nDiki : Mac アプリケーションレビュー

2015年4月5日 (日)

念願の Day One Mac アプリケーション

昨日 MacBook Pro届いたので、早速 Day OneMac アプリケーションインストールしてみた。一昨日である4月3日に為替変動を受けての App Store 値上げがあったので、1,000円からちょっとお高くなって 1,200円。

入れてみて特に驚きは無かったんだけれど、公式アプリで編集できるというのは精神衛生上良いな (Emacs で直接 XML ファイルを編集するより)。

もうすぐ1,000エントリになるところ。


[ Mac アプリケーションレビュー ]

スポンサード リンク
[ 4月5日全て ]

2016年4月12日 (火)

Mac アプリケーションiA Writer 買った

Android デバイスと iOS デバイス(Xperia Z5iPhone 5c) に文章を書くのに便利なライティングアプリ iA Writer一昨日入れてみた勢いで Mac アプリケーション版の iA Writer を買ってしまいました。

iA WriterDropbox 上にあるテキストファイルを読み書きするアプリケーション*1なので必ずしもスマートフォン版と PC 版で同じアプリケーションに統一する必要は無いのですが、評判が良かったので使ってみたくなりました。

今は Mac 上で文章を書くのはメインが Emacs、既にあるノートをベースに書く時はそのまま Evernote 上でという感じです。編集機能としては基本 Emacs で良いのですが、複数ある草稿ファイルから1つピックアップして続きを書くというのにはちょっと向かないのですよね。意識してファイル一覧を見てえいやと開く必要があります。このあたりは Android アプリの Jota+ と同じ感じなわけです。

Mac アプリケーション iA Writer は草稿ファイルを入れるフォルダをライブラリとして登録(複数可)しておくことで、左側のペインに一覧表示させておくことができます。ファイル名だけではなく先頭の数十文字が表示されるので何を書いているファイルかもぱっと見でわかるようになっています。これが便利。もちろんライティング向けのテキストエディタということで distraction free な UI になっており気持よく書けるようになっています。

しばらく草稿作成は iA Writer を使ってみようと思います。


[ Mac アプリケーションレビュー ]

*1最近の Mac アプリケーション版は Dropbox で同期されたローカルファイルを編集するタイプ

[ 4月12日全て ]

2016年10月7日 (金)

きちんと休憩するためにポモドーロタイマーを使う

rimage:https://www.naney.org/nDiki/2016/10/07/desktop-screenshot@2x.png

今日はミーティングが少なくデスクに向かえる日。「疲れる前に休息せよ」を意識的に実践するためタイマーを使うことにしました。

そういえばポモドーロテクニックでは25分毎に5分休むことになっていて、それ用のアプリがいろいろ出ています。 Mac で作業用に Pomodoro One という Mac アプリケーションを入れてみました。

計測中にメニューバーに残り時間を表示してくれて、時間になるとウインドウを表示してぱっと気がつかせてくれるので過不足ありません。

久しぶりに25分+5分のインターバルをやってみたら、集中できていい感じでした。以前やっていたポモドーロテクニック自体をまたやるつもりは今のところありませんが、ポモドーロタイマー自体は活用したいなと思います。

(画像http://rinik.net/pomodoro/ より。)


[ Mac アプリケーションレビュー ]

[ 10月7日全て ]

2016年12月27日 (火)

テキストファイルでのノートシステムとしての Ulysses for Mac

テキストファイルノート日記を読み書きするのに iA Writer を中心に使っていて、検索には Atom を併用してみています。でも Atom がちょっとしっくりきません。ライティングアプリとして有名どころの UlyssesiA Writer と同じくライブラリ機能があるので Demo 版を入れてちょっと触ってみることにしました。

Ulysses小説論文など長文向けのライティングアプリだと思っていたのですが、使ってみると小さいテキストのオーガナイズにも便利だということがわかりました。iCloud やローカルだけでなく、ファイルシステム上の任意のフォルダを外部フォルダとして追加できるので他のエディタと併用も簡単です。 Dropbox 上のフォルダを外部フォルダとして指定することで Android アプリとも併用できます。

検索とフォルダ/ファイルのブラウズが iA Writer より優れているので即購入しました。

iA Writer より良いところ

  • 「よく使う項目」「フィルタ」機能で別々のフォルダにある必要なファイルをシート列に集めてアクセスできる。
  • シート列内のファイルを上下キーで順番に開いていける(iA Writer はクリックしていく必要がある)。
  • フォルダ階層に含まれるファイルに対してインクリメンタルに全文検索ができ、その検索をフィルタとして保存できる。

iA Writer と同じように良いところ

  • 外部で編集されたら自動的に反映される。

iA Writer の方が良いところ

  • エディタが余計なことをしすぎない。
    • Ulyssess は空白4文字がタブ文字になってしまう。
    • Ulyssess はエディタ内での Markdown のレンダリングがちょっとやりすぎる(リンクなど)。

Mac 版の UlyssesiA Writer、どちらも一長一短があってどちらかだけにできないかもしれません。両方引き続き使っていくことになるかも。


[ Mac アプリケーションレビュー ]

[ 12月27日全て ]

2017年1月13日 (金)

Kobito を試してみた

Qiita:Team 活用のためにまだ試したことのなかった Mac アプリケーション Kobito をちょっとだけ使ってみました。

Qiita(Qiita:Team) 関連の機能としては投稿だけだと思っていたのですが、ローカルの変更を Qiita 側に再度反映させたり Qiita 側からダウンロードできて、いい意味で予想に反しておっと思いました。 Medium は UlyssesiA Writer と双方向同期できるなら積極的に使うのになというのがあるのですが、 Kobito + Qiita ではそれが実現できていていいですね。

ただ Qiita:Team クライアントとして使うには、自分が投稿した記事しか同期できないという点で使い物にならないのが残念。自分自身が投稿した記事の管理にしても、ローカルホストのファイルシステム上の Markdown ファイルとして扱えるわけでもないので、自分としてはあまりメリットがないと感じました。

Qiita:Team 専用アカウントと Qiita アカウント

Kobito のログイン画面のユーザ名入力欄をみて「あっ」と思ったのですが、 Qiita:Team 専用アカウントとそうでない Qiita アカウントで同一ユーザ名を使えないのですね。2013年4月9日にリリースされた Qiita:Team は Qiita の上に建て増したあと付け感がやはり強いです。

Naney はパブリックな方で使えるようにしておきたいので、 Qiita:Team 側のユーザ名を変更しました。


[ Mac アプリケーションレビュー ]

[ 1月13日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.07827s / load averages: 0.47, 0.63, 0.63
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker