nDiki : MO

MO (光磁気ディスク)

1997年8月26日に光磁気ディスクユニット Mocking Bird-MO SMB-640D2 を T-ZONEミナミ 4F DOS/V ゾーンで購入。

1999年1月23日 (土)

Linuxrsyncバックアップ

ここしばらく自分のノート PC (Linux)のバックアップを怠っていたので、今日バックアップをとった。 いつもは

 #tar zxvf /MO/home-yyyymmdd.tar.gz -C / home
 #tar zxvf /MO/etc-yyyymmdd.tar.gz -C / etc

と tar を使ってバックアップとっていた(圧縮する前で100MB ちょい)。 バックアップ先は 640MB MO (/MO にマウント)。 毎回フルバックアップとなるのでそれなりに時間がかかるし、容量も結構になる。 また、変更されていないファイルも多く、これらを毎回アーカイブするのも悔しい。 そこでこれからは差分バックアップの方がいいな、と考えたわけだが名案がないので、とりあえずしばらく単純に rsyncミラーリングすることにした。

 #rsync -av --delete --exclude '*~' --exclude '.netscape/cache/' /home /MO
 #rsync -av --delete --exclude '*~' /etc  /MO
 #rsync -av --delete --exclude '*~' /var/spool /MO/var

rsync はリモートとの転送/同期を目的としたものだが、もちろんローカル間での同期にも使える。ただしこの方法だと本当にミラーリングなので、なにかあった時に古い世代のファイルがとりだせない。 やはりきちんとしたバックアップ方法を考えなくては。

しかし何が面倒かって、物理的な準備なんだよね。ノート PC の場合。 MO ドライブと SCSI PC カードひっぱりだしてきて、接続するのが面倒。 でついつい、おっくうになってしまう。 大学でネットワークに接続した時についでにリモートの MOバックアップするように習慣づけた方がいいかもしれぬ。

スポンサード リンク
[ 1月23日全て ]

1999年1月26日 (火)

orion に Tripwire ASR 1.3 をインストール

Tripwire Security Systems, Inc. より Tripwire ASR 1.3 (tripwire-1.30-1.tar.gz) を入手し orion にインストール。 なお ASR は Academic Source Release の略。

tripwire はシステム中の実行可能ファイル、設定ファイルなど指定したファイルの変更があったかどうかを検証するツール。 システムがクラックされた場合、裏口を開ける機能をつけくわえた実行可能ファイルなどがインストールされたり、すでにあるものを置き換えたりされる可能性がある。 tripwire は事前に作成したファイルの情報のデータベースと、現在のファイルの情報を比較することによってこのような変更を検出することができる。

なおここでは、以下の環境、条件でインストール、設定を行った。

まずはパッケージ展開。適当な作業ディレクトリ上で。

 $tar zxvf tripwire-1.30-1.tar.gz
 $cd tripwire-1.30-1

次に Makefile の編集。 以下の2つの変数を値を書き換える。

 DESTDIR = /MO/tripwire/bin
 DATADIR = /MO/tripwire/var

次に OS 毎の設定ファイル。Ported をみると, conf-linux.h を使うようにかいてあるが、みあたらないので conf-sunos-4.1.h で代用する。

$emacs ./configs/conf-sunos-4.1.h

以下の通り変更する。

 #define DIRENT
 を
 #undef DIRENT
 に

最後に include/config.h を編集する。

 $emacs include/config.h

ここでは、os 別のインクルードファイルを読み込むようにするのと、各種ファイルへのパスを設定。

 #include "../configs/conf-svr4.h"
 を
 #include "../configs/conf-sunos-4.1.h"
 に。また以下の変数の値を変更。
 #define CONFIG_PATH "/MO/tripwire/etc"
 #define DATABASE_PATH "/MO/tripwire/var"

そして make。

 $make
 $make test

次に MO を準備する。 マウントする前にシングルユーザモードにし、インストール、ならびにデータベース作業中に他の誰かが悪行をできないようにしておく。

 $su
 #mkesfs /dev/sdb
 #mkdir /MO
 #init S
 #mount -t ext2 /dev/sdb /MO

そしてインストール

 #make install
 #mkdir /MO/tripwire/etc
 #cp configs/tw.conf.linux /MO/tripwire/etc/tw.config
 #emacs /MO/tripwire/etc/tw.config

とりあえず tw.config には自分でコンパイルしたカーネルファイルの指定を追加しておく。

そしてここから実際に使用。 まずは、現在のファイルの情報に関するデータベースを作成する。 終了すると、tripwire を実行したディレクトリに databases/tw.db_orion が作成される(orion の部分はホスト名がはいる)。 これを /MO/tripwire/var に移動しておく。

 #cd /MO/tripwire/bin
 #tripwire -v -initialize
 #mv databases/tw.db_orion /MO/tripwire/var

以上が終了したら、一旦 MO ディスクを抜き、書き込み禁止にしておく。 そしてマルチユーザーモードに戻す。 リブートしてしまう。

 #cd /
 #umount /MO
 #sync; sync; shutdown -r now

とりあえず検証してみる。Read-only でマウントし /MO/tripwire/bin/tripwire を実行する。

 #mount -t ext2 -r /dev/sdb /MO
 #/MO/tripwire/bin/tripwire

一応何も変更は検出されないはず。 と思ったら、いくつか追加されたファイルと変更されたファイルが検出。 モジュールの依存関係ファイルやら何やら。 これらのファイルはおいおい設定でチェックしないようにしなければ。

今後は cron 等で定期的にチェックするようにする設定を行う必要がある。 今日はもう遅いのでやめ。

なお本来は、tripwire のインストール場所、ファイルの位置などはできるだけわかりにくいようにする必要がある。 公開などしてはいけない(ここであくまでも例で、具体的な位置は異なっている)。

  • UNIX Magazine 96/7 pp.93-101
  • LINUX JAPAN Vol.5
[ 1月26日全て ]

2001年12月2日 (日)

24:00 DynaBook SS 3440 のポッチ交換

私は「ノート PCポインティングデバイスはやはり TrackPoint /アキュポイントでなきゃ嫌」派で、必然的に選べる機種の少ない淋しい人だ。 そんなこだわりはあるが、デバイスのぽっち(キャップ)の磨り減りには無頓着だ。

いやいや気にはなるのだが、さしたる不便はないので交換しそびれてしまうのだ。 たまたま、今日は MOバックアップ中の開き時間があったのでゴソゴソと探しだして交換。 しばらくは、真新しいザラザラで右人差指がひりひりになること必至。

[ 12月2日全て ]

2002年7月2日 (火)

25:00 古いデジタルカメラのデータを salvage

QV-10 の話から、自分が初めて買ったデジタルカメラ DC50 の事を思い出す。 結構なお値段で買ったのだが、対して使わなかったなぁ。 自分がデジカメライフにのれなかったのか、ただ単に当時のデジカメが大きく画質的にも不満だったからなのか? これを買ったのが1996年で、次に デジカメを買ったのが2002年とずいぶんのブランク。

まぁ、それはいいとして久しぶりに DC50 で撮影したデータを掘り出してみるかな。 古い MO からデータを探し出す。 あったあった。 データ形式か RADC という超マイナー(すでに死んでいる?)なものなので、とりあえず BMP にコンバート。 そこそこ、データ残っていたんだな。 近日中に整理して CD-R に焼いておくか。

[ 7月2日全て ]

2012年9月2日 (日)

今日のさえずり: MO と MD 処分したいの

2012年09月02日

  • 17:28 ThinkPad X31 (Windows XP) + Adaptec SlimSCSI 1460D + MockingBird SMB-640D2 で MO ディスク読もうとするもドライブ認識せず……。
  • 17:36 MO と MD 処分したいの。
  • 21:17 @mushikabu 自分も早くおさらばしたいです。
[ 9月2日全て ]

2013年4月21日 (日)

【日記】 捨てたり申し込んだり

今日は古い PC 関連のものを処分。いつかサルベージするかもと思ってずっととってあった MO ドライブ・ MO ディスクも捨てることにした。MO は長期保管に適していると思っていた時期が自分にもありましたよ、えぇ。

夜はいよいよフレッツ光の申し込み。ISP は15年前に AT&T WorldNet Service に契約して以来、現 SpinNet になるまでずっと同じところだったんだけれど、今となっては料金も高止まりしているので、こちらも乗り換えようかなと。ここは順当にシェア1位の OCN をチョイス。

ということで「OCN 光 with フレッツ マンション・東日本」申し込み。YouTube を HD で観られるようになりたーい。

[ 4月21日全て ]

2013年5月27日 (月)

今日のさえずり: カップのガリガリ君見かけたけど、今日は違うのにした

2013年05月27日

  • 17:42 “ChecKEY(チェッキー) | 製品ラインナップ|住まいの防犯特集|美和ロック株式会社” http://t.co/3DZZADyejT
  • 18:12 新卒プレゼンテーションで普通にプロモーション動画作っててすごいわ。次世代だね。ユースケースも具体的なものが多くて、その点良かった。
  • 20:20 モーハウス青山ショップ Mo-house の公式 Twitter アカウントがあるとは! @MO_HOUSEaoyama
  • 20:23 あまりコミットしきれなくて申し訳ないので、今日の某打ち上げは不参加させていただきました。頑張ったみなさまお疲れさまでした。
  • 22:49 カップのガリガリ君見かけたけど、今日は違うのにした。
[ 5月27日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 2.093249s / load averages: 0.78, 0.67, 0.70
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker