nDiki : emacs-wiki

emacs-wiki

ローカルな WikiEmacs で編集できるようにする。 Lisp を埋め込めるのが特徴。

最初の作者は John Wiegley 氏。 2.33 から Damien Elmes 氏がメンテナになっている。

関連情報

スポンサード リンク

2002年4月22日 (月)

[ www.naney.org ] emacs-wiki用語集

すぐ飽きるかもしれないけれど、emacs-wiki用語集(http://www.naney.org/glossary/) (というか、雑記ページというか)を作り(かけ)てみる。

何の「用語」かという話は置いておく。

スポンサード リンク

emacs-wiki のページを project でわける

仕事のちょっとしたメモemacs-wikiメモしている。 でそのメモ群を(内部的に) public にする必要がでてきた。 最初は手で HTML に書き写していたんだけれど、そういえば emacs-wiki 自体で HTML にエクスポートできるんだっけ。

C-c C-p。 HTML に変換するの意識しないで入力してあったから、設定ファイルの写しの部分とかは変だな。emacs-wiki 風に修正。 あともう一つの問題は、仕事以外のプライベートのメモemacs-wiki で管理してあった事。 emacs-wiki 用ディレクトリを別にして、必要に応じて設定ファイル使い分けか。 面倒くさいな……。 と思ったら、emacs-wiki にちゃんと project という概念があって複数のページセット使い分けられるでないの。 これは便利。

さっそく、仕事のは別プロジェクトに切り出し。

[ 4月22日全て ]

2002年6月8日 (土)

emacs-wiki の中の Perl ソースコードを整形できるように

昨日にひき続き、emacs-wiki を拡張。

emacs-wiki には <c-source>...</c-source>と書くと HTML 変換の際に c2html で整形して埋む込む機能がある。 これを、まねて <perl-source>...</perl-source>で perl2html で整形して埋め込こめるようにしてみた。

[ 6月8日全て ]

2002年10月22日 (火)

JGraph

やはり Wiki のページ間のグラフが見れるようにしたいな。 emacs-wiki では Graphviz と連携してグラフを描かせてみているんだけど、NaneyOrgWiki のあるレンタルサーバではサーバサイドでやるのは辛いかな。

Java Web StartJava アプリケーションと連携するなら簡単かも。 ということで、以前からチェックしていた JGraph を使ってみる(といっても HelloWorld)。

が、実際には日本語フォントの設定になだれ込む事に。

[ 10月22日全て ]

2004年2月10日 (火)

Wiki文法の標準化

今まで触れなかったが、やはり文法拡張する際は気になる存在。

各方面で出ている賛否どちらの意見もうなずける点が多く、自分の思いつく点もだいたいどこかで語られている感じ。

私が最初に Wiki の存在を知ったのは、やまだ君からだった。 当然「記法(文法)は?」というのがまず気になった点だったが、その時すでに「Wiki文法WikiEngine毎に異なる」という事だった。

WiKicker という新しい WikiEngine を作る際には、もちろん各 Wiki文法を調べたのだが、それはもう様々で。 「見出し」記号など単純に流派的なものと、ブロックプラグインなど設計思想に依存するものがあって、特に後者はどれかを統一して選択するのは難しいと感じた。

WiKicker では(もともと利用していた) YukiWiki2 に emacs-wiki の [[A][B]] を加え、その他の文法要素と表記は、

  • 見やすさ
  • メジャー度
  • WiKicker のベースの文法と衝突しない
  • 行指向を採用(行を越えた、開始・終了を利用者が明記しないで済むように)
  • 構文解析しやすい (実装の容易性は、高速化・独自ツール作成時に重要)

あたりをポイントに決めた。

将来標準(ができたとして)に準拠する?

多分しないな。 面倒だし。

[ 2月10日全て ]

2004年2月29日 (日)

[ DiKicker ] キーワード情報表示機能追加

キーワード毎に記事をつける機能の基本部分ができた。 これで DiKicker の基本的な部分が出来上がり。

日記とキーワードページが自動的に相互リンクされるようになり、またキーワード毎に日記を串刺し表示できるようになった事で、特定のトッピックスをまとめて読めるようになった。 これで面倒だった「日記中の関連する記事へ目次的リンク集」作成をしなくて済むように。

似ている機能を持つシステムとしては

あたりかな(もちろん大小異なるところがあるけど)?

コンテンツ方面ではおいおい emacs-wiki で書いているキーワード別ページを、こちらへ移してくる予定。 細々したHTML(XMLから変換しているもの)も、こちらへまとめたい。

システム的には、見た目も機能も速度もまだまだなのでガリガリ開発継続。 3月中にはある程度安定したものにしたいところ。

[ 2月29日全て ]

2005年3月15日 (火)

mimeTeX ってこんなに手軽だったのか

mimeTeX って LaTeX2HTML のようなものだと思っていたけれど、TeX やそのフォントを使わない別個のプログラムだったのか。てっきりヘビー級のものだと思って手を出していなかった。 しかもあっけないほど簡単なビルド手順(mimeTeX 1.60)。

 unzip mimetex.zip
 cc -DAA mimetex.c gifsave.c -lm -o mimetex.cgi

これだけ。TeX 不要。後は mimetex.cgi を配置するだけ。

 /mimetex.cgi?x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}

image:http://www.naney.org/mimetex.cgi?x=\frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a}

便利。素晴しい。

これで emacs-wiki + LaTeX2HTML のページ(しかも今は環境が壊れてうまく画像が生成できていない)を、nDiki とかにもってこれるな。

[ 3月15日全て ]

2006年3月31日 (金)

GTD 参照資料ファイル置場として howm を使い始めてみた

Life Hacks PRESSの巻末「執筆陣に聞きました!」で、角谷信太郎氏が、howmメモをしていると述べていた。

以前話題なった時にも気になったんだけれど、その時は emacs-wiki を使っていたこともあって手を出しそびれてしまった。

howm検索を中心としたリンク機能を持つメモツール。名前を指定せずにちょっとしたメモを作成し、後で探し出すことできる。

GTD で参照資料扱いとするメモをどこに保存しておこうかと思案していたのだが、丁度よさそうだ。

ソフトウェアインストール時の作業履歴やら、ちょっとした下書きやらのファイルも散在して後で扱いに困っていたのだが、これらもまとめて放り込んでおける。 しばらく使い込んでカスタマイズしたりして、自分流のスタイルを模索してみることにしよう。

howm 自体はほとんど書式というものがない。 自分の好きな形式で自由に書くことができる。 自分は reStructuredTextWiKicker 形式で書くことになるかな。

その辺も含めていろいろ遊んでみよう。

[ 3月31日全て ]

2006年4月21日 (金)

Emacs でお好きな言語のソースコードを色付き HTML テキストに変換

今日の Perl 勉強会向けに、自分の書いたコードをプリントアウトする。 どうせなら見易くなるように、色付けして出したいな。 でも、Perlプリティプリンタって何があるのだろう?

調べている時間もあまり無いしどうしようかな。 あ、そういえば昔 emacs-wikiソースコードを埋めこむ際に何か外部プリティプリンタを呼び出していたっけか。

とうことで emacs-wiki を調べてみる。するとどうも最近の emacs-wiki は htmlize.el を使って直接 HTML テキストを生成してしまっているらしい。*1

*1emacs-wiki を使っていた頃の自分の設定を見てみると、その頃は perl2html -n -s していたようだ

htmlize.el

ということで htmlize.el がロードされている状態で、Perl ソースコードを開いているバッファで以下を実行。

 M-x htmlize-buffer

すると新しいバッファに HTML テキストが生成される。 お、お手軽。 行番号も入れたかったのだが、残念ながらその方法は見つからず。

ソースコードに限らずハイライトされているバッファなら、その色付けでマークアップされた HTML テキストを生成できるようだ。

便利。ちょっとした時に使えそうなので覚えておこう。

[ 4月21日全て ]

2006年10月3日 (火)

www.naney.org 容量超過警告につきダイエット開始

ホスティングサービス会社より、www.naney.org契約容量超過との警告のメールをもらった。まずい。

ということで急いでデータの整理を開始。

これでもまだまだ。コンテンツ系も、かなり整理する必要がありそうだ。 できれば他からリンクされているコンテンツについては対応する新しいものへリダイレクト設定しておきたいのだが、作業時間的にはちょっと無理。

[ 10月3日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.059383s / load averages: 0.69, 0.51, 0.36
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker