nDiki : Accept-Language

2003年12月28日 (日)

[ WiKicker ] Locale::Maketext による localization

リファクタリングにあわせて、表示の localization を開始。 といっても、とりあえず日・英のみ。 Local::Maketext モジュールを使用することにする。 HTTPAccept-Language リクエストヘッダによる言語の判別もモジュールがやってくれるのでお便利。 コレ、Perl 5.8.0 からは標準で入っているのだがそれより前のバージョンでは自前でインストールする必要あり。

メッセージはこれで順次リソース化していけるのだがまだ日時表示など日本語向けにハードコーディングしている場所があり、こちらの手直しも必要。

[ 12月28日全て ]

2004年5月29日 (土)

[ WiKicker ] 続L10N改善と、ページ名リスト処理の高速化

L10Nの改善の方はひき続き。 これで ja系以外の Accept-Language リクエストヘッダがきた場合は、日本語が混ざらないはず。

それからまた NaneyOrgWiki のレスポンスが悪くなりがちだったので、高速化のためのコード見直し。 現在 WikiPage 数 1151 で、ページ名リストにからんだ処理が遅くなってきているようなので重点的にチェック。

  • HierarchicalWikiPage への参照解決の高速化 -> suffix マッチに rindex を使っていたところを substr を使うように修正。
  • 1ページ1ファイルで保存しているDBからページ名リストを取得する部分の高速化 -> ディレクトリ上のファイル一覧を取得し各ファイル名をページ名に毎回デコードしていたのだが、これをやめて index ファイルを作っておくように変更。
[ 5月29日全て ]

2006年6月20日 (火)

WiKicker 0.35 リリース - 添付機能の修正など

添付機能を有効にすると、添付ファイルが無いページに対応するディレクトリが無条件に作られてしまう問題を修正。

それから日本語ファイル名のファイルを WikiPage に添付した際、Internet Explorer でそのファイルをダウンロードして保存しようとすると URI エスケープされた文字列がデフォルトの保存ファイル名になってしまいよろしくない。 このため、Content-Disposition ヘッダをつけてレスポンスを返すためのダウンロード用のリンクも追加。

Cotent-Disposition ヘッダでファイル名を指定する際、

ファイル名シフト JIS でエンコードしてしまうようにした。

ファイル名シフト JIS で表現できない文字があるかもしれないし、Accept-Language に ja があったからといって Windowsロケール日本語になっているという保証もないので、かなりいい加減なコードである。

なにか良い方法があったら修正したい。

[ 6月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.050906s / load averages: 0.15, 0.21, 0.20
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker