nDiki : WWW::Mixi

WWW::Mixi

塚本牧氏生によって開発されている、mixiに簡単にアクセスするためのLWP::UserAgentライクなモジュール。 mixiに特化したLWP::RobotUAモジュールのサブクラス。

関連情報

2004年11月21日 (日)

mixi画像アップローダ

エセライブカメラ画像を定期的にアップロードできるようにアップローダを書く。 塚本牧生氏によるWWW::Mixi 0.15 モジュールを使って20行ちょっと(自分用なのでエラーチェックとか省略)。

mixi では写真は3枚アップロードできて1枚を「メイン写真」にできるのだが、そこら辺の処理が面倒なので常に1枚のみアップロードしておく事にする。 最初に全て削除して1枚アップロードするという作戦で。

動作確認したので後は手動か cron か。 cron だと1時間間隔か2時間間隔ぐらいなら負荷的には問題ないのかな? mixiRSS を2時間に1回見にくるので、こちらもそれぐらいの間隔なら許される?

スポンサード リンク
[ 11月21日全て ]

2005年9月30日 (金)

mixi のプロフィールをランダム更新

mixi であるが、何だかんだといって登録以来定期的に巡回している。

あたり。

mixi で残念なのは、マイミクシィコミュニティの紹介文を、(他人からみた)自分のトップページに表示できないこと。 マイミクシィの紹介文は相手のところに書くことができるけれど自分のところでは紹介できない。 コミュニティも「なぜ参加(登録)してみた」のか一言書いてみたい。

今の mixi だとトップページで比較的自由になるのは、写真と自己紹介の欄ぐらい。 写真は既に一言コメントを画像に埋め込んでいるから、あとはいじるとしたら自己紹介。

ということで、この部分を定期的にランダムに更新できるように、スクリプトを書いてみることにした。

最初は WWW::Mixi で行こうと思ったが、フォームの一部分だけ変更してPOSTするには LWP::RobotUA のサブクラスである WWW::Mixi より WWW::Mechanize の方が楽そうなので、そちらでスクリプトを書くことにした。 ログイン後の refresh あたりの処理以外は面倒なこともなく、さらりと。

あるディレクトリの下にあるテキストファイルからランダムに1つ選び、その内容で*1自己紹介を更新するスクリプトを書き cron で定期的に更新するようにしてみた。

今のところテスト的なテキストしかないのでランダムといってもほとんど変わらないけれど、そのうちマイミクシィの紹介とかネタとかを増やしていく予定。

*1実際にはフッタとヘッタをつけて

[ 9月30日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.04864s / load averages: 0.64, 0.59, 0.50
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker