nDiki : 2018年

2018年 (平成30年)

社会の2018年

2020年1月27日 (月)

今日のさえずり: 昨日のこぎりを使ったせいか、尻が筋肉痛

[ 1月27日全て ]

2020年3月14日 (土)

油はねを防ぐネット【日記】

Pixel 4 の最新 アップデートでうまく動かなくなっていた無音モードアプリが V5.0.9 できちんと動作するようになった。素晴らしい。

夜は餃子。我が家に「油はねを防ぐネット」が導入された。キッチンの油汚れ抑制に良さそげ。

夜に過去 Tweet を眺めたら、カシオゲーム電卓復刻版が2018年3月23日発売の事をつぶやいている自分がいた。その時は我慢できたのか手を出さなかったんだけれど、やはり欲しくなって注文。

[ 3月14日全て ]

2020年3月16日 (月)

今やっても楽しい復刻版ゲーム電卓 SL-880

image:/nDiki/2020/03/16/2020-03-17-075752-nDiki-1200x800.jpg

2年前の Tweet を眺めたら、カシオゲーム電卓復刻版が2018年3月23日発売の事をつぶやいている自分がいた。その時は我慢できたのか手を出さなかったんだけれど、やはり欲しくなって一昨日注文してしまった。

ゲーム電卓、小学生の頃にの勤め先(町工場)に行った時にやらせてもらった記憶が強烈に残っているのだ。リビングみたいなところでやった記憶がある。

今日届いたので早速プレイ。こんなゲームだったっけかな。本機は右から攻めてくる数字と同じ数字を撃っていくゲームなんだけれど、記憶に残っていたのは7セグメントの数字の欠けている横棒を発射していくタイプだったんだよね。記憶違いなのか別のゲーム電卓だったのかどっちかな(記憶の印象は強烈だけれど記憶は曖昧なものである)。

というのはありつつ、今やってもシンプルながら面白くて何度もプレイしてしまった。ちょっとしたミスで命取りになるシビアな感じがたまらない。太陽電池と補助電池の併用型で、明るいところなら無限に遊べるのも嬉しい。

デスクに置いておいてちょっとした時に気分転換するのに最適だな。

[ 製品レポート ]

[ 3月16日全て ]

2020年6月16日 (火)

iA Writer for Android アップデート日本語の文字化け解消か

2018年の夏ぶりに iA Writer for Androidアップデートされた。

現在は Google Play に 2つの iA Writer が公開されている。

  • net.ia.iawriter 1.5.2 (73)
  • net.ia.iawriter.x 2.0 (77)

net.ia.iawriter.x はクラウドストレージ使用や設定変更にはアプリ内購入が必要になっている。今後は net.ia.iawriter.x が最新版になっていくのかな。まだアナウンスが無く、公式サイトからも net.ia.iawriter へのリンクになっているので様子見だ。

net.ia.iawriter.x で「Fixed an issue with some characters not presenting correctly in the Editor」と書かれていた。

使ってみたところ net.ia.iawriter の方も日本語の文字化けが直っているっぽい。やったね。

[ Android アプリ ]

[ 6月16日全て ]

2020年6月30日 (火)

今日のさえずり: iA Writer for Android やっぱり文字化けした!

[ 6月30日全て ]

2020年12月4日 (金)

『Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール』

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

2018年に読んだ『Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール』(原題 Hooked: How to Build Habit-Forming Products)の読書ノートを書いていなかったのでハイライトしたところをざっと読み直した。

人は意識的な思考をほとんど伴わずに状況的なきっかけによって自動的に行動をとるようになることがある。プロダクトがそのような習慣性を作り上げることがあれば、ユーザーに継続的に利用してもらえる。さらに習慣化されたプロダクトは価値のあるものだと判断しより依存度が高まっていくのだ。

フックモデル

4つのステップを踏むことで人間の行動を習慣付けさせるのが本書の提唱する「フックモデル(The Hook Model)」だ。*1

  • トリガー (Trigger)
    • 外的トリガー (External Trigger)
    • 内的トリガー (Internal Trigger)
  • アクション (Action)
  • リワード (Variable Reward)
  • インベストメント (Investment)

がその4つのステップである。

本書を初めて読んだ時「インベストメント(投資)」がステップに含まれていることに驚き、そして経験的に非常になるほどと思ったのだ。自分は Tweet を見やすくするよう Twitter 上で日々リストを見直している。フックモデルではこれが「ユーザー自身が自分の体験を良くするための行動(インベストメント)」だというのだ。なるほど、習慣的に使っているプロダクトには実際にいろいろ投資しているなと驚いた。

本書では各ステップについてそれぞれ章を割いて、それぞれ「どのようなタイプのものがあるのか」「どのような心理的な背景があるのか」「どのような事例があるのか」を通して説明されている。

特にネットサービスの継続(Retention)を高めていきたいと考えているプロダクトマネージャーにとって読んで損の無い1冊だ。

[ 読書ノート ]

*1本書ではフック・モデルと表記

[ 12月4日全て ]

2020年12月7日 (月)

『いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略』

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略 (単行本)

サービスのグロースに関するキーワードに AARRR と ARRRA がある。後者について本書で説明されているとのことで読んでみた。

ARRRA モデル

スタートアップメトリクス AARRR を株式会社VASILY(2018年4月の合併で株式会社スタートトゥデイテクノロジーズに)の実践の中で発展させたモデルだそうで、施策の順番とユーザー体験の最大化にポイントが置いている。ARRRA モデルでは以下のステージについて順に取り組んでいくことを提唱している。

  1. アクティベーション (Activation): ユーザー活性化
  2. リテンション (Retention): 継続(維持)
  3. リファラル (Referral): 紹介
  4. レベニュー (Revenue): 収益化
  5. アクイジション (Acquisition): ユーザー獲得

取り組む順番に並べられているので AARRR よりも実践しやすいモデルだ。

本書自体も理論ではなく実践の説明や事例紹介に重点が置かれている。手順やツール・分析方法など広く網羅されておりまさに「教本」だ。

グロースハック」という言葉が出てきたのが2012年前後(本書イントロダクションより)。よく耳にしていたのは2013年2014年頃。そして本書が出版されたのが2016年1月21日。他のスタートアップのフレームワーク(リーンアナリティクス・グロースピラミッド・顧客開発)と比較しても基本的な流れは同じだそうだ。「グロースハック」というワードの流行り廃りはあるかもしれないが、サービスを成長させるための考え方は普遍。平易にわかりやすく書かれている本書はこれからも良いガイドになりそうだ。

ちなみに著者の1人金山裕樹氏は『Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール』(2014年5月22日)の訳者でもあり、リテンション獲得に最も有効なフレームワークの1つとしてフックモデルを本書でも簡単に紹介していた。フックモデルの位置付けの再確認にもなってすっきり。

補足

海外では AARRR に対してリテンションを重視した RARRA モデル (Retention・Activation・Referral・Revenue・Acquisition) が2017年頃から提唱されているようだ。

nNodes

[ 読書ノート ] [ 事業成長 ] [ グロースハック ]

[ 12月7日全て ]

2021年1月6日 (水)

今日のさえずり: いい匂いがしていて何だろうと思っていたのだがようやく分かった。いま着ているパーカだ。

  • 12:06 気が付いたら昼だ(昼食は食べた)。
  • 15:39 昨日の仕事始めから自席の周囲にいい匂いがしていて何だろうと思っていたのだがようやく分かった。洗濯してもらって持ってきた、いま着ているパーカだ。柔軟剤の匂い。
  • 16:37 今日は日ペンの美子ちゃん @nippen_mikochan の49回目の17歳の誕生日なんだ。おめでとう!
  • 16:39 2018年が46回目の17歳の誕生日。 #日ペンの美子ちゃん生誕祭2018 https://twitter.com/...
  • 17:50 RT @nippen_mikochan: 気付いて頂いて嬉しいわ☺️ 2021年も17歳極める!💪
  • 21:38 Yamanote Line #photography RICOH GR III #GR #GRIII #GR3 #ブラックミストNo05 https://t.co/t8hUy4LJt7
[ 1月6日全て ]

2021年4月18日 (日)

今日のさえずり: コンビーフとニューコンミート、どっちか当てる自信がまったくない

  • 13:54 秋まで加湿器もう使うことなさそうなので収納すべく掃除した。干してる加湿フィルターが天気が良いのでいい感じに乾いてきている。
  • 16:11 昨日 iPad Pro にアイビスペイントX入れた。 Apple Pencil 欲しくなる。
  • 17:27 rel="me" はとっくに使われなくなっているのね。 rel="author" はまだ生きてる。
  • 17:51 携帯百景のドメインが今月有効期限切れになったみたい。携帯百景いいサービスでした。
  • 21:06 @blue12yyy 14年て長い歳月ですね。まさかこんなに続くとはです。
  • 22:03 3年前、まだ建設中の渋谷フクラス。 この景色を眺めた東急百貨店 渋谷駅・東横店の南館は去年閉館。 2018年4月18日。 #photography DSC-RX0 #RX0 https://t.co/pLjwb9huk0
  • 22:45 今週あたり Insider に Obsidian Mobile の β 版がロールアウトされないかな。期待して待ってる。
  • 23:21 コンビーフとニューコンミート、どっちか当てる自信がまったくない。
[ 4月18日全て ]

2021年5月23日 (日)

今日のさえずり: 「MOW(モウ) 甘熟いちご練乳」これはハーゲンダッツ ストロベリーでは!

  • 07:55 おはようございます。 日曜日に晴れてくれるってマジ?
  • 07:59 green #photography RICOH GR III #GR #GRIII #GR3 https://t.co/2IC7BAhOc3
  • 09:49 FolderSync Pro の包含フィルターで「フォルダ名が等しい」「フォルダー名の先頭に一致」が同期フォルダの直下しか効かないっぽいのに気が付くまで昨日ちょっとてこずった。
  • 16:21 「MOW(モウ) 甘熟いちご練乳」これはハーゲンダッツ ストロベリーでは!
  • 16:29 ハーゲンダッツ ストロベリー好きだけれどだいたい期間限定の優先しちゃうので、これはいいかも。
  • 16:40 午前中に頼んだデ・オウが入浴前に届いた。 オーマイ入浴!
  • 18:02 出世の石段のぼってきた。出世間違いなし。 #photography Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens #Minitar #Minitar1 https://t.co/NF2NtmKZmY
  • 18:16 愛宕神社いつぶりだろう。 愛宕山も高層ビルにずいぶん囲まれたね。
  • 19:09 今シーズン初デ・オウなので勢いよく頭から全身いっといた。 最高サラサラ感だ。
  • 22:46 5月26日の皆既月食は低高度なのか。自宅付近からだとちょっと厳しい。 オフィスから眺めるのが一番だな。
  • 22:53 2018年1月31日の皆既月食は逆に高度が高く、自宅窓から厳しくて非常階段から見たのだった(と日記に書いてあった)。
  • 23:31 もしかして: おしりの筋肉が今悲鳴を上げている。
[ 5月23日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.089572s / load averages: 0.35, 0.43, 0.44
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker