nDiki : Naney のスタイルガイド

Naney のスタイルガイド (Naney's Style Guide)

Naney が文章を書く時の個人的なスタイルガイド

文体

書くメディア毎に決める、または定めに従う。

用字用語

句読点など

  • 読点は「、」。
  • 句点は「。」。
  • 並列や同格の語の区切りには「・」(中黒)を使う。[日][文]
  • 括弧で囲まれた文が文末に来る場合、句点は括弧の外に打つ。[文]
  • 見出しの最後には句点を打たない。[文]
  • 括弧で囲まれた文が文末に来る場合、句点は括弧の外に打つ。[文]
  • 見出しの最後には句点を打たない。[文]
  • 箇条書きの文の文末には句点を打つ。ただし文が1文で短い時(特に名詞のみだったり体言止めだった時)は、句点を省略しても良い。一つの箇条書きの中では句点の有無を統一する。[文][W]
  • : の直後には空白を入れる。 (参考: Wikipedia:表記ガイド)
  • 比較的長大なものの作品名は『』を使う(記事)。
  • 片仮名複合語の語の区切りには「・」(中黒)を使う。
    • 原則として2語の複合語なら入れず、3語以上の複合語なら入れる。固有名詞と普通名詞による複合語の場合は入れる。
    • 製品・サービスによって使用されている表記があれば従う。
  • 人名の片仮名表記の姓名の区切りには「・」(中黒)を使う。

用字用語

Naney の用字用語集参照。

文書の種類固有のスタイル: マニュアル

文体

  • 文体は「ですます調」で書く。[文]
  • 人が行う動作は能動態で書く。[文]
  • 機械・コンピュータによって行われる動作は受動態で書く。[文]

図表

  • 図表には番号をつける。
  • 本文中で参照する場合は、図表番号も示す。

操作説明

アウトライン:

  • 操作の順番に章節を並べる。

見出し:

例示

  • ドメイン名やドメイン名を含む URI の例示では、RFC2606 で予約されているドメイン名を使う。

JIS 規格番号

  • JIS 部門記号 規格番号
  • JIS 部門記号 規格番号-枝番号
  • JIS 部門記号 規格番号-年
  • JIS 部門記号 規格番号:年
  • JIS 部門記号 規格番号-枝番号:年

ノート: 副題

  • 英語の場合「タイトル: 副題」のように 「:」で区切られることが多いようである。
  • 日本語の場合「タイトル—副題—」のようにemダッシュでくくられることが多い。

ノート: 文末の丸括弧と句点

部分的注釈 → 丸括弧の後に句点。

 ……(……)。

文章全体の注釈 → 丸括弧の前に句点。

 ……。(……)

筆者名 → 丸括弧の前に句点。

 ……。(……)

クレジット → 丸括弧の前に句点。

 ……。(……)

情景描写(文中) → 丸括弧の後に句点。

 ……(情景描写)。……

情景描写(段落の終わり) → 丸括弧の前に句点。

 ……。……。(情景描写)

参考: [11]

ノート: 鉤括弧と句点

段落全体が鉤括弧→つけない。

 「段落全体……」

段落の最後が鉤括弧→つけない。

 最初の文。「最後の文……」

段落の最後が鉤括弧で直前に主語があり鉤括弧の後に「と述べた」が省略されているといえるとき→つける。

 ○○は「……した」。

参考: [11]

参考文献

スポンサード リンク

2016年7月18日 (月)

つぶやきの文体を敬体・常体混用に

Web 日記(nDikimixi日記)の文体を常体(普通体)から敬体(丁寧体)に変えて1年経ちました(文体を常体から敬体に)。

常体で書くと文章そのものがやわらかい印象になるのですがこれは文体だけのせいではなく、書いている途中の気持ち自体がやわらかくなるというのも大きいなというのが、この1年で感じたところです。Web 日記については引き続き敬体で書いていこうと思います。

つぶやきは敬体・常体混用に

一方あわせて基本敬体にしてみたソーシャルメディアでのつぶやきですが、こちらはやはり敬体ではかしこまりすぎてその時の気持ちの表現とは合わないなぁと感じることが多かったです。敬体では話しかけるような感じになってしまうので、つぶやきらしくなくなり窮屈さがありました。

常体のつぶやきへのコメントに敬体で返信するのは慌てて姿勢を正すような感じがして少し気恥ずかしく、いつも敬体で書くとそういうことが無くていいなというのがありますが、ちょっと気にしすぎですね。

つぶやきは無理に体を揃えず、投稿ごとに敬体・常体を使い分けるのがやはり自然です。今日から元に戻すことにします。

[ Naney のスタイルガイド ]

スポンサード リンク
[ 7月18日全て ]

2019年9月18日 (水)

作品名に二重鉤括弧を使うようにする

二重に引用する場合に『』を使うというルールはわかりやすいので当然のように従っている。

作品名に『』を使うというルールはなぜかこそばゆく使ってこなかった。そろそろきちんと使い分けることにする。

比較的長大なものの作品名は『』を使う。

上記に含まれている個々の作品名(記事名・論文名・曲名など)、また比較的短小なものの作品名には「」を使う。

という理解でいる。

[ Naney のスタイルガイド ]

[ 9月18日全て ]

2020年1月11日 (土)

Naney のスタイルガイドを整理

個人的な文章を書く時のスタイル(用字用語など)のメモが1箇所にまとまっていなかったので nDiki 上に Naney のスタイルガイドとして整理した。書いている時に迷った時に調べて決めたものを集めたものなのでまったく網羅的ではないものなのだけれど、こういうのはまとめておくと便利なのだ。

[ 1月11日全て ]

2021年1月7日 (木)

片仮名複合語と中黒 #nNote

なかぐろ。中点(なかてん)。

例外はありとしつつ「姓名の間に中黒」「2語の複合語なら入れない」「3語以上の複合語なら入れる」「固有名詞と普通名詞の組み合わせなら入れる」が優勢か。

平成三年 内閣告示第二号 「外来語の表記

複合した語であることを示すための,つなぎの符号の用い方については,それぞれの分野の慣用に従うものとし,ここでは取決めを行わない。

記者ハンドブック第13版 p.118

人名について:

2 外国人(漢字名を除く)の名と姓の間、「サー」などの継承と姓名の間には中点を使う。

外来語について:

3 外来語、外国の地名、建造物名称などは原則として中点を入れない。

ただし次の場合は中点を入れる。

  1. 固有名詞と普通名詞からなる語
  2. 3語以上からなる語
  3. 長くて判別しにくい語

毎日ことば

カタカナ語を「・」で区切るときの原則 | 毎日ことば

  • 2語からなる複合語は原則として語間に中黒をつけない。
  • 3語以上からなる複合語は原則として語間に中黒をつける。
  • 固有名詞と一般外来語とが複合する場合は中黒をつける。

『JTF日本語標準スタイルガイド(翻訳用) 第3.0版』 2.1.7 カタカナ複合語

https://www.jtf.jp/...

中黒または半角スペースを用いてカタカナ語を区切って表記します。

固有名(外国人名)の区切り方法は、一般カタカナ複合語の区切り方法とは別に定める必要があります。通常、固有名(外国人名)の区切りには中黒を使います。

文章・用字用語ハンドブック

テクニカルコミュニケーション研究会編、文章・用字用語ハンドブック、日経BP出版センター

入れ方は、マニュアルの性格や会社の方針を考えて決めます。

[ Naney のスタイルガイド ]

[ 1月7日全て ]

2021年2月5日 (金)

『JTF日本語標準スタイルガイド(翻訳用)』 #nNote

文書内では「JTFスタイルガイド」と略記されている。

丸括弧と前後の空白 (第3.0版より)

  • (いわゆる)丸括弧には全角文字を使う。 (3.3.1 より)
  • 括弧の外側・内側どちらにもスペースを入れない。 (2.3.2 より)

[ Naney のスタイルガイド ]

[ 2月5日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.062331s / load averages: 1.41, 0.89, 0.65
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker