nDiki : Bluetooth

Bluetooth

2015年4月1日 (水)

今日のさえずり: あ、 Go はレシーバも値渡しなんだ

2015年04月01日

[ 4月1日全て ]

2015年4月20日 (月)

MacBook Pro 用に Logicool Bluetooth Mouse M557

naney:17029578518

MacBook Pro 用に Logicool Bluetooth Mouse M557 を買った。スタンダードな感じで良い。

USB ポートにレシーバーをつけたくないので今回は Bluetooth マウスからチョイス。ベトついたりほこりが付いてザラザラするのが嫌なので個人的にはマウスのボディにラバーの無いやつが好み。で安定のロジクールから M557 をチョイス。 Apple & Apple ユーザー向けに M558 というバリエーションがあり Windows ロゴが無いという点で優れているんだけれど、色が白しかないので M557 にした。

持った感じ

店頭で触った時は若干小さめで使いにくいかもと思ったんだけれど、普通にデスクに座って持ってみると丁度良い感じ。手の置き方や姿勢が店頭のサンプルコーナーで触る時は普段と異なるのでちょっとあてにならない部分もあるな。単3形電池2本を入れると若干重い感じはあるけれども安定感があるので悪くはない。

接続

MacBook Pro では普通に Bluetooth でペアリングすればすぐに使える。サポートページから OS X 用の Logicool Preference Manager をダウンロードしてインストールすれば、ホイールのスクロール方向の変更などをできるようになる。

操作感

ホイールを回した時に Google Chrome などでのスクロールが少しカクカクするところが気になるといえば気になるかな。あとホイールを回転する速さによって同じ回転量でもスクロール量が変わるんだけれどまだ慣れないのでちょっと違和感のある設定バランスではある。どちらも慣れの問題なレベル。トラックパッドで操作した時のような滑らかさまでは求めようとは別に思ってないので許容範囲かな。

トラックパッドだけで長時間作業していると手の甲が痛くなるので、マウスと併用することでより快適になりそう。


[ 製品レポート ]

[ 4月20日全て ]

2015年6月15日 (月)

今日のさえずり: JR の自動改札機の表示がタッチしてすぐのディスプレイに切り替わってから目視できなくなって不便

2015年06月15日

  • 07:33 日枝神社の山王祭始まってたんだ。
  • 11:36 本日 21:30 です。 / “カスタマサポートの体制構築とKPI設定 メルカリ編 山田 和弘 先生 - 無料動画学習|schoo(スクー)” http://bit.ly/1dFuVwt
  • 20:02 JR の自動改札機の表示が奥のディスプレイからタッチしてすぐのディスプレイに切り替わってから、全然内容を目視できなくなって不便。
  • 20:32 @nekosuzu いつも奥の何も映っていないディスプレイを見て「あっ、手前だったか見逃した」ってなってます。
  • 21:35 Bluetooth ヘッドセットで聞くかと思ったらそういえばペアリングしてなくてちょっと出遅れました。
[ 6月15日全て ]

2015年6月22日 (月)

今日のさえずり: アラートの原因調査をしているエンジニアに「パターン青?」ってきいたけれども、普通に現状報告が返ってきた

2015年06月22日

  • 09:38 停電明けなので外していたアンビリカルケーブルを接続。
  • 10:52 感動の最終回は本日 19:00 からです。 / “スタートアップCS担当によるカスタマサポートの極意 山田 和弘 先生 - 無料動画学習|schoo(スクー)” http://bit.ly/1Rnwufy
  • 18:58 スクー着席。会社で聞くなら Bluetooth ヘッドセット持ってくれば良かったな。
  • 22:14 アラートの原因調査をしているエンジニアに「パターン青?」ってきいたけれども、普通に現状報告が返ってきた。そんな使徒襲来(かもしれない)の日。
[ 6月22日全て ]

2015年7月30日 (木)

マウスのチルトホイールを OS X のデスクトップの切り替えに設定

naney:17029578518

Logicool Bluetooth Mouse M557 のチルトホイール設定を「ページ間を切り換え」から「デスクトップ間を切り換え」に変更しました。

いろいろなアカウントを使い分けるためにデスクトップ別に異なるユーザーの Google Chrome を立ち上げてあるのでデスクトップ切り替えの方が便利かなと。

[ 7月30日全て ]

2015年12月2日 (水)

MacBook ProThinkPad Bluetooth キーボードの組み合わせが良い

naney:22933726934

春から MacBook Pro を使うようになったのですが、やはりストロークが浅いせいか慣れません。やはり ThinkPadキーボードの方が打ちやすいなぁと考えていたところ、「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード - 英語」(ThinkPad Compact Bluetooth Keyboard with TrackPoint) 0B47189 が眠っているのを思い出しました。

このキーボードAndroid スマートフォンとペアリングするとトラックポイントも使える優れものだったので、セールを待った上で去年末に買ったのでした。ただ結局スマートフォンに外付けキーボードを付けて入力するシチュエーションが無かったのでお蔵入りしていたのでした。

MacBook Pro とペアリングのあと、システム環境設定の[キーボード]の[修飾キー]で Option キーと Command キーを入れ替えると MacBook Pro の US キーボードとほぼ同じ配列になります。あわせていつも通り Caps Lock キーに Control を設定しておけばオッケー。特に違和感なくタイプすることができます。もちろんトラックポイントも使えるので ThinkPad 使いには最高です。

気持ち的にはアイソレーションキーボードになる前の ThinkPad キーボードの方がいいなと思うのですが、ストロークはきちんとあるのでこれは慣れられそうです。パームレストが無いので持ち運びやすく、また省スペースなところも良いです。

もっと早めに MacBook Pro とコンビを組ませておけば良かったなと。


[ 製品レポート ]

[ 12月2日全て ]

2016年1月7日 (木)

Bluetooth マウス M557 と M337 を比較して M557 を買った

naney:24161801842

オフィスで MacBook Pro を使うのにやはりマウスが無いと辛いのでマウスを買いました。選んだのは 昨年4月に買ったのと同じ Logicool Bluetooth Mouse M557 です。クリック音がもう少し静かだと良いなと思うのですがそれ以外は値段も手頃ですし満足している Bluetooth マウスです。

Logicool Bluetooth M557 と M337 との比較

2015年9月10日に Logicool から Logicool Bluetooth Mouse M337 が新発売されました。同じ価格帯のマウスです。今回は M557 にするか M337 にするかちょっと迷いましたが個人の好みで M557 にしました。以下比較です。

  • 同じ点
    • クリック音は M337 も同じくカチカチとしっかり鳴るタイプ。
  • M557 の方が良い点
    • 材質とデザイン。M337 はラバーグリップになってしまった(個人的にラバーの無い方が好き)。
    • M337 より安い。
  • M337 の方が良い点
    • ジェスチャー操作に対応している(が私は使わないのであまり関係無し)。
    • 単3形電池1本になり軽くなった。
    • Windows ロゴが無くなった。
[ 1月7日全て ]

2016年8月10日 (水)

Mission Control のアプリケーションウインドウ

MacBook ProiThoughtsX や OmniOutliner を使っている時に「^ + ↓」で Mission Control のアプリケーションウインドウを開くとドキュメントが下に並んで便利だと今頃知りました。

Bluetooth マウス M557 のスクロール ホイール ボタンに「アプリケーション Exposé」を割り当てておくことにします。

[ 8月10日全て ]

2017年2月10日 (金)

超小型の Bluetooth マウスが欲しい

Google スプレッドシートを使っている時は MacBook Pro でもマウスは必須。特に行を移動する時はトラックパッドではやりにくいです。

ミーティングに行く時も最近はデスクで使っている Bluetooth Mouse M557 を持参しているのですが、ちょっとかさばるので超小型の Bluetooth マウスが欲しいなと。

サンワサプライの 超小型 Bluetooth マウス 400-MA078BK が気になったので昨日家電量販店を2店ほど回ってみましたが、サンプル展示はおろか陳列もされてませんでした。確認してたらサンワダイレクト限定商品なのですね。持った感じやクリック感・クリック音など確認して良かったら買ってみたいと思っていたのに残念。

[ 2月10日全て ]

2017年2月26日 (日)

PowerShot G9 X Mark II ファーストインプレッション

rimage:/nDiki/2017/02/26/2017-02-26-151417-nDiki-1200x800.jpg

発売日2017年2月23日に届いた PowerShot G9 X Mark II を今日箱から出しました。液晶保護フィルムを貼りチャムスのストラップを装備し、最近では珍しくしっかりとした厚さの取扱説明書を読みながらいじってみました。

コンパクトボディ

1.0型センサーながらコンパクトなアルミボディはしっかりエッジのある形状で精悍な印象です。この大きさならいつでも持ち歩けます。コンパクトなボディに大きな鏡胴なので、右手で掴んだ際にグリップ部が狭いなというのが持った時の印象でした。リストストラップに手を通して持った方が安心です。

操作

十字キーが無くタッチパネル液晶での操作が中心ですが特に迷うこともなく使いやすいです。

カメラ前面にあるコントローラーリングは何を割り当てるか迷うところ。28・35・50・84mm(35mm 判閑散)と切り換えられるステップズームはコントローラーリングに割り当てないと使えないのですが、露出補正や Av (Av モード時)も捨てがたいです。ここは使いながら決めようかなと。

記録画素数

3:2 だと以下を選択できます。

  • ラージ(L): 5472×3648
  • ミドル(M): 3678×2432
  • スモール1(S1): 2736×1824
  • スモール2(S2): 2400×1600

ちなみに α6300 だと以下。

  • L: 6000x4000
  • M: 4240x2832
  • S: 3008x2000

Xperia Z5 では 3264x2448 (4:3)で撮ってるし、用途を考えると G9 X Mark II ではミドル(M)を常用しようかなと今のところ考えています。スマートフォン経由で SNS 等に投稿する場合は下記のように転送時に手間なしリサイズすることもできるので、普段は L で撮っておくというのもありではあります。

スマートフォンへの転送

Xperia Z5 には Cannon Camera Connect for Androidインストールすることで Bluetooth を使ったかんたん接続 + Wi-Fi での転送を行えます。 NFC によるかんた接続もできますが Bluetooth だと端末を近づけなくて良いので格段に手間無しですね。 G9 X Mark II 側は電源を切った状態で机に置いておくだけで良いのでかなり気軽にできます。

転送時にリサイズするという機能もついてます。リサイズするようにすると 3:2 で撮った写真は 2400x1600 (S2) にリサイズされた画像ファイルがスマートフォンに転送されます。

Mac への転送

Mac への Wi-Fi 転送も設定したいなと CameraWindow DC 8.10.9b for Mac OS XMacBook Proインストールしてみたのですが、 macOS 10.12 では Wi-Fi 接続不可とのこと。アップデート待ちです。

写真枚数が少なくカードの抜き差しが面倒な場合は G9 X Mark II → Xperia Z5 → Synology DiskStation DS216j (NAS) → MacBook Pro (Cloud Station でリアルタイム同期)で済ませることにします。

液晶保護フィルム

液晶保護フィルムはケンコーの液晶プロテクターにしました。 G9 X Mark II が出る前なので G9 X 用を注文しましたがサイズはぴったりです。

バッテリー

G9 X Mark II はバッテリーチャージャーが付属しているのが良心的。本体チャージしかできないと不便ですし、かといって別売りだとわざわざ買うのもなぁと思ってしまうので。バッテリーパックは純正の NB-13L を1個合わせて買いました。まだ初日なので保ちは不明です。

メモリーカード

メモリーカードはいつもの Transcend のを買い足し。α6300 でも使っているものです。

ケース

ケースは良さそげなのが見つからなかったのでハクバ カメララップ S にしました。

以上

普段使いには PowerShot G9 X Mark II、しっかり撮りにいく時は α6300、雨や衝撃など気にせずより気軽に撮りたい時は FinePix XP70 といい感じにラインが組めたかなと。

スマートフォンの画質に不満で買ったということもあるので普段から持ち歩いてさっと撮るのに使っていきたいです。


[ 製品レポート ]

[ 2月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.066567s / load averages: 0.69, 0.69, 0.72
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker