nDiki : opinion

opinion

スポンサード リンク

2016年1月23日 (土)

自分からは友達リクエストしないという高飛車さ

とある人が聞いてもいないのに「自分からはマイミク申請しない」と事あるごとに豪語されているを聞いていつももったいないなぁと思っています。

SNS やそこでのソーシャルグラフについて、人それぞれ運用の考え方や使い分けがあるの構いません。しかしながら「自分からは友達リクエストしませんよ」とだけ宣言するのは「他人には関心がありませんよ」と暗に宣言しているようなものだと思うのですよね。「人を動かす」で言うところの「誠実な関心を寄せる」を真逆にいっているようなものです。

もちろん SNS 上の関係は人間関係の中での一部でしかないので、実際にはさほど問題ないのかもしれません。それでももったいないなぁと思うわけです。


[ opinion ]

スポンサード リンク
[ 1月23日全て ]

2016年2月22日 (月)

猫の日ネタとかできっちりコンテンツを出す

「猫の日」ネタとかできっちりコンテンツ出してるサービスをみて「しまった」と思いました。

流されすぎず見下げすぎずに、俗な話題をセンス良く取り上げるのはカッコイイなと。うまく選んで継続的にコンテンツとして出していくというのも大切にしていきたいです。


[ opinion ]

[ 2月22日全て ]

2016年3月1日 (火)

わくわくする体験があるところに人が集まる

いい機能があるからサービスに人が集まるのではないのですよね。わくわくする体験があるところに人が集まるのです。

[ opinion ]

[ 3月1日全て ]

2016年4月7日 (木)

1つのサービスの中で投稿できる箇所が多いということ

1つのネットサービスの中で投稿できる箇所が多すぎると初心者ユーザーは戸惑います。また慣れたユーザーにとってもどこに投稿するか考える負担が増えます。

サービスとしてもユーザー投稿が分散してしまうことで賑わい感が半減します。


[ opinion ]

[ 4月7日全て ]

2016年6月7日 (火)

表彰制度について用心する

ピープルウエアの「何かチーム内の競争心をあおるようなことをしたら、チーム殺し的と見なければならない。」というのや Joel on Software の「報奨金有害論」を読んで以来、表彰制度についてはいつも用心しています。

褒めたり感謝したりすること自体は良いのですが、評価・報酬・競争・動機付けの観点を持ち込むのは要注意です。


[ opinion ]

[ 6月7日全て ]

2016年7月15日 (金)

できるだけ共有する組織文化になれば良いと思っている

基本「すべての情報を共有する。情報閲覧者が判断する。」(2006年5月15日)という方針が良いとずっと思っております。責任者だけが知っていれば良いとか、チーム内だけでわかっていれば良いとか、そういうのはちょっとどうかなという派です。

もちろん共有範囲を限定すべきものはすべきとして、それ以外はできるだけ共有する組織文化になれば良いと思っていますのでよろしくお願いいたします。


[ opinion ] [ 情報共有 ]

[ 7月15日全て ]

2016年10月2日 (日)

当事者に意見を直接フィードバックしてから投稿する

身近な組織や個人での出来事をみて気がついたことや考えたことを、一般論化してつぶやいたり記事を投稿したりすることがあります。逆に知っている人が投稿した内容が「これはあの事を言われているのかな?」と思うこともしばしばあります(ハズレのこともよくあります)。

投稿を読んで心当たりを感じるであろう当事者の感情を考えると、投稿前にできるだけ直接伝えたいものです。順序が逆になったとしても意見は本人に直接フィードバックしたい。一般論化したりぼやかしたりして投稿しただけで伝えた気になっていないか満足していないか気をつけたいなと。

※と感じましたよとこれを書く前に当事者には先に伝えたところ私の読み違いもあったことがわかったので、読んだ側もあの事かなと気になったら聞いてみるのが大切だなと思った次第であります。


[ opinion ]

[ 10月2日全て ]

2016年10月6日 (木)

疲れる前に休息せよ

「道は開ける」の「活動時間を一時間増やすには」という章を読み返して

疲れる前に休息せよ (Rest before you get tired.)

というところに目が止まりました。疲れてから休息するのでは遅いと。パフォーマンスを出すには休息も大切だと。


[ opinion ]

[ 10月6日全て ]

2016年10月28日 (金)

「『〜について』というタイトルはイケていないので使わないようにする」について

文書のタイトルやメールの件名が「〜について」となっていると、あまり考えていないなぁと感じてしまいます。自戒の念も含めて。

「について何なのか」逃げずに主題をきちんと考えて、きちんと簡潔に表現できるように気をつけたいです。


[ opinion ]

[ 10月28日全て ]

2017年6月27日 (火)

イケてない職務経歴書テンプレート

転職エージェントが紹介してくださるソフトウェアエンジニアの職務経歴書ですが、ここ数年見ている限りだいたいフォーマットは数パターンぐらいでだいたい似たり寄ったりな感じです。かかわった業務でのプロダクト概要・チーム人数と担当役割の箇条書きと、使用したプログラミング言語OS・ミドルウェアの羅列、それから工程列の●マークが定番でしょうか。

しかし端的に列挙されているだけだと魅力を感じることができないのですよね。 R & D や特定領域に特化した方を探している場合はともかく、いつでも誰でも学べるものを並べられても評価できません。

具体的にどのような能力を発揮されたか、どんな特別な工夫をしたかなどを(守秘義務を守れる範囲で)書かれていると良いのではないかなと思います。

個人的には定番のあの表形式ではなく、もっと自由な記述のものだと読んでいてわくわくするのになと思っています。せっかくついているエージェントの方はそういうところはフォローしないのでしょうかね。それとも世間一般の採用者はあの表だけで足りてしまうので困っていないのかな。

[ opinion ]

[ 6月27日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.091748s / load averages: 0.40, 0.51, 0.69
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker