nDiki : digiKam

2009年10月4日 (日)

ThinkPad X31sidLinux kernel 事情

ここ最近 ThinkPad X31Debian GNU/Linux sid が調子が悪い。 いろいろ調査・トライしてみている途中の状態をメモ

状況

  • いつごろからか、サスペンドしても ThinkPad X31 の月ランプが光らなくなった。
  • 8月19日ぐらい(から、使用中に Caps Lock キーが点滅してフリーズするようになった。(記事)。
  • 9月11日ぐらいから digiKam写真データを認識しなくなった(記事)。digiKam 更新で対応。
  • 9月23日ぐらいからサスペンドさせると復帰時に Caps Lock キーが点滅して Kernel panic になるようになった(記事)。
  • 9月29日に X があがらなくなった(記事)。こちらは xserver-xorg-core ダウングレードで対応。
  • Linux kernel 起動時に udev が「今の kernel だとデバイスあたりの処理がおかしくなるかもよ」というような警告を出すようになった。

アプリケーションや X の不具合などと重なって unstable 全開だ。

Linux kernel については各種パッケージの更新に追いつけなくなっているようなので、アップデートをかける必要がありそう。

Linux kernel 再構築

Debian GNU/Linux の標準イメージを使ってみたが、ThinkPad X31 では例によって ACPI では蓋の開閉でサスペンドしない。 APM を使うようにした Debian kernel パッケージ構築が必要。 しかし今年の2月に 2.6.26 をビルドした時(記事)から、いろいろ変更があったようで一筋縄ではいかなかった。 以下は最終的な手順(たぶん)。

 #apt-get build-dep linux-image-2.6.30-2-686
 #apt-get install linux-source-2.6.30 aufs-source
 #exit

 $mkdir -p /usr/local/src/linux
 $cd /usr/local/src/linux

 $tar jxvf /usr/src/linux-source-2.6.30.tar.bz2
 $tar zxvf /usr/src/aufs.tar.bz
 $emacs modules modules/aufs/Makefile
 $cd linux-source-2.6.30
 $cp /boot/config-2.6.30-2-686 .config
 $make menuconfig
 $make-kpkg clean

 MODULE_LOC=/usr/local/src/linux/modules fakeroot make-kpkg --initrd --revision=sebastian.1.0 kernel_image modules_image
 $fakeroot make-kpkg --initrd --revision=sebastian.1.0 kernel_image
 $cd ..
 $su
 #dpkg -i linux-image-2.6.30_sebastian.1.0_i386.deb aufs-modules-2.6.30_0+20090302-3+sebastian.1.0_i386.deb
 #update-initramfs -c -k 2.6.30
 #update-grub
  • aufs inotify を有効にする(記事)必要があるのだが、modules/aufs/debian/conf.mk が無くなっていた。modules/aufs/Makefile 側で同様の設定追加をする必要あり。
  • MADWIFI はコンパイルが通らなくなっていた。
  • 自前で作った linux-image の Debian パッケージが、initrd まわりの処理をうまくしてくれない。自分で update-initramfs した。

MADWIFI はもはやコンパイルが通らなくなっていた。 試してみたところ ath5k で通信できるようになっているではないか。modprobe ath5k すると wlan0 が使えるようになった(MADWIFI の時は ath0)。

initrd 関係は結構はまった。 最初いつも通りビルドして dpkg した後再起動したのだが、"Unable to mount root fs on unknown-block(0, 0)" が出て先にすすまない。 IDE まわりや ext2ext3 まわりを M から y にしても駄目。 何度か試しているうちに、 linux-image を dpkg --install した際に実行される update-grub のメッセージで自分で作った Linux kernel だけ initrd 関係の処理がされないことに気がついた。 自前で update-initramfs したらようやく 2.6.30 が起動するようになった。

2.6.30 にすることで起動時の udev の警告は解消された。 しかしながらサスペンドはまだ駄目。 復帰時にフリーズする。 やはりパワー関係の処理があやしい。今は AC アダプタを外しても KPowersave は気付かない。

もう少しおっかける必要がありそう。

対応できるまではサスペンドできず。毎回起動したりシャットダウンしたりするの面倒くさーい。

スポンサード リンク
[ 10月4日全て ]

2011年12月29日 (木)

全部左回転とか強烈な NEX-5N

一昨日買った NEX-5N ね、買ったその日はバッテリ充電して、それで昨日初めて使ってみたの。 電源入れて時計を設定して、普通にパシャリ。で再生。あれあれ? なんか90度回転して縦長に表示されてる。ソニーデジカメって再生の仕方変わってるねぇ。 パシャリパシャリ。一覧表示で詰め込むためにこんな表示になっているのかなぁ。……これ不便じゃね?

でいろいろいじってみるとどうも再生の問題じゃないっぽい。 JPEG 画像Exif Orientation がことごとく rotation 270 になってる (jheaddigiKam で確認)。 つまりグリップを上にして縦位置で撮影したことになっている。水平横位置で撮影しても、水平縦位置でとったやつも。 どうも縦横判別するセンサーまたはそれに類する不良っぽい。

あちゃー初期不良当てちゃいましたか。

年末年始に使いたかったから在庫のあった会社の近くの量販店で買ったのに。 仕事はもう納めちゃいましたよ。もう年内は渋谷行く予定なんかありませんですよ……。 とほほ。

とはいっても初期不良交換してもらうなら早い方がいいので、年末年始休暇初日にもかかわらず渋谷行ってきましたよ。

店員には最初「縦記録画像の再生」の設定(縦向き/横向き)によってそうなりますよって言われたんだけれど、いやいや横位置で撮った写真ですからと。 で店員がカタログにあったソニー電話番号にかけて問い合わせ。 こちらもなかなか理解してもらえず。直接自分が電話にでて「メモリカードから直接無加工の JPEG ファイルを読んでチェックしたら Exif に一律左回転で書き込まれてました」って言うと「まずはドライバを入れて……」とか言われたり。そもそもカメラ上でも回転表示されることを再度説明して、ようやく「センサー関連の初期不良の可能性が……」という風に理解してもらえた。

メーカーの判断が出たので、お店の方でも初期不良として対応しましょうということに。 「品薄なので無償修理……」とか言いだすので自然故障じゃなくて初期不良品であることを伝えて交換をリクエスト。レンズキットが在庫が無い(出したくない?)ので、ボディのみパッケージのものとボディだけ交換をということで。倉庫から取ってくるので1時間から1時間半ぐらいかかりますが(それって他店舗から取り寄せじゃなくて?)って言われたのでそれだと予定的に困る旨伝えたら、他の店員が「ありました」って1箱出してきた。

でボディ交換してそちらでは不具合が無いことを確認。そうそう、普通こうでしょう。横位置で撮ったら横長で表示されるでしょう。

ということで正味30分ほどかかってボディ交換とあいなった。 これで年末年始にオモチャが無い残念な状況は避けられましたよ。

[ 12月29日全て ]

2012年6月24日 (日)

今日のさえずり: だいたい、秘密の質問の答えってパスワードジェネレータの出力入れるでしょ

2012年06月24日

  • 08:15 RT @finalfusion: @Naney SPIのAir War(日本語タイトル「空戦マッハの戦い」)かと思いましたが、あれはジェット機オンリーみたいですねえ(^^;
  • 08:17 @finalfusion 確認したら「大空のサムライ」でした(手元にあった紹介記事には木の葉落とし言及されてないけど)。
  • 08:21 RT @yukiao: 書評ありがとうございます! nDiki: ガールズフォトの撮り方 http://t.co/eF2oU37H @Naneyさんから
  • 08:31 @yukiao イメージを明確にしないとただ押してただ撮れた写真になってしまうよっていう話がとても心に刺さりました。
  • 11:10 digiKam でタグ付け中。もう一生離れられないのかなー。
  • 15:29 駄菓子屋で餅太郎買ってきた。「まれにピーナッツが入ってないことがありますが、ご了承ください。」
  • 21:25 久しぶりにアップデートして起動したけど、まだ Icedove って名前なんだ。
  • 21:41 Gmail 上のメールを Icedove の IMAP で取ってきてる。86769通ってどれぐらいかかるんだろ。
  • 22:13 いったん Icedove 止めて pdumpfs のお時間。
  • 22:20 Baby Kumon とか恐しい。
  • 23:42 ねんきんネットの登録に「秘密の質問」があってイラッとなっているのに「秘密の答えに入力できない文字が含まれています。半角英小文字・拡張外字・環境依存文字は使用できません。」と出てさらにイラッとなってる。
  • 23:42 だいたい、秘密の質問の答えってパスワードジェネレータの出力入れるでしょ。
  • 24:22 子供の時には牛乳1日1リットル以上飲んでたけど、身長は遺伝の範囲だし、何かを使い切って今は牛乳飲めない体なの。
[ 6月24日全て ]

2014年2月1日 (土)

iOS 端末のカメラロールからタイムスタンプ情報を残して Linux に取り込む

写真(画像)・動画は撮影日時(作成日時)で管理している。カメラで撮った JPEG ファイルは Exif データに撮影日時が入っているので問題なくて jheadファイル名やファイルタイムスタンプに反映させられる。あと iOS 端末で撮った動画の撮影日時は ffprobe で調べられることがわかったのでこれも問題無し(確認したら NEX-5NIXY DIGITAL 210 IS もメタデータに日時が入っていた)。

しかしスクリーンショット(PNG)や、アプリが生成した PNG ファイルや Exif データのない JPEG ファイルなどはファイルのタイムスタンプに頼らざるを得ない。

iOS 端末から Linux への取り込みは iFiles で Dropbox 経由でやっているのだけれど、これだとタイムスタンプが維持されないので別の方法を調べてみた。

iOS 6.1.3 (iPad 2) だと USB ケーブルで接続すれば Linux 上の digiKamUSB PTP Class Camera と認識できて、カメラロールにある画像をファイルスタンプ維持でダウンロードできた。これで問題無し。

iOS 7.0.4 (iPod touch 5th) は Linux で今のところ接続できないようなので、Windows 7 で取り込む方法を確認。 Windows の「画像とビデオの読み込み」で直接 Dropbox フォルダに読み込んで、Dropbox 経由で Linux 側で受け取ればファイルタイムスタンプを維持できた。

手間だけれど PNG ファイルなどはこの方法で取り込むかなと。

タイムスタンプが維持されるか

画像動画
iOS 6.1.3 -> digiKam
iOS 6.1.3 -> Windows でインポート -> Dropbox -> Linux
iOS 6.1.3 -> iFiles -> Dropbox -> Linux××
iOS 7.0.4 -> digiKam読み取れない
iOS 7.0.4 -> ifuseマウントできない
iOS 7.0.4 -> Windows でインポート -> Dropbox -> Linux
iOS 7.0.4 -> iFiles -> Dropbox -> Linux××

今日のさえずり: iPod touch 5th での動画撮影、バックカメラの時はボタン右、フロントカメラの時はボタン左

2014年02月01日

  • 07:12デザインあ」ってテレビ番組だったんだ。いい番組だね。
  • 10:42 バンナイズが使っている SHOP-Maker、「高セキュリティ」をうたっているけど、生パスワード持っているのか……。
  • 10:45 SHOP-Maker の「よくある質問」に「管理画面で顧客リストを開いていただき、対象の顧客情報を開いていただきますとお客様が登録されたパスワードを見ることができます。」と明記されているし……。 http://bit.ly/1fv1Z7m
  • 11:11 登録解除の手段は(すくなくともユーザー向けには)用意されていないですね。
  • 14:44 2012年6月9日以来ぶりで Windows 上の iTunesiPad 2 同期している。
  • 15:53 iPad 2 と iPod touch 5th で動画撮影する際は、バックカメラの時はボタン右、フロントカメラの時はボタン左にした方が良いことを理解した。
  • 17:48 キーボード弾いているの聴いてるの幸せーの。
  • 24:22 起きた。
  • 24:38 突然思い出してハピネスチャージプリキュア!連ドラ予約した。危なかった。
  • 24:42 Windows 7 なんかブルースクリーンで落ちたし、再起動した Debian は定期 fsck 走ってる。
  • 25:15 ifuse /mnt したら Please disable the password protection on your device and try again. って出た。
  • 25:40 パスコードロック解除したけれど「このコンピュータを信頼しますか?」→「信頼」無限ループ。既知の問題らしい。
  • 25:51 iOS 6.1.3 な iPad 2 なら digiKam から USB PTP Class Camera として認識してカメラロールからファイルのタイムスタンプ維持してダウンロードできた。
[ 2月1日全て ]

2015年4月22日 (水)

digiKam for WindowsKDE がまるっと入っていた

Windows写真のブラウズとスライドショーでの閲覧に使うソフトウェアを選定中。 Linux でずっと使っている写真管理ソフトウェア digiKam をチェックしたら Windows 版バイナリのインストーラがあったのでインストールしてみた(digiKam-installer-4.9.0-win32.exe)。インストーラが 232MB あって結構大きいなと思ったんだけれどインストールしたら 1GB 以上のインストール容量でさらにびっくり。Konqueror とかも同梱されていたりと KDE の主要なものまるっと入っているっぽい。富豪的

起動すると見慣れた画面。いけそう。ただ Windows 7エクスプローラから写真ファイルを KDE のペインにドラッグ&ドロップでコピーしようとしたら重複確認ダイアログが出て(KDE のアルバムフォルダ側は空の状態)、しかもキャンセルするとコピー元の写真側が OSごみ箱に入れられてしまったりとちょっと危険な挙動をした。digiKam 内でコピー・移動させる分には問題ないので、普通の Windows アプリケーションとの間ではドラッグ&ドロップを気をつければ良さそう。

ということでひとまず第一候補。

フォト ギャラリー (Windows)

ちなみに昨日 Windows Essentials 2012 に入っている「フォト ギャラリー」というソフトウェアも試してみたんだけれど、こいつはタグその他の情報を写真ファイルに直接書き込んで更新してしまうタイプだったので NG だった。元ファイルを書き換えてしまうの嫌い。

ちなみに digiKamSQLite データベースに管理情報を書き込むので元のファイルを書き換えないので良い(オプションで画像ファイルにメタ情報を書き込む運用もできる)。

digiKam for OS X

OS X でも digiKam 使いたいと思っているんだけれど MacPorts での提供になっている。 Homebrew 使い始めているので MacPorts は入れたくないなと思っていてちょっと考え中。

[ 4月22日全て ]

2015年5月31日 (日)

今日のさえずり:

2015年05月31日

[ 5月31日全て ]

2015年6月1日 (月)

写真管理ソフトウェア digiKamOS X で使えるようになった!

http://www.naney.org/nDiki/2015/06/01/digiKam.jpg

Linux から OS X に乗り換えてから写真管理ソフトウェアをどうするか困っていたんだけれど、 Linux で愛用していた digiKam の バイナリ (4.10.0 の pkg ファイル)が配布され始めたのを知って小躍りして昨日インストールした。ちょっと使っている範囲では問題なく動いている。

もともと公式サイトでは MacPorts でのインストール方法自体は案内されていて OS X では動くようになっていたのだけれど、自分は Homebrew 使っているので MacPorts で入れるの嫌だなあと思っていたので躊躇していたところなので嬉しい。

Adobe Photoshop Lightroom は評判が良いのだけれど高いし Photos (写真)はクラウドに向かっているらしいのでちょっと違うしで、とりあえず Finder で済ませつつどうしようと思っていたところなので良かった。

digiKam写真を置いてある任意の複数ディレクトリをアルバムとして指定して管理できるタイプのソフトウェアで個人的に気に入っている。写真データファイルをファイル名含め勝手に書き換えることもないので安心(設定次第ではメタデータを写真に埋め込むこともできるけれど、通常の設定では SQLite データベースファイル上にメタデータが保存される)。がっつりフォトレタッチしたいとかではなく、デジカメで撮ったたくさんの JPEG ファイルを撮影日で探したりスライドショーをしたりといったことができれば良い人にはお勧めである。

(画像https://www.digikam.org/node/739 掲載の https://www.flickr.com/photos/digikam/17379488119 (Caulier Gilles 氏) より)

[ 6月1日全て ]

2016年1月3日 (日)

ようやく ThinkPad X200 のホームディレクトリの全データを MacBook Pro にコピー

昨年4月に注文した MacBook Pro が届いてメイン端末を ThinkPad X200 (Debian GNU/Linux) から変更しました。

Emacs・KeePassX・UnisonGIMPdigiKam・VLC などを入れたところで Debian GNU/Linux 上でやっていたことはほぼ OS X 上でもできるようになり環境自体は移行完了。ただ古くから秘伝のタレのようにコピーしていたホームディレクトリはまだ ThinkPad X200 に残ったままでした。

デジカメで撮った写真動画rsyncUnison などで昨年少しずつ同期したりオリジナルデータを Dropbox 経由で同期したりしてから整理するなどして、ようやくホームディレクトリが 50GB を切ったので残りを全部まとめて MacBook Pro 側にコピーできるかなという状況になりました。

なので昨晩ようやく rsync でホームディレクトリをまるごと転送を実行。何度やっても更新されていないのに転送を繰り返すファイルがあって何だろうと思ったら、大文字小文字違いのファイルやディレクトリが Debian GNU/Linux 側にあったという落ちでした(適宜改名等して対応)。

整理は終わってないですが、とりあえず ThinkPad X200 が死んでデータ復旧が面倒になる自体は避けられるようになって一安心。年末年始休暇で1つ大仕事が終わって満足です。

[ 1月3日全て ]

2016年11月8日 (火)

今日のさえずり: digiKam を 4.10.0 から 5.3.0 にアップデート。結構雰囲気変わったな。

2016年11月08日

[ 11月8日全て ]

2016年11月24日 (木)

画像ファイル名中の日時を先頭にする

テキストファイルのファイル名中の日付を先頭にするに引き続き、画像ファイルも同様に日時を先頭にするようにしました。

デジタルカメラ α6300 で撮影した JPEG ファイルのファイル名を変換する場合は以下のようなコマンドです。

 jhead -autorot -ft -n%Y-%m-%d-%H%M%S-ILCE-6300

今までは「<モデル>-<年>-<月>-<日>-<時分秒>.jpg」のようなファイル名にしていたのですが、今後は「<年>-<月>-<日>-<時分秒>-<モデル>.jpg」になります。これで複数のデジタルカメラで撮った写真もファイラ上で通して日時順に並べられます。

digiKam のような撮影日時順に並べられるアプリケーションだとどちらでも良いのですが、それができないファイラやスライドショーアプリなどではファイル名で日時順に並べ替えられた方が便利ですね。

過去10年以上の画像ファイルのファイル名を変更するのがバックアップ管理上面倒だったのでずっとそのままにしてきたのですが、自宅用 NAS として Synology DiskStation DS216j を新調し、昨日画像ファイルを置き始めたタイミングで変えることにしました。

もうこれで並べ替えに困りません。

[ 11月24日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.084092s / load averages: 0.40, 0.31, 0.31
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker