nDiki

2017年1月24日 (火)

第12回 エッセンシャル スクラムを読む会

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド

社内で「エッセンシャル スクラム」を読みたい人が集まる勉強会12回目。今日は第12章 スクラムチームの構成。

今回の内容は主にスクラムチームメンバより上のレイヤーの人たち向けの内容です。

複数のスクラムチームによる共同作業が必要だと、いつかは思い知ることになるのだ。

ということで複数のスクラムチームの話。前半はフィーチャーチームとコンポーネントチームについて。本書ではフィーチャーチーム推しで、コンポーネントチーム構成からフィーチャーチーム構成へ徐々に移行する場合の体制の案を示しています。

フィーチャーチームかコンポーネントチームかという問題を解決する万能のソリューションはない。

ということで、ここはプロダクトと組織にいるメンバの状況に合わせて考えていくしかない感じです。

本章でも「同時に開発を進めるプロダクトの数を減らす」という話が出てきていろいろ考えさせられます。

スクラムオブスクラムについては、定期開催で開かれるのは良いとして現実的にはアドホックにどんどん相談していっちゃう方が早いんじゃないかなと感じました。

リリーストレインについてはかなり大規模なプロダクトが想定でしょうか。「スクラムのためのアクティビティで時間が奪われすぎないか」「末端のスクラムチームでは適応できる余地が少なくなってしまうのでは」などという疑問が湧きました。

スポンサード リンク
[ 1月24日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.10523s / load averages: 0.50, 0.39, 0.42
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker