200mm あって正解だった。やはりある程度アップで撮るには 200mm(35mm 判換算で 300mm)はいるね。

[ 3月19日全て ]

2014年9月27日 (土)

運動会 2014 (その1)

去年まで参加していたのとは別の運動会。機材はほぼ例年通り。勝手が分からないのであまりガツガツいかない方針で。

E 20mm F2.8 SEL20F28 は持っていかなかった。

撮影雑感も例年通り。去年のよりちょっと広いので欲を言えば200mm (35mm 判 300mm 相当)よりもう少し望遠が欲しいなとは思った。でもまあ十分かな。

AF・ファインダー・動画マイクについて改善したい。 α6000 (ILCE-6000) の後継機は出るのかな。

9月下旬の運動会は久しぶりだったんだけれど、ここ最近それほど暑くない陽気なのでブルーシートの上も快適だった。日差しがさすとさすがにジリジリくるけれど、いい感じで雲でかげったりしたので長時間そういう状態が無かったのも幸い。

[ 9月27日全て ]

2015年10月30日 (金)

Xperia Z5 2日目、カメラをチェック

発売日である昨日に購入しXperia Z5 SO-01H は昨晩と今日とでだいたい Xperia GX でやっていたこととほぼ同じ事ができるまで設定が済みました。

発売前から酷評されていた発熱問題も、普通に使っていれば気にならないので一安心。 使い勝手で気になるところはカメラの解像度と画角。

解像度

Xperia Z5 標準のカメラアプリだと選べる解像度はプレミアムおまかせオートだと以下で

  • 23MP / 5520x4140(4:3)
  • 20MP / 5984x3366(16:9)
  • 8MP / 3264x2448(4:3)
  • 8MP / 3840x2160(16:9)

で、マニュアルだと選べる解像度は以下になります。

  • 23MP / 5520x4140(4:3)
  • 20MP / 5984x3366(16:9)
  • 8MP / 3264x2488(4:3)
  • 8MP / 3840x2160(16:9)
  • 3MP / 2048x1536(4:3)
  • 2MP / 1920x1080(16:9)

しかし標準のではないカメラアプリから使える解像度はこれとは違ってきます。Camera FV-5 だと選択できるのが

  • 3840x2160 (8.3 MP 16:9)
  • 2048x1536 (3.1 MP 4:3)
  • 1920x1080 (2.1 MP 16:9)
  • 1280x720 (0.9 MP 16:9)
  • 720x480 (0.3 MP 3:2)
  • 640x480 (0.3 MP 4:3)
  • 352x288 (0.1 MP)
  • 320x240 (0.1 MP 4:3)
  • 176x144 (0 MP)

となります(アプリの設定画面の通りの表記)。20MP 以上の撮影ができないのは個人的にはいいのですが、 8MP 前後の 4:3 で撮影できないのが厳しい。3.1 MP だとちょっと物足りないので悩ましいです。ちなみに Camera ICS+ だと以下。

  • 3840x2160 (8.3 メガピクセル)
  • 2048x1536 (3 メガピクセル)
  • 1920x1080 (2 メガピクセル)
  • 1280x720 (0.9 メガピクセル)
  • 640x480 (VGA)
  • 320x240 (QVGA)

やはり 8.3MP にしたければ 16:9、4:3 にしたければ 3.1 MP ということになります。

8MP から 6MP ぐらいで 4:3 あるいは 3:2 で撮影できると嬉しいなと思います。ちなみに Xperia GX だと Camera FV-5 では 2592x1944 (5MP 4:3)で、Camera ICS+ でも 2592x1944 (5 メガピクセル) で撮っていました。

画角

レンズ35mm 判換算で 24mm 相当でかなり広角。なので普通に気軽に撮ると端に写っている人がすぐ歪んでしまうんですよね。

標準のカメラアプリを使うべき?

ということでこのあたりを考えると普段は Xperia Z5 標準のカメラアプリを使うのが無難なのかもしれません。 解像度で 8MP を選択し、画角については Clear Image Zoom 頼ると。 デジタルズームは使わない派だったのですがスマートフォンですし目くじらを立てずに使ってみようかと思います。8MP だと5倍まで、その上の解像度だと3倍までが Clear Image Zoom ということなので 8MP で使う分には余裕がありそうです。

[ 10月30日全て ]

2017年2月26日 (日)

PowerShot G9 X Mark II ファーストインプレッション

rimage:/nDiki/2017/02/26/2017-02-26-151417-nDiki-1200x800.jpg

発売日2017年2月23日に届いた PowerShot G9 X Mark II を今日箱から出しました。液晶保護フィルムを貼り CHUMSストラップを装備し、最近では珍しくしっかりとした厚さの取扱説明書を読みながらいじってみました。

コンパクトボディ

1.0型センサーながらコンパクトなアルミボディはしっかりエッジのある形状で精悍な印象です。この大きさならいつでも持ち歩けます。コンパクトなボディに大きな鏡胴なので、右手で掴んだ際にグリップ部が狭いなというのが持った時の印象でした。リストストラップに手を通して持った方が安心です。

操作

十字キーが無くタッチパネル液晶での操作が中心ですが特に迷うこともなく使いやすいです。

カメラ前面にあるコントローラーリングは何を割り当てるか迷うところ。28・35・50・84mm(35mm 判閑散)と切り換えられるステップズームはコントローラーリングに割り当てないと使えないのですが、露出補正や Av (Av モード時)も捨てがたいです。ここは使いながら決めようかなと。

記録画素数

3:2 だと以下を選択できます。

  • ラージ(L): 5472×3648
  • ミドル(M): 3678×2432
  • スモール1(S1): 2736×1824
  • スモール2(S2): 2400×1600

ちなみに α6300 だと以下。

  • L: 6000x4000
  • M: 4240x2832
  • S: 3008x2000

Xperia Z5 では 3264x2448 (4:3)で撮ってるし、用途を考えると G9 X Mark II ではミドル(M)を常用しようかなと今のところ考えています。スマートフォン経由で SNS 等に投稿する場合は下記のように転送時に手間なしリサイズすることもできるので、普段は L で撮っておくというのもありではあります。

スマートフォンへの転送

Xperia Z5 には Cannon Camera Connect for Androidインストールすることで Bluetooth を使ったかんたん接続 + Wi-Fi での転送を行えます。 NFC によるかんた接続もできますが Bluetooth だと端末を近づけなくて良いので格段に手間無しですね。 G9 X Mark II 側は電源を切った状態で机に置いておくだけで良いのでかなり気軽にできます。

転送時にリサイズするという機能もついてます。リサイズするようにすると 3:2 で撮った写真は 2400x1600 (S2) にリサイズされた画像ファイルがスマートフォンに転送されます。

Mac への転送

Mac への Wi-Fi 転送も設定したいなと CameraWindow DC 8.10.9b for Mac OS XMacBook Proインストールしてみたのですが、 macOS 10.12 では Wi-Fi 接続不可とのこと。アップデート待ちです。

写真枚数が少なくカードの抜き差しが面倒な場合は G9 X Mark II → Xperia Z5 → Synology DiskStation DS216j (NAS) → MacBook Pro (Cloud Station でリアルタイム同期)で済ませることにします。

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムはケンコーの液晶プロテクターにしました。 G9 X Mark II が出る前なので G9 X 用を注文しましたがサイズはぴったりです。

バッテリー

G9 X Mark II はバッテリーチャージャーが付属しているのが良心的。本体チャージしかできないと不便ですし、かといって別売りだとわざわざ買うのもなぁと思ってしまうので。バッテリーパックは純正の NB-13L を1個合わせて買いました。まだ初日なので保ちは不明です。

メモリーカード

メモリーカードはいつもの Transcend のを買い足し。α6300 でも使っているものです。

ケース

ケースは良さそげなのが見つからなかったのでハクバ カメララップ S にしました。

以上

普段使いには PowerShot G9 X Mark II、しっかり撮りにいく時は α6300、雨や衝撃など気にせずより気軽に撮りたい時は FinePix XP70 といい感じにラインが組めたかなと。

スマートフォンの画質に不満で買ったということもあるので普段から持ち歩いてさっと撮るのに使っていきたいです。


[ 製品レポート ]

[ 2月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.055022s / load averages: 0.34, 0.52, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker