nDiki : 4C 互換リフィル

ゼブラ 4C 互換リフィル

ゼブラ 4C 互換リフィル とは JIS S 6039 で規定されている「レフィルの形式 D」の形状を持つ、ボールペンリフィルの俗称。ゼブラ油性ボールペン替芯 4C (4C-0.4、4C-0.5、4C-0.7) がこの形状を持つことから、「ゼブラ 4C 互換リフィル」「4C リフィル」「4C タイプ」などと呼ばれることが多い。あるいは「D 型」などと呼ばれることもある。

JIS S 6039:2006 油性ボールペン及びレフィル - レフィルの形状 D

  • 全長 67(+ 0.3) mm
  • 軸後部の直径 2.35(-0.05) mm
  • 軸前部の直径 2.35(+0.05) mm
  • 先端カット部 3(±0.2) mm

対応する ISO 規格として

  • ISO 12757-1:1998 Ball point pens and refills -- Part 1: General use
  • ISO 12757-2:1998 Ball point pens and refills -- Part 2: Documentary use (DOC)

がある。

また、ボールペンリフィルの JIS 規格としては他に

がある。

特徴的な 4C 互換リフィル

パイロット ハイテックCスリムス用リフィル

LHRF-20C3-B / LHRF-20C3-R / LHRF-20C4-B / LHRF-20C4-R

ハイテックCの激細ゲルインキボールペンリフィル。このリフィルを使うと、様々なペンをハイテックC化することができる。 インクの減りが早いのと価格が難点。

また激細ゆえ、殴り書きするとペン先が駄目になりそうな印象がある。

トンボ鉛筆 ガス加圧リフィール

naney:281245407 BR-VMP

トンボ鉛筆XPA 用のリフィル。インクパイプを密閉し中空部にガスを注入してインクに対して一定の圧力を加えてあり、上向き筆記や、濡れた紙面に対する筆記が可能である。

インクが乾くのか、数時間使わないだけで書き始めにインクが出なくなるという曲者ではある。 特に RHODIA ブロックメモなど、やわらかいものの上にある紙では書き出しが良くない。

各社の 4C 互換リフィル (一部)

メーカーボール径
パイロットLHRF-20C3-B0.3mmハイテックC
パイロットLHRF-20C3-R 0.3mmハイテックC
パイロットLHRF-20C4-B0.4mmハイテックC
パイロットLHRF-20C4-R0.4mmハイテックC
ゼブラ4C-0.4 (R4C4)0.4mm
ゼブラ4C-0.5 (R4CS)0.5mm
ゼブラ4C-0.7 (BR-8A-4C)黒青赤緑0.7mmペンポッド
三菱鉛筆SE-7黒赤青0.7mm
三菱鉛筆SXR-200-05黒赤青0.5mmジェットストリーム (記事)
三菱鉛筆SXR-200-07黒赤青0.7mmジェットストリーム
パイロットBRF-8EF-B0.5mm
パイロットBRF-8F-B0.5mm
パイロットBRF-8F-R0.5mm
パイロットBRF-8F-L0.5mm
パイロットBRF-8F-G0.5mm
トンボ鉛筆BR-VS330.7mm
トンボ鉛筆BR-VS250.7mm
パイロットBRF-8M-B1.0mm
トンボ鉛筆BR-VMP331.0mmガス加圧式、XPA

4C 互換リフィル採用ボールペン

多機能ペンなどを中心に幅広く使われている。

Life Hacker 御用達の「ペンポッド」も4C 互換リフィルを採用している。

書籍等

image:ISBN:4777905438

スポンサード リンク

2006年6月3日 (土)

ロットリングのミニボールペンハイテックC

naney:159837878

常時携帯メモ帳 RHODIA No11 用にロットリングエスプリムーブを使っている。 伸縮するボディを持ち、携帯するときは短いのに書く時には十分な長さになる便利なミニボールペンだ。

このエスプリムーブ、携帯にはいいのだがボールペン書き味は自分にはどうもしっくりこなかった。 ちょっと太めで、黒くない黒なのでメモ書きにはイマイチな感じだ。

ということでリフィルを交換することにした。 エスプリムーブリフィル4C 互換リフィル (D型)である。 ちょうど「ステーショナリーマガジン No.002」に、4C ボールペン替え芯記事があり国内外のリフィルの一覧が載っているので、これを見つつ候補をチョイス。

今回は人気の高いパイロットハイテックC ゲルインクボールペンにしてみることした。

4C 互換リフィルを使っている「ハイテックCスリムス」用のリフィル LHRF-20C4-B (0.4mm) を買ってきて交換。

お、これは書き易い。黒も締まっているしいい感じだ。 油性ボールペンと違って書いた線も安定しているし、満足満足。

リフィルは高めで210円(税込)。ハイテックCはインクの減りが早いということなので、コストパフォーマンスは悪いのがちょっと辛いが、しばらくはこの「エスプリムーブ + ハイテックC」で使ってみることにしよう。

image:ISBN:4777905438

スポンサード リンク
[ 6月3日全て ]

2006年6月13日 (火)

ハイテックC4C 互換リフィルが10日でインク切れ

10日ほど前に使い始めたハイテックC4C 互換リフィルであるが、今日書いているうちにインクが切れた。 まとめて買ってあったものに交換。

主に RHODIA へのメモ書きや手帳の筆記に使用していたのだが、それほど大量に物書きをしたわけではない。 短い替え芯ということもあるが、予想以上に早い減りで驚いた。

メモ書き用としては切れると困るので、予備も持ち歩いた方がいいかなぁ。 しかしこの値段で頻繁に切れるとちょっと辛い。 書き味には満足しているだけに困ったものである。

[ 6月13日全て ]

2006年10月7日 (土)

ハイテックCリフィルは買いだめすべし

naney:263533675

文房具の消耗品は気にいったら買いだめしなければならない。 大型店へ行ったついでに探してみても案外無かったりするので、「入手できるお店」で「入手できる時」に「入手できるだけ」買っておくのがベストである。

最近お気に入りボールペンリフィルは巷でも人気の高いハイテックCだ。 キャップ式は面倒なのでノック式を使いたいのだが、そうすると

のどれかとなる。 「ハイテックCスリムス」用リフィルロットリング エスプリムーブに入れている。 いい感じだがインクの量が少ない上にえらい高い。

インクの消耗が激しいハイテックC においては、これは厳しい。

普段使い用にハイテックCスリムノックも買ったが、こちらも数日でインクを使い切ってしまった。とはいえ「ハイテックCスリムス」リフィルよりは「ノック式用」リフィルの方がインクの量が多そうだし価格も半分以下なのでこちらを主力にしたい。

ということで銀座伊東屋に行ってリフィルを買い込んできた。 スリムノックはクリップが固く RHODIA ケースやほぼ日手帳に挿すのが難儀なので、あわせてハイテックC クルールを1本新調。

ノック式系のハイテックC手帳用を想定した細みのものしかないのが残念である。 普通の筆記用のノック式が出て欲しいところだ (それがハイテックCコレトだって?)。

[ 10月7日全て ]

2006年10月28日 (土)

上向き筆記可能なヘビデューティ仕様ボールペン XPA

ここ最近熱心に進めていた身の回りのボールペンハイテックC化であるが、

携帯用ハイテックCクルール」「ハイテックCエスプリムーブ
手帳・通常筆記用ハイテックC化クリップ-オンG 3C マナー」「ハイテックCスリムノック04」

と各利用シーンで使える環境が揃い一段落である。

上向き筆記

そんな中自分の中で必要と感じはじめたのが、横向き・上向き筆記用のボールペン。 通常のボールペンは上向きにするとインクが出なくなり、また空気が入ることで逆流の原因ともなるためよろしくない。

しかし電車で立ってメモを取る時や、布団に入っている時にメモを取りたくなった時など、横向き・上向きで書きたいシーンがあるのである。

加圧式ボールペン

上向きで書けるボールペンとしては加圧式のフィッシャーのスペースペンが有名だ。

また国内では三菱鉛筆が同様に加圧式であるユニ パワータンクシリーズを出している。 ちなみに商品説明で

上向きにも書ける! 加圧ボールペンのメリットは、何と言っても筆記方向の自由さ。寝転がっても逆立ちしても、インクの逆流が無く常に快適な筆記性能を持続します。

とあるが、逆立ちして書く時はペンは下を向くと思う。

そんな中で注目なのがトンボ鉛筆XPA 用の加圧リフィル BR-VMP。 4C 互換リフィルなので様々なボールペンで利用することができる。

エスプリムーブペンポッドをこれにしてみたい。

でいろいろ見ているうちに XPA 自身も欲しくなってしまった。

ということで銀座伊東屋に行って XPA と BR-VMP を購入。

XPA

naney:281245386

評価の高いトンボ デザインコレクション (TOMBOW Design Collections) の一つであるヘビーデューティ仕様の伸縮モデル。 先に書いた通りガス加圧タイプで、水に濡れた紙面や上向きでの筆記も可能なのが特徴である。リフィル自体は 4C 互換なので、普通の油性ボールペンハイテックCスリムス用のリフィルを使うこともできる。

軸の尾端を押し込むと同時にペン先が収納される形になっておりコンパクト。 軸の出し入れ時の「プシュッ」っという空気の流れる感じがたまらない。

クリップはないので手帳メモ帳カバーにつけておくには向かない。 やはり「ぶら下げる」のが似合うスタイルだ。

ジーンズの時には腰にペンポッドを下げているので、今使うとしたらスーツの時かなぁ。

BR-VMP

naney:281245407

加圧式のリフィルの方は1本315円。 中字の黒である。

XPA が最初書けなくてちょっと意気消沈。 手に持った RHODIA 上ではなくて、テーブルの上に置いた1枚切りとった紙の上で書いたらインクが出始めて一安心。

替え芯として買った BR-VMP はボール周辺からインクが染み出し固まっているし(お店にあった在庫はどれもそんあ感じだった)、ちょっと一癖あるかもしれない。

スペースペン

に「普通のボールペンが上向き筆記に向かない」こととスペースペンの話をしたら「(宇宙では)鉛筆使えばいいんじゃない?」と言われた。

一方ロシアは鉛筆を使った。

というジョーク/都市伝説は聞いたことがなかったって。

XPA 仕様

品種油性ボールペン
品番BC-XPA11
仕様本体/アルミニウム、アルマイト仕上げ
1.0mm ボール(黒インク)
ガス加圧リフィール
専用ギフトケース入り
替芯BR-VMP
寸法104.6mm x 11.5mm x 11.5mm
重量21.7g

[ 製品レポート ]

[ 10月28日全て ]

2009年3月9日 (月)

今日のさえずり - 「スーのうた」が耳から離れない

naney:3340599111

2009年03月06日

  • 09:37 週刊新潮の吊り広告にある「ワイド暴圏」の意味をつかみかねている。 [mb]
  • 10:11 出社したら「ザ・ゴール」と社長メモ「渡部君, 4U.」が。あ、この本持ってます。まだ最初しか読んでないけど。 *P3
  • 10:19 4C-0.4 昨日切れた。随分もったな。太さも適当だったので常用 4C 互換リフィルにしよう (互換というか本家)。 *P3
  • 10:21 しかし、今日のところは余っているハイテックCスリムス用リフィルを装着。 *P3
  • 12:25 タクシー用の千円札作るため Suica 万札で 1000円分チャージ。 [mb]
  • 12:27 イマココ! L:馬喰町駅 [mb]
  • 17:20 3月14日ダイヤ改正か。取引先へ行く電車の時刻変わるか要注意だな。 [mb]
  • 17:39 @train_kanto 17:38 内房線上り浜野駅で足止め中。 [mb]
  • 17:46 ユニチャーム2枚重ね発見(マスクね)。 [mb]
  • 18:05 電車って遅延はするけど予定より早く着くことは(滅多)にないよな。 [mb]

2009年03月08日

  • 25:36 春が来ているな。1日に占める睡眠時間が増えてきている。 *P3

2009年03月09日

[ 3月9日全て ]

2009年8月10日 (月)

RHODIA No10 用に Walkie Pen

naney:3806048051

PORTER SMOKEY バッグ (コレ)に入れている RHODIA No10、No11 より場所を取らなくなったのでなかなか良い。 ただ気にいったミニペン、しかもかなり短いやつというのがなかなかみつからない。

今はバッグペンポッドを下げている。携帯性はいいのだけれど片手で戻すのがちょっと難儀なのと、RHODIA No10 だけちょっと持って移動する時にバッグにつけているペンポッドをもっていけないというデメリットがあった。

今日丸善に行く用事があったのでついでにミニペンを物色してきた。今日買ってきたのは Walkie Pen。BOLD の方をチョイス。 全長 83mm のボールペンで、ちょっと高いけれど安っぽくなくて良い。 理想はノック式だが、これは回転式。すぐに書くにはちょっとまどろっこしいがキャップ式よりは移動中に使いやすいだろう。 回転は結構重みがあり誤ってペン先が出てしまうことはなさそう。

適合替え芯は

「等市販のものがご使用できます。」と書かれており、いわゆる 4C 互換リフィルで良いようだ。

RRHODIA メモカバー #10 につけてみた。 クリップが固めなのでのペンホルダーを挟むのはちょっとキツめ。

いつもの癖でペンホルダーの外側につけて写真を撮ったしまったが、ペンホルダーの内側にいれるとカバーのサイズとぴったり。 これでブラブラさせているペンポッド外してもよさそう。

満足満足。


[ 文房具 ] [ 製品レポート ]

[ 8月10日全て ]

2009年10月30日 (金)

RHODIA No10 本命ボールペン ゼブラ SL-F1mini BA55

naney:4058405896

RHODIA No10 には Walkie Pen (記事) を使っている(写真中央)。 カバーにつけておくには長さが丁度良いボールペンだ。しかし回転式はやはりさっとメモするには使い勝手の面でいまいちであった。 また筆記時も短いままなのでほんとにちょこちょこっと書くぐらいが限度だ。

そんななか昨日有隣堂で見かけて購入したのがゼブラのミニボールペン SL-F1mini BA55(写真手前)。

定価315円(税込み)ながら RHODIA No10 にはベストバイなんじゃないかと思わせるボールペンだ。

ボディをひっぱるとシャキーンと伸びて同時にペン先が出るタイプ。 お気に入りロットリング エスプリムーブ(写真奥、記事)や、この間購入したエスプリミニ(記事)と同様だ。 エスプリムーブRHODIA No11 とともに持ち歩いた経験から、このシャキーンタイプはさっとメモするのに最適だと思っている。 キャップレスだし慣れると書き終えたらそのまま片手で縮められるので、左手に RHODIA を持ったままさっと一連の動作ができる。 同サイズの他のタイプボールペンに比べて筆記時に十分な長さが確保されるのも嬉しい。

SL-F1mini は値段の割に高級感がある手触り。本家ゼブラ 4C なので、4C 互換リフィルから好きなものを選べるのも嬉しい。 RHODIA といっしょに持ち歩くボールペンはどうしても傷が付きやすいのだが、この値段なら気兼ねなく使える。

エスプリムーブと比べるとグリップ部がストレートで握った時にすべりやすそうだが許容範囲かな。 あと気になる点は、貼ってあったシールに磁石が使われている旨が書かれていたところ。 用途がらカードケースなどといっしょにバッグに入れることがあるので、磁気カードへの影響は若干不安なところではあるな。

RHODIA No10 にはこれをつけて常用するつもりだ。


[ 文房具 ] [ 製品レポート ]

[ 10月30日全て ]

2010年5月24日 (月)

今日のさえずり: サザエさん観てないせい?

2010年05月24日

[ 5月24日全て ]

2011年1月7日 (金)

多色ボールペンとしてリポーター4コンパクトをチョイス

naney:5333042782

4C 互換リフィル(ハイテックCスリムスの)を使ったりクリップ-オンG 3C マナーをハイテックC化したりと一時期ハイテックC一色だったんだけれど、ほぼ日手帳を使わなくなったのと同時にだんだん使わなくなってしまった。 手帳など細かい字を書く時にはハイテックCいいんだけれど、さっとゴリゴリ書きたい時には華奢だしカリカリ過ぎで自然と使わないようになってきた。

オフィスで今使っている多色ペンは以前移植のために買った Ta-shock 4。黒・黒・赤・青が入っていてノックボタンと一致していないところがありちょっとストレス。

ということで新しい多色ボールペンを探していた。

  • 最低2色(黒・赤)。
  • シャープペンはいらない(多機能ペンじゃなくてよい)。
  • べとべとするのでラバーグリップは嫌。
  • 即座に筆記できるようにノック式(回転式やキャップ式は嫌)。

で探すとこれがなかなかいいのがない。

結局これを満たすのは今のところリポーター4コンパクトということになった。 短いんだけれど長時間書くことはないので大丈夫かな。 デザイン的にもまずまずだ。

なお BIC のボールペンも上記の条件を満たすけどノックボタンのスライドがちょっと気持ち良くなかったので選外。

今日のさえずり: ScanSnap S1100 箱もちっちゃい

naney:5333263274

2011年01月07日

  • 10:08 RT @dinosJP: @Naney おはようございます。ミシンご検討くださいましてありがとうございます。Naneyさんのツイート、勉強になりました(M)
  • 10:29 お、今日は本社で新年会なんだ。
  • 12:13 ボールペン見にきた。 (@ シモジマ 浅草橋5号館) http://4sq.com/dIYFWf
  • 12:43 和風牛丼 290円。 (@ なか卯 浅草橋店) http://4sq.com/eKP3AW
  • 14:57 ミシン注文したらしい。
  • 15:10 年初なので増分バックアップではなくてフルバックアップをバックグラウンドでとっているのだが、おかげでコンパイルが遅い遅い。
  • 15:11 あ、そうそう ScanSnap S1100 も届いたらしい。
  • 16:22 @madaaamj ミシンのユーザに作品公開許可リクエストしておきまーす。昨日はいい情報ありがとうございました。
  • 19:19 今日も。 (@ ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba (Yodobashi Camera Multimedia Akiba) w/ 8 others) http://4sq.com/f5VXql
  • 19:24 RJ-45 コネクタ、予想よりちょっと高い。
  • 20:05 ボールペンは結局リポーター4コンパクトにした。
  • 20:09 2色以上の油性ボールペンでノック式でグリップがゴム(っぽいの)ではないのって高級なのを除くとこれしか見つからなかった。
  • 20:11 ロットリングのトリオペンがシャープペン無しの3色ボールペンだったら価格的にも即決なんだけど。
  • 21:08 @dateotoko BIC は触ったんですがノックのスムーズさが足りなくて NG でした。
  • 21:11 @dateotoko ハイテックCコレト Lumio は去年見た時に1000円出すにはちょっとチープだなと感じました。それと最近ハイテックC離れしているというのもあって。
  • 21:15 4C 互換リフィル(ハイテックCスリムスの)使ったり、クリップ-オンG 3C マナーをハイテックC化したりと一時期ハイテックC一色だったんだけれど、ほぼ日手帳を使わなくなったのと同時にだんだん使わなくなってきたな。
  • 21:17 手帳など細かい字を書く時にはハイテックCいいんだけれど、さっとゴリゴリ書きたい時には華奢だしカリカリ過ぎでだんだん敬遠するようになった。
  • 21:30 リポーター4コンパクト http://flic.kr/p/98gePu
  • 21:34 2008年2月1日発売のリポーター4コンパクト、3年前に見送ったんだけれどやはり使ってみることになるとは。 http://bit.ly/e7QDhY
  • 21:46 @atq JETSTREAM 評判いいですよね。チェックしてみたんですが3色ボールペンだと「ノック式だけれどラバーグリップ」か「ラバーグリップじゃないけど回転式」で今回の希望に合いませんでした。残念。
  • 23:35 ScanSnap S1100 箱もちっちゃい。 http://flic.kr/p/98hnn5
[ 1月7日全て ]

2013年12月20日 (金)

4C 互換リフィルでミニボールペンをジェットストリーム化

naney:11465958843

「ジェットストリーム プライム」が10月15日に新発売されていて、そのリフィルがなんといわゆる 4C 互換リフィルだということを最近知ってしまったのでロフトに行って入手してきた。

このなめらかな書き味を 4C 互換ボールペンで得られるのはいいね。黒色の締まりもよく気持ちいい。ジェットストリームは主にボディ的な印象で手を出さないでいたので、4C 互換リフィルが出たのは嬉しい。さっそくロットリングエスプリムーブに入れておいた。ここしばらくゼブラの 4C-0.4 を入れていたいたのだけれど、0.4mm ということもあって最近ちょとカリカリ細々に感じるようになってうーんと思っていたので、いい塩梅。RHODIA の濃い方眼線にも負けない。ミニボールペンでジェットストリームが使えるのは嬉しい。

ちなみにここ最近の気にいって使っているのはパイロットのクーペ(Coupe、BCP-1SR)。メタリックボディなかなかの高級感ながら税込み定価1,050円とリーズナブルだし、ノック式なので普段使いしやすい。替え芯は BRFN-10F という油性(アクロインキ)で 0.7mm。2011年9月に買って以来、メインはこのボールペンフルハルターで B から F へ研ぎ出してもらったスーベレーン M400。


[ 製品レポート ] [ 文房具 ]

今日のさえずり: 広いようで広くないようでちょっと広い (@ 無印良品 渋谷西武)

2013年12月20日

[ 12月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.057722s / load averages: 0.94, 0.66, 0.56
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker