nDiki : www.naney.org

www.naney.org

スポンサード リンク

2008年8月23日 (土)

フィード向け AdSense を追加してみた

Google AdSenseで「フィード向け AdSense」が利用可能になったので、nDiki に追加してみた。

Google AdSenseにログインして nDikiURL を指定してフィードを登録すると、FeedBurner 上にフィードが作成される。

www.naney.org 側では nDiki のフィードへのアクセスがきたら、FeedBurner 上のフィードへリダイレクトするように設定する。 ただし FeedBurner から巡回がきた際にはリダイレクトせずに、nDiki のオリジナルフィードにアクセスさせる。

www.naney.org のトップディレクトリの .htaccess に以下を追加。

 RewriteEngine on
 RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} !FeedBurner
 RewriteRule ^diki/d/rss\.rdf$ http://feedproxy.google.com/nDiki [L,R]

思ったよりあっけなく設定終了。

今のフィード URL が既にフィードリーダーに登録してもらっていることを考えて nDiki (DiKicker) に「FeedBurner 向けに別 URL でのフィード出力機能」と「現在のフィード URL からのリダイレクト機能」を追加する必要があるなと思っていたのが、mod_rewrite が使えれば手間無しだった。

nDiki のフィードと同様の内容に広告が挿入されたバージョンのフィードが http://feedproxy.google.com/nDiki で表示されることを確認。

せっかくなので FeedBurner のレポート機能もチェックしてみることにしよう。

スポンサード リンク
[ 8月23日全て ]

2009年1月26日 (月)

ホスティングサービスがメンテナンスからトラブルに

昨日の 18:00 から今朝の 6:00 まで、www.naney.org のホスティングサーバがメンテナンス作業で停止したのだが、その後もメールサーバは復旧せず。 ストレージのハードウェア障害が発生したらしい。

連続運用しているサーバって止めると立ち上がらなくなるってありがちだからなあ。

とはいえ12時間のメンテナンスだけでもかなり長いというのに、その後のトラブルで1日以上メールが止まるってホスティングサービスとしてはちょっとお粗末だよ。 ガンバレ。

[ 1月26日全て ]

2009年10月23日 (金)

さくらのレンタルサーバ プレミアム申し込んだ

www.naney.org で使っているホスティングサービスは

  • SSH が使える。
  • daemon プログラムを起動しておいても怒られない。
  • cron が使える。

という点でいろいろ遊べるのだが、

  • 今の相場的にはかなり高めなのにホームが容量 100MB (メールは別に 100MB)。
  • Perl が10年以上前の Perl 5.005_03。自分で新しい Perl を入れようにも容量 100MB だと厳しい。5.005_03 だと Perl v5.6 系以降の文法が使えないし、使える Perl モジュールも限定されているので悲しい。
  • 夜中になると analog が動いてサーバが重くなる。
  • メールの送受信が遅延することがある。

などから使いづらくなってきた。 なにより容量を気にして記事を書き控えようという心理が働くのがよろしくない。 そろそろ今後を考えて他社に乗り換えようかと。

選んだのはやはり人気があって SSH も使える「さくらのレンタルサーバ」。

選んだプランは容量 10GB のプレミアム。 スタンダードでも容量 3GB でまずまずだし cron も使えるから機能的にも十分なんだけれど、1ホストあたりの収容ユーザ数により余裕があるであろう1つ上のプランにしておいた。

Web から申し込んで、風呂に入っている間に DNS 設定が反映されて SSH ログインできるように。 順次ソフトウェアインストール・コンテンツの移行とメールの設定をしてから、naney.org をこちらに切り替える予定。

[ 10月23日全て ]

2009年11月13日 (金)

ドメイン移転について問い合わせた

そろそろ www.naney.orgさくらのレンタルサーバ プレミアムの方へ移さなければ。 その前にドメイン移管をする必要あり。

ありがちであるが退会手続きについてはほとんど説明がされていないので、昨日の夜にお願いのメールを出しておいた。

  1. Whois 情報の Registrant Email、Admin Email を(現在ホスティングサービス会社の担当宛から)自分のメールアドレス宛に変更して欲しい。
  2. AuthCode を教えて欲しい。

以前サポートメールアドレスにメールを出したがすっぽかされたことがあったので、午前中返信がないことを確認し、電話にて問い合わせ。

以下電話返答およびメール回答。

  • メールアドレスはすぐに変更する(変更された)。
  • AuthCode は退会通知後に教えてくれるとのこと。
  • 退会手続き後月末まではサーバ利用可能。

25日が月末ということなので、ドメイン移管にかかる期間と Web サイトの移行(特にスクリプト関連)の作業を考えると今月中はちょっと厳しいかな。

ノート PC の乗り換えも同時にしなければならないし。

来月末退会で進めることにしよう。

[ 11月13日全て ]

2009年12月11日 (金)

VALUE-DOMAIN へのドメイン移管手続き開始

www.naney.org で使っているホスティングサービスへ契約解除通知を郵送し受理された後、ドメインの認証鍵をメールで頼んで通知してもらったのでドメイン移管を開始。

naney.org のサーバは先日契約したさくらのレンタルサーバ プレミアムへ移すのだが、ドメインの管理と DNS サーバは自由がきいて低価格の VALUE-DOMAIN (バリュードメイン)を使うことにした。

オンラインでユーザ登録後、ドメイン移管に必要な990円を入金。 サービスごとに支払うのではなくて、ポイントを買うような感じで前払いしておくという形式なので間違えないように慎重にする必要があってちょっと緊張した。

その他は手順解説が良くできているので指示通りにできるところまで手続き。 後はその後の通知等待ち。

今のサーバが12月25日までなので DNS サーバとゾーン設定の変更までちょっとギリギリ。ちょっとドキドキ。

[ 12月11日全て ]

2009年12月21日 (月)

さくらのレンタルサーバで独自ドメインの追加方法を間違えていてメール半日不通に

一昨日 VALUE-DOMAINDNS サーバに切り替えてうまくいっている様子。 なので次にメールサーバを移そうと、 昨晩 MX レコードを変更してさくらのレンタルサーバを指すように設定。 さくら側ではユーザ作成済みでウエルカム。 しかしなかなか設定が反映されないようなので、受信の確認をせずに就寝。

が今日になってもメールが届かない。おかしいなー。 と再度さくらインターネットサーバコントロールパネルを確認したら、どうもドメイン設定が期待する設定じゃなかったらしい。

[他社で取得された独自ドメインの追加] だと www. が付与されたサブドメインが自動的に追加されるとあったのが気になったので、[他社で取得された独自ドメインへのサブドメインの追加] で明示的に www.naney.org を追加したんだけれど、これだと @naney.org のメールは User Unknown になってしまうらしい。

あわてて [他社で取得された独自ドメインの追加] の方で naney.org を追加。 ほどなくしてメールが受信されるようになった。 ふう。 こういったコントロールパネルからの設定だと具体的に何が設定されるかぱっと見わからないのが辛いところ。

10時間ぐらいメールアドレスが User Unknown になっていたんだけれど大丈夫かな。 知人もしくは何かのサービスから送られたメールエラーメールで返っていて、アドレス帳や登録から抹消されていないといいけど。


[ さくらのレンタルサーバ プレミアム ]

[ 12月21日全て ]

2009年12月23日 (水)

www.naney.orgさくらのレンタルサーバへ移転

naney.org メールサーバの移転に次いで、Web サーバの移転作業。

静的コンテンツのアップロード

現行 Web サーバUnisonファイル同期している Web コンテンツを、さくらのレンタルサーバUnisonファイル同期

WiKickerインストール

nDiki 用に DiKicker (WiKicker) を make install。

 %bash
 $perl -MCPAN -e mkmyconfig
 $perl -MCPAN -e shell
   o conf makepl_arg PREFIX=/home/naney/local/WiKicker
   o conf mbuildpl_arg --install_base=/home/naney/local/WiKicker
   o conf commit
   notest install CGI::SpeedyCGI

 $tar zxvf WiKicker-0.420.tar.gz
 $cd WiKicker-0.420
 $export PERL5LIB=$HOME/local/WiKicker/lib/perl5/site_perl/5.8.9
 $perl Makefile.PL PREFIX=$HOME/local/WiKicker
 $make
 $make install

以前きっちり Module::InstallMakefile.PL を作っておいたおかげで、比較的スムーズにインストールできた(自画自賛)。

ちょっとはまったところは CGI::SpeedyCGI の make test を実行する(される)と SSH 接続がサーバ側から切られてしまうという現象にあったところ。 テスト用に大量にスクリプトが起動されるの検出して自動的に kick されたのだろうか。

.htaccess の修正

さくらのレンタルサーバでは .htaccess Options が使えないようなので削除。 ExecCGI や MultiViews が有効になっているようなので問題なし。

いつくかのスクリプトの修正

Perl 5.005_03 用に書いてあったスクリプトについて、Perl v5.8.9 で文字化けしないように utf8 まわりを修正。

cron 設定

1時間毎に実行したい処理を列挙するシェルスクリプトを1つ作って、コントロールパネルから1時間毎に実行するように設定。

現行サーバでは任意の crontab を設定できたので、1時間毎はちょっと物足りない。 おいおい負荷にならない範囲で、外部から定期的に HTTP アクセスして処理を定期的に実行できるようにもするかな。

DNS 設定変更

まだ動いていないスクリプトもあるけれど(大きいところだと NaneyOrgWiki (Wiki))現行サーバの解約日もせまっているので、サーバ移転させてしまうことに。

VALUE-DOMAINDNS サーバ設定を変更し www.naney.orgさくらのレンタルサーバにアクセスできるように A レコードを変更。

今のところ特に重い等もなく順調。 現行サーバでは深夜非常に重くなる時間帯があったのだが、それが無くなるのが嬉しい。 また容量が100MB*1から10GB*2になったので心理的にセーブしなくて良くなった。

年内に移行できて良かった良かった。


[ さくらのレンタルサーバ プレミアム ]

*1メール等別

*2メール他を含む

[ 12月23日全て ]

2011年11月11日 (金)

www.naney.org のトップページを nDiki

www.naney.org のトップページは、大学のサーバで /~naney/ として使っていたレガシーなものをたまーに修正しつつずっと置いておいたのだけれども、まあもういいでしょうということで。

302 Found で nDiki にリダイレクトするように .htaccess に設定を追加。

今は普通にできる 1+ 2 カラム構成を、当時 Web ブラウザの初期の CSS 実装互換性に悩まされつつ試行錯誤したり、Content negotiation による言語設定にあわせた出力切り替えやってみたりとかは思いで。

[ 11月11日全て ]

2015年8月9日 (日)

reveal.js 3.1.0 用にサンプルスライドファイルを作り直し

ちょっとしたプレゼンテーションスライドはもっぱら reveal.js を使っているのですが、今日公式ページを見たら reveal.js 3.1.0 が出ていました。自分は reveal.js 2.6.2 を使っていたのですが、これを機会に reveal.js 3 に乗り換えるようと思います。2.6.2 と 3 系は一部互換性がないところがあるとのことなので、確認しつつテンプレート用途的な自分用サンプルを改めて作り直しです。

reveal.js を共有しないサンプルに変更

2.6.2 の時は

  • www.naney.org 上の固定されたパス上に reveal.js が展開されている。
  • スライド Markdown ファイルを HTML ファイルと同じサイトに置く(ので Markdown ファイルと HTML ファイルを分離できる)。

前提でサンプルを作りました。しかしやはり「reveal.js リリースファイルを展開したディレクトリにサンプル HTML ファイル1つを置くだけ」で済むようにしておいた方が便利そうです。なので

  • 参照は相対パスにしておく。
  • 自分でカスタマイズしたスタイルやスクリプトもサンプル HTML ファイルに埋め込んでおく。
  • (サンプル)Markdown データも直接 HTML ファイルに書いておく。

ことにしました。ということで以下が自分用の新しいサンプルです。

[ 8月9日全て ]

2015年8月12日 (水)

さくらのレンタルサーバ プレミアムでラピッドSSLを申し込んだ

7月30日からさくらインターネットがジオトラストブランドのドメイン認証 SSL 「ラピッドSSL」を提供開始しています。9月30日まではキャンペーン中で、3年3,456円(税込)が1,836円(税込)になるということで、これを機会にドメイン認証証明書を取得して www.naney.org を TLS 接続できるようにしてみました。

以下は自分がやった手順です。

  1. サーバコントロールパネルにログイン。
  2. [ドメイン設定] で naney.org (マルチドメイン) の行の SSL 証明書のところの[登録]をクリック。
  3. 2048ビットで秘密鍵を生成。
  4. 証明書認証局へ申請する情報を入力。
    • ドメイン: [www] [naney.org]
    • 会社名: 設定したい名前
    • 部門名: 空
    • 国コード: JP
    • 都道府県: Tokyo
    • 市区町村: XXX-ku
  5. [CSR の作成]をクリック。
  6. [ラピッドSSL(有料サービス)のお申し込みへ進む]をクリック。
  7. [サーバ証明書のお申込み]をクリック。
  8. [SSLサーバ証明書お申込み画面]でログインし、[新規取得]・[ラピッドSSL]・[3年]を選択。
  9. 支払方法を設定し確認画面などを確認したあと[この内容で申し込む]をクリック。
  10. サーバコントロールパネルの[ドメイン設定]から naney.org の変更をクリックし、[ドメイン詳細設定]画面で[SNI SSL を利用する]に変更。

これで https://www.naney.org/ でアクセスできるようになりました。接続は TLS 1.0 になります。

コンテンツ側での内部リンクが http を指定していたり、スクリプトがうまく対応できたいない部分があるのでその辺りは別途要対応です。

[ 8月12日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.085345s / load averages: 0.48, 0.79, 0.80
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker