nDiki : mod_perl

mod_perl

関連情報

2003年10月17日 (金)

[ WiKicker ] SpeedyCGI

WiKicker 高速化のために検討。 mod_perl や FastCGI のように Apache にモジュールを追加しなくても良いのが長所。

……が手元でうまく動かぬ。'use Fcntl' などをしているスクリプトだとうまく動かない。 sid の speedy-cgi-perl 2.21-2 は Perl 5.8.0ビルドされているのに、既に Perl のほうは 5.8.1 になっているのが問題なのかもしれぬ。 で 2.22 のソースを持ってきてインストールしてみたが、やはり駄目。 簡単な CGI プログラムだとうまく動くのだが、それに 'use Fcntl' (use するだけ)で動かなくなる。

まいった。

と思ったら

動いた。

 tar zxvf CGI-SpeedyCGI-2.22.tar.gz
 cd CGI-SpeedyCGI-2.22
 perl Makefile.PL \
   SITEPREFIX=/usr/local/CGI-SpeedyCGI-2.22 \
   PREFIX=/usr/local/CGI-SpeedyCGI-2.22
 make
 make test
 make install

しかし WiKicker は常駐できるように書かれていないので、要修正。

スポンサード リンク
[ 10月17日全て ]

2004年1月20日 (火)

[ 日記 ] SpeedyCGI による、同時処理数制御

SpeedyCGI はもともとPerlスクリプト起動時の遅さ(インタプリタ起動 + プログラムのコンパイル)を回避するために、一度起動させたPerlプログラムを使いまわすもの。 Apache管理権限のない一般ユーザでもインストールして利用できるしプログラムに問題があった時の対応も簡単なので、重宝している。

もちろん mod_perl でのコーディングと同様、グローバル変数の扱いなど気をつけなければならない点はある。 ハイパー日記システムも残念ながらそれらを意識しては書かれていないのでSpeedyCGI下では、うまく動かない。

このSpeedyCGIだが同時に生成できるバックエンドプロセスの数(-M オプション)と、各バックエンドプロセス(使いまわされるPerlプログラム)の実行回数(-r オプション)を指定できる。 例えば -M15 ならバックエンドの数を最大15になる。 16個目のアクセスがあるとバックエンドのどれかが空くまで待たされる事になる。 また -r の方は実行しているうちにどんどんメモリ使用量が増えてしまうような行儀の悪いプログラムの時などに使用するもので、例えば -r30 としておくとそのバックエンドは30回呼び出されると終了させられる(そして新しいバックエンドがまた作られる)。

で話は長くなったが例えば '-M15 -r1 -t1' というオプションにすれば、何度も実行できないようなコードのCGI プログラムでも、同時処理数制御用として SpeedyCGI が使えるというわけ(-t はバックエンドのタイムアウト指定)。

この日記もロボットの絨毯爆撃などがあるとサーバに高負荷をかけてしまう事があるので、SpeedyCGI で同時処理数を抑えるようにしてみた。 さて効果はあるかな?

[ 1月20日全て ]

2013年9月20日 (金)

YAPC::Asia Tokyo 2013 1日目

naney:9831010525

YAPC::Asia Tokyo 2013 オープニング(941 @941 氏 藤原洋記念ホール)

いよいよ YAPC::Asia Tokyo 2013 スタート!

今回は席に電源があるので安心してノート PC・スマートフォンを使えるので嬉しい。 Wi-Fi がつながっても DHCP で アドレスがもらえなくて通信できなかったりすることがあるのでちょっと注意。いったいどれだけ接続してるんでしょうね。これだけ geek の集まる会場で Wi-Fi 環境整えるの相当ノウハウがいるのだろうなあ。

Postcards from the Edge: The State of Perl 5 Development (Ricardo Signes @rjbs 氏 藤原洋記念ホール)

Perl の今後の機能追加・変更(experimental features)についての話。まだまだ Perl 5 は Perl 5 のまま変わっていくと。便利になったり直観に反するものが減ったりとか良くなっていく。シンタックス/セマンティクスがさらに肥大化していくのは初学者にはちょっと厳しくなるのな。

この話につきものの互換性の話もあった。去年のスピーカー互換性を大事にするという話だったけれど、今回は互換性を恐れずに改良していくというニュアンスに感じられた(聞き間違えでなければ)。個人的には Perl は古いスクリプトがそのまま動くのがとてもいいと思っているので、そのあたりも引き続き大事にされると嬉しいな。

PSGI/Plack・Monocerosで学ぶハイパフォーマンスWebアプリケーションサーバの作り方 (Masahiro Nagano @kazeburo 氏 藤原洋記念ホール)

LINE株式会社では mod_perl から PSGI/Plack にほぼ移行済みとのこと。Starlet を使っている。

今回はリバースプロキシとアプリケーションサーバ間の大量のリクエストを捌くために Monoceros を開発しているというお話。あと PSGI/Plack の基本概念の解説もあって嬉しい。 Perl で書かれた HTTP サーバがハイパフォーマンス出せるなんて、昔は自分は考えもしなかった。

PSGI/Plack のサーバを書く人必見な、中身の濃いトークでした。

Perl and Riak - 分散データストア Riak を Perl から "爆速" で使うために - (Tatsuro Hisamori @myfinder 氏 藤原洋記念ホール)

RTB システムに Riak を使ってみたというトーク。良い Perl モジュールが無いので作ったとのこと。

大規模Perl初心者研修を支える技術 (Daisuke Tamada @tamaclaw 氏 藤原洋記念ホール)

DeNA の Perl エンジニア初心者研修プロジェクトについて。Class::Data::Inheritable がコードリーディング教材とし良いらしい。

SPDY、HTTP/2.0の使い方 (takesako @takesako 氏 藤原洋記念ホール)

高速化されたプロトコルの話かなと思っていたけれど、ドヤリングから暗号化という導入で引き込んでいく手慣れたトーク。本格的に使われ始めるのは来年以降?

昼休み

たまにお名前が話題にあがることのあった @bonar 氏と初対面のご挨拶をさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

Perl 談議 (@lapis25 氏 タリーズコーヒー 慶應日吉店)

社内の Perl 技術動向について談議。最近は解き放たれてきたねとか。

僕の考えたFuture Perl (Tokuhiro Matsuno @tokuhirom 氏 藤原洋記念ホール)

Perl 6 の話など。

Build Your Own Exobrain (Paul Fenwick @pjf 氏 藤原洋記念ホール)

Google 翻訳を使ったキュートなスライド(ほとんど聞いてなかった)。

Lightning Talks Day 1 (藤原洋記念ホール)

@kazuho 氏の prove のトークで始まって、最後日本人による中国語(のような違うような)でのトークでシメ。

YAPC::Asia Tokyo 2013 懇親会 (イベントホール)

乾杯。

1日目その他

多目的教室3は常に人気で入ろうとしたけど1度も入れなかった。部屋遠しが近いので人気なトークがあるとさっと集るのかもね。

そういえば今年の T シャツ、背中に pixiv って大きく書かれていて着用できないものだということに気がついた。残念。 ピクシブが T シャツスポンサーだからなのかな。スポンサーのおかげで運営ができたりチケット代が抑えられたりできていると思うので素晴しいと思うのだけれど T シャツについては有無でチケット代が違うので、大きく広告が載りますよってチケット発売時に明記してくれるといいと思う(自分は先行販売で買ったので T シャツの有無は選べないから関係なかったけど)。

[ 9月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.0486529999999999s / load averages: 0.22, 0.32, 0.39
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker