nDiki : 2020年

2020年

社会の2020年

2021年4月19日 (月)

箇条書きではなく文章で書く

amazonのすごい会議 ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法』によれば Amazon では会議の資料は箇条書き禁止だそうである。

そこで、ベゾスが2006年頃に設定したのが、「会議の資料は箇条書き禁止。ナレーティブを用いる」、つまり文章で書くというルールです。 — 佐藤将之. amazonのすごい会議 ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法. 東洋経済新報社, 2020年9月18日, p.44.

書き手にとって箇条書きは細かい点まで詰めきれないまま列挙して考えたつもりになってしまいがちだ。文章として書くことで必然的にしっかり考えることになり、質の高い意見が生まれてくる。スライド形式よりもドキュメント形式の方が考えやすいというのもそういうことからなんだ。

読み手からすると箇条書きだけのミーティング資料は読むだけでは正確に意図を読み取ることができないという問題がある。仮に内容が良くても単体の資料としての価値は低い。

適材適所を除きノートミーティング資料では箇条書きを避け段落形式の文章で書くようにしてみることにしよう。

[ 4月19日全て ]

2021年4月21日 (水)

スジャータの CM ソング懐かしい【日記】

「スジャータの CM ソング懐かしい」という話をしたら「その時代そもそも動く CM なんて見たことなかった」と返ってきた。逆ローカル CM だったか。

Francfranc のフレ ハンディファン、2021年モデルは抗菌仕様2019年モデルと2020年モデルが家にあるので今年はいいかな。来年モデルはぜひガードを外して羽を掃除できるようにして欲しいな。

今日のさえずり: 「その時代そもそも動く CM なんて見たことなかった」

  • 08:02 白いひろがり。 #photography RICOH GR III #GR #GRIII #GR3 https://t.co/Q58V0bSgVR
  • 13:36 「スジャータの CM ソング懐かしい」という話をしたら「その時代そもそも動く CM なんて見たことなかった」と返ってきた。
  • 18:44 Francfranc のフレ ハンディファン、2021年モデルは抗菌仕様に走ったか。2019年モデルと2020年モデルが家にあるので今年はいいかな。来年モデルはぜひガードを外して羽を掃除できるようにして欲しいな。
[ 4月21日全て ]

2021年5月5日 (水)

CR2 リチウム電池 #nNote

秋月電子通商

Amazon.co.jp

ヨドバシ・ドット・コム

  • 2本 721円(税込)〜 2020年5月5日現在
[ 5月5日全て ]

2021年7月3日 (土)

『イシューからはじめよ』

イシューからはじめよ (単行本)

問題に取り組む前に「今本当に答えを出す価値のある問題(イシュー)」かどうかを見極める。そしてスタンスをとり、イシューに対して「問い」ではなくいきなり「答え(仮説)」を出す。

という考え方を紹介しているのが『イシューからはじめよ』だ。いかにして意味のある仕事を選択し成果を出していくかかが説明されている。

「問題を見極める」重要性をここまで明確にしているのを読んだのは本書が初めてだ。仮説思考の徹底ぶりもすごい。この2点を常に意識できるようになれれば本書を読んだ価値があるだろう。

第1章から「イシューからはじめる」アプローチ

  1. イシュードリブン 今本当に答えを出すべき問題=「イシュー」を見極める。
  2. 仮説ドリブン イシューを解けるところまで小さく砕き、それに基づいてストーリーの流れを整理する
  3. 仮説ドリブン ストーリーを検証するためのに必要なアウトプットのイメージを描き、分析を設計する
  4. アウトプットドリブン ストーリーの骨格を踏まえつつ、段取りよく検証する
  5. メッセージドリブン 論拠と構造を磨きつつ、報告書や論文をまとめる

について各章でポイントを解説している。ソリューションを考え出してプレゼンテーションをまとめる際に何度も読み返したい。

個人的に刺さったのは「イシューと仮説は紙や電子ファイルに言葉として表現することを徹底する。」というくだり。やはり「文章で書く」こと大切だよね。

本書を知ったのは Developers Summit 2019 の「ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書大賞 2019」プレゼン大会。同年のビジネス書部門大賞となっている。その後2020年5月に思い出して読んだ。読書ノートをまとめてなかったので、読み直してみたのが今日だ。

本書では問題設定から問題解決案/論文のアウトプットまでが主なスコープで、読んだ多くの人がコンサルティング的な仕事を思い浮かべるのではないだろうか。

ネットサービスのプロダクトマネジメントでは、承認を得るのがゴールではなくユーザーに価値を届けて成果を出すのがゴールである。仮説検証の段階でプロダクトをリリースしてできるだけ早くフィードバックを得て、検査と適応を繰り返していく。ライトウェイトなループの中にうまく本書の考え方を取り込んでいきたい。

[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ]

[ 7月3日全て ]

2021年7月8日 (木)

今日のさえずり: 時折やってくる投扇興をやってみたい気持ち

[ 7月8日全て ]

2021年7月14日 (水)

今日のさえずり: ランチから戻ってきたら再起動待ちになっていたのが敗因

[ 7月14日全て ]

2021年8月20日 (金)

キラメッキ楽器のユーフォニアムが欲しい

image:/nDiki/2021/08/20/2021-08-21-120523-nDiki-1200x800.jpg

吹奏楽部・音楽部の人に人気らしいカプセルコレクションのキラメッキ楽器シリーズ。

2021年8月に第15弾の「キラメッキ楽器#15」が発売された。2021年3月に「キラメッキ楽器#14」が発売された後、2021年7月に株式会社エポック社のカプセルトイ事業が株式会社ターリン・インターナショナルに引き継がれたので、#15 は株式会社ターリン・インターナショナル名での最初のキラメッキ楽器である。

今回は2020年1月の「キラメッキ楽器#12」以来2度目のユーフォニアム登場だ。

ちょっと欲しいので帰りに1回やってきた。出たのはトランペット。出るまでやるか迷うなー。

[ 8月20日全て ]

2021年11月15日 (月)

IT 系オンラインイベントに参加する気が起きない

新型コロナウイルス感染拡大以降 IT 系のイベント(カンファレンスなど)が感染症対策として軒並みオンライン開催になった。2020年2月頃からイベントの中止が相次ぎ、その後オンライン開催になっていった記憶だ。

「会場への移動コストがかからない・遠方からでも参加しやすい」「他の事をしながら視聴できる」という参加側メリットもあることから、新型コロナウイルス感染が落ち着いても、オンライン開催を選択するイベントも今後結構あるんじゃないかと思う。

しかしなんだろう。気軽に参加できるようになったせいか、逆に参加しようという気持ちにほとんどならなくなってしまった。特にアーカイブ配信があるイベントだと、もう動画コンテンツの一つでしかないと思ってしまう(そして他の動画コンテンツと同様、可処分時間的に手を出さない)。

イベントに参加されることによって得られる知識以上に、オフラインイベントとして「費用を払う」「時間をかけて会場に行く」「雰囲気を楽しむ」「拘束された時間の中でセッションを聞く」「時に知り合いと再会する」といった行為にに価値を感じていたんだよね。

「気軽に参加できない」という敷居が、そこに参加していることに対する自尊心を生んでいるのもあるな。

いやいや「年齢とともに興味関心が薄れ積極性が低くなっているだけ」だったら嫌だな。

柔軟性を失わずにいたいね。

[ COVID-19 ]

[ 11月15日全て ]

2021年11月27日 (土)

2021年11月27日(土)の #nNote

フィーチャーフォン向けサービス終了(2019年)

フィーチャーフォン向けサービス終了(2020年)

フィーチャーフォン向けサービス終了(2021年)

フィーチャーフォン向けサービス終了(2026年)

[ フィーチャーフォン ]

[ 11月27日全て ]

2021年12月23日 (木)

「シルコット ウェットティッシュ」のムーミンデザイン本体をゲット【日記】

2020年8月に「シルコット ピュアウォーター ウェットティッシュ」の本体を買う際、以前にムーミンデザインのものがあったことを知り、欲しかったなあと思ったのだ。

家にもウェットティシューを用意しておきたいなと最近思ってふと調べてみたところ、ムーミンデザインが今年も発売されていたのを知って、ビックカメラ 渋谷東口店で「シルコット ノンアルコール除菌ウェットティッシュ本体45枚ムーミン21」を買ってきた。やった。

image:/nDiki/2021/12/23/2021-12-24-082124-nDiki-1200x800.jpg

Naneymx プロフィール写真の色合い修正

社員証の更新用に写真撮影してもらった写真データを一昨日調整してプロフィール写真にしたのだけれど、ちょっと顔が赤い印象なのが気になってきた。特に縮小して表示されると気になる。色相と彩度をちょっと調整して差し替えた。

[ 12月23日全て ]

About Me

Naney Naneymx Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

最近検索されている記事

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.0861960000000001s / load averages: 0.38, 0.51, 0.57
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker