nDiki : PEG-NZ90

CLIE PEG-NZ90

スポンサード リンク

2003年12月9日 (火)

CLIE PEG-NZ90

PEG-NZ90 Treoに移行の済んだ社長から、お下がりでCLIEを譲っていただく。

WorkPad, Visor Prism と一応Palm歴はあるのだが最近はさっぱり。 管理するほどスケジュールはないし、ネタ帳は紙ベースだし、普段はノート PC を持ち歩いてしまうという事で位置付けが難しいところ。 @FreeDも解約しちゃっているしな。

折角なので何か面白い用途を考えなければ。

スポンサード リンク
[ 12月9日全て ]

2004年2月26日 (木)

CLIEスタイラス (PEGA-ST61)

社長が、3本セットのうち一本を除いた2本をくれた。

以前譲っていただいたPEG-NZ90を使っていた時の残りが引越し準備でてきたのかな?

そういえば今だ使い道が見つからなくて使っていないPEG-NZ90だが、せっかくだから何かに使わなければ。何かキラーアプリはないかなぁ。

[ 2月26日全て ]

2004年3月3日 (水)

[ Debian ] 久しぶりにJ-Pilot

CLIE PEG-NZ90で遊ぼうかと思いたつ。 一応 WorkPad 30JVisor PrismPalm 経験はあるのだがここしばらく触っていなかったので勘がなかなか戻らない。 CLIE はいろいろゴテゴテしているし。

筐体としてもPEG-NZ90はデカすぎ。キーボードいらないし。液晶を表にして畳むとアプリケーションボタンが押せないし。

ま、なにはともあれ HotSync の準備。J-Pilotインストール。 で、PEG-NZ90USB接続。

認識せず。

あら。Linux kernel で usbserial を有効にしていなかった。visor モジュールと一緒に有効にして kernel 作り直し。messages 出力を見る限り認識したようだ。

J-Pilot から同期。エラー

 uhci.c: 1820: host controller halted. very bad
 usb.c: USB disconnect on device 00:1d.1-1 address 2
 visor.c: Bytes In = 0  Bytes Out = 0
 Unable to handle kernel NULL pointer dereference at virtual address 00000998
  printing eip:
 f89032ba
 *pde = 00000000
 Oops: 0002
 CPU:    0
 EIP:    0010:[<f89032ba>]    Tainted: P
 EFLAGS: 00010246
 eax: 00000000   ebx: f68abc00   ecx: 00000000   edx: 00000000
 esi: f68abc1c   edi: 00000000   ebp: f68abc00   esp: f795ff20
 ds: 0018   es: 0018   ss: 0018
 Process khubd (pid: 1596, stackpage=f795f000)
 Stack: f68abc1c 00000000 00000064 f89045c0 00000000 f89045a0 f04fcac0 f88e631f
        f7439600 f68abc00 f7439604 00000002 00000000 f7439600 00000100 0000000a
        f79d9200 00000000 f88e922f f79d930c 00000001 00000010 f04fca40 f88e8c7d
 Call Trace:    [<f89045c0>] [<f89045a0>] [<f88e631f>] [<f88e922f>] [<f88e8c7d>]
   [<f88e94bc>] [<f88e9555>] [<c010579e>] [<f88e9520>]

 Code: 89 90 98 09 00 00 8d 4e 58 ff 43 74 0f 8e 63 05 00 00 0f b6

どうもUSBドライバまわりでこけている感じ。 明日以降再調査。

[ 3月3日全て ]

2004年3月5日 (金)

PEG-TJ25購入

PEG-TJ25

やはり久しぶりに Palm デバイスをおもちゃに欲しくて買ってしまった。 この値段ならおもちゃとしてもギリギリ買えるかとうところ。

これは昨年10月に発売されたモデル。 この2月に出た新機種(PEG-TH55PEG-TJ37)が世の中話題の中心なのだろうが、私にとっては何分久しぶりの Palm デバイス(3年弱ぶりぐらい)。 感じたことや、Linux関連等を書いておこう。

ハードウェア

  • 質感はいい感じ。
  • アプリケーションボタンも最近のCLIEの中では押しやすいほうだと思う。
  • 前面のみカバーするソフトカバーがついている。本体の値段を考えると別途買わなくてもこれで十分かな。
  • クレードルは無し。今までもクレードルの置く場所に困っていたので個人的には問題無し。あっ、でも HotSync ボタンが無いのでソフトウェア的に開始させなければならないのはちと不便。
  • 伸縮スタイラスはどうかなぁ。今日は別のスタイラス使って作業していたから使い勝手は不明。ボディから抜き出すときに摩擦の関係で伸びて出てくるので、わざわざ伸ばすという感じはしない。収納する時もそのまま押し込めば縮んで入ってくれる。

Graffiti 2

「もう Graffiti なんて忘れちゃったなぁ」と思ったがさすがにアルファベットとかは体が覚えていた。他の評判通り Graffiti 2 の方が入力しずらい感じ。2ストローク文字が増えすぎ。

Decuma

ほとんど使ってないのでまだ不明。 そこそこ認識してくれてはいるようだ。

ATOK

ソニーなのにPOBoxは入ってないの?

辞書

PEG-NZ90CD-ROMから入れる必要があったけど、こちらは最初から入っている。 ちょっとした時には役に立つかな。

CLIE Memo

今までのデバイスにこういうのインストールしておかなかったが、あると便利。 TODOは DateBk5 の方で管理するから、TODOボタンに割り当ててみておくか。

CLIE Launcher

慣れるのか? 他のLanuncherに変えるかも。

おまけCD-ROM

一応 Windows BOX に入れてみたが PEG-NZ90みたいに何個もアプリケーションが入っているわけではなかった。

ThinkPad X31 Linux BOX と連携

pilot-link で問題なく接続できた(visor カーネルモジュール)。 J-Pilot も問題無し。

かなり「ほっ」とした瞬間。Linux から接続できるのとできないのとではかなり使い勝手が違ってくるので。

しかし、そうすると一昨日からうまくいっていない PEG-NZ90との通信は、Linux 側の問題ではなく PEG-NZ90 特有ということか。ちなみに PEG-NZ90 の方は、今日会社で Windows XPHotSync できたので個体が故障しているわけではないことを確認。

Data Import

メモリースティックを差し Data Import を起動して「接続」を押すと、USBケーブルでつないだ Linux 側で USB マスストレージクラスデバイスとして /dev/sdX1 でマウント可能。 これは非常に良い。


[ 製品レポート ]

[ 3月5日全て ]

2004年3月24日 (水)

[ CLIE ] PEG-TH55

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-03-24-0001.jpg この間私の PEG-TJ25 を見て「皆が持っているようなのは嫌だ」といっていた社長だが、今日会ったら PEG-TH55 を手にしていた。 何でも CLIE である必要がある何かがあったらしいが詳細不明。

クリエオーガナイザーは遅くて使いものにならないとのこと。

それから、以前 PEG-NZ90 と一緒にもらった 128MBメモリースティックのトレードを要求された。 新しく LEXER の(128MB)を一緒に買ったが相性が悪く使えないデバイスがあったらしく、純正のものと交換したいらしい。 もともと貰い物だし CLIE では問題ないので交換。 メモリースティック自体にアクセスランプがあるのでちょっと派手。

[ 3月24日全て ]

2004年3月25日 (木)

[ CLIE ] PEG-TJ25Graffiti 2Graffiti

やっぱり Graffiti 2 は使いづらい(i, t, 記号あたり)。 Graffitiの方がいいな。

ということでPEG-NZ90(Palm OS 5 デバイス)から、FileZで、

  • Graffiti Library.prc (version 2)
  • Graffiti Library_jpJp.prc (version 3)

メモリースティックにコピー。 PEG-TJ25側でメモリースティックからFileZでRAMに移して、ソフトリセット。 問題なく動作。

境界またぎの大文字入力

PEG-TJ25では標準で使えるようになっていた「境界またぎの大文字入力」だが Graffiti にしたら効かなくなった。 MiddleCapsPalm OS 5 だと動かなさそうだしということで、別のものを探す。 で、Capitalizer 0.22 をチョイス。

  • capitalizer022.zip / capitalizer.prc

設定の Make capital when は自分の場合 4:Stroke crosses number area が一番境界またぎっぽく使えた。

体が

'i, k' あたりの入力では、既に体が Graffiti 2 向けになっている事に気がつきショック(すぐ Graffiti の体に戻ると思うけど)。

[ 3月25日全て ]

2005年10月21日 (金)

京都セミナー講演

naney:55058457

アライアンスの総会(+ 記念セミナー + 併設展示 + 展示会)に出席するため、社長松下君と3人で京都出張

社長PEG-NZ90Graffiti の移植に失敗して LifeDrive ハードリセットの憂き目にあいつつ3人をのせた新幹線京都へ (3人とも Palm OS 使い)。

会場は京都宝ヶ池プリンスホテル地下鉄烏丸線で終着の国際会館駅でおりたところ。

講演

今回は第2部の記念セミナーで20分枠の時間をもらたので、私が喋ることになっている。 そのために久しぶりに PowerPoint でスライドを作ったのである (先方が PowerPoint 前提だったようなので)。 人数は140名ぐらいっていっていたかな。

機会をいただいたので半分は訓練と覚悟して喋ってみた。喋っている途中、「一つのセンテンツの前と後がうまくつながってないよな」と自分でも思いつつ何とか時間丁度におさめて完了。

反省点

  • 話の前と後がうまくつながっていない。
  • ツカミはまあまあ。
  • 自己紹介のスライドに企業説明をちょっといれた方が良かったかな。
  • マイクとの距離が一定で保てていたか。音量がぶれてしまっていたかもしれない。
  • PowerPoint のオペレーション。ページ送り時についコンテキストメニューを開いてしまった。普段使っていない Let's note なので間違えて右ボタンを押していた。

自分より前のプレゼンターが(人のこと言えないが)あまり上手でなかったので、多少安心してしまっていたり。良くないね。

NRI のコンサルタントの人はやはり安定感のある喋りだった。 上手くないプレゼンターのと同じく、スライドは字が小さかったけれど。

懇親会

naney:55058466 naney:55058510 naney:55058518

とりあえず一仕事終えたあとは、併設展示と懇親会。 講演で興味をもってくれた人が話を聞きにきてくれたので、喋ったかいはあったかなという思い。

展示の方をメインでしきってくれた松下君お疲れ様。 前日までデモンストレーションの改良を続けたおかげで、理解してもらいやすいもの仕上がっていたよ。

[ 10月21日全て ]

2014年3月3日 (月)

mixi 10周年と10年前の自分

image:http://www.naney.org/nDiki/2014/03/03/10th_Friends_and_mixi.png

2004年3月3日に提供を開始した mixi が10周年を迎えた。ちなみに自分が mixi に登録したのは8カ月ほと後の11月19日

10年前の3月3日の自分ハイパー日記システムキャッシュ設定を変更したりCLIE PEG-NZ90 (Palm デバイス)で遊ぶのに J-Pilot設定したり々の読み方を調べたりしていた模様。

今も相変わらず Web 日記は続けていてコードもいじったりして遊んだりしているし、昔は Palm で遊んでいて今はスマートフォンで遊んでいるし、気がつけば mixi中の人になっていたりする。

image:http://www.naney.org/personal/diary/img/2003/X/X2003-02-18-0001.jpg

[ 3月3日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.054882s / load averages: 0.60, 0.57, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker